ネタバレ映画館

8年ぶりの記事・・・(^^;

グッドナイト&グッドラック

2006-05-15 21:39:26 | 映画2006
 国内に自由がないのに、他国に自由を与えるなんて無理だよなぁ・・・

 高校に入るまでは、マッカーシーとマッカーサーは同一人物だと思っていた。日本にも影響を及ぼした赤狩り旋風は、マッカーサーが行なったものじゃなく、マッカーシー上院議員が行なったと知った頃にはドナ・サマーの「マッカーサー・パーク」が流行っていたことを思い出します。そして、ハリウッド・テンの存在を知ったのは映画ファンになった数年前のこと。

 『真実の瞬間(とき)』や『マジェスティック』を観るためには知っておかないと理解できないかもしれませんが、この『グッドナイト&グッドラック』ではハリウッドをも襲った点には触れずに、アメリカ市民に広く襲いかかった事件を中心にしているので、ハリウッド・テンについては知らなくても大丈夫です。

 ある空軍中尉が不当な解雇宣告をされた事件を発端に、大手テレビ局であるCBSの人気キャスター、エド・マローが仲間とともにマッカーシーの不正を暴いていくストーリー。モノクロフィルムに加え、調査委員会のシーンやマッカーシーの演説などの実存フィルムを多用し、かなりリアリティ溢れる映像表現でした。音楽でも、何度となく挿入されるジャズシンガー、ダイアン・リーヴスのシーンがとても心地よかった。

 吹き出してしまいそうになったシーンもあったのです。ジョー(ロバート・ダウニーJR)にエド・マーローのガセネタを掴ませようとした男が、まるで永田某議員に偽メールを渡した西沢某氏の雰囲気だったのです(ほんとの姿は知りません)。そして、「マッカーシーがプールにジャンプして、マーローによって水が抜かれていたことに気付かなかった」という台詞には笑ってしまいましたよ。憎たらしい人物でしたけど、結末は結構お茶目でしたね・・・

 自由を謳っているのに不自由な国になりかけたアメリカ。今の日本も表現の自由が奪われようとしているのだから、ジャーナリズムこそが戦わねばならないのに・・・つまらない殺人事件ばっかり報道するなよ!

★★★★・

なんとなく雰囲気が似てるので
ナイトフライ
ワーナーミュージック・ジャパン

このアイテムの詳細を見る



「グッドナイト&グッドラック」オリジナル・サウンドトラック
サントラ, ダイアン・リーヴス, マット・キャッティンガブ, ピーター・マーティン, ジェフ・ハミルトン, クリストフ・ルーティ, ロバート・ハースト
ビクターエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (34)   トラックバック (62)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 陽気なギャングが地球を回す | トップ | ブロークン・フラワーズ »
最近の画像もっと見る

34 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめて! (foo)
2006-05-15 23:19:38
一番乗りです(コメントはね)ちょっとうれしいです。

はずかしながら、「ハリウッド・テン」というのはエリア・カザンに関係したお話でしょうか?



アメリカに問いかけてるのは、クルーニー&kossyさんのようですね。
おめでとうございます! (kossy)
2006-05-16 00:01:35
>foo様

ハリウッド・テンは追放された脚本家たちのことなので、直接はエリア・カザンに関係ないのかもしれません。

カザンは赤狩りに協力して、知り合いをチクったことが後で問題になったのです。たしかアカデミー名誉賞を受けたときにブーイングが起こったとか、色々話題に事欠きませんでした。

この事実を知った上で『波止場』を観ると、興味深いものがありますよ。
お酒の名前 (祐。)
2006-05-16 01:05:58
最後に、バーに行って何か飲もうと言う セリフ無かったですか? もしかしてみてみたい映画かもしれない。。

お酒の名前が知りたいのです。
お酒 (kossy)
2006-05-16 01:40:11
>祐。様

たしか言ってましたよ。

なんだっけ・・・

ワイン、シャンパン、ウィスキー、ビール、ウォッカ・・・どれも違いますね。

・・・・・
あのあと (sakurai)
2006-05-16 09:18:24
エド・マローは肺ガンに、マッカーシーは酒でやられる・・というのがとっても象徴的に感じました。

