ネタバレ映画館

帰って寝るだけのタクシードライバーになりました(汗)

エターナル・サンシャイン

2005-03-22 01:19:13 | 映画2005
 ケイト・ウィンスレットがクレメンタインという役名だと知って、観る前から書こうと決めていました。「雪よ♪岩よ♪われらが宿り~♪」と日本で歌われる「雪山賛歌」だ!と・・・し、しかし、劇中でこのネタを先に言われてしまった・・・でも彼女が言ったのは『珍犬ハックル』(1958)・・・はて?『荒野の決闘』(1946)じゃないの?

 映画を観ている間中、珍犬ハックルが頭から離れなくなりました。おかげでアレクサンダー・ポープの引用詩を聞き漏らした(見逃したです)じゃありませんか。それはさておき、この細かな伏線がいっぱい散りばめられた脚本はオスカー受賞するだけのことはありますよ。逆回転ムービーに関しては、『メメント』で経験済みだし、時系列があっちこっち行く映画も慣れてしまっているので、いかに素晴らしいエンディングを迎えるのか、いかに伏線を看破するかという観点で観てしまいました。

 冒頭からオープニングタイトルが現れるまでの長い出会いのエピソード。ここでは、クレメンタインのヘアカラー発言に注目です。多くはジム・キャリー演ずるジョエルの記憶という頭の中で語られるのですが、彼女の髪の色が変化しなかったら時間の概念がわからなくなるのです。そして車の傷やラクーナ社員の会話によって、冒頭のエピソードのヒントがかなり出てくるので、推理しながら観るとかなり楽しめます。

 人物設定も好きです。内向的で面白い会話ができないジム・キャリーなんて、アメリカ人っぽくなくて、どちらかというと日本人好みのキャラなのではないでしょうか。そして、『LOTR』の英雄イライジャ・ウッドがこんなキャラなんて・・・(笑)。そして、記憶や忘却というテーマが気に入ってます。人間は他の動物と違って、忘れることができるという能力を持ってるのですが、実際に忘れることは楽しい記憶までも奪われてしまう。最近では、アルツハイマーなどのテーマの映画も多いのですが、どんどんいい映画が作られるといいですね。タンジェリンという名前のことが気になってたのですが・・・・もう忘れました・・・

 余談になりますが、ラクーナ社は実在するようです。

★★★★・
エターナル・サンシャイン@映画生活
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (55)   トラックバック (129)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブリジット・ジョーンズの日... | トップ | いぬのえいが »
最近の画像もっと見る

55 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私も好きです (goo)
2005-03-22 13:28:31
私も好きです、この作品!ストーリーも好きだし、話の組み立て方も好きです。メメントはよくわからなくなってしまったのですが、今回は、髪の色がポイントになっていてわかりました♪楽しめました。
日本訳では (bakabros)
2005-03-22 15:17:30
確か「クレメンタンジェリン」セリフでは「クレメンタインタンジェリン」と言っていたような。幸せな記憶の美しいシーンでしたね。あの髪の色まで憎むようになると思うと切ないけれど、本当は愛しているからこそ、憎たらしく感じる時があるのですよね。
クレメンタイン (kossy)
2005-03-22 16:42:29
>goo様

髪の色に関する伏線がまだどこかに隠されているような気がしてきました。何だろう・・・記憶から消えてしまってます。



>bakabros様

そうか・・・名前ではなく色だったのですね。

そのときってオレンジ色だったのでしょうか?

あ・・・この辺りのストーリーをすっかり忘れています。

Unknown (kazupon)
2005-03-22 18:33:34
TBありがとうございます。

この作品大好きになりました。



ネタバレありですが、

kossyさんが冒頭に書いているネタ、映画ではとても

重要なキーになってましたよね。僕は最初に観た時

は、ジム・キャリーが「はあ?」って顔するので

マジでこれ知らないのかー確かに変な男の設定だなあ

って思ったんですが、ラスト近くの為の伏線だったことがあとで判ってヤラレました。あのお医者って

そういう誰も知ってるようなことまで、関連していると○○してしまうんですねえ。^^

これ以外にもいろんな隠し伏線がありそうで、

も一度観ようと思うんですが、劇場が少なくて

困ってます(笑)
オレンジ色に染めた後 (bakabros)
2005-03-22 19:28:18
という設定かな? タンジェリンは北米産のみかんで、クリスマスシーズンの伝統的な果物だそうです。

私は冒頭&ラストのベッドで目覚めた直後のジョエルの不思議なしぐさが3回見ても?だったのですが、4回目ではたと気づきました。大した事ではないけど、こういうの嬉しいですよね!
TBありがとうございました (多感な奴@CINEMA IN/OUT)
2005-03-22 19:58:48
ラクーナ社のHP見てみましたけど、

ネタとしてちゃんと作ってあって

思わず笑ってしまいました。

伏線 (kossy)
2005-03-22 20:03:16
>kazupon様

う~~む、隠し伏線があるとなったら、マニアックな俺としては黙ってられない・・・また見なきゃ。

「名前で遊ばないでね」ということが重要に思えてきました。

もしかして、他にも名前で遊んでる箇所があるかもしれません・・・他の登場人物にも遊び心が隠されてるのかもしれないですね。



>bakabros様

ひえ~~もう4回も観たのですか?!

ベッドで目覚めたシーン・・・どんなのでしたっけ?(汗)



>多感な奴@CINEMA IN/OUT様

ラクーナ社。

ほんとにすごいです。

映画と連携してここまで遊ぶとは・・・

まだ詳しく見てなかったりします・・・反省。
ラクーナ社 (カヌ)
2005-03-22 20:53:16
実在してました(^^;

こういうちょっとした遊び心がいいですね。私ももう一度は見たいんだけど、新作優先しちゃうだろうな…

登録依頼です! (ブログ検索&ランキングBLOGGER!)
2005-03-22 22:47:12
始めまして、当サイトはブログ検索&ランキングBLOGGER!を運営しております。

 http://blogger.bz/



この度、勝手ながら貴サイトネタバレ映画館を私どものランキングで

Pick Upサイトとして紹介させて頂きました。



是非当サイトに登録していただけたら、大変光栄に思います。

こちらから簡単に登録出来ますので、是非ご検討ください。



 http://blogger.bz/accounts.cgi



どうぞよろしくお願いいたします。

TBありがとうございました! (koritaly)
2005-03-22 23:55:53
kossyさん、こんばんは。



なかなか興味深い映画でしたよね。でも、疑問に思われたタンジェリン(オレンジのこと)とか、すっごく当たり前に受け止めていたので意外と謎も無く見ていた私です。



でも、ジョエルが目覚めたシーンに何が隠されてるか・・解らないので気になりますね。色んな伏線、解った気でいても気付いていないかもなので、そのうちDVDででもじっくり見ます。
TBありがとうございました。 (rabbitpole)
2005-03-23 02:26:04
kossyさんが書いてらっしゃるとおり、

今回のキャラクター設定とキャストの組み合わせ、

おもしろかったですよね。

個人的にはイライジャ・ウッドが1番おもしろかったです。



こちらからもTB送らせていただきました。



エターナル・サンシャイン (とりうち)
2005-03-23 02:59:17
いやぁ~この歌のもとネタは知りませんでした(^-^;;

でもいい作品でした、僕は大好きな部類に入りますね
ラクーナ (kossy)
2005-03-23 09:57:40
>カヌ様

遊び心、上手いですよね~

HPだから安上がりだし(笑)

今後、どこかが真似しそうですね~

俺も新作優先です・・・



>ブログ検索&ランキングBLOGGER!さま

登録させていただきました!



>kaoritaly様

単純に俺の勘違いのようです・・・(汗)

てっきり名前とか愛称のことかと思ってました。

だけど、これだけ髪の色が伏線になってるんだから、

やはりこれですね。



目覚めたシーン・・・気になりだしてます。



>rabbitpole様

イライジャ・ウッドは良かったですね~

そんなもん盗むな!

と叫びたくなっちゃいました(笑)



>とりうち様

カウフマンの作品ですから、歌のネタ以外にも

楽しめる台詞が満載・・・俺は気づいてないけど(笑)

失恋を思い出してしまうかもしれないけど、

嫌な経験だけは消したいかも・・・
Unknown (zattchi)
2005-03-24 02:58:03
TBありがとうございました

他の映画でもお世話になっています。



この映画は本当に張り巡らされた伏線がどんどんつながっていって、そしてどんな結末がって・・・こういう味がある映画ってイイですね。もう一回みたいなぁっておもっています。



しかしkossyさんすごい!

