ネタバレ映画館

帰って寝るだけのタクシードライバーになりました(汗)

インベージョン

2007-10-23 01:21:27 | 映画2007
 深夜の国勢調査は怖いぞ!

 いや、冗談抜きで・・・あのシーンが一番怖かった。だけど、自分が感染させられるんじゃないかとか、鑑賞中眠ってしまうんじゃないかとか、そんなのは怖くないんです。あとは主人公のニコール・キッドマンが息子を助けて研究所へ向かうというスリリングなSFとなっています。息子を思う母親は強い!もしかすると女性のほうがウケがいいかもしれません。

 元はジャック・フィニーのSF古典小説「盗まれた街」。これまで3度も映画化されてるようですが、他は知らないので1993年版『ボディ・スナッチャーズ』と比較すると、とてもグローバルな設定となっていました。1993年版では米軍基地内で起こったSFパニックもの。今回の『インベージョン』はスペースシャトルの謎の墜落のため全世界にウィルスのような生命体が拡散していました。しかも、ヨーロッパや日本ではワクチンの開発が進んでいるのに、アメリカだけは“流感である”と情報操作されているのです。まったくアメリカ政府ってやつは困ったもんだ・・・

 局地的な閉塞感はない代わりに、感染者の増大や地下鉄内のアクションシーンが見応えあります。言ってみれば、ゾンビ映画と変わらない・・・ただ、ワクチンさえ打てば治癒するので、むやみに殺すこともできない(といっても、かなり殺してましたが)。そして、感染しても眠らなければ体を乗っ取られることもないのが共通した特徴でもあります。

 全体的にはイマイチなのですが、なにしろニコール・キッドマンが素敵なので許せます。彼女は精神科医で息子の父親(かなり悪い奴に描かれている)とは別れてしまっていて、ダニエル・クレイグとの関係も恋人には発展しない微妙な関係を保ってる。息子への愛情にも感動しますが、息子に「私が眠ってしまったら、この注射器を射して!」という場面はしびれてしまいます。

 アメリカは情報操作されていましたが、日本だって追随するにきまってる。その後、宇宙ウィルスに汚染された牛肉をも輸入するかもしれませんね・・・

★★★・・

ダニエル・クレイグ作品
007 カジノ・ロワイヤル (初回生産限定版)

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る

007 カジノ・ロワイヤル (Blu-ray Disc)

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る
ジャンル:
映画・DVD
キーワード
エンタテインメント インベージョン ニコール・キッドマン ソニー・ピクチャーズ 007 カジノ・ロワイヤル カジノ・ロワイヤル アメリカ政府 ジャック・フィニー スナッチャー ヨーロッパ
コメント (31)   トラックバック (52)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« グッド・シェパード | トップ | 手紙 »
最近の画像もっと見る

31 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは☆ (ゆかりん)
2007-10-23 17:47:48
今のアメリカ産の牛肉と宇宙ウィルスに汚染された牛肉・・・どっちがいいかなぁ(笑)
深夜の国勢調査は怖かったですね〜。
それよりもいつ見ても年取らないニコール・キッドマンの方がこわいです(笑)
牛肉 (kossy)
2007-10-23 21:33:28
>ゆかりん様
最近、牛肉を食べるときも原産地を全く考えないようになってしまいました。まぁ、俺が買い物に行かないせいなのかもしれませんが。
ニコール・キッドマンはもう40歳!?
何か秘密があるのでしょうか・・・やはり魔法使いだったのかなぁ・・・
こんばんは☆ (とらねこ)
2007-10-24 03:05:25
そうそう、結構ゾンビっぽかったんですよね♪
ゾンビの第一徴候を見ると、シビれてしまいます^^
ゾンビ (kossy)
2007-10-24 08:26:28
>とらねこ様
ゾンビ映画としてとらえようかな〜と思っていると、足の速さは人間と同じだし、思考能力もあるから、もっと怖かったりして・・・
頭が良さそうなのに、感染者のふりをするだけで見つからないなんてことも・・・
こんばんは♪ (未知)
2007-10-24 23:35:29
二コールが異様に美しかったです。
女性ながらうっとりと見とれてしまいました。
この世のものではないような感じでした。
トムちんもこの人を放してしまうんだからアホですね〜(暴言!)
夜中の国勢調査には気をつけます!
マジ一番怖かったです。
(意外とアッサリ引き下がりましたが・・・)
すみません (ミチ)
2007-10-24 23:37:11
↑の「未知」なる人物はワタクシです。
変換ミスしてしまいました〜(汗)
ニコール (kossy)
2007-10-25 10:54:06
>ミチ様
ホント、綺麗でしたよね。
年を取るごとに美しくなるなんて・・・やっぱり魔女!
トムちんの場合は身長差があったから、しょうがなかったのかもしれませんが・・・