あたしもおんなじ時に活躍していたマッカー〇ーの区別がよーついてませんでした。占領軍で失脚したあと、アメリカで赤狩りしたのかなあなどと・・・。



セリフ集を手に入れたいくらい、粋なセリフがちりばめられてましたが、英語力が・・・。セリフに追われて表情が堪能できなかったのが悔しい。

もっかい見ようかな。でも今週見たいのいっぱいあるし、葛藤だ。
シェークスピア (kossy)
2006-05-16 09:46:07
>sakurai様

決め台詞はシェークスピアで!とエド・マローが言ってたましたっけ。

やっぱり英語圏で粋な台詞を言うにはシェークスピアか、映画からの引用なんだなぁ~などと、真剣にシェークスピアを読もうかと悩んでる次第です。

字幕がかすれてしまってる部分を補うために、目と耳を駆使しました。

だけど、やっぱり単語が難しい。

Chain Reactionなんて言葉が何度も出てきましたけど、全文を把握するのがきついです・・・DVDを待ったほうがいいのかも。
シェイクスピアと聖書の言葉 (カオリ)
2006-05-16 20:06:39
は、やはり引用が多いと思います・・・

本日「プロデューサーズ」やっと観てきましたが、やはりシェイクスピアは欠かせないようですね。(まあ、アレは舞台だから当然かもしれませんが)

聖書は無理かもしれませんが、シェイクスピアは何とかなるような・・・。映画化もたくさんされてますよね。

TBありがとうございました。
それから (カオリ)
2006-05-16 20:08:11
立て続けにスミマセン、お酒はいつも「スコッチ」だったと思います・・・
スコッチ! (kossy)
2006-05-16 20:42:39
>カオリ様

ありがとうございます。

そうでしたかぁ・・・スコッチ。

2年も酒を断っているので、

ピンとこなかったのかもしれません(汗)



シェイクスピアはやはり欠かせませんか。

今後の映画鑑賞のためにも、トライすることにしましょう。

といいつつ、明日になれば忘れているkossy・・・
字幕・・・ (しんちゃん)
2006-05-17 16:07:46
 字幕が見えにくくって(笑)

私はその分で★1つ減らしちゃいました(爆)



 ヘビースモーカーにはたまらん映画でした



しかし・・・本当に馬鹿な国だと思いました

国家として未熟なんだろうね・・・
re:字幕 (kossy)
2006-05-17 16:14:55
>しんちゃん様

たしかに字幕が見えなかった・・・

その事前情報だけはあったので、とにかく文字が隠れそうになったときに必死でヒアリングを・・・

おかげで慌しい鑑賞となりました(笑)



馬鹿な国だなぁ~とは思いましたけど、

良識のある人もいるわけで、

ハリウッド映画って、良識のある人たちが多いので映画ファンにとってはうれしいことかもしれませんよね。
お酒の名は (祐。)
2006-05-17 23:41:17
スコッチですね。 了解。



飲みに行かねば。。。 ちごた。。 見に行かねば。。
映画はお勉強になります (rukkia)
2006-05-20 01:07:10
なーんだ、皆さん結構、マッカーサーとマッカーシーが混じっちゃってたんですね。

あ、でも高校生レベルなら常識ですか(^^;



シェークスピア、「Vfor Vendetta」にも出てきてましたよねー。

日本語で読んでも無駄かな。原語で読まないと… < 無理

スコッチ (kossy)
2006-05-20 08:11:34
>祐。さま

俺にもおごってください。



>rukkia様

俺なんかマッカートニーとも混同してましたよ(うそ)。

世界史を選択してないと覚えられないのかもしれませんよね~知らなくても、今覚えれば平気です!

シェークスピアはもちろん日本語で!だって、映画でも字幕で見るんだもん。ホントの原語だったら、英語でも古語に近いですよ・・・
Unknown (nakaji)
2006-05-20 11:52:45
TBありがとうございます。

ふつーにかっこいい映画でしたね♪

スコッチを飲む姿とタバコをすうしぐさとジャズがとーってもかっこよかったです♪

また遊びにきます♪
かっこいい (kossy)
2006-05-20 13:09:31
>nakaji様

スコッチとたばこ。

こんなに渋い男なんて、今の世の中ではなかなかいませんね~

大体、今はどこでも禁煙だしなぁ・・・

渋杉。 (pretty_kitten)
2006-05-23 10:14:15
ああ、言われてみれば永田議員騒動、思い出しますねえ。笑。

なかなか手強かったけど、よかったです。

サントラほしいなあ。
永田 (kossy)
2006-05-23 12:26:15
>pretty_kitten様

あの事件はいったいなんだったのでしょうかね~(笑)

