ネタバレ映画館

帰って寝るだけのタクシードライバーになりました(汗)

Sweet Rain 死神の精度

2008-03-18 22:48:31 | 映画2008
 「死神の精度」より、死神千葉の首振りのリズム精度に注目!

 ミュージックが大好きな死神たち。彼らは人間と変わりない容姿であるし、ノートに触らずとも誰にも見える存在なのです。違っている点といえば、彼らが人間に触れるとたちまち気絶してしまうため常に白い手袋をしているところくらい。あり得ない存在であるがゆえに、病気や自殺といった死には関わっていない等の設定がわざとらしくない程度に説明されています。死神といえば日テレ!こうした扱いに慣れてきているのかもしれません・・・

 映画はまずプロローグがあり、3つに分けたオムニバス形式で展開します。しかし、このオムニバス。映画としてはヒットしないのが定説ではありますが、敢えてこの形式をとったというのは何かあるはず!と勘繰ってしまいます。一見すると繋がりそうもない彼らが実は・・・と、身構えてしまう・・・推理するのは悪い癖だと思いつつも、そこらじゅうにヒントが散りばめられているのでしょうがない、ああ・・・。というより、繋がらなければ全く面白くない映画なので、ついつい期待もしてしまうのです。

 最初のストーリーでは死神の千葉(金城武)が家電メーカーのコールセンターをしている冴えないOL藤木一恵(小西真奈美)の判定をします。接触して“実行=死”か“見送り=生かせる”かを「目的を果たせたかどうか」という死神独自の基準によって決めるという、かなり残酷な内容。しかも人間界には不慣れでどこか間抜けな表情を見せる死神によってですよ〜

 次は抗争の挟間にある40歳のヤクザ(光石研)。死ぬかどうかという運命は死神が握っているのですが、相手のヤクザにだって当然のように死神が憑いている。光石研に注目してしまうところなのに、子分の石田卓也が実は重要な人物。第三話へと絶妙な橋渡しをしているのです。

 とにかく、ひょうきんでとぼけた死神の金城武が面白い。ミュージック、ミュージック〜と、好きなのはわかるけど、ジャンルも何でもOKという節操のなさ。死神が大挙して押し寄せるレコード店の店員山本浩司は大迷惑・・・しかし彼には死神だなんてわからない。彼の泣きそうな表情も見どころかもしれません。その他、第三話での富司純子の演技はとても良かった。助演女優賞候補決定です(なにかの・・・)。

 原作も知らないし、予備知識も全くなかったのですが、それが良かったのかもしれません。金城武の髪型は頻繁に変化するものの、彼の年齢が変わらないので時代の変化が微妙なんです。携帯が存在しているかどうか、小西真奈美の職場がわざとらしく汚いこと、藤木一恵のCDには“懐かしの歌姫”と書いてあること、そして、『A.I.』に出てくるようなアンドロイド(奥田恵梨華)やニュースで流れる“日本で二度めのワールドカップ”など。時代の変化を少ないヒントで表現してあるのです。これによって同じ時代だと勘違いする人がいれば制作側の大勝利といったところでしょうか。まぁ、“生き別れ”とか“歌手”というキーワードもいっぱいあったので、気付かない人は少ないんでしょうけど・・・実際は1985年、2007年、2028年と変化しているらしいのですが、そんな説明なんてありませんもん。

★★★・・
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (19)   トラックバック (30)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 犬と私の10の約束 | トップ | ジャンパー »
最近の画像もっと見る

19 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
富司純子 (シネマ大好き娘)
2008-03-19 04:37:58
いつも光った脇役ですね〜〜〜
はじめまして (zazatto)
2008-03-22 19:18:43
いつも貴・ブログ拝見感心歓心関心。

私も本日鑑賞。
地味なキャストで地味目な作品。
どんな客層に観させようとしているのか?