アメリカも国勢調査は町内の人がやるんかな?
それなら騙されそうな気もします・・・
予防接種。 (サザエ)
2007-10-25 22:35:28
今年は家族揃ってインフルエンザの予防接種を受ける予定なんですが、どうしましょう、、、。本当にインフルエンザのワクチンかしら??先生がそのとき無表情だったら辞めることはできるかしらぁ〜〜。。。。
情報操作 (kossy)
2007-10-26 07:57:46
>サザエ様
予防の目的だったら問題ないと思うけど、SAAZ、鳥インフルエンザ、etc...色んな感染病が日本を襲うなか、たしかな情報が欲しいところですよね。
無表情の医者・・・(笑)
医者も客商売なんだから、笑ってよ〜〜
kossyさん☆ (mig)
2007-10-26 08:54:07
おはようございます

ほんと、ニコールが良かったですね
演出によっては下手したら、安っぽいものになりそうだけどニコールの存在感と監督の演出でセーフだった気がします
ゾンビ化した感染したひとたちも面白かったです
でもラストはあんな簡単に、、、、、
こんにちは! (由香)
2007-10-26 10:04:26
お邪魔します〜^^・
観ている時は結構怖くてドキドキしたんですが、後から考えると「あれれ〜?」って所が多い映画でした。
特に二コールがバンバン人を撃っちゃったのにはビックリ。「足を撃てよ・・・」って思ったわ(汗)
まぁ〜綺麗だったから許すか(笑)
Unknown (PINGUE)
2007-10-26 20:27:31
こんばんわ〜
3度も映画化されたとは知りませんでした!
それにしても女性から見てもニコール・キッドマン
の知的でセクシーなことに圧倒されましたー☆
素敵な女性だなぁって〜
TBさせていただきますので♪♪
ニコール♪ (kossy)
2007-10-27 20:56:36
>mig様
ニコールのおかげですよね〜彼女じゃなかったら、評価もどうなっていたかわからないほど・・・
感染してないことがバレたら大変!というところは面白かったんですけど、やっぱり最後があっさりしすぎだったかもしれません。もう一山持ってくるとかすれば・・・

>由香様
そうなんですよね。
この手の映画はツッコミどころなんていくらでもありそうだし、それを考えさせないほどの緊張感が必要なんです。
人を殺しちゃったのはまずかったか・・・

>PINGUE様
コメントありがとうございます。
俺も下調べするまでは知りませんでした。3つのうち1本だけ見たことがあったので助かりましたよぉ〜
やっぱりニコールは女性からも人気があるのですね。
実際に目にすると身長が高いので見上げなくちゃいけないかも・・・
夜中の国勢調査 (かのん)
2007-10-28 21:43:50
夜中の国勢調査なんて、平常でもちょっと不気味で怖そうですよね。オリバー君が心臓に注射器射すのもドキドキで思わず手で顔を覆って指の隙間から観ちゃいました(笑)。

感情が消えたら戦争は起きないかもしれないけど、きっと映画もスポーツも全然つまらなくなっちゃうんでしょうね。
つじつまが合わない (祐。)
2007-10-28 22:41:30
感染により、テロが無くなり戦争が無くなり、核兵器がなくなりました。
北朝鮮の核が無くなったら、世界の核は無くなるのだろうか。そかそか、もうアメリカは核は無いんだね。
インドもパキスタンと仲良しになったら核は要らないでしょうけど、アメリカの核はいつなくなるんだろうか?

