ネタバレ映画館

帰って寝るだけのタクシードライバーになりました(汗)

シンデレラマン

2005-09-22 03:08:04 | 映画2005
 歯を落としちゃった・・・今度はマウスピースも落としちゃったよ・・・タイトル戦まで落としちゃったらどうしよう・・・

 「アカデミー賞最有力候補!」などというキャッチフレーズが付いてしまうと、ちょっと身構えてしまうものだ。しかも実話である。一昨年の『シービスケット』を思い出してしまうし、オスカー俳優を揃えているところも賞を狙っている感が強い(注:馬じゃなくてカメ物語人間ドラマです)。さらに、1930年代の世界恐慌によって、失業者が増大した時代設定。その上、『ミリオンダラー・ベイビー』と同じくボクシングの映画だし、主人公ジェームズ・ブラドックはアイリッシュなのです。しかし、映画はそういった先入観をもって観てはいけない・・・

 失業者が1500万人を超えたアメリカ。映画『シービスケット』では25%の失業率と言っていたほど酷い経済状態。鬱憤を晴らそうにも禁酒法によって、貧しい人々には酒が飲めない時代だったのだ。ライセンスを奪われ、ボクサー生命を絶たれたジミー(ラッセル・クロウ)の一家も辛酸をなめる生活を強いられ、やがて電気も止められる。こうした大恐慌時代や失業者増大を描く映画が多くなってきているのは、歴史が繰り返すのじゃないかという不安、そして現代社会への警鐘の意味も含んでいるのではないでしょうか。「痛みに耐えろ」といった意味の台詞もあったように、似たような時代にならないかと心配になってきました。

 そして、アイルランド系のジミーのように移民が真っ先に職を失う。マイク(パディ・コンシダイン)もアイリッシュだったのだろうか、『イン・アメリカ/三つの小さな願いごと』と同じような役だった。ボクサーとして再びチャンスを掴んだジミーとは対照的に、マイクは労働組合を作ろうとして災難に巻きこまれてしまった。実は、シンデレラ・ストーリー、サクセス・ストーリーよりもこうした脇のストーリーに泣けてしまいまったのです。

 もうひとつは、マネージャーでもあるジョー・グルード(ポール・ジアマッティ)。ジミーの妻メイ(レネー・ゼルウィガー)が彼の豪華なアパートを訪ねたエピソードで涙してしまい、終盤まで涙が残らなくなってしまいました(実際はそんなに流してない)。力だけが全てではなく、彼のように親友を信じる男意気のような行動も未来を支えているのでしょうね。

 満点評価したかったのですけど、マイクのやろうとしていた労働組合の夢を崩されてしまったところに共感できずに減点。弱い人間にも生き残るチャンスを与えてほしい・・・ちなみにアカデミー賞は、ポール・ジアマッティの助演男優賞に1票!

★★★★・
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (58)   トラックバック (106)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人気ブログランキング後退! | トップ | 四月の雪 »
最近の画像もっと見る

58 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (foo)
2005-09-22 08:25:25
私も、ポールはかなり濃厚じゃないかと思いました。

だって、ボクシングシーンの半分は彼のものになっちゃったし、あの素敵なアパートでのお茶のシーンも心を打ちました
感動です。 (みっち)
2005-09-22 09:28:41
私は試写会で観ましたよ-



マイクの死はあまりにも衝撃的だった・・・

私も涙が止まりませんでした。。。



レネーがジョーのマンションで、婦人とお茶するシーンにも・・・ 強い女性像が本当に似合いますね!

部屋もレニーも素敵でした!



ボクシングシーンは、ミリオン~同様、手に汗にぎってました-
高評価ですね! (mig)
2005-09-22 09:51:12
ワタシはいまいちこの作品は正統派すぎて、、、って言っても実話ですもんね~。

ポールジアマッティは良かったです
痛い苦しい (あむろ)
2005-09-22 09:52:33
大恐慌の中、苦しんで苦しんで…。

このあたりはボクシングシーンよりもずっと痛々しく感じました。



自分が殴られて痛いのよりも、電気もつかない寒い部屋で子供が熱を出して苦しんでいるほうが親としてはずっと苦しいですよねぇ。



試合前にジョーが「ハッシュしかなかったんだ」って食べ物を持ってきますけれど、あの状態でおなかにパンチを食らったら…阿鼻叫喚。

殴られたのが顔でよかったよ…。
とてもヨカッタです (かのん)
2005-09-22 11:12:04
私もジョーのアパートで真実を知ったとき、かなり意表疲れて動揺、そして涙しちゃいました。



なんだか上手い具合にレールにのせられて、次々に感動させられたって感じでした。
字余って (kossy)
2005-09-22 11:39:31
>foo様

あらためて、あちこちのレビューを読ませていただくと、ポール・ジアマッティの評価が高いことにびっくりです・・・当然といえば当然か・・・誰が見てもあの演技には納得ですね~

お茶のシーンはよかったですね。



>みっち様

はぅぅ、マイクはかわいそすぎます!

そしてお茶のシーン。

この二つで胸がいっぱいで、メインのストーリーはどうでもよくなっちゃいました。さすがに試合は手に汗握ったし、拍手もしたくなったんですけどね~



>mig様

俺の高い評価は、サクセスストーリーにはなく、やはりサイドストーリーですね~

伝統的なサクセスストーリーを軸にして、周りの人に感動させる映画かと思ってたのですけど、ちょっと欲張りでしたね(笑)



>あむろ様

そうそう。

俺も大恐慌時代の貧困層を描く社会派ドラマのような気がしてました。

光熱費、食費・・・子供が一番かわいそうです。

でも主軸はやはり、スタンダード。

さすがに試合直前にモノを食べるのはちょっと・・・

豪傑な人間だったら、胃を打たれて消化にいいとか言うかもしれませんが(笑)



>かのん様

やはりジョーのアパート!

「なんだよこの野郎、ピンはねばかりして、豪邸に住みやがって・・・」みたいな怒りに対して、強烈なボディブローを喰らってしまいましたね~

あのシーンが一番好きです。
苦労クロウ (AKIRA)
2005-09-22 11:41:56
ジアマッティは良い演技でしたね。

「サイドウェイ」を観たばかりだったので,

この役者をさらに好きになりました。



助演取ってほしいー!
TBさせていただきました (pretty_kitten)
2005-09-22 11:54:37
ジムとマネージャーとの関係がとても良かったですね。出来過ぎた人間ばかりでした。

アカデミー賞はどうなのでしょう。

ジアマッティはもちろん、個人的にはラッセルに1票!
ジアマッティ (kossy)
2005-09-22 12:34:25
>AKIRA様

彼の演技は良かったですね~

ブログで彼を応援するのもいいかもしれませんね。

アカデミー会員の方が日本のブログを見るかどうか知りませんが・・・



>pretty_kitten様

TBありがとうございます。

確かにいい人ばかりでしたね~

ほんとはもっと荒んだ時代だったのでしょうけど・・・

ラッセル・クロウは候補に挙がるかなぁ~

一度賞を獲ってる俳優には厳しくなりますからね~
こんにちは~ (ミチ)
2005-09-22 13:49:20
ラッセル・クロウはその私生活の乱れぶりからイマイチ好きな俳優さんではないんですが、ものすごく身体を絞って全力投球した役だということが感じられました。

ドキッとする表情がたくさんありましたもん。

私も助演男優賞はポール・ジアマッティにあげたい!

すごく光ってた!(頭部も?)
ラッセル・クロウ (kossy)
2005-09-22 15:20:33
>ミチ様

アカデミー賞を考えると、ラッセル・クロウは厳しいかもしれませんね。かなりマッチョなのにウェイトを絞った雰囲気もあったし、頑張ってるんですよね~

そろそろオスカーやラジーのことを考える季節がやってきますが、ジアマッティは自分の中ではもうオスカー候補になっています。賞を取れるかどうかはわかりませんが・・・



ありがとうございます! (みっち)
2005-09-22 15:57:00
ジアマッティ!ここにきてスゴイ人気ですね!



やっぱり、サイドストーリーに涙する人も多いですね。

アカデミーは取らせてあげたいけれど・・・難しそうですね。。



ラッセル・クロウはプライベートでの報道が、色々あって

何だか、損な感じです。(真偽のほどはわかりませんが・・・)

でも、毎回役作りに徹底しているところに感動させられてますよ!
確かに! (exp#21)
2005-09-22 16:15:16
ポールの演技最高でしたね!シュッシュッ、バーンの台詞の所思わず吹き出しそうでした。とてもよかったです。
ポール・字余っていい? (こっちゃん)
2005-09-22 16:53:13
これはなかなか。

どーして、どーして。

あーこりゃ、こりゃ。

良かったですね、とにかく。

ポールの助演男優賞にこっちゃんからも一票!

