ネタバレ映画館

帰って寝るだけのタクシードライバーになりました(汗)

阿修羅城の瞳

2005-04-19 10:48:49 | 映画2005
 「おもしれえ!面白すぎる!」と言う南北(小日向文世)が面白すぎた。

 せをはやみ いはにせかるる たきがはの われてもすゑに あはむとぞおもふ・・・
 百人一首は苦手だが、苦手な人のために「“せ”で始まる句は一つしかないからこれを覚えておくといい」、という言葉を信じてこの句だけを覚えたものだ。しかし、苦手な人の考えてることは皆同じ。結局は「せをはやみ」争いになってしまう・・・

 ストーリーはこんなところかと思ったが、それよりも役者が良すぎるためか、全体のバランスが悪い。舞台劇としてなら通用しそうだけど、やりすぎ感漂う無駄なCGのため雰囲気が悪くなっていました。ストーリー的には、まず鬼の悪行がわからない。あの惨殺シーンがいきなり始まったときには、まるで征服者が先住民族を大量殺戮しているようだったし、映画なんだから、絵だけでも楽しめる工夫が欲しいところでした。大仏大の阿修羅の造形は良かったけど、戦うときに人間になるのはショボいですし・・・

 「ウォーター・フルーツ」「サンタフェ」。1991年の芸能ニュースを賑わせた2人の競演も中々いいけど、ついでに小柳ルミ子、川島なお美、藤田朋子等々を大胆にキャスティングしたら(テーマ曲はマドンナとか)・・・シャレにならないですね・・・すみません。

 なんだかんだ言っても、歌舞伎シーンはかなり良かった(生で観たことないから)ので多少評価は上がりました。

★★★・・
阿修羅城の瞳@映画生活
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (33)   トラックバック (66)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホワイト・ライズ | トップ | ロード・オブ・ザ・リング ... »
最近の画像もっと見る

33 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます。 (ジャス)
2005-04-19 11:25:49
役者は皆さん良かったですね。

後、歌舞伎って見た事なかったんです。

生でも映像でも。だから少し感激です。
もっとおもしろくできたかも…。 (あかん隊)
2005-04-19 13:07:50
TBありがとうございます。

素材の知名度が高いと、映画化は難しいのかも。

残念な気持ちになりました。

歌舞伎、一度は本物を観てみたいものです。
いいのでしょうか・・・? (ツボヤキ)
2005-04-19 14:02:47
小生のblog、宜しいんでしょうか。

役者さんに対する感想は、二人を除いて惨憺たる状態で言いたい放題ですが・・・。

染ちゃん、歌舞伎舞台でいい、と思うた事一度もない・・・。そんなに見てません、見たくないんだもんな~。惹かれないんだ。これ、舞台で拍手喝采なんだと聞いて、ええ?と耳を疑ったんですが、空間を共有しての舞台劇なら面白いのかな?脚本もそう凄いとは思えなかったが、何しろこの舞台は未見なのでなんとも言い難し。それでも(まだ言うか)舞台の主役がいい役者とは想像がつきにくかったんですわ。

「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」なんて使ってしまって、わっけわからん幕引き。緞帳がないんですわ、この芝居。どうもすみません・・・ごめんなさい。
初めまして、突然申し訳ありません。 (週刊!ブログランキング管理人)
2005-04-19 14:36:50
初めまして、突然申し訳ありません。



この度、「週刊!ブログランキング」を開設致しました。

貴サイト様を拝見させて頂きまして大変興味深いサイトだと感じました。

是非、当ランキングに登録して頂けませんでしょうか?

http://kutsulog.net/

初期の登録運営者様はライバルも少なく、ランキング上位サイトとして後々の訪問者数が期待できる事と思います。

当サイトも登録をお願いするだけのランキングサイトではなく、SEO対策・メルマガ・雑誌広告など広範にサイトプロモーションを行っております。

(ping受信に対応しておりますので設定して頂ければ投稿記事タイトルに反映されます)



宜しくお願い致します。
歌舞伎 (kossy)
2005-04-19 16:18:38
>ジャス様

俺も同じです。

歌舞伎を一度でもいいから観てみたいです。

これがなければこの映画は全然だめですよねぇ。



>あかん隊様

一度は観てみたい歌舞伎。

この映画を観る前は、舞台劇だとは知らずにいました。

観てみるとやっぱり舞台劇・・・

映画と劇の違いをはっきりしなければね・・・



>ツボヤキ様

そういう貴重な意見も大切です。

それでも日テレの映画ですから、

日本アカデミー賞にはからんでくるでしょうね。

宮沢りえは、何となくはずれてしまうような気もします・・・
歌舞伎は面白いですよ (FLUFFY)
2005-04-19 16:51:30
舞台で好評だった作品を映像化すると

