ネタバレ映画館

帰って寝るだけのタクシードライバーになりました(汗)

クローズド・ノート

2007-09-29 20:40:09 | 映画2007
 マンドリンしながらバイトしてまんねん。

 教育系の大学、音楽系クラブ、それだけで懐かしさいっぱい。花束のエピソードなどは「みんなこんな風に頼んでいたのか・・・」と20年前の謎を解明したような思いです。さすがに万年筆は使ってなかったのですが、いかに上手くペン先を切って五線譜用万年筆を作ることができるかと話題になっていたことまで思い出します。そして、『太陽の子』の灰谷健次郎。真面目に勉強してなかったので作者の名前しか覚えてません・・・

 他人の日記を読んでしまうという不謹慎な展開だと思ってたのですが、日記の持ち主が新米小学校教師であることや、ボルトー色の万年筆にも興味を覚えた香恵だったのでしょうがないことだったのでしょう。留学してしまう友人(サエコ)と浮気性の彼氏(田中哲司)の関係は物語の中ではつまらないところですが、彼女が「日記を読んじゃいけない」と嗜めたり、花束のエピソードに繋がる隠し味的な存在だったし、時間は長かったけどかなり練られた構成のように思います。

 現代の女子大生と、1年前の女性教師というタイムラグを感じさせながら同時進行するストーリー。“意外な結末”などという言葉が全く当てはまらないほど、推理可能な展開でもあります(親切すぎるほどの伏線のため)。しかし、読めるはずなのに泣かされる・・・沢尻エリカの涙、それに伊勢谷友介の涙もそうだったのですが、小学生の君代ちゃん(山口愛)にまんまとやられてしまったのです。

 生意気な態度でなにかとたたかれる沢尻エリカ。せっかく作ったウズラの卵入りミートボールを食べてもらえないシーン、「仕事のため定期演奏会に行けなかった」という台詞を聞いて喜ぶ表情、「わたしじゃだめですか?!」と訴えるシーン、これらがお気に入りです。そして、京都が舞台となってるそうですが、ロケ地がとてもよかったし、YUIが歌うイメージソングの『LOVE&TRUTH』も最高です。切ないけど爽やかで、どんなにつまづいても胸を叩いて自信を持って生きていける、前向きな終わり方もよかった。

★★★★・
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (18)   トラックバック (45)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 消えた天使 | トップ | 幸せのレシピ »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBさせていただきました (MIYAUCHI)
2007-09-29 23:05:48
こんばんは。
全体的には楽しめましたが、疑問点の残る映画でした。(自分だけ?)
交通事故になったのはお別れ会の帰りと言ってたはずなのに日記がなぜあの場所にあったのでしょうか。確か学校に持っていっていたと思ったのですが。(私の勝手な思い込みかな?)
マンドリン聴きながら寝ました (あんぱんち)
2007-09-30 02:09:43
13時間はきつかった(爆)

作品自体は良かったですね。
エリカ様の演技も良かったんだけど、スベテ吹っ飛んじゃったw
もう1度見ようかなぁ・・・
女王の演技 (たましょく)
2007-09-30 14:04:47
 ども、たましょくです♪

 友人とその彼氏のエピソードにそれほど
重要性は感じなかったですが、たしかに花
束のエピソードでは、いいアクセントにな
ってましたね。

 君代が唄う「翼をください」はグッとき
てしまいました。あと、紛失した山田くん
の答案用紙の使われ方も良かったかと。

 「心の力」とゆー言葉の響きが作品全体
の雰囲気をいい方向に持っていってかと。
アクトレスオブアクトレス (PGM21)
2007-09-30 19:03:35
何時もお世話になっております。

ストーリーとしてはこれほど展開の読める映画も珍しいのではと思いますが、このストーリーで私たちの日常に有り触れているストーリーの1つなのだと感じて観ました。Blogを運営して色々な人の存在を知る毎日ですが、その存在を残すために書くのがある意味日記なのだなと思うし、それを誰かに読んでほしいという想いがあるから日記にした。私もテクテクさまのお姉様の書籍をレビューした時その人生に価値はつけられないものなのだと思った事を思い出しました。

