ネタバレ映画館

8年ぶりの記事・・・(^^;

NANA2

2006-12-19 19:17:29 | 映画2006
 「隠し子が発覚したらやばいだろ!」と兄玉山鉄二が弟山田孝之に手紙をしたためる。

 それを読んだ沢尻エリカが「理不尽だよ!」と代筆したかどうかは定かではありませんが、中島ナナが貴婦人でないことは明白な事実であったりします。それにしても玉山タクミが鋭いことを言ったりする様は成宮ノブの痛いところを突いているし、何もかもタクミにはかなわないと肩を落としすぎて撫で肩になってしまうノブに哀愁を感じてしまいます。どうせならナナの胸で思いっきり泣く姿を見たかったのですが・・・

 しかし、男女関係がもつれそうなバンドの危機的状況下で弁護士ヤスは何をしていたのでしょう?彼ならきっと民法第733条に規定されている「女性のみに6ヶ月の再婚禁止期間」があることを引き合いに出して、1日で男を乗り換えるものじゃないとアドバイスをくれたかもしれませんし、色々と批判もある条文ではありますが、せめて「次の生理が来るまで」は新しい男と寝るなと教えてくれたかもしれないのです。そんなヤスも芸能記者を殴ってしまいましたが、訴えられたらどうするつもりだったのでしょうか?また、ゲリラライブだって違法です(これは会社側の意向ですが)。ただでさえ、ブラストのメンバーには労働基準法に抵触しそうなシンを抱えているというのに・・・ちなみに公式サイトにも彼の年齢が書いてありません。

 前作からキャスト交替という話題もあったりして、なにかと不評のこの続編でしたけど、松田龍平がいなくなっただけで爽やかに感じられました。本郷奏多くんもちょっと前までは小学生役だったのにビックリです。また、市川由衣にしても宮崎あおいの声帯模写を必死で頑張った甲斐があったと思います(推測)。でも一番良かったのは、名前が「晴れ」なのに暴風雨を呼んでしまうお天気お兄さんを演じた中村晴日だったかもしれません。

 ストーリーは夢を追い求める若者に希望を与えてくれる映画だと思っていたのに、実力で這い上がるんじゃなくて、有名人との熱愛発覚によって成功を収めるという結末には納得できません。それでなくても、何も考えずにナンバーポータビリティのようにコロコロと男を変えるハチに魅力がないんだし、夢を感じさせる前作とは打って変わって夢を打ち砕く内容になっているとは想像もできませんでした。また、「映画を一作当ててしまえば金満海外ロケだって出来るんだよ」というテーマにしても純粋な音楽ファンをバカにしているとしか思えないし、作曲する意欲だけはあるけど前作のように曲作りの情熱が全く無いように思えました。残念。

★★・・・
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (9)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2番目のキス | トップ | エラゴン 遺志を継ぐ者 »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
18年のベテランと5年目の若手を比べるのは・・・ (PGM21)
2006-12-19 22:07:12
何時もお世話になっております。
全Blogの中で1番評価点が高いであろう(87点)当Blogのレビューですが、元々私自身は大崎ナナのサクセスストーリーを中心に観ていたので、その点を重点にしてみれば悪い作品ではないと思っています。それ以上にアニメNANAで免疫できていましたし、原作もある程度熟知していたので特に駄作とは思っていません。
主役交代ですが、中島美嘉が交代しなかっただけに特に問題視しませんでした。ハチは宮崎あおいより市川由衣の方がピッタリでしたし、性格的にもハチは市川由衣に近いでしょう。前作では宮崎あおいのハチに違和感を持っていただけに最初から市川由衣でいけば違ったと思います。
まあもっとも18年目のベテランと5年目のこれからの若手では比べる対象が違うでしょう。
市川由衣のこれからは若き日の篠原涼子に似た感じを持っているので将来は楽しみな女優ですけれどね。
あおい由衣 (kossy)
2006-12-19 23:27:21
>PGM21様
実は途中までは3点にするつもりだったのが、最後のイギリス無駄遣いで減点してしまいました。
市川由衣もそんなに悪くなかったと思います。前作から松田、平岡両氏が抜けてくれたおかげで、演技の下手さも感じなかったし・・・