こうなっちゃうんですかね。

舞台を何度も観たことがある友人は

「微妙」という感想でしたが。

私は舞台を観ていないので、比較はできません。

ただ、特殊映像に頼らなくても

歌舞伎の持つ荒唐無稽さは表現できたんじゃないかなと思うんですよね。

思いっきり引いたのは、あの蛍光ミドリの血でしたよ・・・。

衣装とかは豪華で良かったですけどね。



ところで、歌舞伎は実際に舞台を観ることをオススメします。

私はもう観始めて10年以上になりますけど

舞台を撮影したTVで「観た気分」になるより

本当にナマを観て欲しいです。

入り口を失敗すると「難解でつまらない」になってしまうので

注意が必要ですけど、私がオススメなのは

黙阿弥モノです。有名どころでは「弁天小僧菊之助」ですかね。
本当に舞台が映画化された感じですね。 (アリス)
2005-04-19 21:00:18
でも、まぁこんなものかと・・・。

ラストの音楽が流れるシーンなどは、劇団☆新感線の舞台には、

必ずあるそうですし。

つじつまが合わなくても、舞台なら許せるところもあるんですけど。

この映画を観るというきっかけは、プレゼントの手鏡付きの前売り券を買ったからで、

その時点では、映画の内容も知らなかったんですよ。
こんばんは (カヌ)
2005-04-19 22:58:28
>まるで征服者が先住民族を大量殺戮してるよう

鬼御門の2人が殺しを楽しんでましたから、私もそう思いました。人間と同化して大人しいなら、殺す必要ないやんと思いました。 歌舞伎シーン良かったですね、あそこは見どころですよね。
歌舞伎 (kossy)
2005-04-20 01:30:15
>FLUFFY様

舞台を観ている人もかなり多いようですね・・・

蛍光緑のスライムは俺も引きました。

序盤でかなり損をしてる映画でした。



『弁天小僧菊之助』ですね!

メモしときました。

まずはテレビ放映で予習したほうがいいのかなぁ。



>アリス様

いいなぁ・・・前売り特典。

こちらでは無かったのかもしれません(泣)

割りきって、俳優の演技だけを楽しむ映画だったのかなぁ~



>カヌ様

ほんとそうですよね。

舞台を観て知ってる人ならともかく、「鬼、いいやつかもしれないじゃん!」と考えたら置いてけぼり食らっちゃいますね(笑)

歌舞伎シーンだけでも、また見たくなりました。
うーん微妙 (るるる@fab)
2005-04-22 14:21:50
あのゾンビ鬼って、人を食べちゃうんでしょうかね、それとも血を吸いたいんでしょうか。

歌舞伎は生で観てみると面白いですよ、映画の中にあったように本当に手作り感が凄くて(笑)最前列だと色々見えます。
お世話になっています (eigasuki)
2005-04-22 16:29:56
いつもTBやコメントありがとうございます。



当方も、TBにお邪魔しながら

このサイトを楽しませていただいています!



これからもよろしくお願いします。
阿修羅城の瞳 (よしえもん)
2005-04-23 02:56:37
TBありがとうございます。みなさん辛口の感想が多いみたいですね。ところで教えていただけないでしょうか? ブログ初心者なのですが、TBを入れるにはどこをどうすればよいのでしょうか? 馬鹿な質問で済みません。
大量殺戮だったんだ~ (yuikaede)
2005-04-23 07:04:02
久しぶりに、しかも2本まとめてTBさせて頂きました♪

ブログにも書きましたが少し遅れて入ってしまったため

最初のシーン見逃していたんですよね。

そっか~大量殺戮が最初にあったんですね~納得。

しかし鬼の唸り声・・・どこかで聞いたと思ったら

「バイオハザード」でしたよね。
 (kossy)
2005-04-25 18:53:56
>るるる@fab様

鬼の悪行をもっと映像化してほしいところでしたね。

歌舞伎、観たいのですが、なんせ地方なもので・・・

地元の祭りにはこども歌舞伎なるものがあるらしいのですが、勧進帳しかやんないからなぁ。



>eigasuki様

こちらこそいつもありがとうございます。

サンタフェに言及している人は少ないようです・・・(汗)



>よしえもん様

コメントありがとうございます。

この記事のTrackback Ping-URL の下にあるURLをコピーして自分の記事の編集をするときに貼り付ければ大丈夫だと思うのですが・・・できたのかな?



>yuikaede様

おお!バイオハザードの声だったのですか!