日経01やBLOGGER!からコメントが入っている・・・

びつくりです!
伏線 (kossy)
2005-03-24 09:36:45
>zattchiさま

名前と髪の色から色んな伏線が波状的に広がっていっているような気がします。

青い廃墟とか、緑の革命とか、言葉自体に意味がありそうなんですけど・・・そこまで凝っていないのかなぁ。



コメント・・・ビックリしてるのは俺の方が上?(笑)

映画配給会社の方からのコメントも一度ありましたが、心臓に悪いです・・・
この映画・・・ (しんちゃん)
2005-03-24 13:04:07
睡眠不足や体調不良・・・そういう状況では付いていけませんね(笑)

私っすか? ちょっと寝ちゃった(爆)
エンドロールで (chishi)
2005-03-24 23:01:52
涙がこぼれました・・・初めての経験です(笑)

記憶って、脳じゃなくて細胞がするんだって科学雑誌で以前読んだことがあって、

だから彼らは脳の中のお互いの記憶が無いのにこうやって海辺で出会うんだーって、映画を観ながら1人でブツブツ納得してました。

話は変わりますが珍犬ハックルのこと、私はまーったく知らなかったからkossyさんに聞いてみようって思ってたんですよー(笑)
記憶 (kossy)
2005-03-25 00:56:36
>しんちゃん様

眠くならないコツは、伏線を必死で探すこと!

何か考えてればいいんですよね。

多分・・・



>chishi様

他の映画で泣いたことなかったのですか??

『いぬのえいが』も見てください!

思いっきり泣けますから・・・多分。

珍犬ハックルはですね・・・見たことないのでわかりません(生まれてないし)。名犬ラッシーでさえおぼろげなんですから・・・

『荒野の決闘』のほうがオススメです。

ううん よく泣く(爆) (chishi)
2005-03-25 11:38:04
劇中ではよく泣きますー泣き虫だし。

ただ今回はエンドロールで涙が出ちゃったんです。

そんなこと初めて!



犬の映画はねー泣かされそうだなーって思ってて

どうしようか迷ってるところです(汗)
じんわり (arudenteな米)
2005-03-25 11:53:51
ゆっくり染みてきますね この映画。

再び観ました;; (kazupon)
2005-03-26 11:52:22
あまり気にいったので、また観にいってしまいました。で、米版DVDまで買ってしまいました(バカ)

ちょっと細部の気づいた所を書いたネタバレトピックスを書いたので、またTB貼らせていただきますー

いやー深いです。この映画は観ればみるほど。。。
Unknown (kossy)
2005-03-26 13:11:16
>chishi様

エンドロールで泣いたら、電気がつく頃までにかわきませんよね・・・

途中で想像してしまうことで、泣いてしまったもんで、ラストはそれほどではありませんでした。



>arudenteな米さま

家に帰ってからでもジワジワきます。

頭の中でストーリーを組み立てなおすと、かなりきました。



>kazupon様

読ませていただきました!

かなりすごい指摘です。

「nice」かぁ・・・気付かなかったなぁ。

ケンカの原因を探ればわかりやすくなるのかもしれませんね。。。
何度も観たい。 (とかげ)
2005-03-28 16:27:26
TBありがとうございました☆

返させていただきました。

何度も観たいです!

一度観たくらいじゃとてもとても。

わたしは、キルスティン・ダンストに惹かれました。
記憶 (kossy)
2005-03-28 17:02:22
>とかげ様

最近記憶喪失に関するテーマの映画が多いです。

そんな映画はすぐ忘れてしまう俺です・・・

やはり何度も観たくなるのです・・・・ううう
TB &コメントありがとうございます! (映画 *日和)
2005-03-29 00:15:25
今回のジム・キャリーは、おっしゃる通り

日本人に近い感じがしますね。



ケイト・ウィンスレットの役どころとの

正反対なギャップがおもしろいですね。
よかった。 (kossy)
2005-03-29 00:31:09
>映画*日和さま

賛同していただきありがとうございます。

役者ってのは色んな役をこなして成長しますもんね。

ジム・キャリーには1本おきにシリアスな役を演じてほしいものです・・・やっぱコメディも見たいし・・・
キュートな映画! (ダナ)
2005-04-01 13:35:59
またまたこんにちは。

実は今年になって映画仲間が消えまして語り合えないので人様のとこに勝手にお邪魔させてもらってます。

この映画はこの前友人宅のビデオで見たんですが良いですよね。

邦題は随分短くなって覚えやすくなってますけど原題は覚えにくい長ったらしい名前が良いってことでつけられたそうですよ。そういう変な所もカウフマンっぽくて好きですが。

どうでも良いこともう一つ。

タンジェリンってカナダじゃ日本のミカンのことでしたよ。バンクーバーだとクリスマスの時期に日本から輸入する高級な贈り物でした。
映画仲間 (kossy)
2005-04-01 20:44:10
>ダナ様

俺も映画仲間が周りにいません・・・

そのためにブログではじけてるのかもしれません(笑)

原題はそういう背景があったのですかぁ・・・知りませんでした。

ミカンのことですか。。。

やっぱり単なる色を言ってただけのようですね・・・訳し方が紛らわしかったです・・・名前がどうこう言ってたし・・・
逆回転面白かったーー (rika)
2005-04-02 21:54:01
面白かったーーなかなかビターばところも

あっていいですねーーー。

気に入りました。(^^)
メメント? (kossy)
2005-04-03 01:32:12
>rika様

メメントもお好きなんですか?

あの映画は時系列を直すと全く面白くないと評判ですけど、このエターナル・サンシャインも時系列通りにするとどう感想が変わるんだろ・・・
TBありがとうございます (月下くるる)
2005-04-03 11:02:58
脚本に感心してしまいました。ラクーナ社が本当にあったなんて・・・。私もTBさせてください。
メメント (りか)
2005-04-03 12:07:51
時系列もとにもどすと少しだけつまらなくなるかな~?

メメントは、期待するほどスゴクはなかったですが

斬新だと思いますけどーー

(私はかえって人間の苦悩とか

深さがあるってことでマシニストの方が好き)
ラクーナ社 (kossy)
2005-04-03 16:04:10
>月下くるる様

面白いですよね~このHPの存在。

こうやって映画が終わっても楽しめるってのはいいですね。



>りか様

マシニストと比較したら・・・

点数的には同じになりましたが、

ジャンルが違うから甲乙つけがたいです。

世間の評価はエターナル・サンシャインが上ですね・・・
kossy様、ブログが思うように動きません~~ (rika)
2005-04-03 23:28:33
なんかメチャクチャになってきたので

kossyさん読んだら、一度消して下さいーー

自分で削除できないって失敗すると目も

あてられませんねーー(T_T)
勘違いだ~(汗) (kossy)
2005-04-04 00:07:41
すみませんでした・・・

一つの勘違いが大騒動を起こしてしまったようで・・・

おかしいな~と思いつつ、

それでも何とか比較しようと努力してしまいました(笑)



自分で削除できないってのもね~~
またまた参上 (コパ)
2005-04-06 19:32:18
ラクーナ社!!記憶を消そうと真剣にクリックしたのは私だけじゃないはず!!(焦)



本編の方も面白かったんですけど、個人的にはキルステン・ダンストのエピソードにジーンと来ました;;



事実を知った時の彼女の顔が今でも眼に浮かびます

スパイダーマンよりこういうキャラの彼女の方が好きだなぁ。。
自分で削除できないのはかなり困り者です。 (rika)
2005-04-07 02:46:31
あーーそれで何度失敗したかーー

それとgooのブロ本当に少し調子悪いですね

TBとか、コメントとかの反映がおそくって

できなかったのかと思ってダブルになってしまったり

困ってますーーー。



映画「コンスタンティン」見ました。

今回はブログの方も長くなってしまって

ネタバレ無しとありをわけました。

キルステン (kossy)
2005-04-07 08:55:28
>コバ様

このHPの存在自体が面白いですよね~

でも記憶を消すだなんてもったいない・・・

映画のように楽しい記憶だって消されちゃうんですから(笑)

嫌な記憶を選択的に消したいものですよね。



>rika様

コンスタンティン!

早いですなぁ~

長くなってしまうってことは、謎が多いということですね。

心して観なきゃ・・・
トラックバックありがとうございます (takato)
2005-04-07 13:30:39
トラックバックどうもありがとうございました。



今回のジムキャリー確かに、いままであまりない役でしたし、

日本人チックですよね。意外な一面を見れました。
やっとTBできました・・・ (ツボヤキ)
2005-04-18 03:27:42
こんばんは!

何回TBしたんだろー(苦笑)

ま、こんなに賑わっているのでいいかな~って思いながらもTBしていただいているので、エイヤっと・・・あはは、反応なしが続いたですが、アメブロなんとか不具合緩和中のようです。

どうも遅くなって失礼いたしました!
TB (kossy)
2005-04-18 09:01:57
>ツボヤキ様

最近、gooが調子悪いみたいですね。

アメブロもそんな感じですか?