富司純子(私にとっては、永遠の藤純子様)と、黒犬君に☆4です。
悪い癖で原作本を買い求め「ツンドク」したくなりました。
TBさせていただきました (MIYAUCHI)
2008-03-22 22:11:40
こんばんは。
私は原作を読んでいましたので、どんな作品になるのか楽しみにしていました。
雨男だけに雨のシーンが多く、全体的には暗めの画像のため、睡魔に襲われてしまいました。

原作の方が面白く感じましたし、映像化の難しさを感じた作品でした。
藤木一恵の人生について考えさせられました (PGM21)
2008-03-23 00:40:43
何時もお世話になっております。

私も何時ものように原作を読んでいないのでパンフレットだけのストーリーしか読みませんでしたが、藤木一恵という人生を最後に見届けるとういうのがこの映画の趣旨だったんでしょうね。
描かれなかった40年間が逆に一恵の人生とは何だったのか?の疑問定義を深めていった気もします。
エピソード1と2の間で描かれなかった部分でエピソード3で語られますが、死と隣り合わせの人生ならあの決断も愛するなら止むを得ない選択だったと感じます。
できれば藤木一恵のデビューエピソードは描いてほしかった気もしますがそれだと3時間必要になりますから映画としては厳しいですね。
わーい (RIN)
2008-03-23 15:04:08
TB一番乗りかしら?
(承認されてないだけ???)
原作をかなり変えてはきてたんですけど、
(原作で藤木一恵は結構あんまり他エピとからまないし・・・)
まあ、小説どおりにはできないしこんなもんかなあ・・・
という感じでした。
そっか、金城君は地味キャストなんだ・・・(苦笑)
まあ、悪くはないんだけど、金城くんには中華圏で活躍してくれたほうが
私的にはやっぱ嬉しいなあ・・・と思った作品でした。


金城さんやからええねん・・・? (Ageha)
2008-03-23 15:26:01
初日1回目の上映に間に合えば
ポスターがもらえるというのでGO!m(~ー~m)〜
とはいえ、家では貼れないので
店持って行った。
「いいんですか〜?」

・・だって仕事場で1ヶ月はコレで
金城さん見ながら本並べられるもん♪(コラ)

今大阪近辺の大きい本屋はどこも
死神の精度の販促DVD流して平積みしてる。
実際映画じゃなくても伊坂さんは売れるんですが。

で、ついでに金城さんの写真集Chibaまで
買ってしまった。キャ〜〜。(アホ)
ウインターソング以降
ホンマ待ちに待ったスクリーン♪
そこにあなたがいるだけでよい。(#^.^#) ニョホ

とはいえ、
藤木一恵を演じた富司純子さんに
最後全部持ってかれた感がありましたね。
さすが大女優さんです。

あ、犬もサイコーでした。♪
あみだくじて・・・笑えよって。どんな上司だ。
2話目が・・・ (しんちゃん)
2008-03-24 12:32:53
 3話はすぐに分かったけど、2話目がなぁ(笑)
まあ、私も何の予備知識も無かったので、1話目の時代があまりにもしょぼい事務所だったのと、ウォークマンだったので・・・って感じだったけど(笑)

 ただ、あんなCDショップはまだ1985年にはなかったかも(笑)

 でも・・・小西真奈美が可愛いのでOKOK(笑)

軽い作品でした (hanako)
2008-03-27 23:45:24
伊坂幸太郎の作品の中でも特に短い今作を更に半分にしたような軽い映画でした。
原作では、基本が「実行」で、余程の理由があっての「見送り」と、死神も悩んでいたものですが、千葉はあんまり悩んでなかったようですね。
金城武のイメージにも合っていたし、まあ…赦します。(笑)
彼はステキなんですけどねえ、富司純子と並べるのは痛いですねぇ。
しかし…あのロボットは未来を表すためだけに出てきたんでしょうか?特にいらなかったような気もします。
首振り精度はメトロノームではない (とらねこ)
2008-04-02 23:06:43
ホント!千葉が適当に首振ってる姿がすっごくかわいかったです(笑)
ミュージックミュージックっていうところもなんかスキでした。
kossyさんは最近は、首振りながらミュージック作っているんでしょうか・・・

相変わらず、細かいところ捉えててなるほどーと思いました。
そっか、二度目のワールドカップはそういう意味があったんですね。
金城くんの精度 (kossy)
2008-04-04 01:31:14
>シネマ大好き娘様
富司純子は好演でしたよね!
金城くんより印象度が高かったかもです〜

>zazatto様
富司純子は永遠の藤純子!
最近は新しい名前にも慣れてきてしまいました。というか、俺はやくざ映画をほとんど観てないので、なんとコメントしてよいか・・・(汗)