沢尻エリカですが、個人的には彼女ほどアクトレスオブアクトレスという女優はなかなかいないんじゃないかと思います。舞台挨拶の件も普段はこのような姿でも演じたら素朴な女子大生を演じられるのよという表現だったと思いますし、昨年5本の映画に出演しましたが、どの役でも違う表情ができて尚且つ演技力が本当に素晴らしい。さらに音楽でも見事なまでのカリスマを放っている。態度云々というのは周りが沢尻エリカを理解し切れていないだけだと私は思います。
こういう破天荒なタイプほど周りの理解者がより必要なのかもしれないですけれどね。
お別れ会 (kossy)
2007-09-30 19:24:05
>MIYAUCHI様
なるほど。
俺は全く疑問に思わず・・・君代ちゃんたちは、今5年生だったよな~?などと考えながら観てました。
お別れ会の帰りにでしたっけ?
うむむ・・・全く気づいてない俺。
「お別れ会の後」ということにしておきましょうよ(汗)

>あんぱんち様
出演するだけでも苦労があるんですね・・・
俺も昔はおにゃんこのマラソン映画のエキストラに応募しようとしたけど、走るのが苦手なのでやめときました(汗)
エリカ様の演技は号泣シーンよりもさりげないところのほうが魅力的だと思いましたよぉ~

>たましょく様
浮気性の彼氏のその後がどうなったのかも気になるところですが、これ以上長い映画になっても問題だし・・・

合唱の、特に教室で練習しているときに入ってくるところなんて、まるで『サウンド・オブ・ミュージック』みたいでしたよね。あれは良かった~

山田くんの答案用紙。
簡単でしたよね。ひとつ前のシーンでも気づくことができるくらい。

>PGM21様
最近は同時進行とかタイムラグの同時進行の映画が多くなってますもんね。それでも読みやすい。ある意味、中高生向けにわかりやすく作られていたのかもしれませんよね。
日記というのは人に読まれてもしょうがないという部分もあるのだろうし、人に読んでもらうことを前提としたものも多いですよね。

昔は、女優といえば生意気な娘というのが定番だったし、マスコミや観客に媚びることない人が多かったんじゃないでしょうか。これだけの情報社会になってるのに、その古いタイプの女優を晒すなんて結構勇気もいるような・・・大物の片鱗を見せているような気もします。
まぁ、元々才能のないタレントがそんな態度をとれば攻撃したくなりますけどねぇ・・・
昨日 (kenta)
2007-09-30 22:16:08
テレビでプロモーション番組やってました。
結構良さそうだなーと思ってみてたんですが。
なかなか良い評価ですね。
観にいこうと思います。
行定さんの映像も好きですので。
宣伝 (kossy)
2007-10-02 00:26:43
>kenta様
俺はYUIの曲にのった予告編だけでも満足♪
アパートと周りの風景が一番好き。

ぜひ観てください。
Unknown (FREE TIME)
2007-10-08 00:11:57
TBありがとうございます。
自分もこの映画のロケ地はどれもいい場所ばかりだったと思います。
自分も行ったことのある哲学の道も出てきたし(笑)

YUIが歌う主題歌も映画の内容とリンクしていて良かったし、それだけに沢尻エリカの一連の騒動が残念でなりません。

それにしても竹内結子は映画では死んでしまう役が多いですね(爆)
竹内結子 (kossy)
2007-10-08 00:46:05
>FREE TIME様
こんな素敵なロケ地を見ると京都に行きたくなっちゃいます(どこまでが京都なのかわからなかったけど)。

どこを見ても沢尻エリカ騒動ばかりで・・・いい加減うんざりしてきました・・・といっても、謝罪インタビューを確認したりして・・・

竹内結子の死んだ役!!
そういえば忘れてた。
「サイドカーに犬」でようやく生きたままの彼女を確認できます(汗)
京都~♪ (Ageha)
2007-10-08 23:23:28
これからちょうど紅葉の季節ですし。
家から30分だし。行こっかな~♪