夜10時から2時くらいまでずっとなので、

3時頃まで起きてることが多くなりました(笑)

おかげで寝不足・・・

日中、暇を見つけてはこうやって書き込むのがベストかもしれませんね。
今更ながら... (「あ」嬢)
2005-06-02 14:05:02
こんばんわ、kossyさん♪

遅れ馳せながらようやく観ることができましたので

TBさせて頂きますね。この映画、ものすごく好きです。

目下コレクターズ・エディションを購入すべきか思案中。

なんだか、また恋がしたくなりました(笑)。
過去を (kossy)
2005-06-02 16:06:20
>「あ」嬢様

今、夜ですか?

どうぞ日本に帰ってくるときには、過去の記憶を消し去って、また一から恋を始めようではないですか!

コレクターズ・エディションかぁ・・・どんな特典が付くんでしょう。

4種類のヘアピースが付いてきたら「買い」だな!
イライジャウッドと・・・。 (Ageha)
2005-06-03 12:15:20
「電車男」どっちがアブナイですか?(笑)

役者さんはヒットした映画のイメージに縛られます。

ケイトウインスレッドもあたしは「タイタニック」しか知らないので、このイメチェンは衝撃的でした。

地味なジムキャリーがスキかキライかでも

評価は分かれるかもしれませんがこういう、器用な人はいろんな映画に出られるんですが、

・・それにしてもフロドどーしたのよって(笑)

「ディープインパクト」でも好青年でしたからね。

・・・冒険ですかの?マルガリーマンでパンツ盗んじゃう、恋愛ベタな役とはまた・・・・。
依頼じゃ (kossy)
2005-06-03 12:45:34
>Ageha様

電車男って・・・

もしハリウッドリメイクされるのならイライジャ・ウッドがぴったり・・・て(笑)

フロドだって、指輪のせいでおかしくなるシーンがあったし、マニアックな役は似合ってるのかも。

ジム・キャリーとしては珍しい役でした。

なんでもこなすマルチ俳優になってもらいたいですね。

TBさせていただきました (りお)
2005-10-16 16:10:52
はじめまして~。TBさせていただきました。

ラクーナ社のHPがあったなんて知りませんでした。結構凝っていてて面白いですね(笑)
まだ存在してる (kossy)
2005-10-16 19:19:47
>りお様

ありがとうございます。

まだ残ってたのですね・・・ラクーナ社HP

結構危険なバナーもありそうなので、

深くは見ていなかったのですが、

そうですか・・・まだ・・・(笑)

テレビで放映される頃までは続きそうかも。
TBさせていただきました (cherry)
2005-10-29 12:33:45
最初のシーンはこういうことだったのか!とやっと謎が解けたって感じでした

こういう映画で最後まで観て良かったな~と思えます♪
遅れなせながら。 (eri)
2005-10-29 12:37:37
kossyさま>こんにちは^^

TBさせていただきました。

やっとみました。ケイト・ウィンスレット好きなので、気になっていたのですが、彼女はよかったですね。

逆回転ムービー、いつも2回は見ないと細かい部分は理解に苦しみますが、こちら1回でもういいかも(笑)

感情移入できなかったのは、残念でした。

メアリー(キルスティン・ダンスト)と博士の不倫唖然シーンが一番盛り上がった私でした。
逆回転 (kossy)
2005-10-29 13:06:33
>cherry様

初っ端の電車の中のシーンから意味深でしたもんね~

髪の色にこだわったりするところも最後に氷解いたしました。いい脚本でした。



>eri様

こんにちは

観る前から逆回転ムービーだぞ!ってわかっていても楽しめるんだから、すごいですよね~

『メメント』なんて事前情報を知らずに観たもんだから、かなり苦労しましたけど、このくらいの映画なら丁度いいんじゃないでしょうか。

たしかに感情移入はしにくいかも・・・ジム・キャリーになら大丈夫かなぁ・・・

Unknown (saya)
2005-11-27 21:06:58
はじめまして。

いい映画でしたね。

これまで記憶ものとか時系列入れ替えもの(「メメント」とか「21g」とか)って殺伐とした印象があったのですが、これは最後に心がほんわかする作品でした。

TBさせていただきました!
今年は (kossy)
2005-11-28 01:12:48
>saya様

みなさん仰ってますが、今年は記憶に関する映画が非常に多いです。なんだかうれしくなってきます。

俺が記憶力弱いからでしょうか、結果的にいい映画だなぁ~と感じれば、それで幸せです。映画ファンやっててよかった~と思える一時です。

Unknown (ペッタンコ)
2006-04-28 01:51:01
イライジャ・ウッドのキャラは凄かったですね。

ロードとかの英雄っぷりをあっさり捨てたダメっぷり。



この映画はホント好きです。もう大好き。

感動したと言ってしまうにはあまりにも切ないラストですが。

「花とアリス」は実はまだ見てません。

今ハチミツとクローバーという映画を担当してるんですが

主演の蒼井優ちゃんとかそれまで全然知りませんでした。

すごく雰囲気のある女優さんなんですね。

岩井さんの映画はなかなか観る機会がないのですが

オムニバス映画の「ジャムフィルムズ」って見ました?

あれの中に入ってる「アリタ」という短編結構好きでした。
記憶もの (kossy)
2006-04-28 12:25:54
>ペッタンコ様

イライジャ・ウッドも大人になったもんだ(笑)

LOTRを観てから、彼の子役時代の映画を見ると、とても可愛く思えるんですよね~



この映画って、男の軟弱さとか性格的に問題があるため評価はイマイチでしたが、記憶の逆回転なんてすごい発想でした。

今後の記憶物映画も時系列をいじって面白くしないと満足できなくなってしまいそう・・・



JamFilmsは観ました!

俺も「アリタ」が1番でしたよ~♪
awesum (Hostel granada)
2011-06-08 16:34:32
I can see that you have an expertise on this topic, I would very much like to hear more from you on this subject – I’ve bookmarked this and will return soon more about it, thank you.

