ネタバレ映画館

最強寒波が来るから
早めに映画観ておいた方がいいですよ!

女帝 エンペラー

2007-06-09 01:30:07 | 映画2007
 ポロのルーツは馬球?

 シェイクスピアの『ハムレット』をモチーフとした五代十国時代の中国宮廷ドラマということで、予習のためにローレンス・オリヴィエの『ハムレット』(1948)をチェックしてからの鑑賞となりました。別に知らなくてもよさそうなのですが、『ハムレット』の背景となるヨーロッパの文化・宗教などと比較しても面白いのかもしれません。数年前には日本においても皇位継承問題が取り沙汰されていましたが、どこの王国をみても直系男子が優先順位第1位。これを不満とする王の弟が王を殺して強引に王位を引き継ぐといったことから発展する物語です。

 この『女帝』ではタイトルが示すように、皇后ワン(チャン・ツィイー)は原典とは違い、したたかな女性であり、皇帝の弟と結婚するのも策略的だったように思われる。息子であるウールアン(ダニエル・ウー)とは血が繋がってないうえにウールアンが年上であることもあって、いつでも乗り換えれるような立場だった。皇太后と皇后、どちらを選ぶかという一つの見せ場においても、そういう深い意味が隠されていたような気もします。また、「生きるべきか死ぬべきか」という有名なハムレットの台詞がないのも特徴のひとつ。キリスト教における自殺の問題などが存在しないことが原因なのでしょうけど、逆にハラキリシーン満載となってしまってる。

 大臣やその息子や娘オフィーリアにあたる人物も登場しますが、彼らの役割や生死は『ハムレット』と全く異なっています。大臣は死なないし、娘チンニー(ジョウ・シュン)は狂わないし、息子はウールアンとは戦わないうえに彼のピンチを救ったりします。こうしたプロット勝負の手法は意外性もあって面白いのですが、『ロミオとジュリエット』のプロットまで入れてくるのではないかとハラハラしながら観てしまいました。

 冒頭から、竹林でのワイヤーアクションシーンや巨大な秘密基地のような修験場なんてのも神秘的で、緑の背景、白装束と黒装束、そして血の赤というコントラストで度肝を抜く視覚効果個人的には馬球(ポロ)のシーンが好きだ。『グリーン・ディスティニー』や『HERO』などには及びませんでしたけど、残酷さやセクシー度では上回ってました。しかし、間延びしてしまうシーンも多く、眠くなってしまうことも確か。「仮面を被って心を見せるな」と皇后も息子に忠告してましたが、チャン・ツィイーは表情を隠しすぎ!結局、ウールアンへの想いと復讐のための行動と思わせつつ、自分の保身のためと出世欲があったのだろうと想像でき、ラスト近くになってタイトルの意味が重みを増してくるのです・・・ただし、女帝はエンプレス(ニップレスとは違います)。

★★★・・
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 監督・ばんざい! | トップ | 300 スリーハンドレッド »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
原題 (祐。)
2007-06-09 07:14:51
中国原題は「夜宴」なので、日の悪い日に宴を開催するなという 教えだったのかも。

この映画 皇后ワン(チャン・ツィイー)の心の変化を楽しむのがコツなんでしょうが、無表情すぎてよく分かりませんでした。
でも、チンニの恋心には切なく見ることが出来ました。
ちょっと中途半端! (ルナ)
2007-06-10 00:28:48
映像は、とても美しかったけど、ストーリーはなんかちょっと中途半端で、途中何度か睡魔に襲われてしまいました。
まあチャン・ツィイーのための映画だったのでしょうね~。
衣装もひとりだけ、豪華だったし・・・(笑)
それにしても、最後の犯人は・・・・???
チャン・ツィイー (kossy)
2007-06-10 02:07:35
>祐。様
最近の日本語のタイトルって、結末を予想させるものが多いのかなぁ。雰囲気は出るけど、ちょっとね・・・

表情を隠せ!と自分で言ってるもんだから、無表情を装ってたのかなぁ~という気がしました。ラストなんて特にそうですよね。「最初から女帝になることを狙ってたのよ」などという心理がつかめればよかったのですが(笑)
チンニはオフィーリアと違ってわかりやすかったですよね。最期は悲しかったよぉ・・・