「初雪の恋~ヴァージン・スノー~」で
宮崎あおいちゃんが絵を書いてたのと
同じ場所が出てきてびっくりしました。
んでおそらくは鴨川沿いでやたら撮影してて
こんなんよう撮れたなと。
今回パンフは買いませんでしたが
あそこ知ってる、ココもわかると
別なとこで騒いでおりました。(オイ)
30分! (kossy)
2007-10-09 07:50:57
>Ageha様
いいなぁ~そんなに近くなんですね。
俺も『初雪の恋』を思い出してしまいましたけど、あの場所行ったことがないです・・・
ロケ地を選ぶのも映画の良さに影響与えますよね。やっぱり京都はええわぁ~

知らないんですけど、全部京都だったんですかね・・・
パッチギ (祐。)
2007-10-12 22:20:17
舞台挨拶事件で見るのを躊躇していたのですが、ロケ地が京都ということで、見てきました。
沢尻エリカといえば「パッチギ」ですが、乱闘シーンがあった場所の出町柳界隈が自転車二人乗りで写されていました。
宮崎あおいが絵を描いていた場所は、哲学の道から南禅寺にかかる疎水沿いなので有名な場所です。

ロケ地は京都の他に関東圏が多かったと思います。

物語の展開が素直すぎて、途中ネタバレしちゃうのですが、最初に破れていたノートのページを疑問符にして見せる手立ては無かったかなと思いました。

折角いい素材だったのに、脚本が甘かったかなと思いました。

沢尻エリカですが、舞台挨拶での失態はやはりプロとしては失格でょう。あの性格では、幾ら才能があっても、自分の殻の中でしか成長しない気がします。いずれ破綻するタイプかなと思います。
舞台挨拶 (kossy)
2007-10-13 18:27:16
>祐。様
俺はそんな事件を知らずに・・・というか、事件が起きた時間帯に観たので幸せだったのでしょうか・・・
まぁ、知った後に観てたら、評価も変わってたのかもしれない・・・なんと優柔不断。

結構京都にお詳しい?
俺は修学旅行コースになるような場所しか知らないもんだから・・・ぜひ行ってみたいものです。

ネタバレという点では、予告編でほとんどわかってしまうのが難点ですよね。破られたページの秘密なんて、結局破った理由も推理するしかないんだし・・

沢尻エリカは今後どうなるのか。
俺は世間で騒ぐほど嫌いじゃないし、それよりもこの前の亀田のほうが酷いですよね(と、関係ないことを・・)。
まぁ、彼女もまだ若いんだし、世論に同調していたぶり続けるのも大人気ないかなぁ~なんて感じています。
こんばんは♪ (miyukichi)
2007-10-14 20:11:56
 マンドリン、高校時代にやってたので
 (クラブではなく音楽の授業として)
 えらく懐かしかったです。
 試験前しか練習せず、
 全然「確り」してませんでしたが^^;;

 kossyさん、五線譜を万年筆で書くような
 音楽系の大学だったのですか?
 なんだか本格的ですね。

 親切すぎる伏線、たしかに(笑)
 でも、謎解き要素がなくても楽しめました。
 沢尻エリカちゃんもよかったですが、
 なんといっても竹内さんがすごくよかったです。
マンドリン (kossy)
2007-10-14 20:43:30
>miyukichi様
そうなんですか・・・音楽の授業でマンドリンを!
俺も弾かせてもらったことはありますが、音の響きがいいんですよね。ギターでいえば12弦ギターのような広がりのある音。

俺は教育系の大学で、真面目じゃなかったので、音楽クラブに入り浸りでした(汗)
五線譜に関しては、俺は万年筆を削れなくて・・・鉛筆で書いてました(汗)「自分で削るもんだ!」と教えられたもんで・・・

