ネタバレ映画館

8年ぶりの記事・・・(^^;

そのときは彼によろしく

2007-06-04 21:49:35 | 映画2007
 ちょっとうたた寝してしまいましたが、夢の中に丹波哲郎(なぜ?)が現れて、「映画鑑賞に戻りなさい」と教えてくれました。

 『いま、会いにいきます』と同じ原作者の市川拓司。思い起こせば、あの映画を初めて観たときもクライマックス直前に眠気を感じたので、今回はしくじるものかという意気込みもピンチを救ってくれたようでした。それでも佑司(塚本高史)が元気そうにしているのには驚いたし、その佑司が「あ、あなたは智史!」と朦朧として判断力が鈍っていたのか勘違いしたのは、かつての岸田智史の髪型を思い出したからにほかなりません・・・

 夢の中と大霊界が繋がっているかのような突拍子もないファンタジーでしたけど、イマアイほど現実離れしているのではないのかもしれません。ただ、イマアイでも中村獅童の病気がよくわからなかったし、今回の長澤まさみの病気もよくわからない。「深い眠りに入ると死んでしまう!」という奇病は、故阿佐田哲也氏の眠り病とは違うのか、それともアフリカで流行の兆しを見せているアフリカトリパノソーマ病とは異質なものなのか・・・とにかく、それを診断する医師がイマアイと同じく小日向文世であるところも興味深い(今回は派手なTシャツではなく、ちゃんとネクタイをしめていた)。

 イマアイに比べてストーリーがイマイチなのは、意外な展開(元人気モデルが実は幼なじみの花梨ちゃんだった)が物語の前半に登場してしまったこと。それに終盤に見せる後日談が終わりそうで終わらない執拗さの割りに結末が読めてしまうことでしょう。それに、夢であってもあの世であっても固い友情なんだから全て繋がってるんだというスケールの大きさによって、観客の心が宙に浮いてしまっていたのが原因かもしれません。

 夕日を背景にした逆光映像は綺麗だったし、水槽の水草の緑や湖畔の秘密基地が神秘的でもありました。特に、寝ている長澤まさみが水槽に映るという一瞬のカットには魅入ってしまいましたし、直後の小日向さんの同様のカットも意味深だったので、あとから納得してしまう。それに13年後のバスの秘密基地をどうやって撮ったのか・・・などと、感心させられる美術セットも多かった。

 小ネタ伏線もたいしたもので、泣かせる最終話が有名な『フランダースの犬』を題材に選んだのは上手い。画家志望の佑司がそのままパトラッシュとともに・・・という最初の予想を覆されたばかりでなく、パトラッシュの名前を借りて“トラッシュ”という名前の店を持った智史(山田孝之)や、“TRASH”のせいか、ゴミの絵を書くのが好きな智史とか。見事なトラッシュ繋がりを見せていました。バイク事故の“CRASH”までかけてあるのかは定かではありません・・・

 気になるのがイマアイでの息子役と同じ佑司という名前。父親ではなく母親に捨てられたという設定だったのでよかったものの、もしこれが父親に捨てられたのならイマアイ秋穂巧の将来とと被ってしまうところでした。

★★・・・
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (9)   トラックバック (27)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 金沢映画祭 | トップ | 監督・ばんざい! »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ポルコ)
2007-06-05 01:49:25
どうもこんにちは!
いろんなブログを応援させていただいています。
応援ポチッ!
伏線 (祐。)
2007-06-05 05:34:24
完全なファンタジーなので、純粋さが求められる映画です伏線が沢山有り、心の琴線に触れると、大泣き映画ではとおもいます。

が、元TOPモデルの花梨ちゃんのプロフィールがなんとなく似合わないとおもいながら見ていたので映画に乗れなかった。

また、初雪の夜の出会いと再開が一度で撮影した感じも有り俳優の感情表現ができてなかったような気がしました。

「天国は待ってくれる」の「聖なる三角形」と同じ設定でしたが、「約束の三角形」で結ばれた本作品の方が好きです。
TBさせていただきました (MIYAUCHI)
2007-06-05 06:18:42
こんにちは。