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

129 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
映画「エターナル・サンシャイン」 (solaのえそらごと)
別れた恋人クレメンタインが自分との思い出を消す記憶除去手術を受けたことを知り、 自分もその手術を試すが…。 『マルコヴィッチの穴』でその目新しさで注目を集めた脚本家、チャーリー・カウフマンの最新作。 期待どうりのすばらしい作品で、独特の雰囲気が大好きです
エターナル・サンシャイン (のんびりぐ~)
作品:エターナル・サンシャイン 監督:ミシェル・ゴンドリー 主演:ジム・キャリー、ケイト・ウィンスレット、イライジャ・ウッド、 公開:2004年 アメリカ 映画館 エターナル・サンシャイン ”さよなら”の代わりに記憶を消した。 恋の痛みを知る、すべての人へ。6
エターナルサンシャイン (「 私 」 製作中。)
先週末公開の「エターナルサンシャイン」を彼と見ました。 ストーリーは奥手な彼と、衝動的な彼女の話。 衝動的な彼女は、彼と喧嘩をしてしまい衝動的に「特定の記憶を消す」という会社に行き彼の記憶を消す。 ソレを知った彼も彼女の記憶を消そうとするのですが・・・・ 途
もう恋はしたくない「エターナル・サンシャイン」 (試写会帰りに。)
観る前からドキドキしていた。これが映画に恋する事の出来る作品になるような予感がして。 始まる前からこんなにドキドキする事はいつだったか。ビッグ・フィッシュ以来? 観終わって、やはり、私が観たいと思っていた映像が、それ以上の映像を、思っていた以上のせつなさと
エターナル・サンシャイン (Cat Tail * cinema)
脚本:チャーリー・カウフマン 監督:ミシェル・ゴンドリー 出演:ジム・キャリー、ケイト・ウィンスレット、キルスティン・ダンスト マール・ラファロ、イライジャ・ウッド、トム・ウィルキンソン 他 公式HP 2004年*アメリカ*107分 レビュー バレンタインデ
別れるを決意するのは、この作品を観てからに… (人生はお伽話もしくは映画のよう)
「エターナル・サンシャイン」 言い出したら始めたらキリがないのが、付き合ってる人or配偶者の\'悪いところ・いやな想い出\'。人の話は聞かないわ、ジコチュウだわ、金
キャッチコピーは【\"さよなら\"の代わりに、記憶を消したー】 (ともやの映画万歳!)
本日届いた試写状は、ミシェル・ゴンドリー監督のラブ・ストーリー「エターナル・サンシャイン」。 ラブ・ストーリーは苦手なともやだけど、脚本が「マルコヴィッチの穴」や「アダプテーション」のチャーリー・カウフマンと来れば、普通のラブ・ストーリーであるわけもなく
エターナル・サンシャイン (ともやの映画万歳!)
(原題:ETERNAL SUNSHINE OF THE SPOTLESS MIND) 【2004年・アメリカ】試写会で鑑賞(ともや評価:★★★☆☆) 「マルコヴィッチの穴」「アダプテーション」「コンフェッション」の脚本を手掛けたチャーリー・カウフマンの最新作。 彼には珍しい恋愛(本当は記憶だけ
エターナル・サンシャイン (3畳の全世界見聞録)
 先週末は彼女が泊まりに来ていたので、彼女のお気に入りでもある「エターナル・サンシャイン」を一緒に見に行きました。  話は奥手で内向的なジム・キャリーと頻繁に髪の色を変える少々エキセントリックな女性、「タイタニック」のケイト・ウィンスレット。  大まかにい
エターナル・サンシャイン (映画を観たよ)
試写会行ってきました。 試験終わって一発目の映画です。 アメリカでは評判いいみたいでしたね~。 アカデミー賞も獲っちゃいましたね。 この映画私はかなり好きです!!今、今年1番かも!! もう\"恋\"と\"切なさ\"が溢れんばかりでした。 何て言うか・・・脚本はぶっ飛ん
エターナル・サンシャイン (It\'s a Wonderful Life)
いやあ、とても愛おしい!という表現がぴったりの映画でした。 個人的には大満足。冒頭の仕事をブッチしてフラリと海へ出かけるシーン からセンス抜群!って感じで、「あ、これは絶対気に入る映画だな」 と思った通りの自分好みの作品でした。 映画を観ていて誰...
エターナル・サンシャイン (CINEMA IN/OUT)
Eternal Sunshine of the Spotless Mind ミシェル・ゴンドリー監督作品(2004年・米) 脚本: チャーリー・カウフマン 出演: ジム・キャリー、ケイト・ウィンスレット、キルスティン・ダンスト、マーク・ラファロ、イライジャ・ウッド、トム・ウィルキンソン 他
エターナル・サンシャイン (CLII -映画のような恋をして-)
恋の痛みを知る すべての人へ 2005年 3月 19日公開 アメリカ ジャンル ラブストーリー 監督 ミッシェル・ゴンドリー 製作総指揮 チャーリー・カウフマン 脚本 チャーリー・カウフマン キャスト ジム・キャリー、ケイト・ウィンスレット、キルスティ
「エターナル・サンシャイン」 (the borderland)
バレンタイン前に別れてしまったジョエル(ジム・キャリー)とクレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)。仲直りをしようとジョエルはバレンタインのプレゼントを持って彼女に会いに行くが、まるで知らない人にあったような態度をされ、しかも新しい彼氏までできていた。実
「エターナル・サンシャイン」 (るるる的雑記帳)
「エターナル・サンシャイン」を観ました(本家・fab*funにもup、レビューは毎度微妙に中身が違います)。 あぁ、久しぶりに胸が一杯で何から書いていいのかわからない映画です(ので追記するかもしれません)。 チャーリー・カウフマンにミシェル・ゴンドリーと聞くと
「エターナル・サンシャイン」 (MoonDreamWorks)
 監督 : シェル・ゴンドリー 主演 : ジム・キャリー / ケイト・ウィンスレット /      キルスティン・ダンスト / イライジャ・ウッド / 公式HP http://www.eternalsunshine.jp/ 新旧の大作に主演しているアクターが主役&脇を固める豪華なキャステ...
「 エターナル・サンシャイン」二度目の鑑賞 (MoonDreamWorks)
監督 :ミシェル・ゴンドリー主演 : ジム・キャリー / ケイト・ウィンスレット /      /キルスティン・ダンスト/イライジャ・ウッド /公式HP:http://www.eternalsunshine.jp/ 二度目の鑑賞のこの作品は、前回観た時には気がつかなかった点がよくわかってよ...
試写会「エターナル★サンシャイン」 (こまったちゃんのきまぐれ感想記)
試写会「エターナル★サンシャイン」開映18:30@よみうりホール 「エターナル★サンシャイン」2004年 アメリカ 配給=ギャガ・ヒューマックス 脚本=チャーリー・カウフマン、監督=ミシェル・ゴンドリー 出演=ジム・キャリー、ケイト・ウィンスレット、キルステ
『エターナル・サンシャイン』 (ラムの大通り)
------今日は楽しみにしていた『エターナル・サンシャイン』だね。 「そう。チャーリー・カウフマンと、 このしっとりラブのビジュアルの組み合わせが意外でね」 -------結果、どうだったの? 「やはり一筋縄ではいかなかったね。 別れた恋人クレメンタインが自分に関する記
『エターナル・サンシャイン』 (京の昼寝~♪)
 “さよなら”の代わりに記憶を消した  失恋の記憶を消したいと思ったことはありませんか?  恋が終わった後の、あの胸の痛み。  悲しみと孤独を抱えながら傷が癒えるのをじっと待つよりも、  いっそのこと相手と過ごした日々の記憶を全部消してしまえたら…。  でも
エターナル・サンシャイン (エンタメ!ブレイク?)
誰かを愛し、たとえ傷ついても、 その瞬間を生きた証が、「記憶」という人生なのだろ
エターナル・サンシャイン★★★★+珠玉のラブストーリー (kaoritalyたる所以)
ちょっと胸がキュっというより苦しく、切なくなる素敵なラブストーリー・・。自分にもこういう感情があって、きっとこんな風に相手を嫌に思うことがあってもやっぱり好きなんだな・・と身近に感じたラブストーリーでジム・キャリーとケイト・ウィンスレットが好演!特にジ...
移転のお知らせ。 (? Like That)
ブログ「I Like That」の移転が終了しました。アドレスは以下の通りです。→http://likethat.blog6.fc2.com/よろしければ、リスト,リンクなどの張り替えをお願いします。トラックバックでの報告になってしまい、申し訳ございませんでした。今後もよろしくお願いします。...
3月8日(火) 今日の出来事(番外編) (映画の胃袋 Живот киноего)
ある試写に30分前に行ったのにも関わらず満席で入れず…実はこれで既に2度目(涙)。どこかで時間を潰して、3時半から別な試写を観ることにする。 ところで、最近宣伝が目立つようになってきた『エターナル・サンシャイン』。私は完成披露試写で観たので3ヶ月近く前になるが
12月9日(木) 『エターナル・サンシャイン』完成披露試写 (映画の胃袋 Живот киноего)