全然気にしてなかった・・・

最初のシーンはその前にも過去のエピソードがありましたよ。

それほど影響ないかもしれませんけどね・・・
TB、ありがとうございます (理恵)
2005-04-27 23:45:26
はじめまして。突然TBしまして失礼しました。

&TB、ありがとうございます。

2000年「阿修羅城の瞳」を見て

新感線のファンになった思い入れのある作品だから

つい、期待し過ぎたのかもしれません。

役者が良すぎる・・・鴨(汗) (ももママ)
2005-04-28 00:41:12
TBさせてもらいました。役者が良すぎるって、特に染五郎ですよね~。私、惚れました。逆に、脚本も、衣装も、美術も、CGもしょぼいって事かも?
新感線 (kossy)
2005-04-29 12:35:23
>理恵さま

俺は全く知りませんでした(汗)

舞台劇を映画化することの難しさがよくわかる映画だったかもしれませんね。



>ももママ様

そうそう、染五郎は良かったです。

舞台っぽい大げさな演出もあったけど、知らない俺にとっては満足できました。

脚本はそんなに悪くないと思うのですが、美術関係がひどかったですよね・・・子供だましと言うかなんというか・・・
舞台 (sachi)
2005-05-09 23:02:58
こんばんは。

この映画を観て、いっそう2003年版の劇団☆新感線の舞台版DVDが欲しくなりました。舞台ではいったいどんな演出だったのか、気になって仕方ありません(笑)。



ちなみに私のオススメの歌舞伎は「義経千本桜」です(笑)。

歌舞伎 (kossy)
2005-05-09 23:23:48
>sachi様

観たいですよね~

観てる人がいっぱいいて、うらやましい限りです。

レンタル店行ったときに探してみようと思います。



義経千本桜ですね!

メモメモ・・・もう覚えきれない・・・
歌舞伎 (chishi)
2005-05-13 13:32:35
あの舞台のシーンがなかったら

染五郎様が素敵だということに気付かぬまま

ただボケーっと時間が終わるのを待つしかなかったかもしれないです(汗)

とりあえず舞台版のDVD、買いました!

だってフィルム上映、もう終わってたんだもん・・・。
DVD (kossy)
2005-05-13 18:50:57
>chishi様

確かにそうですよね~

俺も歌舞伎場面がなかったら評価できませんもん。

只券が一枚手元にあるけど、今日限りだし・・・

リピートする気もおきない。



舞台版を見たいなぁぁぁぁ
TBありがとうございました。 (cherry)
2005-11-06 09:58:01
若い2人のベッドシーンまで覗いてしまう鶴屋南北、凄かったですね(〃 ̄ω ̄)
南北 (kossy)
2005-11-06 13:44:25
>cherry様

小日向さんですよね?

彼は面白いです。面白すぎますぜ~~!
言われてみれば。。。 (boss)
2005-12-07 14:09:34
鬼って何か悪いことしたんですかねぇ???

ま、一応設定の上では昔からずっと鬼と鬼帝が争ってきたっていうことだったので、争う火種はもっともっと昔にあったんでしょうけど、一方的にやられまくり過ぎですね、確かに。

いわゆるボスキャラ的存在もいなかったし。

観ながら「鬼、弱え~」って思ったのも忘れてました。

それくらい、映像的にも内容的にも良かったですから。。。途中までは。



 (kossy)
2005-12-07 15:27:21
>boss様

アメリカでこんな映画を作ったら叩かれそうです。

なぜ鬼が悪い奴なのかさっぱりわかりませんもんね。



やはり歌舞伎のシーンが一番。

染ちゃんが賞を独占してしまいそうな勢いですし、演技力、それだけの映画だったですかね・・・
ちょっと辛口になってしまいました (ミチ)
2005-12-09 21:01:43
こんにちは♪

映画館で見れなかったのでレンタルしてきたんですけど・・・・この映画には千円も出したくないかもしれないなぁ。

どうしてこんなにしょぼいCGしかできないの?っていうくらいにショボクなかったですか?

特に鬼にまつわる緑色のCGが・・・。(狙ってる?)

染さまもりえちゃんも良かったのになぁ。

樋口可南子のようなコスプレはどうなんだろう?

紅白歌合戦のドレスみたいじゃなかった??

作品的には (kossy)
2005-12-10 10:58:43
>ミチ様

たいしたことない映画ですよね・・・

CGに金をかければよかったのか、とにかく舞台劇そのまんまといった感じでした。

実際に歌舞伎を観たことがないので、まぁまぁよかったと感じたのですが、あとは役者の演技力のみ。

予算がとれないというのも可哀想な気がします。
あわんとぞおも~~~ふ? (こっちゃん城の瞳)
2005-12-11 01:05:13
「つまんね。つまんねぇーなぁー」って言う

南北もまた格別でございました
南北 (kossy)
2005-12-11 02:39:44
>こっちゃん城の瞳さま

小日向さんって、どんな役でも小日向さん。

何を喋っても小日向さんでしたよね~(わけわからん)
りえちゃんかわいい (ロキ)
2006-04-29 03:30:31
歳をとると容貌がりえママに近づいてくるんじゃないかと心配してましたが、いくつになってもかわいらしくて安心しました。