ワイン通のオッチャンよりもいいわぁ~♪



    こっちゃん
世界恐慌の後は第二次世界大戦・・・ (ミカエル)
2005-09-22 18:43:53
『ビューティフル・マインド』も見たんですが、やっぱりロン・ハワードの夫婦愛を描く映画は見てて気持ちがいいです。好きです、はっきり言って(笑)。昔の仲間の所に訪ねて行って募金してもらう所、メイが子供の前では泣けないからと外に出て行って泣く所・・まさに泣き所満載。



またしてもボクシングとアイリッシュ。何か関係があるのかな、と知的好奇心も覚えつつ。パーティ会場で熊に喧嘩売られてもぐっとこらえられるのはアイリッシュの血なのかな、などとも思いはせつつ。一方で熊の試合映像を見せられて対策を研究、クライマックスでカウンターを食らわせる、という映画的な表現にも素直に興奮しました。寝不足がたたってうとうとしてたのですがまさに目の覚める一発でした。



男が男に夢を託す。それを女は止められない・・。貧しかったかも知れないけど本当に相手を敬っている夫婦がいた古きよき時代だったのかな、と思います。
Unknown (Depper)
2005-09-22 19:03:15
マイクは『イン・アメリカ』のお父さんでしたか。すごく見たことあると思いましたが。確か、『イン-』の彼らもNYに移民してきたアイリッシュ系移民でしたね。今、家の給湯システムが壊れてお湯が使えませんが・・・もうくじけそうです。。。やっぱり、電気も止められて頑張ったジムは立派ですね~。
印象に残った (メビウス)
2005-09-22 19:18:38
もしかしたら自分が今まで観てきた映画の中でポール・ジアマッティがどこかで出て来ていたかと思いますが・・



シンデレラマンを観るまでは彼の事をそれ程注目していなかった(と言うか知りもしなかった)俳優さんだったので、今回のジョー役は正にジアマッティと言う俳優さんを、自分に強く印象に残してくれました。



助演男優賞にノミネートされれば嬉しいですけどね♪
ポール (kossy)
2005-09-22 19:41:28
>みっち様

そうなんです、ジアマッティ。

ここは臨時ジアマッティ・ファンクラブと化してしまいました。

実は『サイドウェイ』は観てないのです。石川県でやってなかったから。うーん、ぜひとも観たくなってきました・・・はやくwowowで放映しないかなぁ。

ラッセル・クロウは暴力事件さえなければ、大丈夫だったのでしょうけど、結構プライベートなことでも響いちゃいますからねぇ・・・



>exp#21様

いえぃ!

ポール・ジアマッティ最高ですぜ!

一番良かったのは、ボクシング協会(?)で小銭を乞うシーンだと思います。一瞬ですけど、あの憐れみと同情の眼差しは複雑な友の心を表現できていました。ここあたりで涙腺に刺激が・・・



>こっちゃん様

わーい。

こっちゃんのお墨付きをもらったぞい。

これなら、絶対オスカーは大丈夫でしょう。

ワイン通も観たいんですけどね・・・



>ミカエル様

古き良きアメリカ。

どん底の生活で、夫婦愛、親子愛が映えてましたね。

アイリッシュの苦労の絶えない生活を描いた映画は本当に多いですよね。他の国からの移民もいっぱいいるはずなのに、アイリッシュが中心となると必ず映画賞を取ってしまうかのような・・・

70年代はイタリア系、それからユダヤ系、現在のアイルランド系といった風に流行り廃りがあるかもしれないなぁ・・・と、未熟な映画歴を紐解いて考えてみたりします。



>Depper様

あらら、これから寒くなるというのに給湯器が壊れるとは。

ブラドック家族にとって一番大変だったのは、暖房が効かなかったことでしょうね~寒い時期にこの映画を観たら、もっとリアルに感じられたかもしれないですね・・・



>メビウス様

俺も何度か彼を見てるはず。

それが何の映画だったかさっぱり思い出せないほど、彼は優れたバイプレイヤーなのでしょう。

うかつでした。

こんなにいい俳優がいるなんて・・・

もう忘れられませんよね。
シンデレラマン (h_m_55)
2005-09-22 20:04:31
kossyさんこんにちは。

ラッセル・クロウの役作りは本当に感心しました。ボクシングシーンは迫力満点、相当鍛えたようですね。

レニー・ゼルウィガーの夫の体を気遣いながらもファイトマネーの現金を渡された時のほっとした表情が良かったです。

ジョー・グールド役を演じたポール・ジアマッティはいい味だしていましたね。助演男優賞は彼で決まりですかね。ラッセル・クロウが主演男優賞を取ってダブル受賞とか・・・それはないか。

実話と言うのもまた良かったのかもしれないですね。
ゼルウィガー (kossy)
2005-09-22 20:20:12
>h_m_55様

ゼルウィガーはさすがに上手かったです。

何かを言いたげな表情から、「もう許してあげる」という意味を込めた笑みへと変わる顔の演技。

ただ、この映画に関しては男優の方に涙を誘われました。

実話というのは、最近のオスカー候補にほんとに多いですよね。それをどう判断されるのか・・・

ラッセル・クロウはちょっと賞には届かないかなぁ~と感じてしまいました。
ポール・ジアマッティ (ルナ)
2005-09-23 00:09:07
ポール・ジアマッティ大好評ですね~。

実は、私もこれまで彼をたぶん観ているのだろうけど、

あまり記憶はありませんでした!

今度『サイドウェイ』を観てみなくちゃ・・・。

これは、やっぱり男優に目がむきますが、

私は、レニー・ゼルウィガーがやっぱこの人演技うまいよなぁ~って

あらためて感心しました。

スピード離婚には、驚きましたけど(笑)
スピード離婚 (kossy)
2005-09-23 00:30:43
>ルナ様

しましたね・・・スピード離婚。

なんだか聞いていると、結婚の取り消しとか言ってたみたいですけど、とにかく独身に戻って良かった良かった。

彼女のおかげで映画が引き締まった感さえあります。

そして、

ポール・ジアマッティ最高!

ひとつひとつのシーンが結構凝っているんですよね。

最初はえらい金額をピンはねするな~と感じたのですけど、友情あってこそのやりとりだったんですよね。

裏話もありそうだったけど・・・(笑)
シンデレラ (charlotte)
2005-09-23 08:09:43
こんにちは。

ポール・ジアマッティは本当にいい味出ていましたね。家族愛だけでなく色んな形の友情も見せてくれました。自分の身を削っても誰かに賭けたいなんて、えらいことです。同性に惚れるってこういうことですかね?

シンデレラというお話想像して人間のいやらしさなんかも描くのかなと思ってましたが、ちょっと違ってました。貧困の中にいる役ならレネーちゃん、もうちっと痩せてても良かったのでは~?っと感じました
RE:シンデレラ (kossy)
2005-09-23 08:20:03
>charlotte様

シンデレラという話を想像して、復帰第1戦でのボロボロの赤いリングシューズがガラスの靴とひっかけてあるのかと思ってしまいました。そして王子様はジアマッティ。シューズを履いて運命の出会いを果たす・・・

レネーはもう少し痩せたほうが・・・あれでもブリジット・ジョーンズよりは痩せてたのかな。

やはり男の友情っていいですよね。

『ロッキー』も思い出しました。
TBありがとうございました! (honu)
2005-09-23 08:53:47
マネージャー役のポール・ジアマッティ、良かったですよね!



私も、助演男優賞に1票



また是非遊びに来てください
ポール・ジアマッティに一票 (any)
2005-09-24 01:58:16
ラッセル・クロウも良かったですが、ポール・ジアマッティが本当にいい味だしてましたね。

アカデミー助演男優賞取って欲しいです。

ハリウッド映画で素直に感動したのは、久しぶりのような気がします…。

もう確定(笑) (kossy)
2005-09-24 02:23:03
>any様

このブログ内では助演男優賞決定です!

ラッセル・クロウに関しては、

1度取ってることもあるし、

かなり難しいんじゃないかと思います。

でも俺の予想はいつも当たりません(笑)

(ラジー賞は良く当てる)

TBありがとうございました (ななな)
2005-09-24 13:21:52
私もポール・ジアマッティに一票です。

彼の目が素敵でした。あんな役もできるんですね!

彼結構オスカーから無視されてることが多いみたいで・・・

今年はノミネートされないと文句がたくさん来るのではないでしょうか。



オスカー (kossy)
2005-09-24 15:22:01
>ななな様

やった!