市川ファンタジーなのですが、ストーリーはもう一つの感じでしたね。
でも秘密基地の廃バスは懐かしさを覚えましたし、子役3人の演技は良かったと思います。

10年余たったとはいえ、トップモデルになっている花梨に気付いていないという設定はどうかと思いましたが、、、。
奇跡を安易に扱い過ぎた為に駄作となりました (PGM21)
2007-06-05 06:25:54
何時もお世話になっております。

この作品100分までは80点以上で推移したんですが、最後で-50点で今季ワースト2の作品になってしまいました。
ストーリーがファンタジーとは言えなかっただけに個人的に最後のオチが納得できなかったんですよね。
その前に1つの奇跡が起きていただけに市川さんはあまりにも奇跡を安易に扱い過ぎた事が作品を良作から駄作にしたという感じです。
ちなみに女性は10年すると大きく変わるものなのでわからないのはある意味自然かもしれません。
泣けました、ケド (かのん)
2007-06-06 12:05:22
私はこのタイトルになっているセリフがどこで使われるのかと待ちに待っていたので、あのスケッチブックの手紙には泣けてしまったんですが、まさかその後に後日談があって、さらにセリフが使い回されると思ってみませんでした。とても素敵な夢を見せてくれながら、最後に自らその夢をぶち壊すような不思議な映画でした(笑)。
使いまわし (祐。)
2007-06-06 20:34:05
かのんさんが書かれているように、スケッチブックの書置きは、ジーンときました。
確かに、最後で使い回しがあり、なんじゃこれー でしたね。
同じ、「彼」なのに、違和感ありました。
やはり、若い子から言われたほうが 気持ち的にはうれしいかも。(笑)
伏線 (kossy)
2007-06-07 22:19:46
>祐。さま
心の琴線、似たような経験があるとか、幼なじみや三角関係など、感動できる人も多いと思います。
モデルとしての花梨ちゃんのエピソードはもうちょっと欲しかったですよね。まぁ、顔もスタイルもいいし、必要ないと判断されたんでしょうけど・・・

最初と最後のシーン。たしかに一度に撮ったんだと思いますけど、泣きがわざとらしすぎた?あの涙は電車男を思い出して、いまいち感情移入できず・・・
今年の映画は「約束」をテーマにしたものが多いんでしょうかねぇ・・・

>MIYAUCHI様
ストーリーはともかく、美術セットは良かったですよね。廃バスは好き!あんなのが近所の空き地に捨ててあったら俺だって秘密基地にしちゃうぞ!でも、悪ガキどもがそれを奪い合ってケンカになることも必至ですな・・・
鈍感だという設定でしたけど、不自然なところも多かったですよね~

>PGM21様
奇跡は一度だけ起こるから美しいもの・・・お気持ち察します。まぁ、死んでいたわけじゃなく昏睡状態だったから、気楽に考えた結果なのでしょうかね。
同窓会なんかで、パッとしなかった子がいきなり超美人になって現れた!なんてことはよくあること。
奇跡も安易だったけど、人が死んだりするのも安易すぎたのかもしれませんね。

>かのん様
たしかにタイトルが気になりましたよね。
しかも連発させるのか?!と思わせておいて、「彼」が「智史」に代わったんですよね・・・
まぁ、この連発が意外性を発揮したのですが、ここだけは読めてしまったので、イマアイほどは感動できませんでした。

またまた>祐。さま
スケッチブックの書置きと佑司の出現。
ちょうどウトウトしかけていたときだったので、俺も導かれたような気分になってしまいました。
使いまわしというのが面白いところだったのでしょうけど、この点だけで賛否両論というのも興味深いところです。
うとうと (miyu)
2007-11-12 23:05:22
しちゃう映画ってあるのですが、
案外自分に合わない映画って眠くならなかったりもします。
あたしはコレ、ツッコミどころが多すぎて眠くなれませんでした。
眠ったら起きれなくなるって設定のせいかもしれませんけどね。
コクン (kossy)
2007-11-13 07:26:42
>miyu様
俺もあります!
つまらない映画でも何とか酷評してやろうという気持ちが働いて眠くならない作品が・・・(汗)
ベタで展開が読めると、安心してコクンと記憶をなくしちゃうのかもしれません。
この映画は主人公に共感しすぎて眠くなったんだったりして・・・