映画の内容はまあ、

序盤は寝ていたのでわかりませんが、

なんていうか、田舎の遊園地にあるお化け屋敷みたいな雰囲気がよかったです。

うらぶれた小さな映画館で見たので作品の出来がこのくらいでちょうどよかったかもです。
りえママ (kossy)
2006-04-29 08:13:02
>ロキ様

最近はママの姿も見かけなくなりましたが、

もうマネージャーは降りてしまったのでしょうか・・・



この映画、序盤の鬼(?)は何だか子供向けの雰囲気だったのですが、だんだん大人向けのストーリーに変化していく様子が面白かったです。

まぁ、クライマックスのCGも別の意味で面白いし、小品として楽しむには充分です。

でも、なんでメジャー公開されたんだろ・・・
保毛尾田保毛男 (にら)
2006-05-19 14:24:12
梨園のプリンスだかなんだか知りませんが、主人公の青く輝くアゴのラインとオチョボ口な喋りに石橋貴明の名物キャラを思い浮かべてしまいました。



そんな役者の魅力を差引いても、今作を楽しめませんでした。

編集のせいか、はたまた演出のせいか、滝田監督の作品とはどうにも相性が悪いです。



てなわけで、TBありがとうございました。
なぜか思い出せない (kossy)
2006-05-19 15:41:00
>にら様

文章から判断すると、相当つまらなかったようですね。

滝田監督というと、陰陽師の監督さんでしたっけ。

多分こういう世界観が好きなんでしょうね~

結局、主演の2人のおかげでなんとか仕上がった映画でした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

66 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
阿修羅城の瞳 (ジャスの部屋 -いん ぶろぐ-)
映画「阿修羅城の瞳」の感想です
『阿修羅城の瞳』 (京の昼寝~♪)
 阿修羅目覚める時、逆しまの天空に不落の城浮かび、現し世は魔界に遷る ■監督 滝田洋二郎 ■原作 中島かずき「阿修羅城の瞳」 ■市川染五郎、宮沢りえ、樋口可南子、小日向文世、渡部篤郎、内藤剛志、韓英恵  時は文化文政の庶民たちの活気に満ち溢れた江戸。 かつ
阿修羅城の瞳 (cococo)
チラシやポスターが、あんまりきれいだったし、舞台の評判も聞いていたし、舞台を観
『阿修羅城の瞳』 (ぺぺのつぶやき)
2005年 日本 119分 監督 滝田洋二郎 原作 中島かずき 出演 市川染五郎、宮沢りえ、樋口可南子、小日向文世、内藤剛志、渡部篤郎 「阿修羅城の瞳」公式サイト→ココ ストーリー 江戸時代が舞台。 人の世を滅ぼし、世の中を征服しようとする鬼たち...
■阿修羅城の瞳 主演:宮沢りえ 市川染五郎 小日向文世 (ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY)
■阿修羅城の瞳●映画「阿修羅城の瞳」は、宮沢りえと小日向文世を観に行けば、良いと思う。これは舞台で若い観客に持て囃された作品の映画化であるから、ネタばれも少々なれば許されよう。鬼の住み着く下界、鬼を退治する鬼殺し出門とある女盗賊つばきの出会いが阿修羅誕生
阿修羅城の瞳 (CINEMA e MUSICA di FLUFFY)
恋をすると鬼になる
阿修羅城の瞳 (某茶房拾遺伝)
動員1000人程度の小劇場芝居から、芸能の頂点へ……。 『阿修羅城の瞳』を一言で説明するならそんな感じだろうか。 主演に市川染五郎を迎え、2000年夏、2003年夏と新橋演舞場・大阪松竹座で上演され話題となりまくった『阿修羅城の瞳 BLOOD GETS IN YOUR EYES』も、元を糾
映画『阿修羅城の瞳』 (EVERSMILE(エバースマイル))
『阿修羅城の瞳』公式サイト『阿修羅城の瞳』を上映している映画館は?映画『阿修羅城の瞳』を観てきました。映画『阿修羅城の瞳』は、劇団☆新感線による舞台での『阿修羅城の瞳』をベースにして映画化された作品です。私は劇団☆新感線の舞台を一度も観たことがないのです
「阿修羅城の瞳」劇場にて (xina-shinのぷちシネマレビュー?)
土曜に引き続き日曜日にもファボーレ東宝で二作品見てきました。『阿修羅城の瞳』と『コーラス』の二つです。 まずは『阿修羅城の瞳』から。 主演は「宮沢りえ」と「市川染五郎」。脇を固めるのは「樋口可南子」、「小日向文世」、「内藤剛志」、「渡部篤郎」の面々。エンデ
阿修羅城の瞳 (Cafeアリス)
阿修羅城の瞳を、観てきました。 劇団☆新感線の人気の舞台の、映画化だそうですが、 もともと「恋する手鏡」のおまけにつられて買った前売り券だったので、 あんまり内容を知らずに、観てきました。 今日のSMAP×SMAPでも、市川染五郎さんと、宮沢りえさんがゲスト...