竹内結子の演技はいつも安心して観ていられるので、あえてコメントしませんでした・・・
丁寧に丁寧に作られた美しい作品だと思いました。 (Aki)
2008-03-22 01:41:31
先生に対する感謝の気持を書いた紙飛行機は、『コーラス』を思い出しました。今作では、先生は受け取れませんが、隆に届いたように、きっと先生にも届くのでしょう。YUIさんの歌の歌詞もピッタリ。

しかし、沢尻さんは(バッシング騒動は全く知りませんが)小学校の先生って・・いくらAラインのトラッド系の衣装ばかり着せても、イメージがわかない。アノ人(竹内さん)と私(沢尻さん)は似ているというセリフも・・違和感あり。
沢尻さんの役の心情にピッタリなYUIさんの歌詞も・・声質が違い過ぎてシンクロせず。
もう少し心の力が必要に見える・・オトナシイ顔の女優さんの方がよかったなと思いました。
YUI (kimion20002000)
2008-03-27 14:16:28
TBありがとう。
YUIの歌は、よく合っていましたね。
好感度が高いです。
YUI (kossy)
2008-04-04 01:04:59
>Aki様
たしかに『コーラス』の場面を思い出しますよね~
多くの人が指摘するように時間のミスがありましたけど、俺はちょっと泣けてしまったため、前向きにとらえてしまいました(笑)
小学校の先生なんて、板につくのは何年も経験してからなんでしょうね。エリカ嬢のような先生だったら子供たちも喜んじゃうのかもしれませんよ。
多分、俺の場合、教職を取ったという経験があるため、別のところに感情移入してしまったんだろうなぁ~色んな先生がいるはずですもん。