もちろん金城ファンの方のための映画なんでしょうけど、評価が微妙ですよね・・・

>PGM21様
藤木一恵の人生。生かされたからこそ波瀾万丈の人生を送った。
人の一生を決めるのはあくまでも本人であることの重要性というか、あの死神の裁定がなかったら何も生まれなかったのかどうか・・・
死んでいい人間がいるわけない!という深いテーマまでもあるような気がします。
歌手になったエピソードはせめてエンドロール映像で流すとかすれば・・・でも、藤木一恵という名前でCDを出すことの驚きもありましたよね。もしかすると、この話題だけで終わりそうな映画でもありますが・・・

>RIN様
すみません・・・承認制につき、順番がわからなくなってしまって・・・
原作とは違うんですかぁ〜
やっぱり映画となると、サプライズ的ギミックを入れたくなるんでしょうね。

なんだか死神のイメージを払拭するほど可愛いキャラになったかと思いますよ。地味というより“可愛い”!
俺も中華圏の映画のほうが彼の魅力があふれてると思いますです。
伊坂幸太郎 (kossy)
2008-04-04 07:53:27
>MIYAUCHI様
原作のほうが面白いんですか〜ふむふむ。
たしかに雨ばかり降ってる映像だと眠くなったりしますよね。最後には晴れ渡った空も映りましたけど、それまで我慢できるかどうか・・・
原作とのイメージの違いとか、監督の意図するところが観客に伝わらないとつらいのかもしれませんね。

>Ageha様
伊坂幸太郎氏も人気あるようですね〜
そっか、ポスターをでかでかと貼ってある本屋さんがAgeha様の働いているお店なのか・・・(笑)

金城武の写真集・・・男とすれば興味のないところなんですが、役者としてよりも写真さえあれば楽しめるといったところでしょうか。

富司純子の存在感はすごかったですね〜まぁ、金城くんが主役だとしても、ほとんどが脇役的ですもんね。やっぱり持っていかれたか・・・

>しんちゃん様
ウォークマンとか電話とか・・・2話目が始まるまで時間の差があるとは思わなかった(笑)
もうちょっとわかりやすいヒントがあってもよかったですよね。
CDショップなんて言葉も1985年にはなかったけど、あの店が逆効果だったのかな〜

>hanako様
なるほど・・・ほとんどが実行ですか〜
映画でもそれらしいことを言ってましたけど、確率でいえば見送りも多いのかと思ってしまいますよね。
首ふりばかりで、あまり考えてないような感じも受けましたから、悩む姿を見たかったです。

ロボットは唐突すぎ!
まぁ、これが近未来なんだと理解するためには良かったかもしれませんが、小学校がかなり古い雰囲気だったし・・・ギャグかと思った(笑)

>とらねこ様
“精度”なんて言葉をそのままタイトルにするものだから、どういう意味があるんだろ〜?って・・・
裁定するという判断力が一人の死神に握られているってところも運命なんでしょうけど、どうしてもメトロノームの精度のような気がしたのです(笑)

「二度目のワールドカップ」という言葉にはワクワクさせられました!なんだか細かなところまで見ないと楽しめない・・・遊び心を探る楽しみのある映画ってのもいいものですよね〜
富司純子 (swallow tail)
2008-04-05 19:25:42
kossyさん、こんにちは。
お久しぶりです。
桜も散ってしまいましたね〜

アンドロイドが普通に出てくるラストシーン。
超テクノロジーなのに、誰もが驚かずに普通に振舞う・・・
何でだろう!?と思っていたら2028年だったんですね。
ステレオとかそのほかは至って普通だったので気づきませんでした(苦笑)

富司純子、良かったですよね。
スワロとしては『犬神家〜』のイメージが強くて
あんなステキなおばあちゃんを演じていたのが意外でした。
アンドロイド (kossy)
2008-04-06 15:39:51
>swallow tail様
お久しぶりです。
実はこちらでは今日が桜満開の見頃だったりします。

アンドロイドという言葉が出てきて、すぐさま時代の流れを読んでほしいという意図をつかめました。多分、その目的だけで登場させたんでしょうね〜

今年は富司純子の当たり年なんでしょうか・・・かなり多そうですね〜先日見たTVM『眉山』でも頑張っていたし〜
ご無沙汰してます (hamutaro)
2008-04-08 19:09:11
久しぶりにオン・タイムで劇場で観ました
やれやれ。

>死神千葉の首振りのリズム精度
ぶあっはっは!
ほんと、どんだけリズム音痴か!と思いました。
もうちょっと考えて音を当ててほしかったですね(笑)、それとも、あれはあれでいいんでしょうか?