これで確定ですね(笑)

今回をはずすと、次が難しい。

ほんとに些細なシーンでも、いい表情してましたよね。

そして驚愕の高級アパートのシーンで、オスカー会員たちはかなり記憶に残ったに違いません。

なんにせよ楽しみですね♪
タイトルとタートル (たましょく)
2005-09-24 15:56:51
 ども、たましょくです。



 遅ればせながら、観てきました。やはり

「ミリオンダラー・ベイビー」と見比べて

しまうところもあったのですが、こちらは

正統派?な仕上がりって感じでしたね。



 世界大恐慌がもたらした陰鬱とした背景

を背に、家族のために立ち上がるジムの姿

にかなり涙腺がゆるんでしまいました。



 ジムにとって、どんなに強敵のパンチよ

りも、戯れて受けた娘のパンチの方がよほ

ど痛かったことでしょう。あのシーンは、

たましょくの中のベストシーンです♪
娘のパンチ (kossy)
2005-09-24 16:59:36
>たましょく様

あのシーンは決まりましたね~

頬に拳がめりこんでいるように見えました(笑)

かなり正統派の作りなのに、笑えるところはしっかりと作ってあるところも好きです。

『ミリオンダラー・ベイビー』よりも、最初の『ロッキー』と比べてしまいました。スタローンの最初で最後のオスカーノミネート作品というのも哀愁を感じてしまいます。

俺が一番印象に残ってるのは、ラストのリングでのクロウ!

歯が1本なかったクロウが網膜に焼き付いてしまいました(笑)

私もです。 (turtoone)
2005-09-26 17:25:46
ジアマッティに1票です。

これで、何票になったでしょうか?





ラッセルもよったのですが、やはり「ビューティフル・マインド」の域には達しなかったというか、あっちは特異な役ですものねぇ。



シャドーボクシング (Ken)
2005-09-27 02:29:08
こんばんわ。

この映画、僕は単純に感動しました。

家に帰って「左、左、右」ってシャドーボクシングしたくらい(笑)。いいですよね、そういう映画って。ありそうでないですよね。
よかったです、ほんとうに。 (しまりす)
2005-09-28 07:02:00
私は違う意味でちょうどシービスケットを思い出していましたので、

なんとなくコメントにびっくりしてしまいました(笑

でも久しぶりに癖がなく、

ただただ幸せ感に包まれることのできる映画でしたよね。

私は単純な人間なので、こういう幸せな映画は大好きですね。
投票 (kossy)
2005-09-28 09:43:51
>turtoone様

数えましたら、12票です(かなりアバウト)

『ビューティフル・マインド』の演技は別格なのでしょうかね~どちらかというと、この映画や『グラディエイター』のような肉体派俳優の彼よりも、おとなしいほうが好きです・・・ほんとは暴れん坊なんでしょうけど(笑)



>ken様

久しぶりにストレートなボクシング映画でしたね~

もっとストレートにするならば、マイクなんて登場人物もカットしてしまえばよかったのでしょうけど・・・やはりアイリッシュを中心とした移民問題を取り上げたかったのでしょうかね・・・

俺もシャドーボクシングでシェイプアップしようかな・・・手遅れかもしれないけど(笑)



>しまりす様

そうですよね・・・ちょっと風変わりなボクサーでしたから、再生の物語というのはピッタリです。

チャンピオンという最高の地位につくことが幸せなんじゃなくて、家族とともに暮らすことが最高の幸せ。

今、亀が非常に気になってます。

もしかして、彼は亀のような生活を目指していたんじゃないかと。考えすぎかな・・・
なきました (yacchi)
2005-09-28 23:28:55
うれしい。私もあのアパートのシーンの

二人の会話に心うたれました。

女としてそんな風に生きたいって思いました!



あのマネージャー役?ポールさんっていうんですね。

みなさんの言うとおりいい味だしてましたよね。私も1票!
アパート (kossy)
2005-09-29 00:51:06
>yacchi様

わーい また1票追加~(笑)

ボクシングシーンはそれほど記憶に残らないかもしれないけど、アパートのシーンだけは記憶に残りそう。

それと、ジアマッティに最後のお金をもらうシーンでしょうか。

いい味だしてます。

多分、あの紅茶もいい味だったのでしょう・・・
字余って ??? (mimia)
2005-10-02 13:11:01
「ィ」を入れ忘れて変換したら

↑のようになってしまいました o(*^▽^*)o

kossyさんとこって知ってるのかしらん。



ジアマッティ・ファンクラブさま

私も一枚!じゃなかった一票!



やっと観てきました。 (サザエ)
2005-10-05 16:00:27
遅ればせながら、観てきました。

みなさんが評価されてるように、ポールジアマッティは良かったですね。レネーはどうも貧しそうに見えなかったのは、ポッチャリして見えるお顔のせいなのかしらね?

しかし、貧しくて子どもが3人もいても、アメリカに住んでいれば、あんなにベッタリ、チュッチュッチュッチュしているものなのかしら?なんだか夫婦のシーンはほとんどそうだったような気がしたのですが・・・。

初めの方で入れ歯を着けるシーンがありましたが、あんなモロに金属のものが口の中にあったら、私は寒くてたまらない。今の時代で良かった~。
字余り (kossy)
2005-10-05 18:00:00
>mimia様

またまた1票ですね~~

もう確実です(笑)

この評をまとめて、オスカー協会に提出します(うそ)



>サザエ様

確かにぽっちゃりしていると貧困がぁ・・・てな感じでしたけど、まぁ幼子もいるんだし、彼女だけ栄養を摂っていたのでしょう(笑)。

チュッチュ、チュッチュはラッセル・クロウがしたかっただけなのかも・・・・

歯のシーンはよく見えなかったけど、モロ金属だったのですね?う~む、そりゃ外したくなるなぁ。。。
マイクの死 (にら)
2005-10-07 23:03:17
家庭を飢えから救うおうとした者は生き延び、国を飢えから救おうとした者は死んでゆく。

『スプラッシュ』で弟のトム・ハンクスも人魚のダリル・ハンナも救おうとしたお兄ちゃんを登場させたロン・ハワードなのに・・・。

そういえば、お兄ちゃん役のジョン・キャンディも今や故人。時の流れとはかくも恐ろしいものなんでしょうか。



てなわけで、TBありがとうございました。
ポール・ジアマッティ凄い (Hitomi)
2005-10-08 20:16:51
確かにかれの演技に助演男優賞あげたいです(私に投票権があればですが)

やはり《ミリオンダラー~》とどうしても比べてしまいますが、方やただのサクセスストーリーではなかったのに対しこちらはタイトル通りシンデレラストーリーなのでやっぱり《ミリオン~》の方がいいのかな。



あの金銭援助にマディソンスクエアに行ったジムのシーンに感動しました、きっとプライドもあっただろうに。
アカデミー候補 (kossy)
2005-10-08 22:56:40
>にら様

鋭いご指摘ありがとうございます。

ジョン・キャンディ懐かしいです。俺は『ブルース・ブラザース』での笑顔が好きです。



>Hitomi様

俺も『ミリオンダラー・ベイビー』のほうが好きです。全く違う映画なんですけど、心に残るのはクリント・イーストウッドですね。

金銭援助のシーンはいいですね。あのシーンだけはラッセル・クロウの勝ちですけど、その他はジアマッティの勝ち~♪
一ヶ月遅れです(泣) (はる)
2005-10-19 15:21:35
一ヶ月ごしにやっと観てきました。



やっぱり私も脇の演技(サイドストーリー)に

泣かされました。



マイクもジョーも、そして奥様・子供たちも。

皆がいたからあの勝利があったんですよね。



亀のジョークには苦笑しましたが、

子供たちもいい演技してました。



アカデミー賞なんてどうでもいい。

私はこの映画は本物だと思います。







サイドストーリー (kossy)
2005-10-19 18:55:54
>はる様

脇役がやっぱりいいですよね~

映画を鑑賞するさいには、俺も必ず脇役に注目してしまいます(笑)主役を食ってやろうと頑張る役者さんが必ずいるので、自然と演技にやられちゃったりします。

ブログ記事も書きやすいし・・・
ポールに一票! (romper-stomper-rc)
2005-10-22 01:57:24
こんばんは。今頃ですがTBさせていただきました。

ラッセルの筋肉隆々のバリっとした肉体美ではなく、ちょっと年季が入ったボクサーの肉体って感じのボディラインが良かったな~って思いました。(え?視点がヘンですか~!?)

