ネタバレ映画館

トラックバック廃止のため、
なんとかコメント入れに回ります!

エルネスト

2017-10-13 07:26:09 | 映画2017
 僕は石ころ・・・
日本とキューバの合作映画だ。キューバ映画というのも珍しいので、合作ではあるが、最近観たことがあるといえば『ゾンビ革命-フアン・オブ・ザ・デッド-』くらいだ。

 映画のオープニングはチェ・ゲバラが1959年にキューバの使節団として日本を訪れるシーン。「見たいところに行く」と、予定を変更して広島へと向った一行。原爆ドームや原爆資料館を訪れて、「君たちはアメリカにこんな酷い目に遭わされて、どうしてアメリカの言いなりになるんだ」と感想をもらす。また慰霊碑にある「安らかに眠ってください 過ちは繰り返しませぬから」の言葉に対して「なぜ主語がないんだ」と問う。もう反米の思想が突き刺さるように訴えられてくる。

 1962年、キューバに医学生として留学したボリビアの日系人、フレディ前村(オダギリジョー)は入学5日目にしてキューバ危機の現実を知らされる。そして留学生たちもいきなり、銃の訓練を受けることになるのだ。もっともキューバ危機なんて史実もアメリカ主体で描かれた映画は多いけれども、キューバから見ればアメリカとソ連が勝手に牽制し合った末に起こったもので、いい迷惑だったのだと、この作品は教えてくれる。キューバ人がケネディを嫌いになるのも無理はない。フィデル・カストロにしてもミサイルを発射するわけはないので、チェ・ゲバラ同様、反核の意思を貫いている。

 1964年、フレディの母国ボリビアで軍事クーデターが起こったニュースが飛び込んできた。居ても立っても居られない彼は、“革命支援隊”に加わることを決意する。奨学金をもらっているので簡単には退学することはできなかったが、インターンの資格を取り、ゲバラから直接司令官室に呼ばれる。そこで戦地での戦士名エルネスト・メディコを与えられるのだ。戦地では決して本名を語らず戦士名で呼び合う。本名を語るのは死を覚悟したときだけなのだ。

 フレディの伝記映画として作られたものではあるが、むしろ淡々と描かれているために、むしろメインではないチェ・ゲバラを浮き上がらせてような気がする。フレディが処刑されるのは幼なじみの弟によってという皮肉もあるが、これは脚色なのだろう。そのおかげで米主導で軍事政権を樹立したボリビアの悲哀が伝わってくる。


★★★★・

参考:
モーターサイクル・ダイアリーズ
チェ 28歳の革命
チェ 39歳別れの手紙
コマンダンテ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エル ELLE | トップ | 猿の惑星:聖戦記(グレート... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
過剰 (まっつぁんこ)
2017-10-13 07:49:28
ラスト老人たちがフレディたちの霊廟を訪れるシーンが付加されていたけど過剰だと思いました。
処刑されて終りだと切なすぎるのでつけたのでしょうが余計。劇の中だけで終わる厳しさが欲しいところでした。個人の感想です(^^)/
霊廟 (kossy)
2017-10-13 21:15:40
>まっつぁんこ様
俺もちょっと余計だとは思いました。
ただ、あれはもしかするとフレディの同級生本人?
などと考えたら、それはそれで良かったんじゃないかと。
ドラマ的には失敗ですよね・・・まぁ伝記ですから
私も (NAO)
2017-11-05 00:50:39
私もあのシーンは、ちょっと余計かな?と感じました。
EDでテロップ流れながらで映っていた方が
しっくりくる感じを受けました。

蛇足気味 (kossy)
2017-11-05 08:48:12
>NAO様
たしかにそうですよね。
実話ものの定番となってるほどの、
エンドロールでの映像とテロップ。
あまり考えてなかったのかな~

コメントを投稿

映画2017」カテゴリの最新記事

8 トラックバック

『エルネスト』 2017年9月22日 スペースFS汐留 (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『エルネスト』 を試写会で鑑賞しました。 チェ・ゲバラのことは殆ど知らいけど見たい映画だった。 【ストーリー】  日系二世として生まれ、医者になることを夢見るフレディ前......
平和ボケには分かるまい。『エルネスト』 (水曜日のシネマ日記)
キューバ革命の英雄チェ・ゲバラと行動を共にした日系人のフレディ前村の物語です。
エルネスト★★★・5 (パピとママ映画のblog)
キューバ革命の英雄チェ・ゲバラと行動を共にした日系人のフレディ前村を題材にしたドラマ。留学先のキューバでゲバラに出会って心酔し、共にボリビア軍事政権に挑んだ彼の姿を描......
エルネスト (だらだら無気力ブログ!)
淡々とし過ぎて、寝落ちしかけた。
「エルネスト」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
冒頭のチェ・ゲバラの広島訪問シーン。ここは良かった。
エルネスト もう一人のゲバラ (映画と本の『たんぽぽ館』)
知られざる日系人の生き様 * * * * * * * * * * キューバ革命の英雄チェ・ゲバラと共闘した日系人、フレディ・前村・ウルタードの実話です。 ボリビア出......
エルネスト (映画的・絵画的・音楽的)
 『エルネスト』をイオンシネマ板橋で見ました。 (1)オダギリジョーの主演作というので映画館(注1)に行ってきました。  本作(注2)の冒頭では、「もし我々を空想家というのな......
「エルネスト」 (prisoner's BLOG)
冒頭かなりの尺数を割いて広島の原爆祈念碑を訪れ、アメリカの原爆投下の責任を曖昧にする「過ちは繰り返しませぬから」という碑文に主語がない事実を指摘し、原爆の惨禍をもたら......