映画感想:『阿修羅城の瞳』 (徒然三十路日記♪)
00年に上演、03年に再演されて話題を呼んだ劇団☆新感線と松竹のコラボレート舞台作品「阿修羅城の瞳」を映画化。町人文化が栄えた江戸の文化文政期。恋をすると鬼の王・阿修羅に生まれ変わってしまうという宿命を負う女つばきは、以前幕府の鬼祓い機関の副長を務めていた舞
阿修羅城の瞳 (kikumasamune)
(英題:BLOOD GETS IN YOUR EYES)  公開前日に試写会に当たったので観て来ました。監督が滝田洋二郎と聞いただけですごくゲンナリしたのですが、やっぱりというかどーしようもなくゲンナリする出来だったので、客電がついた時にはただただポカーンとしておりました。が
「阿修羅城の瞳」 (the borderland)
初日16日(土)しかレイトショーやってないので時間合わせて見に行ったら、財布忘れたのを電車の中で気付いて、阪神梅田のかの有名なミックスジュースだけ飲んで帰りました・・・ 小銭入れと定期は持っていたので気付かなかったんです(^^; 自分のアホさ加減に疲れが
映画「阿修羅城の瞳」 (徒然読書感想記)
「阿修羅城の瞳」2005/松竹/監督:滝田洋二郎/原作:中島かずき(劇団☆新感線)/出演:市川染五郎、宮沢りえ  恋する手鏡付前売り券で見てきました。  えーと、試写会行った人の感想(苦言か?)を既に聞いていたので、充分な心構えのもと、観てきました。  ・・・
『阿修羅城の瞳』 (ラムの大通り)
-------この映画、試写会が大盛況だったんだって? 「『阿修羅城の瞳』なんてタイトルからして魅力的だからね」 -------あまり映画っぽくないよね。 「そうなんだ。これは元はと言えば劇団☆新感線の舞台。 それを観て『これは現代の歌舞伎だ』と思ったという市川染五郎。 彼
阿修羅城の瞳 (ブログとラジオのコラボレーション+αアフィリエイト)
  日曜日に、友達と見た映画です。 ほんとは「コンスタンティン」でもいいかな~と思いつつ、「たそがれ清兵衛」、サントリーの「伊衛門」のCMのりえちゃんがとても、好きなので、結局、こっちにしました。 「アニメの実写版」という感じの映画です。 市川染五郎の
「 阿修羅城の瞳 」 (MoonDreamWorks)
監督 : 滝田洋二郎主演 : 市川染五郎/宮沢りえ/小日向文世      / 内藤剛志/渡部篤郎/樋口可南子 /公式HP:http://www.ashurajo.com 時は文化文政の江戸の世。人の姿を借りた鬼が人を食らうと言う・・・・幕府は、「 鬼御門 」と呼ばれる組織を結成し江戸...
阿修羅城の瞳 (たりん堂@blog)
予告が良かったので、観たい観たいと騒いでいたら副部長も観たかったようですんなり鑑
★「阿修羅城の瞳」 (ひらりん的映画ブログ)
劇団☆新感線で上演され大ヒットした同名の舞台劇を映画化。 予告を見て面白そうだったので「インファナル・アフェアⅢ 終極無間」 見たあと、続けざまに鑑賞。 2005年日本製作のロマンス・アクション・時代劇、130分。 あらすじ 江戸時代・・・平穏そうな町にも人
映画/阿修羅城の瞳 (Color of Words)
この作品、新橋演舞場での初演(2000)、再演(2003)どちらも見てて、DVD
阿修羅城の瞳 (any\'s cinediary)
阿修羅目覚める時、逆しまの天空に不落の城浮かび、現し世は魔界に変える――― ス
阿修羅城の瞳 ★★★★☆ (◆覇王の書斎◆)
スペクタクル・なんとか、とか、アクション・どーたら、とか、CG・VFXの出来云々、という視点で見るよりも、これは「漫画」だ、と思ってみるとすんなり受け入れる間口が出来るんじゃないかと思いました。
「阿修羅城の瞳」 (るるる的雑記帳)
「阿修羅城の瞳」を観ました(本家・fab*funにもup、レビューは毎度微妙に中身が違います)。 四世鶴屋南北(私のイメージではこんな飄々とした人物ではないが、でも狂言回し的な役だから仕方ないのか?にしたってもう少しセリフが何とかならなかったのか)が出てきて歌
阿修羅城の瞳 飽きずに見られた2時間 (妊娠、育児、映画人生)
先月のローレライに続き、旦那とデートです♪ といってもうちの場合は、私が行ける日が決まると 「明日、阿修羅城見に行くよ。一緒に行く?」というパターン。 めでたく予定が合い、別々の車で出動です。 私が洗濯物を干していたせいで本編1~2分始まってましたが お客さん
試写会「阿修羅城の瞳」 (こまったちゃんのきまぐれ感想記)
試写会「阿修羅城の瞳」開映18:30@イイノホール 「阿修羅城の瞳」2005年 日本 配給:松竹 監督:滝田洋二郎 原作:中島かずき(劇団☆新感線) 出演:市川染五郎、宮沢りえ、樋口可南子、小日向文世、渡部篤郎、内藤剛志、    大倉孝二、皆川猿時、二反田雅澄