>kimion20002000様
YUIの歌、いいですよね~
車のCDチェンジャーには常に入ってるんです。だけど、このテーマ曲がない・・・

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

45 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
クローズド・ノート (Akira's VOICE)
人も万年筆も出会いを求めている。
映画 【クローズド・ノート】 (ミチの雑記帳)
試写会にて「クローズド・ノート」 雫井修介の同名小説の映画化。 おはなし:女子大生の香恵(沢尻エリカ)は引越しした部屋で前の住人が忘れていった一冊のノートを見つける。挟まっていた写真を見ると、前の住人(竹内結子)はどうやら小学校教師らしい。教師志望の香...
映画「クローズド・ノート」を観ました!!(2007-22) (馬球1964)
映画「クローズド・ノート」を観ました!!2007年の22作目です。私は今まで、しっかり=確りの漢字を書けませんでした(笑)。
「クローズド・ノート」他人のストーリーを知った先にみるそれぞれの人生価値観 (オールマイティにコメンテート)
「クローズド・ノート」は雫井脩介原作の映画でとあるアパートに引っ越してきた女子大生が前の住人が残した日記を偶然読んだ事で筆者の歩んだ想いを共有し、その真実を知るストーリーである。今ではBlogなど日記を入力する習慣が当たり前になったが、その数多くの日記の中...
あんぱんち最新出演作&エリカ様ご乱心!『クローズド・ノート』舞台挨拶@日劇2 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
今回はあんぱんち最新出演作『クローズド・ノート』の舞台挨拶レポート。登壇したのは、沢尻エリカ、竹内結子、黄川田将也、山口愛、行定勲監督と主題歌「LOVE&TRUTH」を歌うYUI。以前お伝えした通り、この作品の時修館教育大学マンドリンクラブ 第38定期演奏会のシー...
クローズド・ノート (八ちゃんの日常空間)
決してお涙頂戴映画ではないので、安心してください。でも泣いちゃいました。
クローズド・ノート(映画評) (blog50-1)
クローズド・ノート鑑賞。 ささくれだった心が柔らかくなる感じ。 ホントに泣けた。
クローズド・ノート (何書☆ねくすと)
 評価:☆      心の力度:80%  評価表(★:絶賛! ☆:面白い! ◎:良かった♪ ○:普通 △:ややつまらない 凹:ヘコむ ×:観ちゃいけない)  『あらすじ』  母親の再婚を機に一人暮らしをは
映画「クローズド・ノート」を観て (RUN & GUTS)
【09月29日(土)曇り時々雨】 今日封切りの「クローズド・ノート」を観てきた。
クローズド・ノート Closed Note (タカさんの一口日記+@)
公開初日にみてきました。予告編とかみてみたいと思ってみてきたんですか…期待してたほどそんなに良くなかったかも。ちょっと期待しすぎました(ハードルを高く設定しすぎ)。良くもなければ悪くもない感じですね~あくまで個人的な意見なので…(^ω^;) 一つ言えるのは最...
クローズド・ノート / 映画 (あかねのたわごと☆本日記)
楽しみにしていた映画『クローズド・ノート』を観てきましたSTORY:小学校の先生を目指す大学生・香恵は、母親の再婚を機に初めての1人暮らしを始める。そんなある日、彼女はバイト先の万年筆屋にやってきたイラストレーター・石飛リュウに恋をする。彼は引っ越しの日に、...
若かりし日の気持ちを思い出す●クローズド・ノート (Prism Viewpoints)
ラストの唐突感は、『天国の本屋 ~恋火~』よりもマシだが、 三段跳びの、「ステップ」を飛ばした感は否めない。 『Closed Note』 小学校の先生を目指す大学生・香恵は、母親の再婚を機に初めての1人暮らしを始める。
クローズド・ノート (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
竹内結子がすごく良かった!彼女が主役だねぇ~!竹内結子を取り巻く生徒たちもすごく良かった!だけども、だけどぉ~♪沢尻、いい加減にせえよぉ~(怒)!     評価:★8点(満点10点) 2007年 138min 監督:行定勲 出演:沢尻エリ...
「クローズド・ノート」試写会レビュー 太陽の子  (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
僕がこ映画を観てたったひとだけ確かに言えることは、竹内結子は僕の中でこうあってほしい、ということだけだ。
“クローズド・ノート”を観賞 (日常の穴)
【関連リンク】 →映画公式サイト →「クローズド・ノート」原作 →映画「クローズド・ノート」Music Movie with YUI 大して興味もなかったが、各メディアでエリカ様が必死にPRしていたので(笑)見てみた。 映画の内容とは関係ないが、エリカ様がメディアに出る...