あれはもう過去のことですが、この映画の事実は過去のことと切り捨てられませんよね。

なんたって、共謀罪という映画と似たような雰囲気の法律が審議されてますからね・・・

サントラ、俺も欲しいです
Good (tm)
2006-05-25 17:34:45
社会派正統映画を見た私の感想は

頭が疲れた

ここまで再現や私の知らなかった事がたくさんでてきて

もう少し古い映画を見て学習しなけゃなってさ
Good (tm)
2006-05-25 17:35:11
社会派正統映画を見た私の感想は

頭が疲れた

ここまで再現や私の知らなかった事がたくさんでてきて

もう少し古い映画を見て学習しなけゃなってさ
素敵ー (更紗)
2006-05-25 18:55:42
こんにちはー。

たばこを吸う姿に、大人の男の色気がプンプンしてぞくぞくしちゃいましたわ私(笑)

自分が今何をすべきか知っている男は素敵ですわねー。

タバコ (kossy)
2006-05-25 21:02:16
>tmさま

もうそろそろ頭は落ち着いてきたでしょうか。

たしかに日本では教えられない世界史だったかと思いますけど、洋画をどんどん観ていくと、避けては通れない史実ですからね~

「マジェスティック」もお勧めです♪



>更紗さま

う~む、俺は今何をすべきなんでしょうか・・・(汗)

とりあえず流されるままブログを書いていますが。

あ、

わかった。

今すべきことは禁煙だ。
おやじと (M.)
2006-05-29 14:01:31
タバコが最もかっこよかったいい時代ですよね。

 といいつつ当時は赤狩りでそれどころじゃなかったでしょうけれど

ジャズもステキでした。ジョージは趣味が良いですね。

字幕のみえなさ具合が全国的なものと知って安心しました(苦笑)
字幕 (kossy)
2006-05-29 14:45:32
>M.様

一度観ただけでは、聖書やシェークスピアからの引用文なんてわからないし、末永く愛される映画であってもらいたいような。と考えると、字幕の見難さも許してしまいそうな自分がなさけないです。

赤狩りでもっとも被害を被ったのは今で言うリベラルな人たちですよね。ジョージ・クルーニーにはもっともっと社会派映画を作ってもらいたいものです♪
マジェスティックも (trichoptera)
2006-06-04 18:19:17
赤狩りの背景があるようですね。今度見てみようと思います。



グッドナイト~はとにかく渋かっこよかったです。

TBさせていただきました。
マジェスティック (kossy)
2006-06-04 18:46:10
>trichoptera様

マジェスティックはそれほど深刻ではないファンタジー映画でしたけど、ジム・キャリー主演作では一番好きかも。

白黒映像が良かったですよね~字幕が読みやすければもっとよかったです・・・
ハリウッドテン (宮崎)
2006-06-15 23:29:56
はじめまして。



なんだかんだ言ってもアメリカには、こう言う映画を作る&それを商業的に成功させるパワーがあるからスゴいなーと思います。



「ハリウッドテン」という言葉は知らなかったので、本記事を読み得した気分になりました。
ハリウッドテン (kossy)
2006-06-16 08:30:53
>宮崎さま

はじめまして。

ハリウッド映画だからといってバカにはできないんですよね~良識のある映画は多いし、やっぱり映画の作り方を知ってるというか・・・

ハリウッドテンについては、詳細には書かなかったのですが、ネット検索するとより知識が高まること間違いなしです。『ローマの休日』なんかのエピソードは興味深いものがありますよ♪
ドナルド・フェイゲン♪ (あむろ)
2006-07-01 09:16:35
昔はみんなものすごい勢いでタバコを吸ってたんですね(笑)

スタジオもパブも…。



今は、製作側も手を抜いて、観ているこちら側もそれに何となく満足して。

そういう時代に、エドのセリフは厳しく響きましたね。



ドナルド・フェイゲン!

私もこのアルバムを思いだしましたw
スティーリーダン (kossy)
2006-07-01 09:28:21
>あむろ様

あの当時なんて映画館もタバコの煙があったことでしょう。今の喫煙率の3倍くらいあったのかもしれませんよね。

今の時代にもこうした人が出てきてもらいたいことです。



ドナルド・フェイゲンいいですよね~

斬新なコード進行とかあったりして、今聴いても色あせない名盤だと思います♪
見ました~♪ (ミチ)
2006-07-01 15:40:09
こんにちは!

プロフィール写真が尾山神社からワンちゃんに変わりましたね~。

kossyさんの愛犬かな?



赤狩りの時代は直接は知りませんが、アメリカにとっては汚点の時代なのでしょうか。

どんなに酷い時代でも良心を持った人が必ずいるものですね。

時代に流されず、正しく見る目を持ちたいです。

この映画を見たいと思った方たちばかりが観客だったせいか、おとなしくて大人のムードの方ばかりだったような。

映画館自体は「カーズ」目当ての家族連れでにぎわっていましたが。
愛犬 (kossy)
2006-07-01 18:37:10
>ミチ様

ありがとうございます。

よくぞ気づいていただきました!