★★★ 『ヒューマン・ネイチュア』のコンビ、ミシェル・ゴンドリー(監督)とチャーリー・カウフマン(脚本)が再び組んだ。しかも、ジム・キャリーとケイト・ウィンスレット主演のラブストーリー!!アカデミー賞最有力だと騒ぎになっている。カウフマンは『マルコヴィッチの
エターナル・サンシャイン (映画メモbox)
Eternal Sunshine of the Spotless Mind 2004年 アメリカ 監督 ミシェル・ゴンドリー 脚本 チャーリー・カウフマン 原案 ミシェル・ゴンドリー/チャーリー・カウフマン/ピエール・ビスマス 撮影 エレン・クラス 美術 ダン・リー 編集 ヴァルディス・オスカードゥ
期待ハズレ? (どくいちご)
■エターナル・サンシャイン■ わたくちが観たいて言いだしますたのよぬ。 なんとなくおもちろそうな気がしたので、 けっこう期待してしまったんでつけど、 退屈すぎて途中で寝てしまいますたわよ。 ふごー。 王子はつまんなさすぎて閉口てカンジですたわぬ。...
辛くて消したかったあなただけど、それでも愛しています 『エターナル・サンシャイン』 (鳥打さん家の美味しい日記)
岡山でも最新で、全国でもけっこう最新映画の話し 今日は仕事帰りに『エターナル・サンシャイン』を見てきました 岡山では昔からある映画館の千日前と言う劇場なんですけど、どれくらい古いか と言うと僕が中一のときにETを見に行った時にはすでに古かった記憶があり
エターナル・サンシャイン (お気に入りの台詞はあった?) (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
お気に入りの台詞はあった? 私としては・・・ 「忘却はよりよき前進を生む」 引用だけど 「この記憶ももうすぐ消えるわ。どうする?」 「楽しもう」 とてもお気に入りのショット。めずらしく画像を付けてみた。私のヘボいネット環境では重くなるのであんまやりたくないのだ
「エターナル・サンシャイン」を見ました (映画日記★diary★Blog版)
「エターナルサンシャイン」ジム・キャリーと、ケイト・ウィンスレット。パーティーが嫌いな奥手な男性を、ジム・キャリーが、さりげなく演じています。ケイト・ウィンスレットは、もう、「タイタニック女優」は、完璧に卒業しており、一人のケイト・ウィンスレットとして、
エターナル・サンシャイン / ジム・キャリー (シネマ パラダイス♪)
「NEW POLICE STORY-香港国際警察-」より、先に見ていたのですが、感想書くの忘れてました。。。( ̄∇ ̄;)ん。。思い出し、思い出し、書いてみます。この映画に関しては、なんの予備知識もなく見ました。広告もあらすじもなにも読まずに。。途中まで、よくわからず、頭がこん
「エターナル・サンシャイン」試写会 (ミチミチ)
>「エターナル・サンシャイン」 脚本 チャリー・カウフマン(マルコヴィッチの穴) 監督 ミシェル・ゴンドリー(ヒューマンネイチュア) CAST ジム・キャリー/ケイト・ウィンスレット エターナル・サンシャイン試写会行ってきました。 さすがアカデミー賞脚本
エターナル・サンシャイン (WATAK)
今公開中してる『エターナル・サンシャイン』スゴい映画だから絶対観たほうがいいですよ。TVでやってるナヨい予告編に騙されてはいけない!少しでもあらすじ書くとネタバレするので詳しくは書きませんが、1.ストーリーの精巧さがスゴい。2.K・ウィンズレットがイカす(今
エターナルサンシャイン (∞最前線通信)
 3月19日から日本で公開されているアカデミー賞最優秀脚本賞受賞作品。  主人公(ジム・キャリー)は、失恋により「愛する人との記憶」を消すために「記憶を削除する会社」に手術を依頼します。そして消えていく記憶の中。「主人公の記憶」と「記憶を扱う会社」とを
エターナルサンシャイン (∞最前線通信)
 3月19日から日本で公開されているアカデミー賞最優秀脚本賞受賞作品。  主人公(ジム・キャリー)は、失恋により「愛する人との記憶」を消すために「記憶を削除する会社」に手術を依頼します。そして消えていく記憶の中。「主人公の記憶」と「記憶を扱う会社」とを
エターナル・サンシャイン (2004) 107分 (極私的映画論+α)
 バレンタインデーを目前にしたある日、ジョエルは不思議な手紙を受け取った。そこには、最近ケンカ別れしてしまった恋人クレメンタインについてこう書かれていた。“クレメンタインはジョエルの記憶を全て消し去りました。今後、彼女の過去について絶対触れないようにお願
試写会:『エターナル・サンシャイン』 (STAGE and MOVIE)
2/28試写会で『エターナル・サンシャイン』を見てきました。 設定そのものは少し突飛かなと思いましたが、俳優陣からの評判がいいらしく、とても注目・期待していた作品。 ■ 『エターナル・サンシャイン』 公式HP http://www.eternalsunshine.jp/ 【ストーリー】
「エターナル・サンシャイン」 この女、好かんわ! (『パパ、だ~いスキ』と言われたコトを忘れない日記)
チャーリー・カウフマンとは、気があわんわ! 「マルコヴィッチの穴」「ヒューマンネイチュア」「アダプテーション」「コンフェッション」それなりに高評価を受け、毎回、気をそそられてきたけど、ぜ~んぶ私的にもうひとつ。 今回の「エターナル・サンシャイン」、アカデ
映画『エターナル・サンシャイン』貴方は何点? (本と映画と音楽と・・・お酒が好き)
この映画、10点満点なら貴方は何点と評価しますか?ご協力お願いします(^^) ※自分が観に出かけて・・・・・・ ← 後 悔  /  満 足→                    0点□□□□□□□□□□10点 ※友達が見るか迷っていたら・・・←止める / 薦
「愛して愛して泣いて泣いて生きて生きて」 (UP ON THE DOWN SITE)
♪矢井田瞳「チェイン」 優しく重なるよう繋げた今日だから もう絡まっても上手に笑える 夕食をかけたボーリングに激闘の末、 負けたり、、、「華麗なる食卓」という 漫画を全部借りたりいろいろ休みらしい日。 見たくて仕方なかった、 「エターナル・サンシャイ...
「エターナルサンシャイン」☆☆☆ (とにかく新作映画を観て紹介する人柱的ブログ)
恋愛コメディかと思いきや、かなり切ないラブストーリーでした。別れた彼女との楽しかった思い出の中を二人で逃げていくジム・キャリーは思いっきり後ろ向きですが、ここまで未練たっぷりだと応援したくなります。脚本もいいですが、ジム・キャリーとケイト・ウィンスレット
『エターナル・サンシャイン』を観ました。 (0120 Blog)
【恋の痛みを知る全ての人に】 恋人同士だったジョエルとクレメンタインは、バレンタインの直前に別れてしまう。そんなある日、ジョエルのもとに不思議な手紙が届く。「クレメンタインはあなたの記憶をすべて消し去りました。今後、彼女の過去について絶対触れないように
DVD エターナル・サンシャイン (It\'s a Wonderful Life)
このトピックスは「エターナル・サンシャイン」のネタバレをしまくってます。 これから見ようと思ってる方は出来れば鑑賞後に読んでください! 前の感想はこちら 気に入ったので、実はすぐ劇場で再度見て(笑)、その後某輸入DVDショップに フラッと寄った...
映画『エターナル・サンシャイン』 (EVERSMILE(エバースマイル))
原題:Eternal Sunshine of the Spotless Mind監督:ミシェル・ゴンドリー脚本:チャーリー・カウフマン音楽:ジョン・ブライオン出演:ジム・キャリー、ケイト・ウィンスレット、キルスティン・ダンスト、マーク・ラファロ、イライジャ・ウッド製作年度:2004年製作国:アメ
エターナル・サンシャイン (Cinema-Absolutism)
エターナル・サンシャイン  2005/アメリカ  ★★★★ 監督 ミシェル・ゴンドリー 出演 ジム・キャリー / ケイト・ウィンスレット / イライジャ・ウッド / キルスティン・ダンスト ■あらすじ■  ジョエル(ジム・キャリー)は、最近衝突気味だった恋人
エターナル・サンシャイン (まつさんの映画伝道師)
第43回 ★★★★☆(劇場) (核心に触れる文面あるのでご注意あそばせ) 「つり橋効果」というものがある。  フラフラと揺れるつり橋の上で出会った男女は、下に落ちそうになるドキドキ感を恋によるドキドキ感と心理的に混同し、結果恋に落ちるというもの。
【エターナル・サンシャイン】もう1回みたい!! ( 【インテリア&ライフ】 デザイナーズ家具、インテリア、雑貨...)
これはおもしろい!『マルコヴィッチの穴』や、『ヒューマンネイチュア』を手がけた脚本家チャーリー・カウフマンが脚本・原案・製作総指揮を担当しているだけあってストーリーは奇想天外。でも、それだけで終わっていない所が見所。静かな音楽、映像が奇想天外なストーリ...
エターナル・サンシャイン (映画館) (ひるめし)
”さよなら”の代わりに、記憶を消した―――。 まずコピーに惹かれました。これを観るためにチャーリー・カフマンの脚本の「マルコヴィッチの穴」を観て予習もしました。恋愛映画をほとんど観ない私は今回はかなりの期待を胸に、いざ映画館へ!!ドキドキ・・・・。 一
#15:エターナル・サンシャイン (::あしたはアタシの風が吹く::)
3月24日(木) 有楽町マリオンで『ペア割-Plus』というお得な鑑賞チケットがあったのでこの券でアカデミー賞脚本賞を受賞した”エターナル・サンシャイン”を観に行ってきました。 これは今までに見たことのないような展開でした。 脚本が天才的に素晴らしいと思える作品に
