ネタバレ映画館

帰って寝るだけのタクシードライバーになりました(汗)

300 スリーハンドレッド

2007-06-10 01:25:23 | 映画2007
 スパルタと聞くと、戸塚ヨットスクールを思い出す。

 石原慎太郎氏が支援者の会会長を務める戸塚ヨットスクール。体罰や虐待によって生徒を死に至らしめた事件は20年の時を経ても未だに鮮明な記憶として残っている。軍人を育て上げるわけでもなく、ヨットの訓練を通して「健全な精神と肉体を作ること」を目的としていたという、考えると戸塚宏の頭の構造が異常だとしか思えない。その戸塚ヨットスクールといえばスパルタ教育。映画に登場するギリシアのスパルタはスパルタ教育の語源である。

 映像も原作者であるフランク・ミラー独特のアニメにも似た色彩感覚。CGやスローモーションを多用した迫力ある戦闘シーンなど、注目すべきところは多い。腕やら足やら首やらが遠慮なく斬られ飛んでいったしまうし、全体的に血飛沫が凄いのです。観客は完全にスパルタ重装歩兵の目線になっているし、どうせ相手は侵略者だからと、ハラハラしながらも感情移入しながら観ていられる安心設計。存分に古代ギリシアの歴史体験をできるようになっていました。

 100万の軍勢とも言われるペルシア軍を向かえ討つべく、道幅の狭いホット・ゲートで陣を構えるレオニダス王(ジェラルド・バトラー)率いるスパルタ軍。最初は先陣部隊を蹴散らし、死体の山を築きあげ、やがて恐怖の不死部隊と戦うことになる・・・とにかく次から次へと無尽蔵に兵士を補充してくるうえに、人間じゃないものまで襲い掛かってくるのです。サイやら巨大象やら巨人まで。『LOTR』でファラミア役だったデヴィッド・ウェンハムもいるんだから、矢でも鉄砲でもオークでもドラゴンでも出しやがれ!てな気持ちにもさせられます。

 いくら史実だからとはいえ、戦争とは悲惨なものです。「自由と民主主義を守るため」などという言葉も聞かれますが、スパルタなんて軍国主義そのものの国(ポリス)だし、元々は征服民族のドーリア人。一生国家に尽くす選ばれた軍人といっても、労働をしない『猿の惑星』におけるゴリラみたいなものなのです。「美しく死ぬことが本望」だなんて言葉が出てくるのは自爆テロや特攻精神と一緒。玉砕しても、国に残された兵士たちの家族や国民がペルシア軍に何をされるか心配じゃないんでしょうか?と、映画では感じてしまいます・・・実際には、戦った場所のテルモピュライとスパルタは遠く離れていて、途中にはアテネもあるのですが、映画を観る限りではそこまでわかりません。

 歴史スペクタクル映画は好きなので、ある程度は楽しめました。間道を敵に教える醜い男の存在もよかった。しかし、せっかく長老会や王妃を騙すセロンも賄賂をもらっていたという裏を描くのなら、もっとわかりやすくしてほしかったです。それに石原氏が好きそうな題材ばかりを詰め込んであることも気になってしょうがない・・・・

★★★・・
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (25)   トラックバック (81)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 女帝 エンペラー | トップ | プレステージ »
最近の画像もっと見る

25 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
CMにそそられてました (ちょび)
2007-06-10 02:32:12
歴史スペクタクル映画は良いですね。しかも古代ローマ時代とかがいいです。CMで宣伝されるたび、激しく「見たい」って思いましたが、明日はジョニデの魅力に負けパイレーツを見てきます。
でも、ファラミア役の人が出ているんですね。かなり観たくなりました。
戸塚 (たいむ)
2007-06-10 15:53:21
kossyさん、こんにちは。
>戸塚
そんな事件あましたねー、そういえば。
スパルタ教育の語源がここから来ていると思うと、納得できない部分はあるのですが、完全なるファンタジーと思えば、上っ面を充分楽しめた作品でした。
しかし、この時代にもかかわらず「女」を大切にする民族だとは意外でした。本当なのかな?
こんにちは。 (ジョー)
2007-06-10 16:24:19
TBありがとうございます。
なんといってもビジュアルは素晴らしかったですね。内容の進化を期待したいと思います。
現実と照らし合わせちゃうと (rukkia)
2007-06-10 22:42:12
kossyさんはあまりお気に召さなかったようですね。
やはり現実世界が頭をかすめると楽しめない映画なのでしょう。
スパルタ戦士は農業で国をささえる奴隷の上になりたってるわけですから…。