『クローズド・ノート』 (cinema days 『映画な日々』)
 雫井脩介の原作の映画化。  『セカチュー』の行定勲監督作品  個人評価 ★★★☆  『 映画雑感 』
何も心に残らない。『クローズド・ノート』 (水曜日のシネマ日記)
前の住人が忘れていった1冊のノートを読んだ女子大生の物語です。
クローズド・ノート (ともやの映画大好きっ!)
【2007年・日本】試写会で鑑賞(★★★★☆) 携帯サイトで連載されていた雫井脩介原作の同名小説を映像化。 1冊のノートを介して展開する人間模様を描いた物語。 母親ができちゃった再婚をしたために一人暮らしをすることになった女子大生の堀井香恵(沢尻エリカ)。...
『クローズド・ノート』鑑賞! (★☆★風景写真blog★☆★healing Photo!)
『クローズド・ノート』鑑賞レビュー! 私と彼女を結ぶ、世界でたった1冊の絆… ある1冊のノートから始まる 見えない「彼女」と運命のめぐりあわせ… 2007年/日本 公開日::::2007年9月29日(土) 上映時間::::138min(2時間18分) カ...
【2007-137】クローズド・ノート Closed Note (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 前の住人が残した一冊のノート 覗いてしまった他人の心 彼女の恋 日記の恋 運命の恋が交差するとき── 彼女がたどり着く 隠された恋の真実とは? 私と彼女を結ぶ、 世界でたった一冊の絆。
クローズド・ノート (future world)
‘エリカ様騒動’で、この映画本来の持ち味・面白さを感じることが出来るのか・・・ まぁ、仕方ないか・・・‘不快感’のベールを纏ったままの観賞となりますな。。 一冊の他人の日記~その書き手の想いと自分の現実をシンクロさせて、 巧みな構成で切なく描かれて...
映画「クローズド・ノート」 (FREE TIME)
先日、映画「クローズド・ノート」を鑑賞して来ました。
映画「クローズド・ノート」 (日々のつぶやき)
監督:行定勲 出演:沢尻エリカ、竹内結子、伊勢谷友介、黄川田将也、永作博美 「香恵は引越し先で、前の住人が置き忘れていったノートを見つけた。ふとノートを手に取り読んでみると、それは教師をしていた女性、伊吹の日記だった。生徒に対しても恋愛にも前向きに正直
クローズド・ノート (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  なんだなんだ、凄くいい映画じゃないか! ヤフー掲示板での評価が酷いのは、主演の沢尻エリカに対するイヤガラセに過ぎなかった。しかし沢尻エリカは主役とはいえないね。真の主役は、竹内結子以外の何者でもない。       清楚で心の美しい伊吹先生の役...
クローズド・ノート(映画館) (ひるめし。)
私と彼女を結ぶ、世界でたった一冊の絆。
「クローズド・ノート」問題のないエリカたち (再出発日記)
生エリカを見たことがある。一作目の「バッチギ」が公開された直後。『問題のない私たち』(監督・脚本森岡利行 黒川芽以 沢尻エリカ 美波)の舞台挨拶で岡山に来たのである。まさにブレイクする直前だった。その半年後なら、岡山の場末の映画館には到底来なかっただろ...
クローズド・ノート (警告おやじ。牡41@500万下)
スクリーンの中のエリカちゃんはすごいいいのにねぇ。 よくわからない服きて出てきたり、ほんと、事務所なり先輩がきちんと指導しろよ・・・ って、思っているんだが、なんなんだこの騒動。 鬼の首とったみたいに、みんなで寄って集って、若い女の子をたたきまくるの...
私じゃダメです。(オイ)~「クローズド・ノート」~ (ペパーミントの魔術師)
沢尻エリカのイメージで ものすごく幻想を抱いてしまったのが ドラマ「1リットルの涙」。 それは、彼女が演じた役柄の一つにすぎず、 それが素の彼女でないこともわかっていて それでも、演技であれインタビューであれ どこかであの時の顔を捜してしまうわけで。 表現...
クローズド・ノート (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
覗いてしまった他人の心__一冊の日記に隠された、真実。 小学校の先生を目指す大学生・香恵は、母親の再婚を機に初めての1人暮らしを始める。そんなある日、彼女はバイト先の万年筆屋にやってきたイラストレーター・石飛リュウに恋をする。彼は引っ越しの日に、香...
クローズド・ノート [Movie] (miyukichin’mu*me*mo*)
 映画 「クローズド・ノート」(行定 勲:監督/雫井脩介:原作)  を観てきました♪    映画そのものと別なところで  話題になってしまってますが^^;;、  観客の入りはわりとよいみたいでした^^  原作を読んでいないので、  「ノートを介して時空を超え...
沢尻エリカさんの似顔絵。「クローズド・ノート」 (「ボブ吉」デビューへの道。)