>ルナ様
テンポが悪いんですよね・・・俺だって眠くなっちゃいました(笑)
ストーリーの変なところは、宰相が息子に次期皇帝になってもらいたいという強引な設定かなぁ。あれでクライマックスがわけわからなくなってしまいました。

チャン・ツィイーは好きなので、彼女のための映画であれば問題なしです(汗)
チャン・ツィイーはますます美しい (kisen)
2007-06-10 22:51:17
kossyさん、こんばんは。

ツィイーは、ほんとに魅力的ですね。確かに整った顔立ちをしていると思うのですが、あの輝きと存在感はただものではないですよね。
彼女は今が一番咲き誇っているのかもしれません。

ケネス・ブラナーの3時間超の「ハムレット」より、こちらのほうがわかりやすかったように感じたのは、私がアジア人だからでしょうか?

最初の頃は「華美すぎる」と思いながら見ていたのですが、そのうちそんなことも忘れて見入ってしまいました。
ユエン・ウーピンのワイヤーアクション、豪華絢爛な衣装、グォ・ヨウを除いて(ファンの方、ごめんなさい)美男美女のキャスト、どれをとっても目には楽しい映画でした。

チンニのかわいさもよかったし、私は楽しめました。
ハムレット (kossy)
2007-06-11 07:39:36
>kisen様
俺はハムレットの原作を読んでない・・・まぁ、ストーリーは知ってたからいいようなものの・・・
ハムレットの無駄に長い台詞と比べると、この映画では台詞が少なめなので映像から人間関係を掴ませようとしているところがいいですね。
ハムレットじゃ字幕の台詞を頑張って読み取ろうとしてしまいますもん(笑)

冒頭の修練場のシーンが仮面ばかりだったのでわかりにくかったけど、他はわかりやすかったです。踊りや詩がいいポイントになってたし。
馬球 (mugi)
2007-06-16 20:50:44
意外に知られていませんが、ポロのルーツはイラン(ペルシア)です。
ただし中国なら、ポロのルーツは我国だといいかねませんが。

チャン・ツィイーの入浴シーンで、おおっ、と目を見張った男性も少なくないでしょうね。もしや、あれも替え玉?
明後日見に行きます。 (かめ)
2007-06-18 14:08:33
タイトルについては、
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/cinema/topics/20070420et13.htm
わざと、のようです。
よかったですw
ポロ (kossy)
2007-06-22 00:25:25
>mugi様
ありがとうございます。
ペルシアだったんですかぁ・・・ペルシアということはかなり古いんですね。
あのクセルクセス王もやってたんだったりして。

チャン・ツィイーの替玉はどうなんだろ。どうも違うような気もしたのです。特に後姿なんかが・・・(笑)

>かめ様
邦題の記事を読ませていただきました。
なるほどね~
まぁ、スタッフは何人もいるんだから単純な間違いなんてのは最近では起こりえないんだろうけど・・・
日本で売り込むためには苦労するものなんですね。
中途半端 (GO)
2007-06-25 00:41:38
「ハムレット」が元ネタなんて、知りませんでした。。いやなんか全然違ったようなぁ。。当の中国人達はこういうの観て面白いと思うのだろうか。。西洋人が神秘性に面白がるだけのような気も。。武侠ものってちょっと飽きてきたなぁ。。俺だけかなぁ。。そう思うの。。
ハムレット (kossy)
2007-07-01 07:38:41
>GO様
俺も知らずに観たとしたら、DVDの「ハムレット」なんて観なかったろうし、周囲の人間関係なんて無視していたかもしれません。
で、思ったわけですが、
この映画は「ハムレット」を知らないと面白さが半減してしまう映画だと思うのです。
中国人だって「ハムレット」と比べることがなかったらつまらない内容だと思いますよ・・・