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

27 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
【2007-75】そのときは彼によろしく (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
13年─ 突然現れた幼なじみの花梨 あなたの未来に、私はいないから・・・ どんなに別れを繰り返しても あなたに伝えたいことがあった─ どんなに離れていてもひかれあう強い力── 僕らはそれだけを信じていた。
映画「そのときは彼によろしく」を観ました!!(2007-14) (馬球1964)
映画「そのときは彼によろしく」を観ました!!2007年の第14作目です。
「そのときは彼によろしく」3人のプリズムの絆は永遠によろしく・・・になるはずだった・・・ (オールマイティにコメンテート)
「そのときは彼によろしく」は市川拓司原作の映画で幼なじみの3人が13年後に運命の再会をするが、3人に残された時間はわずかの中でそれぞれの思いを告げる両想いの作品である。市川拓司という事でストーリーに期待した部分もあったが・・・総合的には首を捻る事になる...
そのときは彼によろしく / 映画 (あかねのたわごと☆本日記)
映画『そのときは彼によろしく』を観て来ましたSTORY:かつて『あの町』で出逢い、小さな湖畔の廃バスを秘密基地に遊び回った三人。花梨と智史と佑司。それぞれの事情で離れ離れになった13年後、三人は運命的な再会を果たす。動き出す甘美で切ないドラマ。同時に蘇る「あの...
そのときは彼によろしく (花ごよみ)
原作は『いま、会いにゆきます』の 市川拓司の同名の恋愛小説の映画化。 長澤まさみ、山田孝之、塚本高史の 3人が主人公。 幼馴染の3人。 その3人の13年目の再会、 彼らの友情と恋愛。 別れがおりなす奇跡。   3人には遠山智史(山田孝之)、 トップモデルの森...
長澤まさみは共演者次第? (映画コンサルタント日記)
「そのときは彼によろしく」オープニング土日興収8900万円。長澤まさみ「ラフ」(
「そのときは彼によろしく」試写会レビュー 透き通るプリズムの向こうに (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
誰よりも好演の花梨のファンの役者さんと、佑司の子供時代の子役さんの素晴らしさを延々と語るのもいいが(笑)、美しく生い茂る水草に、清く透き通った水、アクアプランツに身をゆだねてみるのもいいだろう。
そのときは彼によろしく/長澤まさみ、山田孝之 (カノンな日々)
原作は市川裕司さんとはいえこのキャスティングはアイドル映画になってるかもしれないとちょっと警戒してたんだけど、それが返ってヨカッタかもしれなません。意外にも心地良く泣けた一方で中途半端さにモヤモヤ感も残る不思議な映画でした。ワタシ的には許容範囲(笑)。 ...
そのときは彼によろしく (Akira's VOICE)
人を思う気持ちは,命となる。
そのときは彼によろしく = 日本 (a day on the planet)
special_bp();    どんなに離れていてもひかれあう強い力── 僕らはそれだけを信じていた。 この世界には、物理学の教科書にも載ってない強い力がひとつある。
映画「そのときは彼によろしく」 (今日感)
さすが、感動的なファンタジーにしあがっていました。
そのときは彼によろしく [映画] (mololog(モロログ) -映画レブーとかその他諸々)
http://www.sonokare.com/ (そのときは彼によろしく 公
そのときは彼によろしく (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
"この世界には、物理学の教科書にも載ってない強い力がひとつある”と市川監督は言う、、、。ボクは信じます、この強い力を!                               評価:★...