俺というより、親父が飼っている犬です。



いよいよ石川県でも公開されましたね~

よかったよかった。

どんな時代でも良識のある人はいるもの。

政治だけ見てみると、

過半数取った方が真実になり、

マイノリティは抹殺されてしまう・・・

民主主義という言葉を悪いほうに利用する政治家なんてクソ食らえです。



カーズは吹替えが中心。

映画館も子供狙いなんですよねぇ・・・
ドナルド・フェイゲン (nikidasu)
2006-07-04 00:25:09
ですね。つい思い出してしまうのは。

新譜も良い意味で相変わらずで聴き入っています。

映画のほうはあまりの前評判の高さ故か、いささか

拍子抜け状態。

確かに「お洒落でぇ~」「渋くてぇ~」「格好いい」

とは思うけれど、残念ながら説得力に欠けました。
フェイゲン (kossy)
2006-07-04 00:52:47
>nikidasu様

新譜はFMで聴いたっきり・・・最近新しいCDを買う気力もなくって・・・(汗)

おっしゃるとおり、映画の作り方にはちょっと粗も目立っていたかと思いますが、今の時代にも通用しそうなテーマなだけに製作意欲に感激しただけかもしれません。

俺が気に入ったのは、ライブドア事件を思い出したためかも(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

62 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
真のジャーナリズムとは 「グッドナイト&グッドラック」 (平気の平左)
評価:75点{/fuki_suki/} グッドナイト&グッドラック ジョージ・クルーニー監督作品。 すごい社会派の作品ですね。 戦後赤狩りと言われる共産党を弾圧する活動に対して、異を唱えたニュースキャスター、エド・マローの話。 エド・マローを演じるデヴィッド ...
23 グッドナイト & グッドラック (毎週水曜日にMOVIE!)
このブログをはじめてから、初めていく映画の日。ぜんぜんいけなかったんだよねー。それを利用していってまいりました。ジョージ・クルーニー監督「グッドナイト&グッドラック」 ジャジーな雰囲気で始まり、全編モノクロ。50年代のアメリカの雰囲気を、とても ...
グッドナイト&グッドラック/Good Night, and Good Luck. (我想一個人映画美的女人blog)
50年代のアメリカで、ニュースキャスターの鑑と讃えられた伝説の男、 エド・マローとマッカーシーの伝説的な闘争 テレビ {/v/} 政治を描いた、ジョージ・クルーニー監督としての第2作目。 製作には、またもスティーヴン・ソダーバーグ監督が参加。 先日のアカデ ...
おすぎ・SMAP 稲垣吾郎絶賛!「グットナイト&グットラック」モノクロが魅力的 (bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ)
「シリアナ」で第78回アカデミー賞 助演男優賞を獲得した ジョージ・クルーニー監督作品 「グットナイト&グットラック」がまもなく公開されます。 1950年前半に 国民的ニュースキャスターと言われた <エド・マロー>の真実の物語です。 映像は、時代背景 ...
「グッドナイト&グッドラック」   \"Good Night, and Good Luck.\" (MIWOのレタスなLOGBOOK)
クレジットロールが果てたとき、思わず拍手したくなった。
グッドナイト&グッドラック (迷宮映画館)
1950年代、戦後世界のリーダーシップを取り、繁栄を謳歌していたアメリカ。豪華な家に明るい空、電気製品に囲まれ、大きな冷蔵庫が強い豊かなアメリカを象徴していたような気がする。でも、それはまさに虚像。強いアメリカは見えない敵に怯え、自分達の豊かな ...
「グッドナイト&グッドラック」 (てんびんthe LIFE)
「グッドナイト&グッドラック」 「政治とジャーナリズム」シンポジウムつき試写会 ニッショーホールで鑑賞 アカデミー賞の監督賞にノミネートされたジョージ・クルーニー監督第2作目。これだけで見に行く価値はあると思われました。が、私にはちょっと内容が ...
グッドナイト&グッドラック (Willow\'s Island)
 今日は新しくオープンしたモレラ岐阜へ出かけた。さすがに日本最大級のショッピングモールと言われるだけあって、かなり広い。新しいので垢抜けた雰囲気もある。何より、タワーレコードがついに岐阜にもできたことが嬉しい。こういう郊外型のショッピングモール ...
グッドナイト&グッドラック(05・米) (no movie no life)