『エターナル・サンシャイン』 (映画*日和)
今回のジム・キャリーは割と地味~な、 ごく普通のどこにでもいるって感じでした。 その分、ケイト・ウィンスレットが髪をいろんな色に染めたりと 『ネバーランド』での4人の子持ちで生活に疲れた母親役とは 一転して、衝動的な女の子をとっても素敵に演じてました。 さすが
エターナル・サンシャイン (any\'s cinediary)
“さよなら”の代わりに、記憶を消した――。 ストーリー 恋人同士だったジョエル
エターナル・サンシャイン (シネマの実)
【好感度】 97% さよならの代わりに記憶を消した
エターナル・サンシャイン (シネマの実)
【好感度】 97% さよならの代わりに記憶を消した
「エターナル・サンシャイン」の感想。 (とかげの、のんびり懸賞。)
映画「エターナル・サンシャイン」の試写会に行ってきました★ まず、思ってたのと違う!! もっと、ラブストーリーテイストなのかと思った。 実際は謎解き系??というか、凝ったつくりでした。 感動して号泣!!とかではなかったです。 映画を受動的に観てしまう
エターナル*サンシャイン (seikadays)
エターナルサンシャインを観てきました☆ アカデミー賞脚本賞に加え、豪華キャスト陣期待の一作。 感想としては普通でした(爆死) 新しいって言ったらそうなんだけど、また見たい!!って ところまではいかなかったかなぁ・・・。 恋人の記憶が消えていく最中にや
映画「エターナル・サンシャイン」感想 (HEART-BOILD)
「エターナル・サンシャイン」 \'04米 (原題:ETERNAL SUNSHINE OF THE SPOTLESS MIND) 監督: ミシェル・ゴンドリー 脚本: チャーリー・カウフマン 音楽: ジョン・ブライオン   出演: ジム・キャリー、ケイト・ウィンスレット、キルステン・ダンスト、マー
エターナル・サンシャイン (たにぐちまさひろWEBLOG)
無口で何の面白みもない男ジョエル。あるきっかけで髪の毛をケバク染め上げた一見イカレ風の本屋の店員クレメンタインに出会う。二人はたちまち恋に落ち幸せな日々を過ごすが、些細なことの積み重ねで、喧嘩別れしてしまう。後悔したジョエルは彼女に会いに行くが、彼女は記
エターナル・サンシャインの考察 (私的考察)
予告トレーラーの出来が良すぎたのか、期待していたほどではなかったかなって感じ。 「よし。泣こう!」と心を真っ白にして観ると、案外ストーリー展開についていけなくなるかも。ある程度構えて観た方が理解できると思います。 早い話が少し難解でした。 脚本がチャー.
映画「エターナル・サンシャイン」 (小仙の徒然日記)
「エターナル・サンシャイン」 \"Eternal Sunshine of the Spotless Mind\" (IMDb) 2004 USA さすがアカデミー脚本賞受賞作品。よく練られたストーリー展開でした。「マルコヴィッチの穴」で有名なリチャード・カウフマンが脚本、監督はミシェル・ゴンドリー、主演はジム
エターナル・サンシャイン(ネタバレというかもう本編) (右から2番目の星)
エターナル・サンシャイン観てきた。 今年のアカデミー賞で脚本賞をとった作品。 ストーリーは 「ジム・キャリー演じるジョエルは、別れた恋人のケイト・ウィンスレット 演ずるクレメンタインが自分との思い出を消すために記憶除去手術を 受けたことを知り自らも手術を
エターナル・サンシャイン/忘れたくない・・ (shinuma de cinema (映画ネタバレの部屋))
エターナル・サンシャイン 『真の幸福は罪なき者に宿。 忘却は許すこと。太陽の光に導かれ、 無垢な祈りは神に受け入れられる。』 (アレクサンダー・ボーブ) とても美しい響き、映画の題名はこの詩から とられているそうです。 ジョエル(ジム・キャリー)は恋人 クレメン
エターナル・サンシャイン (Diarydiary!)
《エターナル・サンシャイン》 2004年 アメリカ映画 - 原題 - Eter
疲れ、だるさを防ぐ (綺麗になる為の食生活 )
疲れ だるさの因子が 病気が原因では 無い時は、ビタミンB1の豊富な食事を心がけることです B1、B2を合わせて 取る事によって、相互作用が高まるので、B1,B2を十二分にとる事です。 B1,B2は筋肉の疲労を取り去り、新陳代謝を高め、老廃物の蓄積を防ぐ働きをします。
エターナル・シャンシャイン (Lovely Cinema)
今日は半年ぶりくらいにAMCに行って来ました。AMCといったら・・・日本一有名なテーマパークのあるところです。春休みの時期だけあって、電車の中も駅周辺も人でごった返していました。 でもやっぱり思っていたとおりにシネコンはが~らがら~!朝早かったからか
エターナル・サンシャイン (31歳独身男Kazuakiの映画日記)
「いい! 観終わった後、独り静かに2時間を振り返りたくなる映画。予想とは全く違った序盤にかなり戸惑ったけど、ラストにかけての逆転ホームランが心に温もりを感じさせてくれた。」 今日は期待の「エターナル・サンシャイン」を観てきました。これが今年54本目の鑑賞です
逆回転の恋は,何故か切ない (soramove)
「エターナル・サンシャイン」★★★★ジム・キャリー、ケイト・ウインスレット主演 髪が緑だったり、ピンクの ケイト・ウインスレット、 饒舌でないジム・キャリー。 もう何か面白いことが 起こりそうな予感。 こういう静かな興奮は、良い映画の条件のひとつ...
エターナル・サンシャイン (日々徒然ゆ~だけ)
 恋愛なんて,所詮お互い様。この物語,憎い悔しい一心で,相手の記憶を消しちゃうっつぅ力技に出るのだが…  冷静になればこれ程下らないモノはないね。人の生き様って,結局いいこと,悪いことの積み重ねじゃないの?悪いことは無かった事にしましょう,とは随分身勝手
映画感想:『エターナル・サンシャイン』 (徒然三十路日記♪)
『ヒューマンネイチュア』のチャーリー・カウフマンによるユニークな脚本を映画化。ジョエルは元恋人クレメンタインが、ある医院で特定の記憶だけを消去する施術を受けジョエルの記憶を消したことを知り、自分も彼女の記憶を消そうと同じ施術を受ける。だが、クレメンタイン
えたーなる・さんしゃいん (マーサ・ストリートぶるーす)
 うぇい!映画の日には、映画を見YO!  って、ことで、 「エターナル・サンシャイン」を見てきました。「マジェスティック」以来、久しぶりにジム・キャリーです。ご無沙汰!  「記憶」を消せる会社。  ・・・、いかがわしいなあ。と、僕なら間違いなく行きませんが。
『エターナル・サンシャイン』を観て来ました!#62 (★☆★風景写真blog★☆★Happiness inf...)
失恋の痛みを知る、すべての人へ ★★★★エターナル・サンシャイン★★★★ 監督・原案:ミシェル・ゴンドリー  製作総指揮・脚本・原案:チャーリー・カウフマン  出演:ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット  キルスティン・ダンスト イライジャ・ウッド 
エターナル・サンシャイン~記憶の残像にヘアカラーを~ (ようこそ劇場へ!)
大好きな筒井康隆の作品に『残像に口紅を』というお得意の虚構小説がある。 世界から次から次に「言葉」が消えてゆき、それに伴い言語表現も制限され最後は「ん」だけに。さらに「ん」も消えて、世界には何も残らなくなる。 言葉の消失はそれが表わす「物」「記憶」の消失で
エターナル・サンシャイン (MillionTIMES-ブログ)
 前評判が高かったので、映画館で是非見たい映画だったけれど、期待はずれだった。 (↓ネタばれ多く含むのでご注意ください↓)  はじめ30分ぐらいで物語の展開が読めてしまった。その後の展開で予\想外だったのが”不倫”ぐらいで、なんとも淡々と物語が進んでいくのを
制作裏話『 エターナル・サンシャイン』 (独身社会人映画ファンメーリングリストHP掲示板)
『 エターナル・サンシャイン』の原題は 『ETERNAL SUNSHINE OF THE SPOTLESS MIND』で直訳すれば 「潔白な精神の永遠の日光」。 それを邦題では簡略に『エターナル・サンシャイン(永遠の日光) 』としています。 『エターナル・サンシャイン』は 「マルコヴィッチの穴」の
エターナル・サンシャイン (徒然日誌)
「エターナル・サンシャイン」が見たかったのだけど、私が日ごろよく行く映画館群では上映がなくって。友達を誘ってちょこっと離れたシネコンまで行ってきた。なんかすごく見たくて。 「付き合っていた彼女が自分の記憶を消したので、自分も彼女の記憶を消す」というような
エターナル・サンシャイン (KINOKANAL)
監督・原案:ミシェル・ゴンドリー 脚本・原案・製作総指揮:チャーリー・カウフマン 出演:ジム・キャリー,ケイト・ウィンスレット,イライジャ・ウッド,キルスティン・ダンスト 恋人同士だったジョエルとクレメンタインは、バレンタインの直前に別れてしまう。そん.
『エターナル・サンシャイン』 永遠に輝くものは… (*モナミ*)
辛い失恋の記憶を消すことができたら…。『エターナル・サンシャイン』「別れた恋人は、自分との思い出をすべて消し去った」突然の知らせにショックを受けたジョエル(ジム・キャリー)は、自分もクレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)の記憶を消そうと、記憶除去の専...