感染者と非感染者の区分けって何処でわかったんだろうか。 地下鉄で二コールに語りかけた非感染者は何故二コールのことを非感染者だと思ったんだろうかね。

ところで、国政調査やワクチン注射は誰が指示したのかな。大統領は1年間何をしていたのかな。
謎が謎を産む映画でした。
テロとか戦争とか (kossy)
2007-10-29 08:07:41
>かのん様
なかなか面白い設定でしたよね〜
国勢調査なんて思いつかないってば・・(笑)
心臓に注射・・・しかも子供ですからね。やっぱり見ててハラハラドキドキでした。

感情を抑えて平和な世界へ・・・『エクスマキナ』でも似たようなテーマがありましたけど、そのためには1人でも普通の人間を残すとダメなんですよね。個性ってものがある限り不可能なことかと・・・

>祐。様
北朝鮮のニュースとか、あれはウィルスによってこうなったというジョークのようなエピソードだったと思うのですが、どうなんでしょうね〜
監督はドイツ人なので、アメリカ万歳ではないはず。
遠慮がちな主張だったのかもしれません。

感染者と非感染者の区分け・・・ひとつは“汗”。あとは息をからせてたことかな?目をきょろきょろさせてたこととか、そんなところでしょう。
ワクチンのこと、『アウトブレイク』なんかを観てても、情報はかなりシャットアウトされるはず。あの頃よりもITのおかげで情報は早くなってるし・・・どうなんだろうねぇ・・・
ま、情報操作の問題を取り上げたかっただけなんだろうけど。
ニコールの走り方 (mimi)
2007-10-31 15:30:59
毎日、このページを開くくらい楽しみにしています。
はじめてコメントします。

今日、やっと観てきました!
ダニエル・クレイグのアクションの見せ場がなかったのが、ちと残念でした。
オリバーくんが、ダニエルの息子か、というほど
似ていたような。
あと、私は、ニコールのあの透明な美しさとともに
意外にモタモタ走るところが好きなのです。
「ピースメーカー」でもそうだったのですが
歩いたり、走ったりすると
なんだか足がもたもた、よろよろしていて
そのアンバランスさに
人間臭さを感じたりしています。

ありがとうございます (kossy)
2007-11-01 08:51:08
>mimi様
はじめまして。
いつも読んでいただき、ありがとうございます。

ダニエル・クレイグの使い方はもったいなかったですよね〜。まぁ、俳優を選んでから脚本を書いたわけじゃないんだろうけど、もっと適役がいたんじゃないかと思ってしまいます。
「意外とモタモタ走る」・・・ううむ、なんとなく俺もそんな気がしてた。それだけ疲れ切ってたことを表現したかったのかもしれませんね。
もしかして、その走り方で感染してないことがバレてしまったのかなぁ〜
お返事うれしいです★ (mimi)
2007-11-08 21:41:54
ダニエル・クレイグのお医者さん姿、
あと、お巡りさんに変装していたあたりが
007ぽくて、なんだかうれしくなって
しまいました。

関係ないですけど、ダニエル・クレイグの007の
DVDジャケットをみたら、
恐竜みたいなカオで驚きました。
では、また!
恐竜 (kossy)
2007-11-09 08:25:14
>mimi様
恐竜という言葉が気になったのでアフィリエイトを貼ってみました(笑)
写真が小さくてよくわからないけど、お店に行って確認してみます・・・
まぁ、どっちでもええですわ (aq99)
2007-11-10 17:16:02
ゾンビ(ロメロの)が好きやからええねんけど、ゾンビもんにするならする、心理サスペンスにするならするで、どっちかはっきりさせてほしかったです。
まぁニコールが綺麗から、ええねんけど。
二コール (kossy)
2007-11-10 20:20:22
>aq99様
記事にも書かれてますが、二コールお母さんとお近づきになりたいお気持ち察します。
ゾンビものではあるけど、そこから社会派メッセージを感じ取れるか?!と考えると、やっぱりそこまでは達していない・・・
次からはきっと強烈なものを作ってくれることでしょう。
ええ、うけました (いりりん)
2007-11-15 15:31:39
ええ、かなり母親うけしました。(笑)
多分、父親が主人公だったら
「なんじゃこりゃ?」で終わったでしょう。
いやしかしトムの「宇宙戦争」では
「親子愛は男女愛より強し!」と納得していたっけ。(笑)