それにしてもロン・ハワード、今回も作品作り上手過ぎ~って思いませんか?(でも好きなんですけどね
ポール (kossy)
2005-10-22 14:17:36
>romper-stomper-rc様

年季がはいってましたよね~

ちょっと脂肪がついた具合がボクシング映画の醍醐味だと思いますよ。あまり引き締まりすぎたボディだとアメリカでも受けがよくないようですし・・・『アリ』とか・・・

作品の構成とかサブストーリーとか、上手いなぁ~と感じましたですよ。あまりに上手いとケチをつけたくなるものなんですよね・・・(汗)
シンデラマン (ななこ)
2005-10-22 22:21:47
Kossyさん、こんにちは~♪

遅ればせながら「シンデレラマン」観てきました。

もう最高に素晴らしい映画で・・私の涙腺のツボを刺激しまくりの映画でした。

Kossyさんやみなさんのおっしゃるとおり、ポール・ジアマッティの演技は秀逸でしたね♪

そしてなにより、私は自分の妻としての自覚のなさを再確認し反省させられた映画でした^^;レネーに爪の垢煎じて飲ませてもらったような気持ちです。



※シンデラマンにコメントを書いたつもりだったのに間違ってファンタスティックフォーの方にコメントしてしまいました。

申し訳ありません。

自分では削除することが出来ず途方に暮れています・・。お手数ですがあちらのコメントを削除していただけませんでしょうかm(__)m
Unknown (マダムS)
2005-10-23 23:58:13
TB有難うございました♪

こちらは「ジアマッティにオスカーを!」推進委員会でしょうか?(爆)私も仲間に入れて下さい♪

そうか~あの労働組合の人、どこかで見たことがと思ったら「インアメリカ」のお父さんだったんですね~
ポール (kossy)
2005-10-24 00:24:49
>ななこ様

はい、削除いたしました~

俺は自分で書いた文も消してしまい、何を書いたのか思い出せなくなっています・・・

多分、ポール・ジアマッティにオスカーを!ということです。



>マダムS様

はい、「ジアマッティにオスカーを!」推進委員会事務局でございます。参加は自由です。意見をまとめ次第オスカー事務局に郵送いたします(うそです)。

そうそう、イン・アメリカの人。

あの映画も存在感が薄かったですけど、この映画でも薄くなってしまいました・・・夫婦ゲンカのシーンは良かったのに・・・
Unknown (最高!!)
2005-11-08 02:12:38
トラバさせてもらいました。

やっぱサイドストーリー最高ですよね☆

みんなと同じでアパートのシーンはジーンときました。アカデミー賞取らなくても僕の中では一番です。
Unknown (バーンズ)
2005-12-31 23:56:05
Kossyさん、こんばんわ。今書いてる時点でカウントダウン30分切ってますが、今年最後のコメントは劇場で二回見たこの映画でシメたいと思います。押忍!(なぜ空手?!)



で、この作品ですが、僕は夫婦愛、家族愛、友情にも心打たれたのですが、それ以上にジム・ブラドックの職人意識がかっこよかったですね。ジョー・グールドからグリフィン戦の依頼が来たとき、二つ返事で承諾するのは家族を養うのに加え、借金を返せるほどのファイトマネーが得られるのと、親友への感謝もあったのでしょうが、不本意な試合で幕を閉じたボクサー人生への決着をつける意味もあったのでしょう。

いい加減な試合だけはしたくない。全力を出して仕事を全うしたい。

どうにか楽な道を見つけ手早く済まそうとしがちな現代人(僕もだけど)には考えさせられるメッセージでした。

そこが「バックドラフト」の消防士、「アポロ13」のNASAのエンジニアとか、職人へのリスペクト精神溢れるロン・ハワード監督らしいところですよね~。個人的には警官ものにも挑戦してほしいですね。

この監督もジョージ・ルーカスの弟子じゃなかったですか?



ともかくこの監督はコレからも時代を覆すような斬新的な作品は撮れないでしょうが(失礼)、見ても損はさせない良質なエンタテイメントを間違いなく創り続けるであろうということを再認識させてくれる作品でした。



ただ僕の心の映画「バックドラフト」を超えるまではいきませんでしたね。でもベスト3には入ってますね、監督の作品では。



あと数分で新年ですね。書き込みさせてもらったばかりですがありがとうございました。来年もよろしくお願いします。では良いお年を。HAPPY NEW YEAR!
おめでとうございます (kossy)
2006-01-01 02:22:37
>バーンズ様

今年もよろしくお願いいたします。

ロン・ハワード監督の職人へのリスペクトだなんて、鋭い視点ですね~「おお~!」と唸ってしまいましたよ。

ボクサー伝記映画は数多くあるけど、華々しい試合でエンディングを迎えるか、落ちぶれてゆくシーンで終わるかでかなり印象が違いますよね。



今年は『ダヴィンチ・コード』が楽しみの一つですね。順位が変わるかもしれません。どうなるかなぁ・・・

R・ハワード監督の切り口 (バーンズ)
2006-01-13 18:11:37
この監督は僕の嗜好に合うのか、ほとんどはずれがありませんし、前作「ミッシング」も見ていましたが、職人へのリスペクト云々は先日「バックドラフト」見直して僕も初めて思ったんですよね(笑)何回も見てるのに・・・・・

父親、夫としてどう家族に接するかだけでない、男の生き方、姿勢のようなものを考えさせられる作品でした。

「ダヴィンチコード」は予告編見たら、トム・ハンクスが凄い痩せててちょっと男前になったんでない?って思っちゃいました。オドレイ・トトゥもミステリーのヒロインにはホノボノ過ぎるんでないかな~と思ってましたが結構似合ってそう。

一番似合ってるっぽいのはポール・ベタニーの悪役でしたが(笑)この役、きっとクリスチャン・ベールとかも候補だったんでしょうね。

最初はフォレスト・ガンプとアメリ?!アクションミステリーなのに、メル・ギブソン&ジュリエット・ビノシュとか、ヒュー・ジャックマン&シャルロット・ゲンズブールとか他にも似合う組み合わせあるんじゃねーの?と思ってましたが、やっぱ期待してます。

何だかんだ言ってもハンクス名優ですし。



スポーツ伝記映画ではアメフトを題材にした「ルディ/涙のウィニングラン」をご存じでしょうか?これは秀作です、僕は大いに感動しましたね。主演はショーン”サムワイズ”アスティン、それにしても「LOTR」の第一部でこんな小太りのお兄ちゃん(失礼)が後々、主役に思えるほど格好良くなるなんて思わなかったな~。でも「50回のファーストキス」ではなかなかアホな役だったんですね(笑)



あ、確か「ルディ」の主人公もアイリッシュなはず。さらには「炎のメモリアル」もアイリッシュでしたっけ?ホアキンはスパニッシュでジョントラはイタリアンだが・・・・・・・・ちなみに「ルディ」で主人公と親友になる巨体の大学生が出てくるのですが、演じるジョン・ファブローは「エルフ」「ザスーラ」などの監督としても活躍していますよ。
男の映画 (kossy)
2006-01-13 21:12:02
>バーンズ様

そういえば、ハワード監督で悪い評価をつけてしまう映画ってないですよね。去年の『アラモ』はダメだったけど監督じゃないし。初めて観たのは『コクーン』だったかもしれません・・・

『ダヴィンチ・コード』はもちろん期待してますよ~

ルーブル美術館の秘密というドキュメンタリーで予習しようかとも思ったのですが、途中で眠くなっちゃいました。もうストーリーに専念するつもりで観ます!