私自身はファンタジーとして多いに楽しんじゃいました(^^;
ファラミア (GAKU)
2007-06-10 23:39:56
kossyさん、こんばんは。
TBありがとうございました。
熱い映画でしたね。戸塚ヨットスクールや男塾も
このスパルタンに影響されたかどうかは不明ですが、
「漢と書いておとこと読む!漢はかくありき!」
みたいな考え方は、今もなお生きづいているように
思います。清原とか、哀川翔とかが好きそうですね。

そうそう、ファラミアことデビッド・ウィナム、
出てましたね。“戦士モノではこの人”みたいな
ポジションを獲得したのかな。でも、戦士役は
やはり似合ってました。
賄賂とペルシャ軍について (しん)
2007-06-10 23:41:35
賄賂をもらう裏切り者は、何だってあんなにわかりやすい証拠の金貨(敵の国家元首の肖像つき)を、わざわざ懐に入れて議会に入ったのでしょうか。家に隠していればいいのに・・・
考えるに、あれはレオニダスの妻が刺すと同時にさっと、彼の懐につっこんで・・・
ということは、亭主にして王を無謀な戦いに送り出して殺し、政敵まで殺し、自らは侵略軍支配後ものうのうと生き延びようとした、恐るべき策士ではないのか!!

戦闘軍事国家で兵として無能なものは殺すか、生きていても要職につけないスパルタと違い、ペルシャはせむし男でも将にとりたてる
ひょっとしてペルシャこそ恐怖の独裁国家を蹴散らす解放軍にして世界の警察ではないのか!?
黒人も要職につけるみたいだし、あれれ、ひょっとしてモデルはアメリカ・・・

などとどうでもいいことを考えたくなる、かなりどうでもいい映画でしたね
すぱるたー (シャーロット)
2007-06-11 00:38:32
こんばんは。
私的にはかなり笑える映画でして;
なんか面白い伸び方のヒゲ面も、強いようで王妃にはタジタジのところも、変な仮面の軍団とか、クスルクセス王のメイクとか笑えて仕方がなくって。
血がドバッとか首ちょんぱとか、大画面でマンガ見てる気分になれたのか、あまり気になりませんでしたです。ホラーも劇場デビューそろそろできるかも?笑
ひたすら筋肉堪能いたしましたww
確かにいいイメージありませんね・・・ (PGM21)
2007-06-12 00:54:53
何時もお世話になっております。

確かにスパルタという言葉でいいイメージはありませんね。私もスパルタ教育を否定的に考えているのでどちらかというと自由主義で管理に縛らない方針ですから・・・
国として考えると確かにとは思いますが、戦い方としては戦略に長けていたという事は確り証明されたと思って観ていました。
ただのいのしし猛者では強くても勝てないですからね。あれだけ血祭りに挙げられたら海は血に染まっただろうと思います。
戦略という点では観る価値はありましたけれどね。
Unknown (メビウス)
2007-06-12 01:56:47
kossyさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

昔の人達はやっぱり死も美徳の一部だと思っていたんでしょうねぇ。それでなくてもスパルタは死よりも、掟や誇りを重要視していた感じが見受けられましたし、先人達が築き上げてきた歴史を壊す事はしたくなかったんでしょうと深く考えてみたり。

でも圧倒的不利な立場にも関わらず降伏もせず、あの勇ましい戦いをしたからこそ、後に3万のスパルタ軍を決起させペルシア軍に勝利したと考えると、無駄死にじゃなかったように思えます。
Unknown (Nakaji)
2007-06-15 00:11:23
kossyさんこんばんわ♪
戸塚ヨットスクールって懐かしすぎる・・・
戸塚 (kossy)
2007-06-15 00:41:50
>ちょび様
どちらも3点しかつけてませんが、300のほうが若干上でしょうか。まぁ、ジョニデファンならしょうがないですよね~(笑)
ファラミア役の人、なかなか重要人物を演じてました。