深夜の国勢調査・・・ありましたねえ、そんなシーン。
我が家では2年前の忙しい朝の時間帯に国勢調査が来て
0歳児を抱えた母親=私がキレました。
だから意外に国勢調査員が夜中に来るの、納得してました。(?)
宇宙戦争 (kossy)
2007-11-18 08:25:06
>いりりん様
ハリウッドでは母親の愛情がメインとなる映画が多いのかな。ちょっと前だと父親の物語のほうが多かったような気もするけど。

国勢調査って大変ですよね。町内会の人がわざわざ来てくれるんだったら、しょうがないかな〜なんて思うけど、知らない人だとイヤですよね。
夜中といっても、9時過ぎはだめですよね・・・
Unknown (kimion20002000)
2008-01-19 23:50:21
TBありがとう。
やっぱり、現代風の脚色をしないといけないから、工夫はしたんでしょうね。
ストーリーは、結局古典からは、たいして離れられてはいませんが。
古典 (kossy)
2008-01-21 21:46:04
>kimion20002000様
オリジナルを全く知らない俺。
映像化はやっぱり難しいものなんでしょうね。実際のNYの撮影は凄かったけど。
いつの時代であっても、過去作品と比べられることはつらいかなぁ〜
こんにちは! (アイマック)
2008-05-24 11:43:16
DVDで観ました。
SFものというよりも、つっこみどころ満載のゾンビものでしたね^^;
いきなりの深夜の国勢調査は怖かったですよー。
ニコールのプロモーション映画でしたが、いつみても美しいですね。
ゲロで感染ていうのは嫌ですっ。。
ゾンビ (kossy)
2008-05-25 21:55:15
>アイマック様
たしかにSFというよりゾンビもの。
ニコール・キッドマンがいなければいったいどんな評価になっちゃうんでしょう・・・無名の女優でも使えばもっと思い切った挑戦もできたかもしれませんね(笑)
俺もゲロには触りたくない〜〜
結局、何日眠っていなかったのか??? (Aki)
2008-06-26 01:58:26
原作未読・リメイク前3作未観です。
驚異・恐怖・危険性を感じる事象=お題を変え、リメイクされる度、地域・国・世界と規模も、驚異・恐怖・危険性も拡大。
恐ろしい現実です。
文明の発展=危機対応力向上であって欲しいものです。
『ドッグ』『カラス』『ムーランルージュ』『ザ・インタプリンター』で今作。
『奥様』『棘』は未観です。
久々のニコール・キッドマン。
知的なイメージはピッタリ。
魅力的で、流石の演技。でも、精神科医という設定なので、子供の守り方・戦い方に、もう少し、専門知識を駆使してくれたらなと思いました。
『インディペ』の様に。
いくらなんでも免疫がある人をみつけるの早すぎ。
キッドマン (kossy)
2008-06-28 13:52:17
>Aki様
こうしたリメイクというのはそれぞれの時代背景などがわかって面白いかもしれませんね。時代の特徴が活かされてなかったら最悪だったかもしれませんが・・・

どんなにB級映画であってもキッドマンが出演していれば格が上がるような・・・やっぱり知的美人。安心して観れますよね。
xqhb1s1hr8@yahoo.com (Jesse)
2014-06-12 21:15:02
Albendazole is sold as Albenza (USA), Eskazole, Zentel, Andazol and Alworm, is a benzimidazole drug prescribed for the healing of a many helminth infections. Albendazole is not indicated in hypersensitivity and during pregnancy. In women of childbearing time before pregnancy must be excluded. The extensive precautions can be establish in the medicine prescribing info. If you pass a dose of Albendazole and are taking it regularly, use it ASAP. If it is almost time for your next dispense, omit the missed dose and return to your regular dosing mode. Do not receive 2 and more doses at one blow. Albendazole also has been shown to halt the enzyme fumarate reductase, which is worm-specific. This effect may be considered non-critical to the effect on the microtubules due to the lowered absorption of sugar - http://usexpresswebmeds.com/2013/04/23/albendazole-recomendations/. Store Albenza at conventional temperature, 20 and 25 degrees C. Do not apply beside heat, dampness and light. Preserve in a closed, opaque crisper. Store Albenza out of the reach of children and pets.