コメントを投稿

映画2007」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

15 トラックバック

女帝(エンペラー) (2006年) (シネマテーク)
【コメント】★★★★★★☆☆☆☆ 唐の後の五代十国時代。絢爛豪華な中国の宮廷で、シェイクスピアの「ハムレット」をベースにして、愛と欲望の交錯する復讐劇が繰り広げられる歴史ドラマ。 「生きるべきか、死...
女帝 エンペラー(映画館) (ひるめし。)
憎しみにくちづけ、愛に刺しちがえる。
女帝[エンペラー] (ルナのシネマ缶)
中国の時代物って、 結構好きだったんだけど、 今回は、ハムレットを 唐王朝滅亡後の戦乱の五代十国時代に 置き換えてのストーリーです。 う~~~ん、なんだかなぁ・・・。 この手の作品は、 ちょっと飽きてきたのかなぁ~。 途中何度も睡魔に襲われてしまいまし...
【2007-77】女帝 [エンペラー](THE BANQUET) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
王を殺された艶麗な王妃 兄を毒殺した王に即した皇帝 幕を開ける運命の戯曲 愛から毒があふれだす もっとも残酷で── 美しい復讐が花開く 憎しみにくちづけ、愛に刺し違える
女帝[エンペラー] (★YUKAの気ままな有閑日記★)
チャン・ツィイー+戦乱の五代十国時代の宮廷+シェイクスピア悲劇『ハムレット』「観るべきか、観ざるべきか、それが問題だ」とか言っている場合ではない。ワクワクなのだ~~~艶めかしい予感がするではないか【story】実の兄を殺して王位を奪い、甥にあたる皇太子ウー...
★「女帝 [エンペラー]」 (ひらりん的映画ブログ)
(2007/A100/S52)←今年通算100本目の鑑賞。 今週公開作は、いろいろあって迷ったけど・・・ やっぱりひらりんは、チャン・ツィイー子ちゃんの作品をチョイス。 月の初めの1本目は、お気に入り女優さんモノで・・・。
女帝エンペラー~官僚だけは死なない (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
←赤い花びらで満たされた屋内風呂。それは血で染められた欲望の色――チャン・ツィイーがその血のように美しい風呂に飛び込む姿はこの映画を凝縮したシーンだ。
女帝 [エンペラー] (週末映画!)
期待値: 47%  中国版ハムレット映画。 チャン・ツィイー、グォ・ヨウ、ダイニエル・ウー、ジョウ・
女帝-エンペラー 06年 中/香港 フォン・シャオガン監督 (トーキング・マイノリティ)
 重厚な中国宮廷の愛憎絵巻。映像美と様式美は見事だった。これまで清純派の印象が強かったチャン・ツィイーだが、熱演で存在感を出していた。映画紹介では「ハムレット」を五代十国時代の中国を舞台に翻案したとなっているが、全く異なる物語に仕上がっているのは、デン...
「女帝」 (大吉。)
<木曜日> 昨日の2本目は、チャン・ツィイー主演の「女帝」でした。 時は五代十国時代、次々に国が起きては滅びる動乱の時代です。宮中の権力争いも熾烈だったんですね。 お話しはシェイクスピアの「ハムレット」を原案としたストーリーだそうです。 皇弟リーは皇帝を...
女帝[エンペラー] (Diarydiary!)
《女帝[エンペラー]》 2006年 中国/香港映画 - 原題 - 夜宴 - 英
「女帝<エンペラー>」 傾国の美女、権力欲の烈女、そして愛を求める普通の女 (はらやんの映画徒然草)
シェイクスピア作の悲劇「ハムレット」をベースにしている映画です。 「ハムレット」
チャン・凛子 (Akira's VOICE)
「女帝[エンペラー]」 「図鑑に載ってない虫」
女帝 [エンペラー] (Blossom Blog)
女帝 [エンペラー] THE BANQUET   夜宴 監督 フォン・シャオガン 出演 チャン・ツィイー ダニエル・ウー     グォ・ヨウ ジョ...
女帝 エンペラー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『憎しみにくちづけ、愛に刺しちがえる。』  コチラの「女帝 エンペラー」は、シェイクスピアの「ハムレット」をベースに、中国の宮廷で繰り広げられる愛と欲望の交錯する復讐劇を描いたヒストリカル・ロマンスです。  主演は、”アジアの宝石”チャン・ツィイー...