>たいむ様
俺もまぁ、スパルタ教育を完全否定するわけじゃないのですが、頭を使う勉強には似合いませんよね。
完全なるファンタジー。たしかに見方を変えれば大丈夫なんですけど、ついつい台詞に反応したため評価が下がってしまいました・・・(汗)

>ジョー様
映像はほんとに凄かったですね。
オスカーなんかの賞も映像部門で獲得するんじゃないでしょうか。
もうちょっと内容が欲しかったところですよね。

>rukkia様
奴隷のいる上での民主主義もありなんだろうけど、軍国主義が基本ですからね・・・アテネのほうがずっと民主的のような気もするのですが、そのあたりはよく覚えていませんでした。
LOTRのようなファンタジーと考えればいいんだろうけど、やっぱり史実が邪魔しちゃったかな・・・(汗)

>GAKU様
男祭り!
最近はプライドとかK1とか、格闘技の世界がよく理解できてないkossyです。
熱い男の戦いもいいですが、ラストの弁慶のようなシーンもよかった。。。ぱちんこの義経物語は負けました・・

デビッド・ウィナムも戦士だったり、歴史の伝承者だったりと、ラストにはいい役でしたよね~

>しん様
むむ、あの金貨はレオニダスの妻が!!
いやまぁ、それをどうやって手に入れたかまで考えると違うような気もするのですが。
あの映画の見せ方だと、妻も軍国主義かぶれだし、「死に際は美しく」と教えられてきたのでしょうね。
それでも自分だけは生きないと、有能なスパルタ戦士の血を残さないといけないし・・・って、もう産めないか。

ペルシャ軍がアメリカ的だったとも言えるし、スパルタがアメリカ的だったとも言える。要するに、すべてがアメリカの主義・主張を組み入れた作品だったということで(笑)

>シャーロット様
笑えるシーンはありますよね~
だけど、誰も笑ってなかった。
クセルクセスの登場は一番の笑いどころかな?
それとも巨大象があっけなく負けたところかな?
笑えないほど皆さんは夢中になっていたのでしょうね。

ホラー映画もぜひレパートリーに!
社会派テーマが感じられて、なかなかいいものですよ。

>PGM21様
狭いところに敵を追い詰めて、少ない兵士で戦う。第二次大戦のドラマでもいっぱい出てきますよね。これもギリシアだったっけ・・・
まぁ、ファンタジー映画、戦争映画として観れば、普通に楽しめるわけですけど、ストーリーにもうちょっと工夫が欲しかったところですね。

>メビウス様
美しく死んでも、むごたらしく死んでも、結局は死にますからね・・・(なに言ってんだろ)
わずか300人でペルシア軍を苦しめたという話はとにかく後世に残る。それだけ価値のあることだったのでしょうけど、末裔たちはどうなったんでしょうね。
300人でも戦えたんだから、3万人だと勝てるぞ!
ギリシア人はどうしてこんなにまで強いんだとクセルクセスも弱気になったんでしょうね~
このような映画を観ると、世界史を勉強しなおしたくなりますよね♪