『ルディ』に関しては、以前にも勧められていたのですが、未だに観ることができていません。う~む、何人もから言われると、なるべく早く観ないといけませんね。

こんばんわ。 (minori)
2006-02-23 19:22:32
いまさらながらこちらにTBさせていただきますー。

ようやくビデオで見ました。

そしてココ見て、ああ、どうやらみたことが

あるあの人は「イン・アメリカ」か!と

納得できました。そういやそうでしたねぇ。

アパートにいくエピソードは

よかったですよね。



それではまた遊びにきまーす。
シンデレラ (kossy)
2006-02-24 00:49:00
>minori様

『イン・アメリカ』の男の人は不運でしたね~

どの映画に出ても運が無い男なのかもしれません。

それにしても、ポール・ジアマッティの演技に感動しましたです。アカデミー賞も楽しみになってきました。

アパートのシーンは泣けました・・・
観たぞ! (師走)
2006-08-09 08:55:12
シンデレラマン観ました~。流石に涙は出ませんでしたが

心にぐっと来ましたね。まあ実話だしね^^評価は高いよ

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

106 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
アカデミー賞はちと厳しいか 「シンデレラマン」 (平気の平左)
評価:70点 シンデレラマン 銀座のヤマハホールでの試写会に行ってまいりましたー。 私は「こちとら自腹じゃ!!」的な精神があって、「自分で金払って、時間使ってんだから、どんなに酷評しようといいだろ!!」という考えの持ち主なのですが、今回は試写会・・・ 酷
『シンデレラ・マン』 (映像と音は言葉にできないけれど)
 来年のアカデミー作品賞最有力候補....別にそんな目では見ませんでしたが....。以外にも巷では『SAYURI』が密かに作品賞や主演女優などの候補に挙がる声が出ています。予告編もやってましたね。中国では人気の無い(これは有名らしい)チャン・ツィイーは日本では大人気で.
シンデレラマン  (毎週水曜日にMOVIE!)
・・「皇帝ペンギン」を見た後、お父さんたちは見るべきじゃないかと思った。 黙って子供を守り、妻を待つ父親の姿にとても学ぶものがあるのじゃないかと思ったからである。 でも、この「シンデレラマン」。もっと、お父さんたちが観たらいいのかなと思った。 (もち
『シンデレラマン』 (なんでもreview)
シンデレラ=ガラスの靴=ガラス?…グラスジョー? 公式サイトはこちら。 ガラスのような弱いアゴのボクサーのお話かと思っていました。 …ホントに思ってました。 映画を観た後、ジム・ブラドックのことを少しだけ調べてみましたが、うーん。 古過ぎてよくわからないわ。
『シンデレラマン』 (ラムの大通り)
-----なになに?まだ6月というのに、 アカデミー賞最有力候補だって? 「いくらなんでも気が早すぎるよね。 ロン・ハワード&ラッセル・クロウ、 そしてレニー・ゼルウィガーとくれば、 確かに何かやってくれそうだけど」 -----可能性あるの? 「まず難しいだろうね」 ----そ
シンデレラマン/ Cinderella Man (我想一個人映画美的女人blog)
早くから本年度アカデミー賞有力とされていた作品。(あ、でも最近外された模様?ラッセルの事件のせい?) ロンハワード監督作品は「身代金」「アポロ13」ニコール&トムの「遥かなる大地へ」など好きな作品が多い{/face_zzz/}加えて、yueが去年トロントでの撮影を目撃し
『シンデレラマン』についてのレビューと考察 (フィルム・アカデミア)
勢いで劇場へ見に行ってから中々すぐにレビューを書く時間的ゆとりがなくなってしまって、時間が空いてしまいましたが、まだまだネット上にも個人的なレビューが活発に出回ってきているでしょうから、まだ時期を逸していないといいのですが・・・。総評として、いわゆるオス
シンデレラマン/ラッセル・クロウ、レネー・ゼルウィガー (カノンな日々)
久々にハリウッド映画でウルウルと泣けちゃいました。いやぁこれはヨカッタですぅ。蜷川さんや井筒さんがこの映画の宣伝でオススメするだけのことはありますよ。あれだけ誉めておいて、もし、つまらなかったらお二人の信用は失墜しちゃいますからね(笑)。ワタシ的には「ミリ.
「シンデレラマン」@イイノホール (旦那にはひ・み・つ (☆o☆))
本日2作目はかなり前から楽しみにしていた、ラッセル・クロウ、レネー・ゼルウィガー共演の「シンデレラマン」です。このゴールデンコンビにはかなり前から期待していたし、普段は暴れん坊と報道される事の多い彼がスクリーンの中でボクサーを演じることにも興味津々。レネ
シンデレラマン (Akira\'s VOICE)
ボディブローのような感動はあるけれど,ガツンとくるものは無い。
シンデレラマン (えいがの感想文)
この顔ぶれで面白くないわけがないのだろうなぁ、 けどタイトル、ベタだなぁと思って観ました。 ロン・ハワード監督 ラッセル・クロウ、レネー・ゼルウィガー主演 「シンデレラマン」 アメリカ大恐慌の時代、実在のボクサー、ジム・ブラドックが貧困の中で愛する家族を
映画「シンデレラマン」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「シンデレラマン」 ★★★★☆ ストーリー:ボクサーとして華やかな戦歴を持つジム・ブラドック(ラッセル・クロウ)だったが、全盛期も過ぎ、ライセンスを剥奪されてしまう。どん底の生活が続く中、ある日、元マネージャーから1日のみの試合復帰を持ちかけられ
シンデレラマン (KINOKANAL)
監督・製作:ロン・ハワード 出演:ラッセル・クロウ,レネー・ゼルウィガー,ポール・ジアマッティ,クレイグ・ビアーコ 大恐慌時代のアメリカ。実在し、人々から“シンデレラマン”と呼ばれたボクサーの人生の断片を、カメラは寄り添うように見つめていく。家族と幸せに
シンデレラマン (toe@cinematiclife)
本日、めでたいことに、このブログを開設してから2ヶ月が経ちました。 常に辛抱強く暖かい皆様が、私のダラダラとした話を読んでくださるおかげで、アクセス数も徐々に増えています。 これからも、映画・本・お芝居・art・音楽・・・などなど、毎日見聞きした話をマイペー
「シンデレラマン」試写会 (ミチミチ)
「シンデレラマン」 監督 ロン・ハワード CAST ラッセル・クロウ/レネー・ゼルウィガー/・・・ 「シンデレラマン」試写会、東京厚生年金会館 会場がでっかいだけに大勢の人でした。そして・・・映画は・・・ おもしろいです!お勧めです! ボクシングの試合のシ.
「 シンデレラ・マン 」 (MoonDreamWorks)
監督 : ロン・ハワード「ビューティフル・マインド」主演 : ラッセル・クロウ / レニー・ゼルウィガー /       公式HP:http://www.movies.co.jp/cinderellaman/ 「 Cinderellaman 」  「 あなたは、みんなの希望だけど、私の大切な人 」 試合の...
CINEMA●STARR 「シンデレラマン」 (しっかりエンターテイメント!)
監督 ロン・ハワード 出演 ラッセル・クロウ、レニー・セルウィガー、他  大恐慌時代、一度はあきらめたボクシングで、家族の生活の為、無謀な挑戦から、もう一度栄光をつかみ取った男の実話。  この映画、とても良くできています。映画全体を通して、主人公の.
シンデレラ・マン CINDERELLA MAN (travelyuu とらべるゆうめも MEMO)
ラッセル・クロウ,レニー・ゼルウィガー主演 二年続けてボクシング映画のアカデミー賞? どうもこの作品は来年2006年のアカデミー賞を狙っているようだ ロン・ハワード監督 ブライアン・グレイザー、トッド・ハロウェル このメンバーだとそう思われてもしかたない ジム
シンデレラマン(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ロン・ハワード 【出演】ラッセル・クロウ/レネー・ゼルウィガー/ポール・ジアマッティ/クレイグ・ビアーコ/ブルース・マッギル 【公開日】2005/9.17 【製作】アメ
「シンデレラマン」 (てんびんthe LIFE)
GTF「シンデレラマン」 イイノホールで鑑賞 朝の作品ががらがらだったのにいやーー、混んでました。後ろの上のほうほんの少々空いていたようですが。ラッセル・クロウ、レネー・ゼルウィガー、ロンハワードのオスカートリオがタッグを組んで来年のオスカーに望む…で
試写会/映画(シンデレラマン) (h_m_55’s diary)
2005/08/31(水)に映画『シンデレラマン』を観ました。今日はその感想。 感想:「本年度アカデミー賞最有力」と銘打ってあり、自分は大抵こういう映画はハズレが多くて全く期待せずに観に行ったのですが、嬉しいことにその予想を裏切りかなり楽しめました。主人公ジム・ブ.
シンデレラマン (こっちゃんと映画をみまちょ♪)
ごめぇぇぇん!ラッセル。君がこれほどまでにヒモジイ生活をしてるとは思わなかったんだよぉ~。お昼ごはんを食べてから観たこっちゃんを許しておくれ・・・・。というワケで先週土曜日の17日から封切りとなったこの映画を観てきました。満腹状態で観ては申し訳ない映画だ
シンデレラマン (ルナのシネマ缶)
試写会で一足早く観て来ました。 本年度、アカデミー賞最有力と言う ふれこみで、またボクシングものか~って でもこっちは一応実話だし・・・なんて 思っていたけど・・・・、 なかなか素晴らしい作品でした!! まあ、典型的なアメリカのサクセスストーリーなんで
シンデレラマン (みかんのかんづめ)