エターナル・サンシャイン (映画短歌・せんかいへき blog)
 消しゴムで消しながら詠む日記には キミとの楽しい思い出ばかり ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ★★★★ 2004 アメリカ 監督:ミシェル・ゴンドリー カウフマンの脚本は、“マルコヴィッチ”のときに
「エターナル・サンシャイン」 (こだわりの館blog版)
4/9 丸の内ピカデリーにて突拍子もない展開を楽しみながら仕舞には自分の過去の恋愛まで思い出してしまい…この作品には本当マイリマシタ。監督:ミシェル・ゴンドリー脚本:チャーリー・カウフマン出演:ジム・キャリー、ケイト・ウィンスレット、キルステン・ダンスト、マ
エターナル・サンシャイン (まる姫のボチボチ日記)
観てきました。最後はもうちょっとシンプルでも良かったんじゃないかな?とも思ったんだけど、中々面白かったです。人気脚本家の作品だけあって、出演者は脇役の人も含めて結構豪華。だけど、あくまで役のイメージに合った俳優さん達がキャスティングされているといった印象
映画 エターナル・サンシャイン (Eternal Sympathy)
“エターナル” その言葉に惹かれこの映画を観たいと思った。 “永遠” この言葉の響きは、数ある語彙の中で私がもっとも好きな言葉、そしていつの時代も私の憧れとしてあったからだ。 そう導かれるようにオフィシャルサイトへ訪れると、右のようなカップル達の美しい写
エターナル・サンシャイン (future world)
別れた恋人との記憶を消す・・・きっと切なく哀しいラブ・ストーリーなんだと思って観にいくも、予想とは大違い。 なんとも不可解な突拍子もない展開、時間の逆行、漫画チックな場面などかなりゴチャゴチャ感・・とはいえ、これぞ映画の醍醐味かと! けっして途中で眠く
ミシェル・ゴンドリー監督作品「エターナル・サンシャイン」 (正しくも松枝日記)
アカデミー賞ですか。 最優秀脚本賞。 昨年は僕も出演している(!)ロスト・イン・
■エターナル・サンシャイン ジム・キャリー ケイト・ウインスレット (ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY)
■Eternal Sunshine of the Spotless Mindエターナル・サンシャイン・オブ・ザ・スポットレス・マインド●まずは脚本。「マルコビッチの穴」(John Malkovich)「アダプテーション」(Adaptation)のチャーリー・カウフマンによるものだから、不可思議な妙な癖のある・・・つまり
エターナル・サンシャイン (そーれりぽーと)
脚本賞受賞作だけあってアカデミー賞絡みでは最も期待していた「エターナル・サンシャイン」を観て来ました。(観たのは半月前ですが) ★★★★ ラブストーリーですが、縁とか運命といった事がテーマなので実は恋人同士軽い気持ちで観に行くと痛い目に合いそうな内容です(
エターナル・サンシャイン (金言豆のブログ)
★本日の金言豆★日本銀行券(お札)に使われている色の数は、二千円札で15色、1万円と5千円が14色、千円が13色。 ”ハリウッドの個性派強面ハゲキャラスター”の中に入れる”穴”があったら何が起こる!?という超異色映画を世に送り出し、世の映画ファンを賞賛と混乱と不
『エターナル・サンシャイン』映画批評12 (てっしーblog)
(ネタバレ注意)  アカデミー脚本賞作品です。『マルコビッチの穴』の脚本家が3年もかけて書き上げたもので、ストーリーはかなり入り組んだものとなっています。やや『メメント』風でしょうか。マルコビッチと同様、人の頭の中の話ですので、展開はややこしい可笑しさに
エターナル・サンシャイン (気ままな自問自答)
ジムキャリーと記憶を消すと言う面白そうな ストーリーなんでチョイス。 序盤は自然にジムキャリー演じるジョエルとケイト・ウィンスレット演じるクレメンタインが 出会って恋に落ちていくシーンから始まる。 そこらか一時話が急転し、記憶を消すシーンへと移っていく。 そ
「Eternal Sunshine of Spotless Mind」 (「あ」嬢の別宅。ただいま準備中。)
\"Blessed are the forgetful, for they get the better even of their blunders\'\" Eternal Sunshine of the Spotless Mind を DVD で観た。 大好きなジム・キャリーが「普通の人」を演じてると聞いて 以前より気になっていた作品。 「ロマンティック・コメディ」に分
エターナルサンシャイン (ペパーミントの魔術師)
アカデミー賞のときはそういえば、ケイトウインスレッドがノミネートされてたな この映画・・と言う程度の認識。 脚本賞は受賞したようですが。 妙に惹かれたのは「Shall wa dance」を見に行った時にロビーに貼ってあったポスター。 ・・・というわけで実は昨日もう1本見た
エターナル・サンシャイン (映画の休日。)
エターナル・サンシャイン 理解不能。でも… やさしさいっぱい。 不思議さいっぱい。 「マルコヴィッチの穴」「アダプテーション」「ヒューマンネイチュア」で有名な脚本家、 チャーリー・カウフマンの最新作。 数々のハゲを使い、不思議世界へと誘ってきた自ら
ケイト 色鉛筆絵:ケイト・ウィンスレット (アナログで人物絵)
↑Click Enlarge ケイト・ウィンスレットは”タイタニック”じゃなくて”乙女の祈り”という映画を見て 知ってから、顔つきがマドンナに似ていることもあって好きになった。 今年エターナル・サンシャインという映画が公開されて、ジム・キャリーも好きだし 見たかっ
映画『エターナル・サンシャイン』貴方は何点?結果報告! (本と映画と音楽と・・・お酒が好き)
いつも 『この映画、貴方は何点?』 にご協力いただきありがとうございます!今回ご報告させていただくのは、脚本チャーリー・カウフマン、ジム・キャリー主演の『エターナル・サンシャイン』です。 この作品は大変お気に入りだという方が多くって、何度も劇場へ足を運んだ
エターナル・サンシャイン (いつか深夜特急に乗って)
「エターナル・サンシャイン」★★★★(盛岡フォーラム3) 2
エターナル・サンシャイン 評価額・700円 (Blog・キネマ文化論)
●エターナル・サンシャインを鑑賞。 バレンタインデーを目前にしたある日、ジョエル
エターナル・サンシャイン (Driftwood BLOG)
Music Video界の鬼才ミッシェル・ゴンドリー監督と稀代の天才(異才?)脚本家のアンディ・カウフマン脚本という豪華な顔合わせの本作。ゴンドリーが監督したMusic Videoはどれもあっと驚く記憶に残るものばかりで、長編作品がどんな風に仕上がるのかとても期待していました。(
エターナル・サンシャイン (Addicted to the movie and reading!)
エターナル・サンシャイン/ETERNAL SUNSHINE OF THE SPOTLESS MIND 2004年/アメリカ/107分 監督: ミシェル・ゴンドリー  出演: ジム・キャリー/ケイト・ウィンスレット/キルスティン・ダンスト/マーク・ラファロ 公式サイト(英語) バレンタインデーも近い
エターナル・サンシャイン (ぶっちゃけ…独り言?)
3点 (10点満点で採点してます。6点が合格ラインです。) 凄く良質で、切なくて、感動出来る恋愛映画だと思ってたんですけど・・・ スミマセン。 意味が全然分からなかったです。 観ている間、ず~~っと頭の中で「???」とクエスチョンマークが グルグル回ってました。
エターナル・サンシャイン (Cinemermaid)
ジム・キャリーとケイト・ウィンスレットの不思議系ラブロマンス どうしても忘れたい恋愛の後は、その相手のことを知らなければ良かったと思う気持ちってあるよなぁ~ 私も消したい男がたくさんいるもん (* ̄m ̄)
逆回転ムービー。 (シネびん)
エターナル・サンシャイン DTSスペシャル・エディションハピネット・ピクチャーズこのアイテムの詳細を見る   ずーと気になっていた映画。やはりレンタルまで待ちましたがね・・・(笑) 最近の傾向「記憶」に関する恋愛ムービー、これもその一つ。今度は自
エターナル・サンシャイン (Rohi-ta_site.com)
DVDで、ジム・キャリー、ケイト・ウィンスレット、キルステン・ダンスト、イライジャ・ウッド 出演の「エターナル・サンシャイン」を観ました。 ●ストーリー ジョエル(ジム・キャリー)はある朝目覚め、会社に向かう駅のホームで、急にモントークに行きたくなり、走っ
エターナル・サンシャイン (坂部千尋のsparrow diary)
 ”ケンカ別れした恋人の記憶を消してしまいたい”そんな気持ちなんて千尋は・・・・・超わかりますよ!{/hiyob_uru/}千尋も思ったりするよ{/hiyo_cry1/} ・・・・って思わず日記に何書いてんの千尋?{/hiyo_face/}落ち着け{/face_acha/}  とにかく非常に興味深かったエタ
エターナル・サンシャイン (がちゃのダンジョン)