>Nakaji様
最近2ちゃんのパチンコ関連のスレを読んでると、凸確のことを戸塚区などと表記してるもんだから、いつでも思い出しちゃいます・・・(汗)
Unknown (ちびしろちゃん)
2007-06-22 03:15:31
ジェラルド・バトラーファンの私としては
彼のラブシーンだけでお腹イッパイ大満足でした。笑
そっかぁ~ (kossy)
2007-06-22 21:10:52
>ちびしろちゃん様
ジェラルド・バトラーに対しては好きとか嫌いというイメージがなかったので、わかりませんでした・・・
ラブシーンといい、巫女の神秘的なエロチシズムは良かったですよね・・・途中から戦いの世界がハードすぎたため忘れてしまいましたけど・・・
奴隷 (mugi)
2007-06-22 22:08:12
私にはスパルタ戦士のほうが逆に奴隷にしか見えませんでした。
7歳で親元から引き離され、明け暮れ軍事訓練。これぞ、自由な意思を認められず、完全な国家の奴隷兵士養成システムそのもの。どこが自由な人間なのでしょう?
ペルシアの奴隷なら、解放される例も少なくないし、運と才能で人生を切り開いた者もいたのに、スパルタの奴隷は悲惨でした。
奴隷たち (kossy)
2007-06-24 08:03:28
>mugi様
わかりやすい記事がとても参考になりました。
スパルタそのものが民主主義とはかけ離れていると思ったのですが、何しろ紀元前の話ですから、しょうがないといえばしょうがない。
そんな特異でもあるスパルタを「自由と民主主義」だなんて、中高生が観たら間違った世界史の勉強をしちゃいそうで心配ですね。
まぁ、アメリカという国は侵略されたことがないので、どうしても自国をスパルタに置き換えて考えたかったというところでしょうか・・・
スパルタの人たちって・・・ (kisen)
2007-06-24 22:38:07
服、着なかったのかなぁ・・・。

kossyさん、こんばんは。やっと見てきました。
衣装代のいらなさそうな(?)民族でしたね(って、そういう問題じゃないよね)。

視覚的に凝った映画でしたね。ああいう風に作られると、えぐさも軽減されますね。

ペルシア王の黒目が大きすぎですよね。おどろおどろしい。
あと、あの時代の王が妃をあんなに尊敬していた、と言うのが意外でした。
使者に「その勇敢な兵士を産むのは女よ」と言い放ち、一歩も引かなかった王妃にも驚きました。
かなり聡明で、自信のある女性だったのでしょうね。
美しかったですし。

でも、あれだけ勇敢で統率のとれた軍隊、やっぱりすごいです。細かいことはさておき、ね。
紀元前 (kossy)
2007-06-25 00:37:18
>kisen様
衣装に関しては↑のmugi様のページが詳しいです。
裸に近いのはギリシア神話のイメージも出したかったのか、やっぱり筋骨隆々とした体を描きたかったのでしょう。
まぁ、マンガチックに描くことで独特な世界を堪能できましたけど、つまらない会話で面白さ半減・・・

女性も強かったんでしょうけど、女性らしい魅力もいっぱい。もしスパルタに生まれていたら、勇敢な兵士になれない俺は途中で殺されていたことでしょう・・・

軍隊の統率力はたいしたものでしたね~
血なまぐさいけど。。 (GO)
2007-06-25 00:37:40
やたら無意味に飛んで中々”決まらない”中国武侠もの及びそのハリウッド製類似品にも飽きてきた今日この頃。リアルファイトには好感が持てました。しかし、スパルタンが自由の戦士っていうのは無理があるのではなかろうか。。史実に基づいているとはいえ、ペルシャって今のイランだしなぁ。。何か設定臭くないですか?
スパルタン (kossy)
2007-07-01 07:35:34
>GO様
中国武侠モノや普通のハリウッドアクションから比べると断然よかったです。やっぱり「自由の戦士」などという設定が胡散臭かった・・・これによって、評価も下がってしまいます。
イランからは抗議の声も上がっていますが、クセルクセスをもっといい人物に描くとか、方法はいろいろとあったはずですよね。まぁ、侵略されたことのないアメリカが描いた作品ですから・・・
あたしも (sakurai)
2007-07-04 21:03:02
一番、引っかかったのは「民主主義を守るため~!」ってがなってたところ。オイオイ、と突っ込んでましたが。
字幕を見て、英語をちゃんと聞いてませんでしたが、「デモクラティック~」とか、叫んでたんでしょうかね。
筋肉だけは見ごたえがありましたが、一番見せたかったのはそれかもしれませんね。
民主主義 (kossy)
2007-07-14 17:21:20
>sakurai様
さすがは先生!
アテネとスパルタの違いなんて教科書にも書いてあると思うんですが、民主主義とは違いますよね・・・
どうしても今のアメリカの主張と一緒のような気がしてなりませんでした。
英語もしっかりとデモクラティックと言ってましたよ。
おじゃまします (ピロEK)
2007-10-28 00:01:55
おじゃまします。
“スパルタ”って聞いて戸塚ヨットスクールを書き出しに持ってくる…
なにやら世代を感じます。
…弊ブログの梅宮アンナネタには反応いただきありがとうございました。
では、また来させていただきます。今後ともよろしくお願いいたします。
世代・・・ううっ (kossy)
2007-10-28 09:50:35
>ピロEK様
いや、実は阿部進と「ハレンチ学園」にまで言及しようかと・・・さすがにこのときは子供だったのでよくわかってませんが・・・(汗)