12回目の鐘が鳴った時 彼はシンデレラマンから父親に戻る ~ ストーリー ~ 大恐慌時代のアメリカ。 実在し、人々から“シンデレラマン”と呼ばれたボクサーの人生の断片を、 カメラは寄り添うように見つめていく。 家族と幸せに暮らすジミーは、前途
映画館「シンデレラマン」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
ヨカッタです。フツーに良かったです。 家族愛と、ボクサーとしての復活、ストーリーも面白かったし、キャストもピッタリはまっていて申し分ございませんでした。前半は家族愛、後半はボクサー復活といった感じ。 ラッセル・クロウのボクシングシーンもなかなか迫力が...
Cinderella Man★★★★★ (なおのオススメ文芸。)
邦題:シンデレラマン 『ボクサーとして華やかな戦歴を持つジム・ブラドックだったが、大恐慌と共に栄光は過去のものとなり、ライセンスを剥奪されてしまう。日雇いの仕事をしながら妻や子供たちと暮らしてしたがその生活は貧しく、食べ物を買うことさえもやっとだった。...
シンデレラマン (シャーロットの涙)
六本木のプレミア試写会に行ってまいりました。レッドカーペットもレネー到着するまでやじ馬で見てました…それにしても今回のレッドカーペットは誰でも見れたです。ラッセルがくればどうなっていた事か… 舞台挨拶に現れたレネー・ゼルウィガー、とっても顔が小さくて細い
ボクシングで脱落しても、人間として堕落しなかった男◆『シンデレラマン』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
9月13日(火)試写会(TOHOシネマズ木曽川)にて アメリカ大恐慌の時代、人々に希望を与えた\"シンデレラマン\"と呼ばれたボクサーが居た。 前途有望なプロボクサー、ジム・ブラドック(ラッセル・クロウ)は、妻・メイ(レネー・ゼルウィガー)と3人の子供に囲まれ、
『シンデレラマン』 (honu☆のつぶやき)
『シンデレラマン』 製作:2005年米 監督 ロン・ハワード  出演:ラッセル・クロウ/レネー・ゼルウィガー/ポール・ジアマッティ かつては前途有望なボクサーとして活躍していたジム・ブラドックが、1929年、右手の故障がきっかけで勝利に見放され、引退を余儀.
試写会「シンデレラマン」 (こまったちゃんのきまぐれ感想記)
試写会「シンデレラマン」開映18:30@TOKYO FMホール 「シンデレラマン」 CINDERELLA MAN 2005年 アメリカ 配給:ブエナビスタ 監督:ロン・ハワード 製作:ブライアン・グレイザー、ロン・ハワード、ペニー・マーシャル 製作総指揮:トッド・ハロウェル
【DIARY】---「シンデレラマン」 (お洒落で美味しいぶろぐ)
仕事帰りに、ラッセル・クロウ主演の 『シンデレラマン』を見てきました! 公開間近だからなのか レイトショーだというのに、結構な混み具合。 ストーリー的には、予測できる内容ですが 大好きなラッセル・クロウが出演しているので 思わず見入ってしまいました。
シンデレラマン / ロン・ハワード (Not-Boiled)
試写会。 直球。ストレート。面白かった。おしまい。 じゃしょうがないんで... 黎明期(なのかな?)のヘビー級のボクシングってライトヘビー位から全部一緒みたいな感じだったんでしょうか?おいおい3階級は違うだろみたいな。 試合の模様は迫力満点で素晴らし
映画のご紹介(40) シンデレラマン (ヒューマン=ブラック・ボックス)
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(40) シンデレラマン シンデレラマンを観てきた。 一言で言ってしまうと21世紀版ロッキーといったところか。 二言、三言で言おうと思っても、やっぱり、ロッキーの21世紀版だね、これ
『シンデレラマン』を観る (デスマッチだよ、人生は!)
いい映画だよね。 素直にそう思うわ。 映画の文法も基礎もわかっていないようなノータリン作家とか、これ見よがしなヤカラとかとはやっぱ違うよな、ロン・ハワードは。 しっかり作られた<映画>になっております。 まぁオレ的には、ロン・ハワードっていうのはウェルメイド
シンデレラマン・・・・ラッセル・クロウ (ぷち てんてん)
ラッセル・クロウってここでもいい人なんだけど、彼本人は結構短気なのかな?このまえホテルでひと騒動起こさなかったっけ??実際どんな人か知らないけど、この映画では泣かせてもらったよ~。☆シンデレラマン☆(2005)ロン・ハワード監督ラッセル・クロウ・・・・・・...
シンデレラマン (メルブロ)
シンデレラマン 上映時間 2時間24分 監督 ロン・ハワード 出演 ラッセル・クロウ レネー・ゼルウィガー ポール・ジアマッティ  今回の九段会館での試写会はなんか変だった。開場20分前に到着すると、入り口階段にいるはずの長蛇の列がなく、すでに開場していた
エエモンはエエですよ。 (映画コンサルタント日記)
今年に入って「ナショナル・トレジャー」(20億円)以外「プリティ・プリンセス2」
シンデレラマン (Lovely Cinema)
初めてこのタイトルを耳にしたとき、“なんてふざけた邦題をつけたんだ!”っておもたんですよね。でも後々これが原題だ!ってわかったときには・・・ちょっと信じられませんでした。確かにシンデレラ的な物語なんだけど、もうちょっといいタイトルがあったんじゃないかと・
シンデレラマン (any\'s cinediary)
家族の幸せだけを願っていたら、いつの間にか“アメリカの希望”になっていた・・・
シンデレラマン (映画を観たよ)
アカデミー賞最有力らしいですね。 実話の力ってすごい。 最初彼がどのような人物かを描いたあと大恐慌が起こりジミーら家族がどのような立場にいるかなんだけどちょっと眠気を感じてしまいました。 でもどん底の生活って・・・電気もミルクも止められて、かつて手にして
ラッセル・クロウ Russell Crowe 俳優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),7 April 1964,Wellington, North Island, New ZealandEucalyptus (2006) シンデレラマン The Cinderella Man(2005) マスター・アンド・コマンダー Master and Commander: The Far Side of the World (2003) ビューティフル・マインド A Beauti
レニー・ゼルウィガー Renee Zellweger 女優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),25 April 1969,Katy, Texas, USAPiece of My Heart(2005) シンデレラマン The Cinderella Man(2005) シャーク・テイル Shark Tale(2004) (voice) ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月 Bridget Jones: The Edge of Reason(
ポール・ジアマッティ Paul Giamatti 俳優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),6 June 1967,New York, USA 本名 Paul Edward Valentine GiamattiLady in the Water (2006) Paper Man (2006) Ant Bully (2006) (voice) The Illusionist (2006) The Hawk Is Dying (2005) シンデレラマン Cinderella Man (2005) ロ.
シンデレラマン (何を書くんだろー)
「シンデレラマン」 評価 ★★★★☆  『あらすじ』  才能あるボクサーとして、世間からの喝采を浴びるジム・ブラドック。妻のメイと3人の子供に恵まれ ボクシングの試合では向かうところ敵なし。正に人生の成功者としての階段を上っていた。その手にタ...
シンデレラマン! (bossa house)
実在のボクサーである、 \"ジム・ブラドック\"の半生を映画化した、 シンデレラマン
「シンデレラマン」 知的なロッキー (一本の映画、一行で語る)
☆☆☆☆ ボクシング映画といえば今年は「ミリオンダラーベイビー」。 でもあれはち
『シンデレラマン』を観て来ました! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
2005年9月25日 シンデレラマン Cinderella Man 実在した伝説のボクサー かつて、“シンデレラマン”と 呼ばれた男がいた 2005年9月17日(土)より全国ロードショー 2005年6月3日全米公開 2005年/アメリカ ??心で語り継がれる《奇跡の実話》??
映画と私(33) 『シンデレラマン』 (人間喜劇)
『シンデレラマン』 【※ネタバレあります※】 原題:CinderellaMan 製作年:2005年 製作国:米国  144min. ・監督:ロン・ハワード ・製作:ロン・ハワード ・出演:ラッセル・クロ
映画 vol.18 『シンデレラ・マン』*試写会 (Cold in Summer)
 『シンデレラマン』*試写会  出演:ラッセル・クロウ レニー・ゼルヴィガー 公式サイト (05.09.07)『シンデレラマン』の試写会へ行ってきました。 ◇ストーリー ボクサーとして輝かしい戦績をもつジム(ラッセル・クロウ)だが、全盛期を
シンデレラマン (2005) (かこぶろ。)