実はナナの生き方よりも、ノブの心理描写が気に入ってしまいました。登場人物中、一人だけ心が無茶苦茶揺れているんですよね。その彼の失恋劇とナナの成り上がりストーリーがもっと強調されれば良かったかな・・・
オヤジ? (ともや)
2006-12-20 06:06:52
こんばんは、kossyさま♪
原作は全く知らないともやです。
この作品ってもっと純粋な音楽を取り扱った漫画かと思ってました(上條淳士の「TO-Y」みたいな)。

ナナの生き方とか考え方が格好良くて若者に受けているのかと思ったけど、そんな作品でもないようだし…。
これが今のリアルな若者なんですかねぇ。
オヤジはちょっと哀しいです。
オヤジです (kossy)
2006-12-20 08:33:17
>ともや様
ナナの生き方については昔からそんな人いたよ~てな漢字でそれほど腹立たしくはありませんけど、ハチの生活は現代っ子そのものかもしれませんよね。

今朝のテレビを見てたら、オヤジバンドブームがやってきそうなことを言ってましたけど、オヤジだって負けちゃいられません。いつかはゲリラライブをやってみたいです。
いや… (tm)
2006-12-20 09:15:34
そんなに
悪い映画でない。なかなかいい映画でしたよ。原作を読んでから行かれた方がいいかもしれませんね…
PV (よゆぽん)
2006-12-20 10:27:44
映画で伊藤由奈のPVを見ることになるとは・・・
せめて、レコーディング風景とかにしてほしかった。

主要キャラが3人も降板したので、「ナナゾーン」、「零式ドロップギターショット」、「波動ドラム」等を繰り出し、本多君に「みんな、やりすぎだよ~」と言わせるくらいのぶっ飛び映画にしてしまえばよかったのに(´▽`*)アハハ
原作 (kossy)
2006-12-20 11:48:03
>tm様
さすがに今からは読む気になれないです・・・う~む、遅かったか。

>よゆぽん様
PVはPVの良さもあったのですが、この映画では似合わないですよね。

「みんな、やりすぎだよ~」・・・笑ってしまいました。
こんにちは! (mina)
2007-02-12 08:40:26
NANA2を観て、とても複雑な心境になってしまいました。
巧があまりにも良い男に描かれていて、今時、そんな男はいないよーって思いっきり叫んでしまいそう。
男はそんな動物じゃないと思っているわたしとしては、最後まで納得できないと言うか、不完全燃焼。
こんな作品を観て、安易に子供を作っちゃう女性が増えたらどうするのって言いたい。
ハチなんて、巧に弄ばれて、捨てられて、せいぜい未婚の母になるのが関の山という展開の方が、よほど説得力があると思うのは、多分、わたしだけかな。
でも、スーパースターの巧に結婚して貰えて、羨ましいなぁと思ったのも事実。
これは、間違いなくシンデレラストーリーです。
柳沢 (kossy)
2007-02-12 16:04:42
>mina様
もしこの映画を柳沢大臣が観たら大喜び?
少子高齢化を嘆く政治家が強く薦める作品になるのかもしれませんねぇ・・・

タクミって、この映画に限り、男から見るとたいしたことないやつです。多分男女での温度差もある映画だと思うのですが、いかんせん観ているブロガーが少なすぎです(笑)
まぁ、未婚の母の典型的なパターンかなぁとも思ったのですが、こんなのを若い子が喜んで見てるのだ想像すると、将来はやっぱり不安ですね・・・