●「クローズド・ノート」 例の「初日舞台挨拶の記事」の追記という形で、「クローズド・ノート」の 感想を記事にさせていただきます。 さすがに、あの舞台挨拶の騒動で、映画館に行くのをためらってましたが、 観てきました。観てよかったと思います。面白い作りの映画...
クローズド・ノート  称号:佳作+ (映画細胞~CinemaCell)
教師を目指す大学生の香恵は、引っ越し先で前の住人のノートを見つける。持ち主の伊
クローズド・ノート (星のカケラ)
『クローズド・ノート』。 いろんな意味で話題作。 公開週に観にいった。 自分は作品は作品というスタンス。 「大きな期待も失望もなく観られる」ような、そんな作品かな。 香恵(沢尻エリカ)は、引っ越した当日に、前の住人の伊吹(竹内結子)が残していったノートを偶然...
陽 ~「クローズド・ノート」~ (サナダ虫 ~解体中~)
行定勲監督作品、沢尻エリカ主演の、 映画 「クローズド・ノート」を観た。 雫井脩介の同名小説を映画化。 教師を目指す大学生の香恵(沢尻エリカ)は、引越先の部屋から一冊の日記帳を発見。 その日記帳の持ち主は、前の住人・伊吹(竹内結子)が忘れていったもの...
『クローズド・ノート』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「クローズド・ノート」 □監督 行定 勲□脚本 吉田智子 伊藤ちひろ 行定勲  □原作 雫井脩介(「クローズド・ノート」刊) □キャスト 沢尻エリカ、伊勢谷友介、竹内結子、黄川田将也、永作博美、板谷由夏、田中哲司、サエコ、中村...
映画では味わえない余韻●クローズド・ノート (原作小説) (Prism Viewpoints)
映画を絶賛した人も、映画に落胆した人も、映画を鑑賞しようか迷っている人も、 一度、原作小説を読んでみる事をオススメします。 『Closed Note』 著者:雫井修介
クローズド・ノート (Thanksgiving Day)
夜時間が空いたので、話題の映画「クローズド・ノート」をすすきのの札幌東宝公楽に観にいきました。 この映画、沢尻エリカの舞台挨拶の件もあって何かと話題になってますよね!ぼくはその前から「観たいなぁ」と思ってたので、前売り券もGETしてたんですよ。ようやく観...
映画『クローズド・ノート』 (頑張る!独身女!!)
他人の「秘密」を覗いてしまったことがありますか。読んでしまった「日記」覗いてしまった他人の心。「日記」の恋に導かれるように彼女の恋がはじまる。恋するときめきも、片思いの痛みも、いつもわかり合えた。でも、読んではいけなかった。決して他人に語られなかった、...
クローズド・ノート (ダイターンクラッシュ!!)
10月27日(土) 13:15~ TOHOシネマズ川崎プレミアスクリーン 料金:0円(1ヶ月フリーパス) パンフ:600円 『クローズド・ノート』公式サイト 映画の内容より、舞台挨拶での沢尻エリカの不遜な態度で有名になった作品。亀田のおかげで露出度が激減したが。 ...
映画『クローズド・ノート』を観て (KINTYRE’SDIARY)
78.クローズド・ノート■配給:東宝■製作年・国:2007年、日本■上映時間:138分■鑑賞日:10月13日、新宿コマ東宝(歌舞伎町)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚本:行定勲□脚本:吉田智子、伊藤ちひろ□照明:中村裕樹□撮影:中山光一□録....
mini review 07285「クローズド・ノート」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
前の住人が忘れていった1冊のノートを読んだことによって、ヒロインが真実の愛に出会うまでを描く感動作。携帯サイトで連載され100万アクセスを突破した雫井脩介の同名小説を基に、1冊のノートによって結ばれていくかけがえのないきずなをつづる。『世界の中心で、愛をさ...
クローズド・ノート (蠍沢シネ吉の正直最近映画観てない)
 今日は沢尻エリカと竹内結子共演のラブストーリー「クローズド・ノート」を観てみましたよ!  大学生の香恵が引っ越してきた部屋には前の住人が残していった日記があり、それには暖かい幸せな生活と切ない恋愛が書かれていたのでした。  そしてその日記の世界は次第...
クローズド・ノート (映画か!)
2007年・日本・138分 女子大生の香恵(沢尻エリカ)は引っ越しの際、前の住人が忘れていった1冊のノートを見つける。ある日、香恵は画家の石飛(伊...
クローズド・ノート (mama)
2007年:日本 原作:雫井脩介 監督:行定勲 出演:沢尻エリカ、伊勢谷友介、黄川田将也、篠井英介、竹内結子、永作博美、サエコ、石橋蓮司、中村嘉葎雄、田中哲司、板谷由夏 女子大生の香恵は、引越し先のアパートで前の住人が置き忘れた1冊のノートを見つける。...
No.105 クローズド・ノート (気ままな映画生活)
最初、映画館でこの予告編を観たときに この物語の重要なオチが予想できました。 ポイントとなる部分が連想できる予告編。