試写会「阿修羅城の瞳」 (こまったちゃんのきまぐれ感想記)
試写会「阿修羅城の瞳」開映18:30@イイノホール 「阿修羅城の瞳」2005年 日本 配給:松竹 監督:滝田洋二郎 原作:中島かずき(劇団☆新感線) 出演:市川染五郎、宮沢りえ、樋口可南子、小日向文世、渡部篤郎、内藤剛志、    大倉孝二、皆川猿時、二反田雅澄
映画感想「阿修羅城の瞳」 (くらのすけの映画日記)
人気の舞台の待望の映画化ということですが、その宣伝時の派手なCG映像に日本的な魅力がどこかに感じられていたので、やや期待していました。 第一印象。久しぶりに日本映画の様式美の世界を見ました。かつて五社英雄監督が得意とした歌舞伎的な様式美の世界。花びらが
阿修羅城の瞳 (映画大好き!)
TBありがとうございます。
『阿修羅城の瞳』 (映画 *日和)
劇団☆新感線の舞台を映画化とのこと。 舞台の方は見ていないのですが この映画、おもしろかったです~♪ 音楽も、前から予告とかで耳に残るなぁって思ってたら な~んと、菅野よう子さんが担当されてたんですねぇ。{/hakushu/} エンディングをスティングが歌い下ろし(?)
阿修羅城の瞳 (PICO*THEATRE)
阿修羅目覚める時、逆しまの天空に不落の城浮かび、現し世は魔界に還る――好き度:★★☆思った以上に平凡な作品。元ネタは劇団新感線の同名舞台であると聞いていて、それを意識しすぎたせいかもしれませんが、「オペラ座の怪人」に引き続きいまいち映画用に再構成されていな
阿修羅城の瞳 (Akira\'s VOICE)
まとまりと盛り上がりに欠け,最後まで入り込めなかった・・ので,勝手にストーリー考案。(怒っちゃやーよ)
映画 「阿修羅城の瞳」 (スリジャヤワルダナプラコッテ(仮))
大仏さんが 「お待ち申しておりました出門殿」 舞台と比較してはいけない 別物と割り切り、見に行ったはずの 阿修羅城の瞳 宮沢りえさん扮する \"つばき\" (翼アル鬼トカキテ \"ツバキ\" ト読ム) が阿修羅王に転生すれば巨大化して大仏さんに! 顔は宮沢りえさん
阿修羅城の瞳 (ももママの心のblog)
大阪の劇団・新感線の舞台を映画化した。ハリウッドとは一味ちがうエンターテイメントを目指し、主役は舞台と同じ市川染五郎がいい男ぶりを存分に見せる。{/face_heart/} 監督 滝田洋二郎 原作 中島かずき 出演 市川染五郎、宮沢りえ、樋口可南子、小日向文世、渡部篤郎
「阿修羅城の瞳」 (Cinema,British Actors)
火曜日に観に行ったのですが、なんと114席ある劇場で、観客はalexたった一人、
舞台版「阿修羅城の瞳2003年」上映会 (Chun::Loop)
ぴあ主催の舞台版『阿修羅城の瞳』(2003年)のプレミアデジタル上映会に行ってき
阿修羅城の瞳 (そーれりぽーと)
タダ券が有ったのでフラフラと劇場に行ったのですが、観たい映画は観尽していたので久しぶりの邦画「阿修羅城の瞳」を観てみました。 ☆評価不可能 大人がターゲットなのに“特撮ヒーローもの”のノリで、途中で帰りたくなりました。 わけのわからないコスチュームに身を包
阿修羅城の瞳★★☆☆☆ (なおのオススメ文芸。)
International title:Blood gets in your eyes 『文化文政の江戸の町には人の姿を借りた魔物が潜んでいた。そんな魔物退治のために結成されたのが、「鬼御門」という組織。かつて鬼御門で「鬼殺し」と怖れられる腕利きだったが、今は舞台役者として活躍していた病葉出門...
映画『阿修羅城の瞳』 (映画が好き=freemind!!)
いやー、どうも。 久しぶりの更新です。まぁそんなこんなでやっと仕事地獄から解放され、freemindな気分ですね。 という訳で行ってきましたぁ! 映画『阿修羅城の瞳』!! ナゼ観たいと思ったかって? それは、渡部篤郎さん、宮沢りえさんが出演しているからさ。 で、感想な
阿修羅城の瞳 (映画短歌・せんかいへき blog)
 血を浴びた肩の疼きに逆らえず 燃えて染まりて舞う椿かな ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ★★★☆ 2005 日本 監督:滝田洋二郎 阿修羅目覚める時、逆しまの天空に不落の城浮かび、現し世は魔界に還る…
阿修羅城の瞳 (cinemacafe)
う~~ん邦画。。。 阿修羅城の瞳http://www.ashurajo.com/contents.html さて、良かった点をあげてみましょう。。 染さんの殺陣最高{/ee_2/}{/abanzai/}{/abanzai/} 歌舞伎の独創性も{/hakushu/}{/hakushu/} りえちゃんも最高に可愛い{/face_heart/}{/face_heart/} ほとんど