<原題> 「CINDERELLA MAN」 <公開時コピー> 「――心で語り継がれる《奇跡の実話》――」 「ビューティフル・マインド」のロン・ハワード監督とラッセル・クロウが再びタッグを組み、実在のボクサー、ジム・ブラドックの奇跡の半生を映画化。 共演は「シ
シンデレラマン (利用価値のない日々の雑学)
日本を代表する舞台演出の巨匠が「久々にいいね」と言っていると、その久々は一体何時から「久々」なのだろうと・・・。そういう視点を持って望んだ今作品の鑑賞であった。結論を書いてしまうと、巨匠は何時からか分からないが、筆者にとっては、1979年「チャンプ」以来、四
【映画】 シンデレラマン ★★★☆ (徒然なるままに・・・)
ストーリー: 家族と幸せに暮らすジミーは、前途有望な若手ボクサー。 右ストレートを武器に、次期チャンピオンになれると目されていた。 だが、右手を故障。勝利に見放された彼は、ライセンスを剥奪されてしまう。 失業者のひとりとなり、日雇いの肉体労働に就けることすら
【映画】シンデレラマン (セルロイドの英雄)
\"Cinderella Man\" 監督)ロン・ハワード出演)ラッセル・クロウ レニー・ゼルウィガー ポール・ジアマッティ満足度)★★★★ (満点は★5つです)ワーナー・マイカル・シネマズ市川妙典にて 大恐慌下の1930年代アメリカ。かつてはチャンピオンを狙うところまで上り
シンデレラマン -CINDERELLA MAN- (Chic & Sweet * びいず・びい)
変なタイトル。 と思いつつも、本年度アカデミー賞最有力というふれ込みと セピア色のイメージ画像にそそられて試写会に行って来ました。実在のヘビー級ボクサー、ジム・ブラドックの奇跡の半生。 かつて将来を嘱望されたジムも、不運続きの中ライセンスを剥奪され引退。
「シンデレラマン」観てきました。 (しまりすのひとりごと)
うっふっふっふっふっふっふ~ 終わってしばらくこの笑いが止まりませんでした(笑 映画はやっぱりこうでなくっちゃ。 こうでなくちゃだめだよね、やっぱり。 そう思えるくらい、幸せな気持ちになって しばらくここのところの嫌な気持ちをすっかり忘れることができたので
今週は映画見まくりました。 「マザー・テレサ」「亀は意外と速く泳ぐ」「頭文字D」 「深紅」「四月の雪」「SHINOBI」「シンデレラマン」 (世界でいちばん不運で不幸せな私)
今週は沢山の映画が公開されてとても困りました。何しろ三連休と言えども9本の映画を見て睡眠もしっかり取り、さらにプロ野球の試合を見たりしなければなりませんし、英会話のレッスンもありました。少しでも空いている時間は全て英語の講座の課題ばかりしていましたね。実際
★「シンデレラマン」 (ひらりん的映画ブログ)
最近ちょっと忙しくてチネチッタに行けなかったけど・・ 久しぶりに観に行ってきました・・・しかし・・・ 1個前に見たDVDで苦手女優K・Dを見てしまった後に・・・ もうひとりの苦手女優R・Zの出演映画を観てしまうとは・・・ 今週は「ひらりん的苦手女優克服週間」なのかも
シンデレラマン (Sa~moのお部屋)
シンデレラマン観てきました。 かつて輝かしい人生を送った男が、絶望を味わってから再び栄光を手にするまでを描いたお話。
シンデレラマン (オタクの魂forビギナーズ)
シンデレラマンね‥‥‥なんかヘンなタイトル。 実話を元にした映画で、実際に主人公が「シンデレラマン」なんて呼ばれてたんだから仕方ないか‥‥‥‥でも、このタイトルで何割か客が逃げそう。 シンデレラって聞くと“降って湧いたようなラッキー”に飛びついた人の
「シンデレラマン」ラッセル・クロウの本気 (soramove)
「シンデレラマン」★★★★ ラッセル・クロウ、レニー・ゼルウィガー主演 アメリカが体験した 大恐慌時代。 財産の全てを失い、失業率が高く 食べられない現実に市民が うつむいて過ごしていた頃、 夢を掴んだ男がいた。 この飽食の時代に 物が食べられない...
シンデレラマン (映画君の毎日)
久しぶりの映画館だったがこの映画は男性好みのようで、 女性はほとんどいなかった。というより客も少なくてラッキー。 とにかく最初から最後まで筋肉が硬直するほど、 興奮しっぱなしの映画であった。 まるで自分がボクシング会場で試合を観ているかのよう
シンデラマン (シカゴ発 映画の精神医学)
6月3日アメリカ公開 9月日本公開  「Mr.&Mrs.スミス」と「バットマン ビギンズ」をハシゴしようと思って、「ミスター・アンド」を見た後、別な劇場へと急ぐ。「バットマン・ビギニング」の15分後の回は、売り切れになっていた。凄い人気だ。その次となると、45分後に
シンデレラマン (まつさんの映画伝道師)
第224回 ★★★☆(劇場) (ありきたりな感想なので、ご注意あそばせ)  毎日のように新聞の片隅を飾る数々の「家族」がらみの事件。  親が子供に盗みをさせ、器物破損を指示。親が子を傷つけ、子が親を傷つける。親が子を殺め、子が親を殺す。  断絶.
Cinderella Man(2005,U.S.) (The Final Frontier)
シンデレラマン  昨夜、映画館のポイント消費のため、同僚を誘ってレイトで観てきました。  ロン・ハワードにラッセル・クロウといえばA Beautiful Mindコンビですよ。ヒューマン・ドラマの監督をさせたらかなりいい味を出す(と私は思っている)ロン・ハワードが監督です
シンデレラ マン (mimiaエーガ日記)
★★★☆ ネタバレ注意原題:『CINDERELLA MAN』ロン・ハワード監督
シンデレラマン (のんびりぐ~)
作品:シンデレラマン 監督:ロン・ハワード 主演:ラッセル・クロウ、レネー・ゼルウィガー、ポール・ジアマッティ 公開:2005年 アメリカ 映画館 シンデレラマン-Cinderella Man- -心で語り継がれる- 家族の幸せだけを願っていたら、いつの間にか ”アメリカ
『シンデレラマン』 (ブログ日和。)
新宿ピカデリーにて。 1929年、タイトル奪取を有望視されていたボクサー、ジム・ブラドッグは、ライセンスを剥奪され、引退を余儀なくされた。しかも時代は大恐慌を向かえ、日雇いの仕事にもなかなかありつけない日々が続いていた。 不遇の日々を過ごすジム。そこにかつて
シンデレラマン-映画を見たで(今年120本目)- (デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと))
監督:ロン・ハワード 出演:ラッセル・クロウ、レネー・ゼルウィガー、ポール・ジアマッティ、クレイグ・ビアーコ 評価:87点(100点満点) テレビで井筒監督が「ひさびさにいい」なんて宣伝してたもんだから期待して見たが、これならパッチギのほう
羅亜佐も映画評書いちゃいました 2 (何の才能もない女の叫び!!)
「シンデレラマン」  試写会の券が手に入って人より少し早く見ちゃったら、何だか映画評をかきたくなっちゃってさ。前の「宇宙戦争」だけでもう書かないって思ってたのに、とうとう禁断の果実をかじってしまったのね、私…。(だったら公開前に書けよ!)。  芸能
シンデレラマン-映画を見たで(今年120本目)- (デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと))
監督:ロン・ハワード 出演:ラッセル・クロウ、レネー・ゼルウィガー、ポール・ジアマッティ、クレイグ・ビアーコ 評価:87点(100点満点) テレビで井筒監督が「ひさびさにいい」なんて宣伝してたもんだから期待して見たが、これならパッチギのほう
シンデレラマン (おさんぽ日記)
シンデレラマン(アメリカ映画) 監督 ロン・ハワード ・映画生活のページ ・公式サイト(割引券つき)
シンデレラマン (Rohi-ta_site.com)
映画館で、ラッセル・クロウ、レネー・ゼルウィガー、ポール・ジアマッティ 出演 、ロン・ハワード監督作品「シンデレラマン」を観ました。 ●ストーリー 前途有望な若きボクサー、ジム・ブラッド(ラッセル・クロウ)は、愛する妻・メイ(レネー・ゼルウィガー)と3人の子
「シンデレラマン」 このタイトルなんとかならんかった? (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
昔、ジャン・クロード・ヴァンダムブームの時に「シンデレラボーイ」という、チープなビデオジャケットがレンタル屋に並んでいましたが、「シンデレラ」に続く言葉が男臭漂うものはどうも似合いません。 今、募集中の東宝シンデレラオーディションも、シンデレラボーイオーデ
『シンデレラマン』 (ねこのひたい~絵日記室)
実在の人物の映画化だそうですが、ジャン=クロード・ヴァンダム氏は出てません。 また、実在の人物ですが、プリンセス・テンコー女史とも一切関係ありません。 ヴァンダム氏も、テンコー女史との関係を一切否定してるどころか、テンコーって誰なの?って発言する間柄で、
シンデレラマン★★★☆戦うお父さんに賭ける男のドラマ (kaoritalyたる所以)
9/28(水)に観たシンデレラマンのレビューです。心で語り継がれる奇跡の実話 これがキャッチコピーですね。予告で見るだけでちょっとウルウルしてしまったのですが、映画全体として実は期待してませんでした。144分という長い実話・・なので間延びするんじゃない...
シンデレラマン (Diarydiary!)
《シンデラマン》 2005年 アメリカ映画 - 原題 - CINDERALLA
映画『シンデレラ・マン』を観て (KINTYRE’SPARADISE)
人気blogランキングへ【この映画について】この作品は何と言っても二人のアカデミー賞授賞俳優、「マスター・アンド・コマンダー」のラッセル・クロウ、「ブリジット・ジョーンズの日記~きれそうな私の12ヶ月」、「シカゴ」、「コールド・マウンテン」のレニー・ゼルウ...