またもや行ってきました、歴史講座・資料&ワンドリンクつき・プレミアムナイト1000円。今回は、「ホテル・ルワンダ 」のときよりも講座が1時間と長めだったので、すごく良く理解できました! 私も高校時代に世界史はやってたんですが、やはり改めて聞くと違い ...
【 グッドナイト&グッドラック 】 (もじゃ映画メモメモ)
1950年代、上院議員マッカーシーによる”赤狩り”に立ち向かったニュースキャスター、エド・マローと番組スタッフたちの社会派ドラマ。 日本人には馴染みが薄いでしょうか、”赤狩り”って何?って人は概要くらいは勉強した方がいいかもしれません。史実としての ...
グッドナイト&グッドラック (観たい映画は必ず観るBLOG)
オススメ度 ★★★☆☆ 本日観た映画、それは・・グッドナイト&グッドラック 全編白黒でクールな映像を観るだけでも、充分、と、カッコつけたものの、予備知識もまったくなく、とても映画の内容をすべて把握したとはいえません、多少追いつけなかった、 ...
『グッドナイト&グッドラック』を観た (TV視聴室)
ジョージの兄貴の作品が2本。演技者としての『シリアナ』を観るか?監督&脚本家としての『グッドナイト&グッドラック』を観るか? それが問題だ…。
グッドナイト&グッドラック (2005) GOOD NIGHT, AND GOOD LUCK 93分 (極私的映画論+α)
 1953年、米ソの冷戦が激しさを増す中、アメリカ国内ではマッカーシー上院議員を旗頭に、国内の共産主義者の徹底した排除活動が行なわれていた。しかしその標的は、いまや政府に少しでも楯突く者すべてに及んでいた。一般の市民はおろか、マスコミさえもが恐怖の ...
グッドナイト&グッドラック (It\'s a Wonderful Life)
テレビがまだ黎明期だった時代、情報を発する側だからこそ 権力者の不正な行いを、視聴者に真実と公平さを持って放送した 伝説のキャスターエド・マローとそのスタッフ達の物語。 ジョージ・クルーニーの監督第二作は、モノクロームの映像が 50年代をス ...
『グッドナイト&グットラック』遠い日の東と西。 (キマグレなヒトリゴト)
心地いいJAZZとハラハラする舞台の裏側。 『Good Night, and Good Luck』という台詞のバッググラウンドには こういうお話があったのか。 グッドナイト&グッドラック ぽちっとプリーズ。
グッドナイト&グッドラック (新 忙しすぎるあなたへ(脱力系))
「赤狩り」の猛威が吹き荒れた50年代を舞台に 危機に瀕した自由を守るため時の権力に 敢然と立ち向かった国民的ニュースキャスター エド・マローとスタッフ達の姿を描いた物語
グッドナイト&グッドラック (映画通の部屋)
「グッドナイト&グッドラック」Good Night, and Good Luck
シネマ日記 グッドナイト&グッドラック (skywave blog)
モノクロの画面、スタンダードナンバーのジャズボーカル。50年代を見事にかもし出し、まるで当時製作された、ドキュメンタリー映画を観ている錯覚に陥るでしょう。 50年代ア
グッドナイト&グッドラック(2005) (萌映画)
恥ずかしながら告白します。 この映画を見るまでrukkiaはマッカーサーとマッカーシーの区別がついていませんでした。 …マッカーサー元帥、帰国しておかしくなってしまった? などと思っていたのだ(^^; > 日本でも赤狩りとかやってたけどね… で、この映 ...
映画:グッドナイト&グッドラック (駒吉の日記)
「グッドナイト、そしてグッドラック」@ヴァージンシネマズTOHO 六本木ヒルズ モノクロの映像効果もあいまってかなんだかドキュメンタリーを観ているような気分になってました。 耳障りのいい楽しく面白いことだけを放送すればいいのか、その影響力を自覚して ...
グッドナイト&グッドラック(2005年) (勝手に映画評)
タイトル グッドナイト&グッドラック ---感想--- 時は、マッカーシズムの嵐吹き荒れる1953年のアメリカ。その不適切な活動を食い止めるべく立ち上がった伝説的ニュースキャスターエド・マローとその仲間達を描いた社会派映画。『テロとの戦い』が最優先される現 ...
グッドナイト&グッドラック (C\'est Joli)
グッドナイト&グッドラック 2005:米/東北新社 [監][脚][出]ジョージ・クルーニー [総]スティーブン・ソダーバーグほか[出]デビッド・ストラザーン ロバート・ダウニー・ジュニア パトリシア・クラークソン  ストーリー : 1953年の ...
グッドナイト&グッドラック (映画を観たよ)