Charles

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

52 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
「インベージョン」■そこそこいいんだけれど・・・ (映画と出会う・世界が変わる)
侵略テーマSFの古典的傑作「盗まれた街」の4度目の映画化である。この作品では「この人物は果たして乗っ取られたのかどうか」「乗っ取ろうとしている敵からいかに逃れるのか」というスリルとサスペンスが見せ場である。また、それを描くことによって不安な社会状況を浮...
インベージョン/ THE INVASION (我想一個人映画美的女人blog)
                                                                {/hearts_pink/}人気blogランキング{/hearts_pink/} 『LOST』をO.AしてるAXNのドラマで同じタイトルがある...
インベージョン (映画鑑賞★日記・・・)
【THE INVASION】2007/10/20公開(10/23鑑賞) ノリはゾンビ映画。あんなことや、こんなことになってもニコール・キッドマンは美しい・・・
インベージョン (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
すべての人間から感情が失われていくこの街で、息子をきっと見つけ出す。私が愛せなくなる前に。ある朝起きてみたら夫が別人になっていたという患者。昨日と性格が微妙に違っているような気がする職場の秘書。家族が別人になったと告白するブログの異常な検索ヒット数...
インベージョン (プラネタリーヴ)
「イン!便所ん!」…と、こんなくだらないことを言いながら鑑賞したこの映画。便所の
インベージョン (ともやの映画大好きっ!)
(原題:THE INVASION) 【2007年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★☆☆) ジャック・フィニイのSF古典小説「盗まれた街」を原作にしたSFサスペンス映画。 1956年の「ボディ・スナッチャー/恐怖の街」。 1978年の「SF/ボディ・スナッチャー」。 1993年の「ボディ・...
映画「インベージョン」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2007年75本目の劇場鑑賞です。公開翌日観ました。「「es [エス]」「ヒトラー 〜最期の12日間〜」オリヴァー・ヒルシュビーゲル監督作品。のSF古典小説『盗まれた街』から4度目の映画化。人類を脅かす謎のウィルスによる脅威から息子を守ろうと奔走する女性医師を描く....
映画「インベージョン」 (映画専用トラックバックセンター)
映画「インベージョン」に関するトラックバックを募集しています。
インベージョン・・・・・評価額1250円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ジャック・フィニイ原作の侵略SFの古典「盗まれた街(ボディ・スナッチャーの襲撃)」の、実に四度目となるリメイクである。 ドン・シーゲル、フィリップ・カウフマン、アベル・フェラーラに続いてメガホンを取るのは、
#154.インベージョン (レザボアCATs)
ニコール・キッドマンはつくづく、いろんなタイプの映画に出る女優さんだなあ、と思う。インディペンデント映画、大作映画、芸術映画、様々な映画に出ている彼女。その映画を選ぶ基準は何なのか、とにかく、見る目がある女優さんってのがまた、素敵!と言いたくなってしま...
インベージョン (Good job M)
公開日 2007/10/20監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル出演:ニコール・キッドマン/ダニエル・クレイグ/ジェレミー・ノーサム 他【あらすじ】スペースシャトルを襲った謎の衝突によって、シャトルの残骸内に地球外の何かがまぎれ込むという事態が巻き起こる。この何かと...
劇場鑑賞「インベージョン」 (日々“是”精進!)
「インベージョン」を鑑賞してきました「ボディ・スナッチャー恐怖の街」など、過去3度映画化されたうSFスリラー小説を、「ヒトラー最期の12日間」のオリバー・ヒルシュベーゲルがリメイク。ニコール・キッドマンが、地球外生命体から息子を守る気丈な母親を演じ、ア...