綺麗なおニイさんは好きですか? (I N T R O+blog)
『バッド・エデュケーション』(2004/スペイン/ペドロ・アルモドバル) 『阿修羅城の瞳』(2005/日本/滝田洋二郎) Text By 鮫島 サメ子 鈴木清順監督ならずとも、「別嬪さん」と「色男」が出る映画はマコトに良いものです。つか、何が悲しくてカネ払って不細工見なくちゃい
阿修羅城の瞳 (ことだま::Kotod@m@)
でもって、本日2本目の映画… ナショナルトレジャーと悩んだんだけど… 2.阿修羅城の瞳 市川染五郎&宮沢りえ主演の映画。 子供のころに、「南総里見八犬伝」を見てなんだかわからないけど面白かった記憶があって、「阿修羅城の瞳」にも同じにおいを感じたので、チョイス
25-阿修羅城の瞳 (徒然日誌)
今日は「阿修羅城の瞳」を見てきた。 劇団☆新感線の舞台が元とあって少し期待していた。その舞台自体は見たことがないが、新感線の舞台ってわりとはちゃめちゃな印象があったりするのでどんなもんかなぁ~と。そのストーリー展開にも関心があった。 ストーリーは鬼ごろしの
阿修羅城の瞳 [ため息ばかり・・・これだけ観て日本映画はダメだって言わないで] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
ミニシアター系などに関心なく、古い名作傑作にも興味なく、メジャー系映画中心に年間10~20本程度映画を楽しむ人がいたとする。そういう人は当然ハリウッド映画鑑賞がメインとなり、日本映画は年間4~5本観る程度だろう。そのうちの1本として、この「阿修羅城の瞳」を選んで
阿修羅城の瞳 (きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/)
松竹と劇団☆新感線の初コラボレート作品、 舞台「阿修羅城の瞳」映画化作品。 渡部篤郎さん出演ということで 渡部さんが観たいが為に映画館へ~♪ 「阿修羅城の瞳」2005年公開・邦画 監督/滝田洋二郎 脚本/戸田山雅司、川口晴 出演/ 市川染五郎、宮沢りえ、...
映画『阿修羅城の瞳』貴方は何点? (本と映画と音楽と・・・お酒が好き)
この映画、10点満点なら貴方は何点ですか(^^)? ※この映画、観て良かった? ←金返せ! / ブラボー!→                   0点□□□□□□□□□□10点 ※友達が観たいと言ったら? ←止める  / 推薦する→ マイ・ファニー・バレンタ
[阿修羅城の瞳][劇場] (一年で365本ひたすら映画を見まくる日記)
VFXアクション・ホラー時代劇! ★ストーリー 『文化文政の江戸。かつて、人を食らう鬼を斬る「鬼御門」の副長だった病葉出門(市川染五郎)は、今は江戸随一の人気を誇る舞台役者として活躍していた。ある日出門は、江戸を賑わす盗賊団の一員、つばき(宮沢りえ)と出会う。
阿修羅城の瞳 (シネクリシェ)
『陰陽師』シリーズや『壬生義士伝』で、時代劇では手堅い演出をみせてくれた滝田洋二郎のことだから、今回
阿修羅城の瞳  突出した、染五郎VSりえの緊張感 最後は「陰陽師2」のよう (もっきぃの映画館でみよう)
タイトル:阿修羅城の瞳/松竹 ※ノベライズ本:A SHU RA ストーリー・オブ・ザ・ムービー 阿修羅城の瞳  小学館480円 ジャンル: 新感覚アクション・エンタテイメント/2005年/119分 映画館:MOVIX京都シアター7(181席) 鑑賞日時:2005年5月3日(火・祝),16:50~ 50人 私の
「阿修羅城の瞳」@渋谷シネパレス (舞風満帆)
ぽ「・・・ぁぃ・・・もしもしぃ・・・」 13時に友達の電話で起こされた。 ...
映画『阿修羅城の瞳』貴方は何点?結果報告! (本と映画と音楽と・・・お酒が好き)
いつも 『この映画、貴方は何点?』 にご協力いただきありがとうございます! 今回ご報告させていただくのは劇団☆新感線の舞台がスクリーンになった「阿修羅情の瞳」です。みなさんの声は…えっと…はっきり言いまして“びみょー”でした(^^; 点数もそれがハッキリ出
阿修羅城の瞳 (欧風)
本日、久々に試写会に行ってきましたよ。今回観に行ったのは「阿修羅城の瞳」。 試写会と言っても、これはもう劇場公開は終わってるみたいで、10/29(土)に出るDVDを記念した試写会です。この作品に関しては、ハガキの写真の印象や、タイトルで、あ、多分時代劇
阿修羅城の瞳 (なにも起こらなかった一日の終わりに)
 今日は劇場では見逃していた「阿修羅城の瞳」を観てみましたよ~。  舞台は江戸の世。  一見平和な江戸の町の闇に魑魅魍魎が跋扈し、人々は鬼に恐れをなしています。  そこで組織されたのが”鬼御門”。鬼退治の特殊部隊です。  その鬼御門で鬼殺しの名をほしいままに