首振り (kossy)
2008-04-11 10:58:59
>hamutaro様
お久しぶりでございます。
千葉の首振りリズムに関しては、音楽は当然アフレコだろうし、頼るリズムがなかったんだと思いますよ。だけど、音楽を気にしないで見てみると妙に可愛く思えちゃって(笑)多分、それを狙ってたんだと思いますよ〜
ミュージック (Any)
2008-04-24 01:57:53
kossyさん、こんばんは♪
首振りのリズム精度〜(笑)
私もこれは気になりました。
レコード店で流れるBGMとは合っていないし、
ヘッドホンで聴いてる曲なナニナニ?って・・・
で、結局はジャンル何でもOKという節操のなさでしたが(笑)
でもまぁ、金城くんがチャーミングだったのでヨシとします^^
富司純子さんの背筋(首筋?)・・物凄くピンとしてましたね。
かっこいいお婆ちゃんだわぁ〜
首振り (kossy)
2008-04-24 20:35:08
>Any様
難しいと思うんですよ。首振り。
実際に音楽は聴いてないだろうし、アフレコで合わせるってのもはね〜
どんな音楽でもOKってのは幸せなことなんでしょうか、俺は結構何でもOKで〜す♪
富司純子はやっぱりいいですよね。あんなお婆さんだったらなぁ・・・
富司純子 (Aki)
2008-11-11 03:01:39
シャンと伸びた背筋、首筋、立ち姿が美しかった。
それぞれの演技は素敵なのですが、小西サンと、富司サンの共通点は首筋のみ。
顔立ち、口調、印象が違いすぎて、まるで別人。
小西サンが歌手で大成功し、年齢を重ねても、富司サンのような、『緋牡丹』系イナセな老婦人にはならないでしょう。
小西サンの話がメインなら、3話は別の女優サンの方がいいし、富司サンがメインなら、1話目は別の女優さんがいいと思いました。
特別ではないが大切な命。
喜び・悲しみ・命・想いの継承は命あってのこと。深い悲しみ・絶望の淵に立っても、止まない雨はない。
『素晴らしき哉人生』を連想しました。
女優 (kossy)
2008-11-12 01:42:23
>Aki様
たしかに全然似てない新旧女優・・・
まぁ、同一人物だろうと想像できる伏線がいっぱいだからいいんでしょうけど。
死神を扱ってるのに命の大切さを説くなんて、結構ストーリー作りは難しいと思うだけに、うまくまとまっていたと思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