インベージョン (シネマ・ダグアウト -cinema dugout-)
 評価/★★★☆☆ (ユナイテッド・シネマにて鑑賞)  監督:オリバー・ヒルシュビーゲル  なんですか、このゾンビっぽいゲロ映画はw  割と珍品めだが結構楽しめる。  『睡眠』と言うものに着眼したのはイイ感じ。  しかし、もっと眠ってはいけないという縛りが...
10/20 【人面犬は】インベージョン【出てきません】 (やっかいな日に限って空は激しく晴れている。)
●本日、新宿にて鑑賞。原作はジャック・フィニィのSF小説「盗まれた街」で、過去にも何度か映画化されている。私が見たことあるの旧作はドナルドサザーランド(「24」の主人公ジャックバウアーを演じるキーファーサザーランドのお父さん)主演の「SF/ボディ・スナッチャ...
インベージョン (Lovely Cinema)
2007年/アメリカ 監督:オリバー・ヒルシュビーゲル 出演:ニコール・キッドマン(キャロル)    ダニエル・グレイグ(ベン)    ジェレミー・ノーサム(タッカー)    ジャクソン・ボンド(オリバー) なんでこの作品に、ニコール・キッドマンとダ...
インベージョン (まぁず、なにやってんだか)
人が何かに支配されて別人になる・・・というので、どんなブキミな怪物が出てくるのかとワクワクしながら「インベージョン」を見てきました(残念ながら怪物は出ません)。なんだかB級っぽさがプンプンする映画です。 (軽くネタバレしてるかも) キャロル(ニコール...
映画 【インベージョン】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「インベージョン」 ジャック・フィニーの傑作古典SF「盗まれた街」の4度目の映画化。 おはなし:スペースシャトルの衝突事故でアメリカ中が大騒ぎになる。そんな折り、精神科医キャロル(ニコール・キッドマン)の元夫(ジェレミー・ノーサム)が、急に息子...
映画「インベージョン」は何を描きたかったのか? (映画と出会う・世界が変わる)
この映画はオリヴァー・ヒルシュビーゲル監督と製作のジョエル・シルバーとの間で対立があり、オリヴァー・ヒルシュビーゲルの名前でクレジットされているものの、途中降板で一部は他の監督が撮っているようだ。そうした事情を知ると、この映画の中途半端な構成やバタバタ...
インベージョン (アートの片隅で)
「インベージョン」の試写会に行って来ました。 今回は久々に息子と一緒です。 中間試験もテニスの大会も終わって一段落という感じです。 学年(200人)で20位台から30位台に落ちてしまいました、、、、 でもテニスが準優勝だったから、今回は笑って許してあげます(^o...
インベージョン 【称号:佳作+】 (映画細胞〜CinemaCell)
スペースシャトルに衝突し、地上に降りた宇宙生物。彼らは睡眠中の人間を襲い、冷酷
インベージョン (★YUKAの気ままな有閑日記★)
映画の原作、ジャック・フィ二ィの『盗まれた街』は、古典的SFで結構面白かった。映画化は今度で4度目だし、小説は50年以上も前の作品だからだいぶアレンジされているだろうし、真っ白な気持ちで鑑賞しようっと―【story】ある日、米国でスペースシャトルの衝突事故が起き...
インベージョン(映画館) (ひるめし。)
ある朝突然、あなたの家族が、別人になっている。
「インベージョン」をみて (PINGUEのある日)
【information】 製作年度・・2007年製作国・・アメリカ上映時間・・
インベージョン (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
パーティーで議論好きのロシア人外交官が「新聞から戦争や暴力の記事がなくなったら、もう人間の世界でないのかもしれない」と饒舌をふるう。そして、映画はその通りになるという設定。
映画 『インベージョン』 (Death & Live)
『インベージョン』  2007年 原題 : THE INVASION 監督 : Oliver Hirschbiegel 相変わらず、何の予備知識もなく、 ニコール様の麗しさに誘われるまま、行って来ました。 ダニエル・クレイグも結構好きな役者なので。 なかなか...
インベージョン (Diarydiary!)
《インベージョン》 2007年 アメリカ映画 − 原題 − THE INVAS
インベージョン/ニコール・キッドマン (カノンな日々)