赤狩り? そんなことも解らず見に行ってきました。 ご丁寧に上映時に時代背景の説明をつけてくれたので何とかちょい解りつつ観たのですが・・・ ホント渋い映画。 ジャーナリズムという仕事に興味はなくはないんだけど結構淡々としているので興味がないと観ている ...
Good Night, And Good Luck (星のカケラ)
『グッドナイト&グッドラック』を観た。 1953年米ソ冷戦下、マッカーシー上院議員が率いる委員会は、国内で共産主義者とみなした者を次々と不当に告発。各マスコミは報復を恐れその報道を控える中、CBSのキャスター、エド・マローは自身のジャーナリズムの信念の ...
グッドナイト&グッドラック (映画をささえに生きる)
全編モノクロ映画です。白黒映像に漂うタバコの煙の白さが美しい。しかし吸いすぎにはご注意を。エド・マローは呼吸器系のガンになりました。それに狭いスタジオで吸ってると副流煙で周囲に迷惑が掛かります・・・あ、登場人物全員吸いまくりだから別にいいのか。
グッドナイト アンド グッドラック ([踊]Dance!Dance!Dance!)
毎月17日が伏見ミリオン座の日ということでリーズナブルな料金で見られる日というのをこないだ知ったので行って来た。最終回ということであまり人が入ってなかった。人気俳優ジョージ・クルーニーが監督、スティーブン・ソダーバーグ、ジョージ・クルーニ ...
グッドナイト&グッドラック (えいがの感想文)
監督:ジョージ・クルーニー 出演:デヴィッド・ストラザーン    ジョージ・クルーニー    ロバート・ダウニー・Jr ほか 「グッドナイト&グッドラック」 1950年代アメリカ、”赤狩り”の事実を報道した国民的ニュースキャスター、 エド・マローと ...
グッドナイト&グッドラック (シネマ日記)
GOOD NIGHT AND GOOD LUCK.とはジョージクルーニーがデートした女性にいつも言う言葉…というのは、今年のアカデミー賞の司会者ジョンスチュワートが飛ばしたジョーク。ジョークを解説するほど野暮なこたぁないんだけど、英語のジョークなので一応解説を入れますと ...
「デトロイトに行ったことは?」と、エド・マローは言った(グッドナイト&グッドラック) (【マスメディアが民衆を裏切る、12の方法】)
テレビが 単なる娯楽と逃避のための道具であるだけなら、 もともと何の価値もないということなのです。 テレビは人を教育し、啓発し、情熱を与えます。 しかし、それはあくまでもそれを使う人間の 自覚あっての話です。そうでなければ……テレビは 単な ...
グッドナイト&グッドラック (cinema village)
コメント無きTBは削除させて頂きます。 グッドナイト&グッドラック東 理夫 Clooney George Grant Heslov 早川書房 2006-04売り上げランキング : Amazonで詳しく見る by G-Tools 05米 監督・出演/ジョージ・クルーニー 主演/デヴィッド・ストラザーン ロ ...
グッドナイト&グッドラック (日々徒然ゆ~だけ)
 まぁ,ね。カッコイィのよ。咥え煙草で撮影に向かうエドワード・R・マローとスタッフも,劇中に挿入される,スタジオ録音のジャズの調べも。確かにねぇ,いぃんだけどさぁ,どう頑張ってみても自画自賛ぽく見えるのよ。わしには。
『Good night & Good luck』 (きぶんしだい)
アカデミー賞主要6部門ノミネート作品                『グッドナイト&グッドラック』 を観てきました☆ ●あらすじ● 1954年、アメリカ。 百万人の民衆が一人のジャーナリストに託した 自由の夢。 当時のアメリカでは共産党の人 ...
■〔映画雑談Vol.20〕今年鑑賞したシリアスな映画たち (太陽がくれた季節)
―含、『グッドナイト&グッドラック』(2005/ジョージ・クルーニー)鑑賞プチ・メモ&more... ●5月24日(水) こんばんは、ダーリン/Oh-Wellです。 ここ東京では、今日(5/24)夕方18時ほどから雷を伴なった大雨に。 矢張り、六月の梅雨時とは違 ...
『グッドナイト&グッドラック』 (flicks review blog II)
 1950年代のアメリカ。「赤狩り」で知られるマッカーシズムが吹き荒れ、誰もが告発の恐怖におびえていた中で、自ら報道番組の中で臆することなくマッカーシーを批判し、世間の沈黙に
[ グットナイト&グッドラック ]ジャーナリスト宣言! (アロハ坊主の日がな一日)
[ グットナイト&グッドラック ]@新宿歌舞伎町で鑑賞。 「私たちは信じている、言葉のチカラを。ジャーナリスト 宣言。」かっこはいいが、今さら感のある朝日新聞のCM。 しかしもしかしたら。このご時勢だからこそ必要なメッセ ージなのかも。 同じく ...