『エターナル・サンシャイン』 (2004)ETERNALSUNSHINEOFTHESPOTLESSMIND上映時間107分製作国アメリカ ジャンルロマンス/コメディ公式サイト/eiga.com「ヒューマンネイチュア」の、ゴールデン・コンビ、ミシェル・ゴンドリー監督と「マルコビッチの穴」のチャーリー・カ...
エターナル・サンシャイン (悩み事解決コラム)
{amazon}  映画『{{1006,エターナル・サンシャイン}}』バレンタイン目前。ジョエルは 不思議な手紙を受け取る。「クレメンタインはジョエルの記憶を全て 消し去りました。今後、彼女の過
エターナル・サンシャイン (Extremelife)
終わってしまった恋の思い出を捨てた彼女と捨て切れなかった彼の、かけがえのない楽しかった日々を辿っていく切ないラブ・ストーリー。「ヒューマンネイチュア」の脚本・監督コンビ、チャーリー・カウフマンとミシェル・ゴンドリーが奇想天外なストーリーを、コミカルなタ...
エターナル・サンシャイン (Extremelife)
終わってしまった恋の思い出を捨てた彼女と捨て切れなかった彼の、かけがえのない楽しかった日々を辿っていく切ないラブ・ストーリー。「ヒューマンネイチュア」の脚本・監督コンビ、チャーリー・カウフマンとミシェル・ゴンドリーが奇想天外なストーリーを、コミカルなタ...
映画SHOW 第16回「エターナル・サンシャイン」vs「バタフライ・エフェクト」 (はまぞうさん)
芸術の秋(ギリギリ間に合った)「どっちの映画SHOW」特集第1弾! 久々の更新は、現在劇場公開作品ではなく、TSUTAYAのDVDランキングから気になる作品をピックアップ。 てことで、今回のテーマは、不透明な記憶がテーマのラブストーリー。どちらも劇場公
【cinema】エターナル・サンシャイン (errance ... ecumes des jours)
 劇場で見損なった『エターナル・サンシャイン』をDVDで観ました。ジム・キャリーというキャスティングのせいかどうも食指が動かなかったのだけれど、劇場で観なかったことを後悔…。いい映画。泣いた!  監督のミシェル・ゴンドリーというと、ビョークやDaft Punk、Bec
DVDで「エターナル・サンシャイン」 (GOOD☆NEWS)
DVDで「エターナル・サンシャイン」を観ました。この映画は公開時に私はノーマークだったので、どんな内容の映画かも記憶に残っていませんでした(~_~メ)。それで、DVDパッケージの裏に書いてある内容を、そのまま何となく理解しながら「こう言う映画なのかな?」と...
エターナル・サンシャイン (Blossom Blog)
エターナル・サンシャイン ETERNAL SUNSHINE OF THE SPOTLESS MIND 監督 ミシェル・ゴンドリー 出演 ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット キルスティン・ダンスト アメリカ 2004
記憶モノの映画 (柴田祥の金沢八景芸術祭)
昨日、今日、DVDで映画を三本みたのですが、偶然、三本とも「記憶モノ」でした。ど
エターナルサンシャイン (和日和)
満足度★★★★★ 誰にでも記憶から消してしまいたい出来事や思い出って少なからずありますよね。 これはそれを実現できる技術を中心に進むお話。 ただし画期的な方法にリスクは付き
エターナル・サンシャイン (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  記憶のアルバムにネガはない  
エターナル・サンシャイン (cinema note+)
Eternal Sunshine of the Spotless Mind 2004年 アメリカ 今年1本目に見た映画(DVD)なのだけど、正直疲れた。 結構期待してたのに、そんなにいいと思わなかった。 ちらちら見た感じ
『エターナル・サンシャイン』☆今年2本目☆ (honu☆のつぶやき ~映画に恋して~)
『エターナル・サンシャイン』(今年2本目) 公式サイト:http://eternalsunshine.gaga.ne.jp/原題:ETERNAL SUNSHINE OF THE SPOTLESS MIND製作:2004年アメリカ監督:ミシェル・ゴンドリー出演:ジム・キャリー/ケイト・ウィンスレット/キルスティン・ダンスト/イライ.
エターナル・サンシャイン (えいがの感想文)
監督:ミシェル・ゴンドリー 脚本:チャーリー・カウフマン 出演:ジム・キャリー    ケイト・ウィンスレット    キルステン・ダンスト    イライジャ・ウッド けっこう豪華な顔ぶれ。 「エターナル・サンシャイン」 これまたネタバレ厳禁と思われ
エターナル・サンシャイン (WILD ROAD)
『エターナル・サンシャイン』 2004年アメリカ(107分) 監督:ミシェル・ゴンドリー 出演:ジム・キャリー    ケイト・ウィンスレット    キルステン・ダンスト    マーク・ラファロ    イライジャ・ウッド ★ストーリー★ バレ.
エターナル・サンシャイン (色即是空日記+α)
別れた恋人が人為的に記憶を消したことを知り、ジョエルも同様の処置を受けるためラクーナ社を訪れるが…。       最近、 「記憶モノ」 の映画が 多いですねぇ~。   まぁ、そう云いながらどっぷり戦略にはまって 記憶系映画ばっかり観てま.
『エターナル・サンシャイン』 (*Sweet Days*  ~movie reviews etc~)
エターナル・サンシャイン DTSスペシャル・エディション ジム・キャリー、ケイト・ウィンスレット主演。 恋人のクレメンタイン(ケイト)が自分の記憶を消した事を知ったジョエル(ジム)はショックを受け、彼自身もクレメンタインの記憶の消去を依頼する・・・
『エターナル・サンシャイン』’04・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ バレンタインデー目前のある日。ジョエル(ジム・キャリー)は、不思議な手紙を受けとる。「クレメンタインはジョエルの記憶を全て消し去りました。今後、彼女の過去について絶対触れないようにお願いします。ラクーナ社」クレメンタイン(ケイト・ウィンスレッ...
「エターナル・サンシャイン」 (不良中年・天国と地獄)
記憶喪失を題材にした映画は、たくさんあります。戦前なら「心の旅路」戦後なら「かくも長き不在」邦画なら「銀座の恋の物語」最近では「バタフライ・エフェクト」もそれに類するでしょう。本作は、ハイテクを利用して、記憶を人工的に除去します。ここが新しく、現代的と...
エターナル・サンシャイン (39☆SMASH)
もうすぐ、ミヒャエル・ハケネ監督の『隠された記憶』が公開ですね!! その影響からか、検索ワードランキングで『ファニーゲーム』が、とうとう1位を獲得してしまいました。 まぁ、もろもろを合計したら、まだ『バタフライ・エフェクト』が1位ではありますが・・・...
記憶を失う映画について。 (ペッタンコ星人)
最近、記憶を失う映画が多いような気がするんですが やはりきっかけはこの映画からでしょーか。 メメント 出演: ガイ・ピアース, キャリー=アン・モス, その他 監督: クリストファ
映画『エターナル・サンシャイン』 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:Eternal Sunshine of the Spotless Mind 確かに、ある特定の記憶を消してしまいたいことはある。・・だけど、例え失恋といえども恋の記憶は決して消してしまいたいなどと思ったことはない。 電車での出会いは、ジョエル・バリッシュ(ジム・キャリ ...
エターナル・サンシャイン (悠雅的生活)
僕の中の君との記憶
映画vol.55『エターナルサンシャイン』 (Cold in Summer)
『エターナルサンシャイン』(2004年公開)*TV 脚本:チャーリー・カフマン 出演:ジム・キャリー ケント・ウィンストレット キルスティン・ダンスト 公式HP ・『エターナルサンシャイン』をTVで観ました。 自分の中の ...
【洋画】エターナル・サンシャイン (ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!)
A+  面白い A     ↑ A- B+ B    普通 B- C+ C     ↓ C-  つまらない 『評価』  A- (演技4/演出5/脚本4/撮影4/音響3/音楽4/美術3/衣装3/配役3/魅力4/テンポ3/合計40) 『評論』 人は失
エターナル・サンシャイン (ひめの映画おぼえがき)
エターナルサンシャイン DTSスペシャル・エディション 監督:ミシェル・ゴンドリー 出演:ジム・キャリー、ケイト・ウィンスレット、キルステン・ダンスト、マーク・ラファロ、イライジャ・ウッド、トム・ウィルキンソ
映画「エターナル・サンシャイン」 (映画専用トラックバックセンター)
映画「エターナル・サンシャイン」に関するトラックバックを募集しています。
エターナル・サンシャイン (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 コチラの「エターナル・サンシャイン」は、「恋愛睡眠のすすめ」、「僕らのミライへ逆回転」のミシェル・ゴンドリー監督による切ないSFラブ・ストーリーです。  主演は、ジム・キャリー。「ナンバー23」は渋いジムさんでしたけど、コチラのジムさんはと~ってもかわ...