宇宙から飛来してきた未知のウィルスによって人類が侵略されていくというSFサスペンスホラー。たいして期待してなかったんだけど、これが意外に引き込まれる作品だったのでビックリです。ニコールキッドマンはサスペンスドラマの女王に君臨しそう?(笑)。 出演はその他...
インベージョン (ダイターンクラッシュ!!)
10月28日(日) 17:45〜 TOHOシネマズ川崎7 料金:0円(1ヶ月フリーパス) パンフ:600円 『インベージョン』公式サイト 昔のテレビドラマ「インベーダー」のリメイクだと思っていたら、「ボディスナッチャー」の3度目のリメイクなんだな。すべからく見ていな...
真・映画日記『インベーション』 (          )
10月31日(水)◆610日目◆ 株主優待券の期限がこの日までのやつが1枚あったので、 新宿・歌舞伎町にある「ミラノ座」で ニコール・キッドマン主演の『インベーション』を見る。 ゾンビ映画……というより『アビス』に近い。 後半のサバイバルはなかなか。 ...
【インベージョン】 (+++ Candy Cinema +++)
【THE INVASION】 監督 オリバー・ヒルシュビーゲル   脚本 デヴィッド・カイガニック  原作 ジャック・フィニイ  製作年度 2006年  日本公開 2007年10月20日   上映時間 96分  製作国 アメリカ 
映画【インベージョン】 (Chateau de perle)
【インベージョン】 公式サイト 監督 オリヴァー・ヒルシュビーゲル 出演 ニコール・キッドマン、ダニエル・クレイグ、ジェレミー・ノーサム、ジャクソン・ボンド、ジェフリー・ライト、他 犬に噛まれても 平然としている子供。 人をはねても 顔色一つ変えない...
「インベージョン」 (大吉。)
<水曜日> 墜落したスペースシャトルに付着していた謎のウィルスによって、人々が次々に”変わって”しまう・・という話でした。 古典SFにもありますよね、こういう話。 新しい切り口でも見せてくれるのかと思ったんですが・・あんまり? 地球外から来たウィルスみた...
「インベージョン」 美女VSゾンビ (『パパ、だ〜いスキ』と言われたパパの映画日記)
ニコール映画史上、一番綺麗やったんとちゃいますか? こんな奥さんが公園で子供を遊ばせとったら、うちの子を近づけてお近づきになりたいですわ〜。 なんか『トワイライトゾーン』の1エピソードみたいやった。 戦争が大好きな人間(主にアメリカ人)が地球を支配してる...
インベージョン (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  原作はジャック・フィニイの『盗まれた街』、SFファンなら誰でも知っている古典である。秀作だった二作目の『SFボディスナッチャー』から29年、これで映画化は4度目となる。 宇宙から飛来した細胞のような生命体が、次々と人体に侵入し、別の人格を形...
「インベージョン」(2007) (MY HIDEOUT〜私の隠れ家〜)
現在、全国ロードショー中です。"THEINVASION"監督・・・オリヴァー・ヒルシュビーゲル原作・・・ジャック・フィニイ『盗まれた街』(早川書房)出演・・・ニコール・キッドマンキャロル・ベネルダニエル・クレイグベン・ドリスコルジェレミー・ノーサムタッカー・カウフマ....
★「インベージョン」 (ひらりん的映画ブログ)
10月は予定通り「ニコちゃん祭り」という事で、ニコール・キッドマン特集の第3弾。 予告編見る限りでは、宇宙人もの??なーーんて予想してたけど、 原作は3度も映画化されてる「ボディ・スナッチゃー」という作品なんだって。 もちろん、ひらりんは全部未見なので...
「インベージョン」 (お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法)
(2007年・ワーナー/監督:オリバー・ヒルシュビーゲル) SF小説の古典、ジャック・フィニィ原作「盗まれた街」の4度目の映画化。 ブログではあまり評判が良くないようだが、監督が
「インベージョン」男より子供!〜1800円〜 (いりりんの育児映画人生)
私的二コール・キッドマン最高傑作です。 ってそんなにたくさん作品見てないし(笑) 今はどちらかというと好きになれなかったんですけどね。 だってあんなに綺麗なのに私と1つしか違わないし(やっかみ)、 冷たい目がどうも血が通ってないみたいな印象があって。 とこ...
「インベージョン」 あなたはだあれ? (はらやんの映画徒然草)
知っている人間が、いつの間にか知らない人間にすり替わっている。 そのことを誰も気