これもまたハリウッド映画、「グッドナイト&グッドラック」 (万歳!映画パラダイス~京都ほろ酔い日記)
 映画の本質とは関係ないが、1950年代のテレビキャスターは堂々とタバコをふかしながら、カメラに向かってしゃべっていたんだ、とちょっぴりびっくりした「グッドナイト&グッドラック」(ジョージ・クルーニー監督)。今では考えられないほど、放送局は紫煙 ...
「グッドナイト&グッドラック」■現代日本にエド・マローはいる... (映画と出会う・世界が変わる)
この映画の冒頭と最後のエド・マローのスピーチこそがこの映画の主張であると思う。1950年代の物語であるが、現代にも通用するどころかまさに現代の我々が直面している問題について述べた作品である。エド・マローのスピーチの一部である。(正確ではないかも ...
マッカーシズムとは「グッドナイト&グッドラック」 (再出発日記)
監督:ジョージ・クルーニー出演:ジョージ・クルーニー、デヴィッド・ストラザーン、ロバート・ダウニー・jr、パトリシア・クラークソン、ジェフ・ダニエルズ50年代、一度吹き始めた「反共主義」「赤狩り」という名前の恐怖は、アメリカ社会を「萎縮社会」に ...
「グッドナイト&グッドラック」 (2005) (とりあえず生態学)
story “放送の良心”としてアメリカ国民に愛された、エド・マローの生き様を描いた本格社会派ドラマ。“マッカーシー”批判と呼ばれる歴史的事件を背景に、時の権力者に立ち向かった男たちの真実の物語。エド・マロー役には『L.A.コンフィデンシャル』のデヴィッ ...
映画 『グッドナイト&グッドラック』 (Death & Live)
「拘束を試みて米兵の命を危険にさらすより、爆撃で殺すことを選んだ」 すげー思考回路だな。ザルカウィを殺すためにいったい今まで何人の犠牲者を出したと思ってるんだ。民間人だって亡くなってるんだぞ。 イカれた米国。されど米国。 国のトップがイカれたこと ...
グッドナイト&グッドラック (シャーロットの涙)
テレビの情報や宣伝というものがどれだけ虚構なものか私達は知ってるだろうか。 まずテレビというものは自分が受身に徹してしまう、ある意味洗脳の賜物。 例えば、健康番組で取り上げた商品が翌日に売り切れるといった、宣伝効果は抜群の箱。 目の前に流れてきた ...
グッドナイト&グッドラック (メルブロ)
グッドナイト&グッドラック 上映時間 1時間33分 監督 ジョージ・クルーニー 出演 デヴィッド・ストラザーン ジョージ・クルーニー ロバート・ダウニー・Jr パトリシア・クラークソン 評価 5点(10点満点)  日比谷シャンテシネで観賞。相変わらず ...
■47号 ジョージ・クルーニー インタビュー (ビッグイシュー応援団(第三期))
映画「グッドナイト&グッドラック」の制作したクルーニー。 アメリカを守るためにはアメリカ的なモノを犠牲にするしかないのか? 魔女狩りについての団長の解説も。
グッドナイト&グッドラック (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
自由と平等の国、アメリカ。そのアメリカの自由が、どうもこのところ怪しい...。9.11以来、テロへの恐れからくる疑心暗鬼に支配されてしまったような雰囲気さえ漂い、「自由の国」の意外な脆さが浮き彫りにされています。 本作は、時代を第二次大戦後の冷戦 ...
【映画】グッドナイト&グッドラック (Glows in the Dark)
行き当たりばったりで『グッドナイト&グッドラック』を観賞。 ハリウッド映画に毒されている自分にとってはかなり失敗した・・・(´・ω・`) よく内容を覚えてないので(理由は後述)公式サイトよりストーリーを抜粋: 1953年、自由の国アメリカで、国民の ...
『グッドナイト&グッドラック』 (なんでもreview)
みんなヘビースモーカーだ…。
映画「グッドナイト&グッドラック」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「グッドナイト&グッドラック」 “赤狩り”の嵐が吹き荒れる1953年のアメリカで、ニュースキャスターのエド・マローたちは真実を報道することを決意する。タイトルはマローが番組の最後に必ず言ったセリフ。 全編白黒映像で重厚な雰囲気が漂う。当時 ...
グッドナイト&グッドラック (CinemA*s Cafe)
http://www.goodnight-movie.jp/ 愛するジョージクルーニーがアカデミー監督賞にまでノミネートされたこの映画。 いざ、映画が始まると「あぁ・・ジョージがカメラ越しにあれやこれやと指示しながら撮影したの