「 そのときは彼によろしく (2007)」 (MoonDreamWorks★Fc2)
監督 : 平川雄一朗 出演 : 長澤まさみ  / 山田孝之 / 塚本高史
具合の悪い人が多過ぎ。『そのときは彼によろしく』 (水曜日のシネマ日記)
「いま、会いにゆきます」の原作者である市川拓司の恋愛小説を映画化した作品です。
映画「そのときは彼によろしく」 (FREE TIME)
映画「そのときは彼によろしく」を鑑賞してきました。
映画「そのときは彼によろしく」 (日々のつぶやき)
監督:平川雄一朗 出演:長澤まさみ、山田孝之、塚本高史、小日向文世、和久井映見、国仲涼子 原作 も読みました。原作は素敵な雰囲気のあるファンタジー。 なんで?と思ったのは三人の年齢が大きく違っているのこと。どうして原作と同じ29歳くらいのキャストにし...
そのときは彼によろしく (週末映画!)
期待値: 58%  『いま、会いにゆきます』の市川拓司原作。 長澤まさみ、山田孝之、塚本高史、国仲涼
そのときは彼によろしく (現実逃避ING)
水草を扱う専門店「Trash(トラッシュ)」の店長・遠山智史のところへ、モデルの森川鈴音が訪ねてくる。モデルを引退し、行くところがないと店に居座る鈴音を訝しげに思いながらも、智史は何故か昔を思い出していた。 小学生のとき、転校した町で仲良くなった友達。男の...
『そのときは彼によろしく』 (アンディの日記シネマ版)
<注意> gooブログなど本館からTBできないブログにはこちらから送っています。 TB&コメントはお手数ですが本館の記事にお願いします{/hiyo_please/} → 『そのときは彼によろしく』(本館) 【監督】平川雄一朗 【脚本】いずみ吉紘/石井薫 【原作】市川拓司 『その...
そのときは彼によろしく (いろいろと)
出演 長澤まさみ、山田孝之、塚本高史、国仲涼子ほか 6月2日より公開中 幼馴染み
そのときは彼によろしく(映画館) (ひるめし。)
残されたわずかな時間――― その一言を伝えたかった。
そのときは彼によろしく (☆Lazy☆Rose☆)
何年ぶりかに映画館で邦画を観ました長澤まさみ、山田考之、塚本高史出演の『そのときは彼によろしく』。3人の幼馴染、花梨(長澤まさみ)、智史(山田考之)、佑司(塚本高史)が小学生の時に約束し合った将来の夢。智史は水草の店の店員、佑司は画家、花梨は智史の店の...
長澤まさみ『そのときは彼によろしく』! (ラスタ・パスタのレレ日記)
『その時は彼によろしく』『いま、会いにいきます』の原作者、市川拓司が書いた、もうひとつの純愛物語? それがこの映画を見に行った理由のひとつだ。映画『いま、会いにいきます』という題名の意味が、映画の最後のほうでわかったその時の感動はとても忘れがたく、同じ...
『そのときは彼によろしく』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 『そのときは彼によろしく』□監督 平川雄一朗 □原作 市川拓司 (「そのときは彼によろしく」小学館刊)□脚本 いずみ吉絋、石井薫 □キャスト 長澤まさみ、山田孝之、塚本高史、国仲涼子、北川景子、黄川田将也、和久井映見、小日向文世 ...
そのときは彼によろしく (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『どんなに離れていても ひかれあう強い力― 僕らはそれだけを信じていた。』  コチラの「そのときは彼によろしく」は、6/2公開になる"プリズム・ラブストーリー"?ラブ・ファンタジーなのですが、試写会で観て来ちゃいましたぁ~♪  「いま、会いにゆきます」...
『そのときは彼によろしく』'07・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ幼い頃、親友二人との約束だったアクアプランツの店「トラッシュ」を開店した智史。ある日、店に若い女性が現れ、彼女は自己紹介もなくこの店で働かせてと居ついてしまった。翌日、彼女が人気モデルの森川鈴音だと知る・・・。感想『いま、会いにゆきます』の市川...