梅宮アンナ・・・笑えました~
石原 (kimion20002000)
2007-12-15 20:14:00
TBありがとう。
いや、石原氏は存外、マキャベリストだからなあ。
うだうだ言ってる長老の一人っていうところかもしれないよ。
長老 (kossy)
2007-12-15 23:51:07
>kimion20002000様
なるほど、長老タイプか~
まぁ、卑怯な手は使わないだろうけど、無謀なことばかり主張するかもしれませんよね。問題はペルシアに対してどうでるか・・・

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

81 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
#82.『300 <スリーハンドレッド>』 (レザボアCATs)
いやぁ、もう、何と言うべきか。偏差値40以下の肉体派映画。これ見たら、体を作らないといけない、という気になるかもしれません・・・多分。
「300<スリーハンドレッド>」試写会で見てきた映画感想 (Wilderlandwandar)
まさか当たるとは思ってなかった、試写会が当たったので見てきました。「300<スリ
300 <スリーハンドレッド> (シネマ・ダグアウト -cinema dugout-)
 評価/★★★★★ (ユナイテッド・シネマにて鑑賞)  監督:ザック・スナイダー  アクション快作!もう最高です。  そして、マッチョ!CGではない筋肉達。  サイのくだりが大好き。えっ!?どう処理するんだ、 こいつを!?とか思ってしまった時点で私の負け...
300 (ともやの映画大好きっ!)
(原題:300) 【2007年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★☆☆) フランク・ミラー原作のグラフィック・ノベルを実写映画化した歴史スペクタル映画。 歴史上もっとも熾烈な闘いのひとつとして語られている【テルモピュライの戦い】がモチーフにされている。 紀元前480年...
『300 <スリーハンドレッド>』 (Sweet* Days**)
監督:ザック・スナイダー CAST:ジェラルド・バトラー、レナ・ヘディー、ロドリゴ・サントロ 他 STORY:紀元前480年、ギリシャのスパルタ。その国の兵士達は、幼い頃から厳しい戦闘訓練によって鍛え上げられていた。そんなスパルタの王、レオニダス(ジェラルド・バ...
300 <スリーハンドレッド> (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 アメリカ  アクション&アドベンチャー&歴史劇  監督:ザック・スナイダー  出演:ジェラルド・バトラー      レナ・ヘディ      デヴィッド・ウェンハム      ドミニク・ウェスト 【物語】 紀元前480年、千もの国々を征服してきた大帝国...
300/スリーハンドレッド (そーれりぽーと)
なんだか北米ではスマッシュヒットを飛ばしていたらしい『300』が先行上映されていたので、何も考えずに観てきました。 ★★★ 腹筋バキバキのマッチョな男達がパンツにマント姿でわんさか登場。 華も洒落も無いけれど、ゲイムービーにも観えてしまうくらいに、腹筋の動...
300(07・米) (no movie no life)
スパルタ・レオニダス王の吐く「This is Sparta!」を聞いたとき、映画「ブラッド・ダイヤモンド」の「T.I.A」・・・「This is Africa」を思い出した。全く逆の意味で。 「スパルタ」と言えばスパルタ教育と言う言葉があるほど厳しい軍事教育で有名な古代ギリシア都市...
300 <スリーハンドレッド> ~ 漢(おとこ)の生き様、少数精鋭の独壇場 ~ (Prototypeシネマレビュー)
~ 漢(おとこ)の生き様、少数精鋭の独壇場 ~ 約100万のペルシア軍に、たった300人で戦いを挑んだ筋肉隆々のスパルタ戦士達を描いたこの作品。全米では興収2億ドル(約240億円)を突破した話題作です。そして主演のジェラルド・バトラーらが来日した際は、会場に1200...