「グッドナイト&グッドラック」 GOOD NIGHT,AND GOOD LUCK (俺の明日はどっちだ)
時代は東西冷戦が現実のものとなって次第に緊張感が高まっていた1950年代初頭。テレビの黎明期でもあったそんな頃アメリカ中を恐怖に包み込んだマッカーシー旋風が吹き荒れる中、権力に屈することなく真のジャーナリズムを貫いたテレビキャスター、エド・マローの ...
『グッドナイト アンド グッドラック』 (mimiaエーガ日記)
★★★★原題:『Good Night and Good Luck』記録は別とし
グッドナイト&グッドラック (タクシードライバー耕作のDVD映画日誌)
製作年度 2005年 製作国 アメリカ 上映時間 93分 監督 ジョージ・クルーニー 原作 - 脚本 ジョージ・クルーニー 、グラント・ヘスロヴ 音楽 - 出演 デヴィッド・ストラザーン 、ジョージ・クルーニー 、ロバート・ダウニー・Jr (allcinema ...
寝る前にケーキ (Akira's VOICE)
「グッドナイト&グッドラック」 「レイヤーケーキ」
グッドナイト&グッドラック (とんとん亭)
「グッドナイト&グッドラック」 2006年 米 ★★★☆ 紫煙とジャズの調べに包まれて、男たちは戦った。 報道の自由のために_。 TV草創期の1953年。アメリカでは、ジョゼフ・マッカーシー上院議員に よる“赤狩り”の恐怖が報道の自由を脅か ...
グッドナイト&グッドラック (Good Night, and Good Luck.) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ジョージ・クルーニー 主演 デヴィッド・ストラザーン 2005年 アメリカ映画 93分 ドラマ 採点★★★★ 映画ばっか観ている私ですが、それで別に賢くなるわけでも殺人鬼になるわけでもありません。ただ一つだけ身をもって感じるのが、映像の持つ強大な影響力と、その...
グッドナイト&グッドラック (cinema note+)
グッドナイト&グッドラック 通常版Good Night, and Good Luck2005年渋かった~。
『グッドナイト&グッドラック』 (Sweet* Days)
グッドナイト&グッドラック 通常版 監督・脚本:ジョージ・クルーニー CAST:デヴィッド・ストラザーン、ジョージ・クルーニー 他 ヴェネチア国際映画祭主演男優賞、脚本賞 他受賞STORY:1950年代、米ソ冷戦下のアメリカ。マッカーシー上院議員により共産...
「グッドナイト&グッドラック」 (ひらりん的映画ブログ)
ハリウッドを代表する俳優ジョージ・クルーニーが監督した作品。 2005年度オスカーで6部門にノミネートされてた力作。
映画評「グッドナイト&グッドラック」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2005年アメリカ映画 監督ジョージ・クルーニー ネタバレあり
<グッドナイト&グッドラック>  (楽蜻庵別館)
2005年 アメリカ 94分 原題 Good Night, and Good Luck 監督 ジョージ・クルーニー 脚本 ジョージ・クルーニー  グラント・ヘスロヴ 撮影 ロバート・エルスウィット 出演 デヴィッド・ストラザーン  ジョージ・クルーニー  ロバート・ダウニー・ジュニ...
「グッドナイト&グッドラック」比べちゃいけないけど「ロス疑惑」 (ももたろうサブライ)
グッドナイト&グッドラック【通常版】(DVD)◆20%OFF!監督 ジョージ・クルーニーDVDで鑑賞少しあらすじ 1953年のアメリカ。マッカーシー上院議員による「赤狩り」の嵐が吹き荒れていた。そんな時、CBSのキャスター、エド・マローはある新聞記事を目にする。ある空軍...
グッドナイト&グッドラック (DVD) (サムソン・H・トマトマスバーガーの限りなく映画)
   1953年のアメリカは、共産党主義者を弾圧する’赤狩り’の嵐が吹き荒れていた。 CBSテレビに勤めるエド・マロー(デヴィッド・ストラザーン)や同僚たちにも疑いの目は向けられ、自由な報道すらままならない状況下に置かれていた。 ジャーナリストとしてあ...
映画評:グッドナイト&グッドラック (映画と写真のブログ)
1950年2月。 マッカーシー上院議員が「国務省職員に205人の共産主義者が勤務している」と告発。 これを切っ掛けに、アメリカ全土に赤狩りの嵐が吹き荒れる。 誰もが自身の投獄を恐れ、家族や親しい隣人に疑いを向けた時代。 マスコミすら、政治的圧力と恐怖心...