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

19 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『NANA2』 (ガッツリ ガーリー)
『NANA2』は巷で言われているように、それほどヒドイ出来の映画だろうか? 『NANA』のマンガを読んでいた私は、最初の映画化の時あまりのそっくりぶりに、ただただ喜んでしまった。読んでいたマンガの具現化、それだけで小躍
「NANA2」ナナのデビューハチの結婚・・・それぞれの道へ歩みだした (オールマイティにコメンテート)
「NANA2」は矢沢あい原作の漫画で昨年公開された「NANA」の続編でハチの妊娠&結婚からブラストのデビューまでが描かれ今回が完結となる。数多くの主役交代劇があったけれど、前作に勝るとも劣らない内容となっており、ライブシーンは見所の一つだ。
「NANA2」 (NAOのピアノレッスン日記)
娘と二人で行って来ました。こういうの嬉しいですね。(^▽^)2006年 12月9日公開 東宝配給監 督&脚本:大谷健太郎音楽:主題歌 「一色」~NANA starring MIKA NAKASHIMA     劇中歌  「Truth」~REIRA starring YUNA ITO出演者:中島 ...
NANA2 (Black Pepper's Blog)
前作「NANA」(レビューはこちら)を観た後マンガを16巻までしっかり読んでしま
NANA2 (ともやの映画大好きっ!)
【2006年・日本】試写会で鑑賞(★★☆☆☆) 矢沢あいの人気コミックを実写化した青春映画「NANA」の続編。 今回で完結編となる。 メジャーデビューに向けて充実した日々を送る大崎ナナ(中島美嘉)と BLACK STONES(ブラスト)のメンバーたち。小松奈々=ハチ( ...
NANA2 (そーれりぽーと)
宮崎あおいが降板したなんて全く知らないまま『NANA2』を観てきました。 前作は「どうせ少女漫画」と話題に乗り遅れてしまい、劇場で観ていなかったので直前にDVDで予習してから観たんですが…。 ★★ 前作はDVDで予習。 続くと分かって観ていたので結 ...
「NANA2(ナナ2)」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
「NANA2(ナナ2)」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:中島美嘉、市川由衣、玉山鉄二、姜暢雄、丸山智己、本郷奏多、伊藤由奈、成宮寛貴、他 *監督:大谷健太郎 *原作コミック:矢沢あい『NANA』 感想・評価・批評 等、レビューを含む ...
NANA2 (Akira's VOICE)
「一色」が好き。 ただ,それだけ。
【劇場鑑賞140】NANA2 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
ねぇ、ナナ。 夢が叶う事と、幸せになる事は どうして別ものなんだろう。 あの頃描いていた夢の輝き。 あたしは死んでも忘れない。
NANA2 (日々エンタメざんまい!)
おすすめ度:★★☆☆☆【STORY】 大崎ナナ(ナナ)と小松奈々(ハチ)は、東京での共同生活を楽しんでいた。 ナナのバンドBLACK STONESは、プロデビューに向けて精力的に動き出し、 ハチはナナの成功を心から願ってい
NANA2 (ダラダラ生活 日記)
観に行ってきました。 ほとんどが女子高生の中で観るのってヘンな気分でした。 原作:矢沢あい「NANA」 脚本・監督:大谷健太郎 出演:中島美嘉:市川由衣:玉山鉄二:成宮寛貴:姜暢雄:本郷奏多:丸山智己 前評判がイマイチだったので たまったポイントを使っ ...
NANA2(映画館) (ひるめし。)
あの頃描いてた夢の輝き。あたしは死んでも忘れない。
【MOVIE 】NANA 2 (思いつくままに)
■感想など 宮崎あおいの幻影が見えそうだ...。 宮崎あおいが出演しないという時点で、観に行くつもりはなかったのですが、 半分気まぐれのような感じで、2作目を観賞してきました。 予想通りというべきなのかわかりませんが、やはり市川結衣では、まだまだ ...
「NANA2」を見ました。 (かなやす日記)
今日、ジストシネマに行きまして、「NANA2」を見に行きました。 内容は前作の続編で人気が出てきてメジャーデビューを控えた「ナナ」と巧と付き合うようになり、妊娠してしまう「ナナ」のドラマを描いた映画です。 感想はといいますと、妊娠や結婚など、ドロド ...
NANA2 (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★☆☆☆  ナアナア映画・・・NANA  
「 NANA2 (2006) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
監督 : 大谷健太郎 出演 : 中島美嘉/市川由衣 /玉山鉄二 / 原作 : 矢沢あい 『N
『NANA2』舞台挨拶@日劇2 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
この冬一番の寒さ(たぶん)、しかも雨の中を今日も1人で映画の舞台挨拶へ。。。今回は、続編でありながらキャストの変更が3人も出て公開前から話題性は十分、クランクインから3ヶ月というスピード公開を迎えた『NANA2』である。舞台挨拶へは中島美嘉、市川由衣 ...
映画【NANA2】 (Chateau de perle)
【NANA2】 公式サイト 監督 大谷健太朗 出演 中島美嘉、市川由衣、成宮寛貴、本多奏多、丸山智己、玉山鉄二、姜暢雄、他 原作は未だに未読ながら前作にすっかりハマってしまい、 公開を待ちわびていた【NANA2】を観て来ました。 東京で運命的な再会 ...
映画評「NANA2」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2006年日本映画 監督・大谷健太郎 ネタバレあり