30 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
「Sweet Rain 死神の精度」不幸に次ぐ不幸の人生も愛する人を想う気持ちが綴られた雨いつか晴れ (オールマイティにコメンテート)
「Sweet Rain 死神の精度」は死神がターゲットにする相手を1週間観察し、その生死を1週間で判定するストーリーである。死神は登場するものの、怖い死神ではなくごく普通の人間として表れ、人生の生き方について観て行く事でその心境が少しずつ変わっていく。
劇場鑑賞「SweetRain死神の精度」 (日々“是”精進!)
「SweetRain死神の精度」を鑑賞してきました売れっ子人気作家、伊坂幸太郎の同名ベストセラー小説を映画化した、死神を主人公にしたファンタジーであり、基本的には死神目線の人生スケッチ連作ドラマ。7日後に不慮の死を迎える予定の者を観察し生死を決める死神の目を通....
Sweet Rain 死神の精度 (せるふぉん☆こだわりの日記)
金城武主演、「Sweet Rain 死神の精度」を観てきました。 初日で2回目の
映画「Sweet Rain 死神の精度」を観ました!!(2008-08) (馬球1964)
映画「Sweet Rain 死神の精度」を観ました!!2008年の第8作目です
Sweet Rain 死神の精度 (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2008年3月22日 公開 死神だけど、ノートは使わないよ〜ん! 上手だねぇ〜♪ 小西真奈美チャン、歌が!!! はぁ〜ん、これはねぇ何と申しましょうか・・・ん〜っとねぇ 店主がこだわりのある美味いラーメンを出しそうな店構え...
天使の呪縛「死神の精度」 (凛大姐&小姐的極楽日記!)
先に書いておきますが、この映画はぶっちゃけ全く期待せずに行きました。 で、予想通りでした。 でも、別に映画が悪いわけでも、金城くんが悪いわけでもないです。 原作に思い入れが強い人の場合はダメかもしれません。 「Sweet Rain」というサブタイトルがついた時点...
Sweet Rain 死神の精度(2007) 113分 (極私的映画論+α)
 えるしっているかしにがみはみゅうじっくがすきだ (爆)
特別じゃないけど大切なもの。~「SweetRain 死神の精度」~ (ペパーミントの魔術師)
CDshopにこんなんがうじゃうじゃいるとしたら TSUTAYAみたいなとこには・・・ギャ~~~~!!! でもこんなカッコイイ死神なら 会ってみたいかもしんない。m(~ー~m)~ ミーハーな話ですが 22日の初回上映に間に合えば ポスターがもらえるというので いそいそ行っちゃい...
Sweet Rain  死神の精度 (蠍沢シネ吉の正直最近映画観てない)
 今日は金城武主演の「死神の精度」を見てきましたよ!  主人公は死神の男・金城武。  彼の仕事は”死ぬ予定”にある人間に接触し、最終的に死を”実行”するか”見送り”にするかを決定すること。  ある日、彼の仕事はカスタマーセンターで働く地味な女性・藤木一...
【Sweet Rain 死神の精度】 (日々のつぶやき)
監督:筧昌也 出演:金城武、小西真奈美、石田卓也、光石研、富司純子、吹越満 「死神の千葉は、担当する人間の不慮の死を『実行』か『見送り』かを判定する。彼は青空を見たことがない、彼が現われる時はいつも雨。 ある日の担当は、電器メーカーの苦情処理係の藤
Sweet Rain 死神の精度 (いい加減社長の映画日記)
「マイ・ブルーベリー・ナイツ」も、ノラ・ジョーンズのキュートさに、ちょっと気にはなったものの。 「死神」という言葉に魅かれて?、「Sweet Rain 死神の精度」を選択。 「UCとしまえん」は、いつものレイトショーよりは、人は多いかな? 「Sweet Rain 死神の精度」...
Sweet Rain 死神の精度 [監督:筧昌也] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
デモ版?
「 Sweet Rain  死神の精度 (2008) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【Sweet Rain 死神の精度】2008年3月22日(土)公開 監督 : 筧昌...
映画【Sweet Rain 死神の精度】 (Chateau de perle)
【Sweet Rain 死神の精度】 公式サイト 監督 筧昌也 出演 金城武、小西真奈美、富司純子、光石研、石田卓也、村上淳、奥田恵梨華、吹越満、他 死神の千葉の仕事は、 不慮の事故で亡くなる予定の人物の所に 7日前に現れ、 その人を1週間観察しその生死を判断す...
『Sweet Rain 死神の精度』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「Sweet Rain 死神の精度」□監督 筧 昌也□脚本 小林弘利 □原作 伊坂幸太郎(「死神の精度」文藝春秋社刊)□キャスト 金城 武、小西真奈美、富司純子、光石 研、石田卓也、村上 淳、奥田恵梨華、吹越 満 ■鑑賞日 3月23...