インベーション (-_-)zzz DON‘T SLEEP! (銅版画制作の日々)
  DON‘T  SLEEP I‘m Looking for you。 Textme。 I love you 。MOM。   10月23日、MOVX京都にて鑑賞。ニコール・キッドマン&ダニエル・クレイグという二大スターの競演の『インベーション』。サンスペンス超大作ということで、ちょっと気に...
インベージョン (えいがの感想文)
2007年 監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル 出演:ニコール・キッドマン    ダニエル・クレイグ 争いのない世界は、人間の永遠のテーマでしょう。 そんな世界は果たして本当にいいのか。 感情を殺して、全ての人が同化する世界。 確かに、恐ろしいです...
『インベージョン』 (『座敷牢からなんかニョロ〜っとトビ出したようなカンジの.......』)
(2007/米/オリヴァー・ヒルシュビーゲル)  【期待度】★★★★・ 【満足度】☆☆☆・・  【お美しいキッドマンをゲロぶっかけ攻撃で容赦なく追い回す度】★★★★★  ジャック・フィニーの傑作古典SF「盗まれた街」4度目の映画化作品・・・正直もぅ手垢の付きま...
映画『インベージョン』を観て (KINTYRE’SDIARY)
90.インベージョン■原題:TheInvasion■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:99分■日本語字幕:雨宮健■鑑賞日:11月17日、新宿ミラノ3(歌舞伎町)■公式HP:ここをクリックしてください□監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル□脚本:デイヴィッド・カ...
mini review 07273「インベージョン」★★★★★☆☆☆☆☆ (サーカスな日々)
ジャック・フィニィの傑作古典SF「盗まれた街」を映画化したSFサスペンス。4度目の映画化となる本作では、息子を未知のウイルス感染から守ろうと必死で戦う母親にスポットを当てる。才色兼備な母を熱演するのは『ムーランルージュ』のニコール・キッドマン。その友人役を...
インベージョン (eclipse的な独り言)
 二コール・キッドマンの作品選びはどうも「?」がついてしまいます。(3月10日 
『インベージョン』 (Sweet*Days**)
インベージョン(2008/03/07)二コール・キッドマン、ジャクソン・ボンド 他商品詳細を見る 監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル  CAST:ニコ...
インベージョン (小部屋日記)
THE INVASION(2007/アメリカ)【DVD】 監督: オリヴァー・ヒルシュビーゲル 出演:ニコール・キッドマン/ダニエル・クレイグ/ジェレミー・ノーサム/ジャクソン・ボンド/ジェフリー・ライト/ヴェロニカ・カートライト ある朝、あなたの家族が、別人になっている...
映画評「インベージョン」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2007年アメリカ映画 監督オリヴァー・ヒルシュビーゲル ネタバレあり
『インベージョン』 (『映画な日々』 cinema-days)
インベージョン ジャック・フィニイの原作『盗まれた街』 4度目の映画化。 異性体の地球侵略の恐怖を 描いたSFスリラー。 個人評価 ★...
インベージョン (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『ある朝突然、あなたの家族が、別人になっている。 眠っちゃダメ。 家に帰っちゃダメ。 必ず助けるから。 ─ママより』  コチラの「インべージョン」は、何度も映画化されているジャック・フィニィの傑作SF小説「盗まれた街」をニコール・キッドマン主演でリメ...
インベージョン (EURISKO2005)
「戦わなくなったら,人間は人間でなくなる。」この映画のエンディングに語られる台詞
No.76 インベージョン (気ままな映画生活)
この映画では、 見た目はいつもと変わらないけど、感情を失って しまう。外見が変わらないため、誰が感染しているか 見分けがつかず、感染していないものは感情を 押し殺して行動しなければいけない。喜怒哀楽を 押さえることが想像以上に難しく、感染者に 見つかっ...