阿修羅城の瞳 (Cinemermaid)
松竹と劇団☆新感線の初のコラボレイト作品として上演された舞台を【陰陽師】の滝田洋二郎監督が映画化 主役の病葉出門(わくらばいづも)は舞台でも好演した七代目市川染五郎だ 内容はともかく、こういう世界観は好きだ~ 江戸は百鬼夜行の闇の町・・・なんてまるで京極
阿修羅城の瞳 今年の223本目 (猫姫じゃ)
阿修羅城の瞳 劇団☆新感線の舞台の映画化なんだ。 例によって、なにも知らずに見たんだケド、時代、ストーリーは、あたしのツボ。でも、愛を描きすぎでした。それから、セリフ回しは、違和感なかったんだケド、セット、SFXが、、、 この手の映画では、その昔のバンダ.
阿修羅城の瞳 (minaの官能世界)
 観始めて、茫然自失。 奔放なストーリー展開、魅力的なキャラクター設定。 どれをとっても、文句の付けようがない。 脚本を書いた「中島かずき」は、天才じゃないかと思った。 それにしても、ずるい。歌舞伎役者を映画に出すなんて。  歌舞伎の世界で厳しく鍛えら
阿修羅城の瞳 映画版 市川染五郎 宮沢りえ (Dazzling M)
阿修羅城の瞳 久々に出会った当たり!の邦画 かなり新感線風味に仕上がっているが ホントにいい作品! これには正直マイッタぁまず、BGMがハマっています。インディア風、ロックそしてSTING。 カッコ良すぎてやばいです 衣装やセット。エフェクトは劇団☆新感線味が
阿修羅城の瞳 (琴線~心のメロディ)
【2005年4月16日劇場公開】 【ジャンル:ホラー時代活劇】 【観た場所:レンタル・DVD】 面白かった度:★★★★ オススメ度:★★★★ もう一度観たい度:★★★★ 素晴らしい!{/hakushu/} 正直、予想に反してこんなに素晴らしい作品だとは思いもしませんでした! こ
DVD「阿修羅城の瞳」 (ミチの雑記帳)
DVDにて「阿修羅城の瞳」★★☆ ストーリー:文化文政の江戸の町には人の姿を借りた魔物が潜んでいた。そんな魔物退治のために結成されたのが、「鬼御門」という組織。かつて鬼御門で腕利きだったが、今は舞台役者として活躍している病葉出門(市川染五郎)は、ある日つばき
阿修羅城の瞳 (こっちゃんと映画をみまちょ♪)
「いよっ!染ちゃんっ!日本一ッ!」 軽快かつ怪しげな不特定民族的な音楽をバックに、殺陣(たて)をふるう染五郎サマを観ながら、思わず一声かけたくなりました。きっとこの映画を観たアナタもそうなります。そのハズです。いえ、なって下さい。お願いします。 と言うわ
DVD「阿修羅城の瞳」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
鬼って美しいのねぇ~!! 舞台の映画化らしいですね。知りませんでした。 町の様子が舞台「身毒丸」をチョット思い出しました。日本なんだけど、なんだかチョット異国っぽい感じが。衣装や色彩などはとっても綺麗でした!! 阿修羅が復活するまでの展開は、とっても...
映画 vol.1 『阿修羅城の瞳』試写会 (Cold in Summer)
 『阿修羅城の瞳』(※ネタバレ含む)   出演:市川染五郎・宮沢りえ・渡部篤郎 阿修羅城の瞳 昨日(4/12)『阿修羅城の瞳』の試写会に行ってきました♪  渡部篤郎さん大ファンの私。とても楽しみでした。  宮沢りえさんと染五郎さ ...
映画『阿修羅城の瞳』 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
今度こそ、今度こそ最後までいかせてくださいますか。確かにあの時は・・意味深な言葉を投げかける。江戸の町での舞台"阿修羅城の瞳"の映画化。 現世に魔界の王"阿修羅"を復活させる条件が、真実の恋にめぐり逢うこと、真実の恋に巡 ...
「阿修羅城の瞳」 (ねこのひたい~絵日記室)
それは、レンタル店で借りた今作のDVDを見ていたときのことでした。
【邦画】阿修羅城の瞳 (ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!)
A+  面白い A     ↑ A- B+ B    普通 B- C+ C     ↓ C-  つまらない 『評価』  C (演技1/演出1/脚本2/撮影0/音響1/音楽2/配役2/魅力0/テンポ1/合計10) 『評
『阿修羅城の瞳』 (Antique)
舞台が人気を博し、映画化となった作品です。 序盤~中盤ぐらいまでの世界観は結構好きなのですが、ラストはなんだか腑に落ちない感じでした。。 染ちゃん・宮沢さんは美しいし、渡部さんは相変わらず汚れた役が似合うし、皆川さん&大倉さんのコンビは面白いん ...