シンデレラマン(映画館) (ひるめし。)
CAST:ラッセル・クロウ/レニー・ゼルウィガー 他 たしか「ミリオンダラー・ベイビー」の感想で「シンデレラマン」は観ないって書いたけれど・・・訂正します。 え~と、ちゃっかり観てきましたよ。そんで感動しちゃいましたよ。 やっぱ子供が出てると涙腺ゆるむわ~。
映画「シンデレラマン」 (渋谷でママ気mama徒然日記)
監督・製作 : ロン・ハワード 出演 : ラッセル・クロウ、レネー・ゼルウィガー、ポール・ジアマッティ クレイグ・ビアーコ 公式サイト ママの評価★★★★☆(星4つ) 先週観て来てからもう1週間以上経ってしまいました。「鉄は熱いうちに打て!」感動も冷めな
シンデレラマン (ようこそ劇場へ!)
1930年代の大恐慌時代のアメリカに実在したボクサー、ジム・ブラドック(ラッセル・クロウ)の家族愛がメイン・テーマである、と言ってしまうと、お涙頂戴になってしまいそうだが・・・。 ハングリー・スポーツの代表格のボクシングで、ジムの場合も確かに試合への闘志の源は
シンデレラマン (ももママの心のblog)
ビューティフル・マインドのハワード監督とラッセル・クロウが描く感動の実話。 2005年 アメリカ ヒューマンドラマ スポーツドラマ 2005年10月12日 川崎チネチッタ 監督 ロン・ハワード(ビューティフル・マインド) 出演 ラッセル・クロウ(グラディエーター、ビュー
シンデレラマン ★★★★★ (♪こういう曲調すき~♪)
実は後半約60分。 泣きっぱなしでした。 号泣にも程があるほど泣きっぱなし。 TOHOのプレミアスクリーンで限界までイス倒して 鼻水ズルズル涙ボロボロ。 世界恐慌直後って時代背景と、 そこで生き抜く人々。 当時の貧困はもう半端ないってのは教科書だけの話で、 現
シンデレラマン (Webデザイナーが使うWebデザインのネタ帳『Key Person Q』)
シンデレラマン http://www.movies.co.jp/cinderellaman/ ★★★☆☆ 映画 感動ストーリー ボクシング ラッセルクロウ主演。どん底の生活から一夜にして栄光をつかった伝説のボクサーの話。 ...
Cinderella Man シンデレレラ・マン (REDBEAR\'s blog)
久々のヒット。 見てよかったと思える映画に出会えた。 しっかりと作られています。2時間半くらいの上映時間でも納得。もちろん、カットや話の進め方もしっかり伝えようというスタンスでややクラシカル(もちろん、最近の映画でなされるような斬新なカットの仕方は採用
「シンデレラマン」 (こだわりの館blog版)
10/2 丸の内ピカデリー にて ボクシング界で起こったこれほどの奇跡があまり知られていないとはもったいない! これもアメリカ大恐慌という時代が産んだ悲劇なのでしょうか…。 監督:ロン・ハワード 出演:ラッセル・クロウ、レネー・ゼルウィガー、ポール・ジア
シンデレラマン ((T_T)☆ルーツを探せ☆(T_T))
めっちゃ痛い映画だった・・・ ボクシングシーンが映画の半分はあったような気がする。 リアルで、本当にこっちまで痛くなってきちゃった。 でも、本当に痛かったのは、肉体ではなく、心の方だった。 大恐慌のあおりを受けて、お金もない。仕事もない。 だけど家族を養っ
『シンデレラマン』を観てきました (図書館と音楽と映画の日々)
映画『シンデレラマン』を観てまいりました 公開前からずーっと観たくてウズウズしていたのですが、 なかなか時間が合わなくて・・・・・ やっと昨日、映画館に駆け込みました もう、以前見た予告で泣きそうだったので、 ちゃんとハンカチを握り締めて着席。 .
シンデレラマン (いつか深夜特急に乗って)
「シンデレラマン」★★★★★(ルミエール2) 2005年アメ
【シンデレラマン】 (ROMPER’S ROOM)
{/kaeru_fine/}のち{/kaeru_rain/} 公開初日にラッセルに会えるのを楽しみに見に行って、感想を書こうと思ったんだけど、上手く書けそうもないな~と感じて、何度か見たら・・と思っていたら結局2回しか見れませんでした~{/face_gaan/}{/ase/} ストーリーは以下。(ネタ
シンデレラマン (風の色)
「左、左、右!」マネージャーのジョー(ポール・ジアマッティ)の懸命な掛け声・・。ジム(ラッセル・クロウ)とベアとの壮絶な死闘を、息をもつかず見つめていた私は、ハンカチを右手に強く握り締め、気が付いたらいつのまにか前のめりになっていました(*^_^*)愛する...
『シンデレラマン』レビュー/どん底をみた男 (西欧かぶれのエンタメ日記)
私はボクシングや格闘技にほとんど興味がないし、見ているだけでこちらの身体が痛くなってくるので、テレビですらめったに観戦しないのだけど、今日はレイトショーで、ラッセル・クロウがボクサーを演じている『シンデレラマン』を観た。 それというのも、友人から、本作
『シンデレラマン』 (Brilliant Days )
ラッセル頑張ってくれましたね ちょっと血の気が多いばっかりに、何かと私生活ではバッシング受けますが・・その分いい仕事してくれてます! 苦手なレネーは今回はまあまあ。 ポール・ジアマッティは来春こそオスカーの助演男優賞行くんじゃないでしょうか!? 「ボクシ
Cinderella Man (ズバリ言うわよ!!)
ラッセル・クロウが殴られる殴られる!!もうボッコボコです。なのに家族のため父は立ち上がる!ほんと泣けました・・実話なだけあってリアルなストーリー展開でNY中が大恐慌のため元気がなくその希望としてラッセル・クロウを応援するとことかもやば~い
シンデレラマン (CinemA*s Cafe)
http://www.movies.co.jp/cinderellaman/ アメリカにもこんなに不況の時代があったのねぇ~とそんな歴史的背景も勉強になったこの映画。 ラッセルクロウは元々好きなタイプでもなんでもないし、来日時とかに見せるあの俺様な態度も好きじゃなく、電話投げつけるなんて怖.
シンデレラマン (八ちゃんの日常空間)
これも昨年度「観たい」と思っていながら見損なった映画の一つ。諦めていたのに、こんなに早く上映してくれてほんとありがたい。ギンレイホール。というかロッキーより3倍面白い。そして4倍感動した。もしかしてロッキーは、このボクサーがモデルなんじゃないの?
シンデレラマン (cinema note+)
Cinderella Man 2005年 アメリカ 公開当時、評判よかったように感じてたので、かなり期待してみた。 確かにいい作品だと思うのだけど、「ミリオンダラー・ベイビー」を見てしまっ
シンデレラマン (ぶっちゃけ…独り言?)
6点 (10点満点で採点してます。6点が合格ラインです。) もっとすんごい感動するかと思っていたのですが・・・ そこまでの感動はなかったんですよね~。 それもこれも全体的に説明不足&描写不足だからでしょう。 先ず、宣伝通りヒューマン系として観ると当時の社会的背
シンデレラマン (色即是空日記+α)
 ミリオンダラーベイビーがボクシングものだったので「またボクシングかー、、でも実話なのかー。」・・・くらいの気持ちで試写会見に行ったのですが。思いのほか良かった。・゜・(ノД`)ヽ   大恐慌時代、昔は無敗のボクサーとして名をはせていたけれど 今は家
■シンデレラマン (ルーピーQの活動日記)
ボクサーとして華やかな戦歴を持っているジム・ブラドック(ラッセル・クロウ)だったが、右手の負傷がきっかけでライセンスを剥奪されてしまう。さらに同じ頃、追い討ちをかけるようにアメリカ経済を大恐慌が襲った。日雇いの仕事をしながら妻(レニー・ゼルウィガー)や
シンデレラマン (しーの映画たわごと)
シンデレラマン2005年 アメリカ監督:ロン・ハワード出演:ラッセル・クロウ , レニー・ゼルウィガー , ポール・ジアマッティ , クレイグ・ビアーコStoryロン・ハワード監督、ラッセル・クロウとレニー・ゼルウィガー共演による感動の人間ド.
『シンデレラマン』 大恐慌に生きる術。 (キマグレなヒトリゴト)
ジョン・ナッシュに引き続き(ビューティフル・マインド)今度も実話。 今回はボクシング界で数奇な運命を辿ったジェームズ・J・ブラドック。 ラッセル・クロウの演技は何となく似てる感じするけど、 何しろ怪我してまで頑張ったこれはよかったね。 相手をしたのが全員本物の
『シンデレラマン』 (ストーリーの潤い(うるおい))
「金に切れ目が生じても、家族や親友との縁は切れない」というのが、「シンデレラマン」の主題かな?
シンデレラマン (グレート・タカの徒然なるままに…)
実在のボクサー、ジム・ブラドックの半生を描いた、シンデレラストーリー。 主演ラッセル・クロウ、共演レネー・ゼルウィガーの感動作。 ってことでかなり期待して観た。 大恐慌時代、貧困にあえいでいた多くの人々に希望を与えた、一人のボクサーの物語。 家族のた.
『シンデレラマン』’05・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじジム・ブラドックは、前途有望なボクサーとしてタイトル奪取は時間の問題。だが、右手の故障がきっかけで、ジムは引退を余儀なくされる。時を同じくして、大恐慌がアメリカの経済を壊滅状態にしジムは家族の為に、勝ち目の無い一夜限りのカムバックに臨む・・・。...
【DVD】シンデレラマン (まぁ、お茶でも)
ハングリーさの勝負。
『シンデレラマン』 (*Sweet Days*  ~movie,music and etc...~)
シンデレラマン 監督:ロン・ハワード CAST:ラッセル・クロウ、レニー・ゼルウィガー他 貧しい生活からヒーローになったボクサー、ジョー・ブラドックの実話。 1933年大恐慌のアメリカ。かつてボクサーとして華やかな戦歴を持っていたジョー・ブラドック(ラッセル