Sweet Rain 死神の精度(映画館) (ひるめし。)
雨男、しかも死神。
「Sweet Rain 死神の精度」 (大吉。)
<金曜日> 「「千葉」(金城武)は、不慮の死を遂げる人間の生死を判定する死神。彼が現れる時、必ず雨が降る。1人目のターゲットは27歳の苦情係のOL・藤木一恵(小西真奈美)。2人目は、40歳のヤクザ。3人目は、70歳の美容師。一見、バラバラに見える人...
Sweet Rain 死神の精度 (花ごよみ)
伊坂幸太郎の連作短編集の映画化。 主役の死神は金城武 。 小西真奈美 、富司純子 、 光石研 、石田卓也等が出演。 本は読んでいます。 でも、読んでからかなり経っているので おおまかな内容しか憶えていません。 映画を見て徐々に 記憶が甦ってきました。 死神...
【映画】Sweet Rain 死神の精度 (新!やさぐれ日記)
■動機 石田卓也の様子見に・・・ ■感想 なにやらうまーくまとめ過ぎてちょっと変? ■満足度 ★★★☆☆☆☆ あんまり ■あらすじ 死神の千葉(金城武)の仕事は、不慮の事故で亡くなる予定の人物のところに7日前に現れ、その人を1週間観察し、その生死を判断...
『Sweet Rain 死神の精度』 (『座敷牢からなんかニョロ〜っとトビ出したようなカンジの.......』)
(2008/日/筧昌也)    【期待度】★★★・・ 【満足度】☆☆☆・・    【ソフトバンクCMのお陰で黒犬トークは字幕に甘んじてしまうトコが辛い度】★★★★★   
Sweet Rain 死神の精度 (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
原作=伊坂幸太郎「死神の精度」。監督=筧昌也。脚本=筧昌也、小林弘利氏。柴主高秀。音楽=ゲイリー芦屋。主題歌=藤木一恵「Sunny Day」伊坂幸太郎の小説世界の魅力は、ほわ〜っとした捉えどころの無さと、さり気無く張りめぐらされた伏線の巧みさにある。☆☆☆★★...
51●Sweet Rain 死神の精度 (レザボアCATs)
『アヒルと鴨のコインロッカー』の原作者、伊坂幸太郎ということで、見たくなったこの作品。金城武の日本語が不得意な感じがとってもキュートなこの作品♪
Sweet Rain 死神の精度 (スワロが映画を見た)
製作年度:2007年 製作国:日本 上映時間:113分 監督:筧昌也 原作:伊崎幸太郎 脚本:筧昌也/小林弘利 出演:金城武/小西真奈美/光石研/...
「Sweet Rain 死神の精度」 (お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法)
(2007年・ワーナー/監督:筧 昌也) 一風変わった味わいのミステリー(とも言えないが)で評判の、伊坂幸太郎の同名ベストセラーの映画化。 原作は6編からなる連作短編で、死神が人間
Sweet Rain 死神の精度 (hamutaro's BLOG)
割引券をもらったのでチャリンコこいで劇場へ{/dododo/} 金城武、小西真奈美、富司純子 死神と 彼がふれあった時代を超えた3人をつなぐお話。 金城君は雨男の死神でした。あんまりうまくない日本語が かえって役柄に似合ってて、年を重ねても相変わらずハンサムです{/c...
●「Sweet Rain 死神の精度」 (月影の舞)
映画「Sweet Rain 死神の精度」を観る。 ややネタバレありの感想を書くので、 未見の人で、真っ白な気持ちで観る予定の人は、 ここから先は読まないでね。 三つの話が、少しずつつながってて、 一つの話となっている構成は好き。 でも、実は過去、...
「Sweet Rain 死神の精度」 演出の意図が見えすぎてもの足りない (はらやんの映画徒然草)
僕は雨男です。 仕事柄、年に何度か広告や商品の撮影があったりするのですが、必ずと
【Sweet Rain 死神の精度】 (+++ Candy Cinema +++)
監督・脚本/ 筧昌也    原作/ 伊坂幸太郎    製作年度/ 2008年    公開/ 2008年3月22日   上映時間/ 1時間53分   配給/ ワーナー・ブ...
Sweet Rain 死神の精度 <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
 3回目の鑑賞です...正確に言うと2.5回目の鑑賞な感じ(笑)詳しくは 初日舞台挨拶の日記へ  1回目  2回目伊坂幸太郎さんの原作が60万部突破の売上 内、一冊にワタクシも貢献武ちゃん らぶぅなワタクシですが、そんなワタクシでも 過去、リターナーを...
◆DVD・Sweet Rain 死神の精度 (映画大好き☆)
Sweet Rain 死神の精度監督:筧昌也出演者:金城武、 小西真奈美、 富司純子、 石田卓也収録時間:113分レンタル開始日:2008-08-27Story伊坂幸太郎の人気小説を金城武と小西真奈美の共演で描いたファンタジードラマ。人間を7日間観察し、生死の判定を下す役割を担った死...