「300(スリーハンドレット)」みた。 (たいむのひとりごと)
”300VS100万” 桁違いもここまで違いすぎると笑えてくる。1人あたりが百人力だったとしても及びも付かない。が、しかし、多勢に無勢で挑む姿。戦う意義には感動すら覚える。(どこかの国のやるに事欠い
「300」:永代二丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}おや、こんな都心にアスレチックがあるなんて。 {/kaeru_en4/}よーし、体を鍛えてスパルタの軍団に入るぞ。 {/hiyo_en2/}あなた、ついこの間、「ザ・シューター」観てスナイパーになるって言ったばかりじゃない。 {/kaeru_en4/}いやいや、「300」なんてい...
300<スリーハンドレッド> (利用価値のない日々の雑学)
年頭での筆者の期待度としては、ベスト30に入るかどうか程度の作品であったのだが、正直、こんなに周囲でも人気が高いのは驚きだった。シアターの予告編効果も大きかったのかと思う。又、筆者が子供の時分にはよく「スパルタ教育」なんて言葉も耳にしたし、実際、小学校...
300 (メルブロ)
300 上映時間 1時間57分 監督 ザック・スナイダー 出演 ジェラルド・バトラー レナ・ヘディ デヴィッド・ウェンハム ドミニク・ウェスト ミヒャエル・ファスベンダー 評価 7点(10点満点) 会場 中野サンプラザ(試写会)  二日連続、中野サンプラザ...
300<スリーハンドレッド> (UkiUkiれいんぼーデイ)
       「わんぱくでもいい たくましく育って欲しい」 スゴイ すごい 凄い   凄すぎるぅぅぅぅ~~~っ!!!         熱いぜ!この男たち! 「スパルタの掟」 ひと~つ、戦えない子供は谷底へ捨てろ ふた~つ、7歳で母と決別せよ み...
300<スリーハンドレッド> (悠雅的生活)
100万のペルシャ軍を迎え撃つ、スパルタの300人の裸の男たち。
300(スリーハンドレッド)☆独り言 (黒猫のうたた寝)
なんだろう?300??で、予告はグラディエーター風味?強大なペルシャ軍に対して300人の精鋭部隊で立ち向かったスパルタ軍の物語なのでした。『300(スリーハンドレッド)』一足お先に観られました。とっても不思議な感覚の映像です。挿絵を観てるような、影とコン...
300 <スリー・ハンドレッド>(2007) (萌映画)
フランク・ミラー原作の「300」、先行上映で見てきた。 これ、史劇って宣伝しちゃやばいだろうって思ってたけど、なるほど、ギリシャ側だけ見れば史劇といえないこともないかな。でも、ペルシャ側を見たら劇画っていわないと、なぁ…。 もう、あっち側は絵に描いたよう漫...
300 スリーハンドレッド(先行上映) (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
100万の敵を向こうに回し、男たちは戦うことを望んだ。弱いものは生きることさえ許されない_スパルタの男たちはそのように生まれ、そのように育てられた。服従はしない、退却はしない、降伏しない、これがスパルタの掟だ__ 最強国家を作り上げた“スパルタ式”...
300 [監督:ザック・スナイダー] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
歴代映画&テレビ、多勢に無勢、それでも戦うランキング・・・  1位・・・ウルトラマン(1対2030000000)  2位・・・ランボー(1対500000)  3位・・・スパルタ(1対3333)
300 ~試写会にて (シャーロットの涙)
300人VS100万人!?
映画 【300 〈スリーハンドレッド〉】 (ミチの雑記帳)
先行上映にて「300〈スリーハンドレッド〉」 『シン・シティ』でも知られるアメコミを代表する作家フランク・ミラーのグラフィック・ノベルを基に映画化。 紀元前480年、スパルタ王レオニダス(ジェラルド・バトラー)は、ペルシアの大王クセルクセス(ロドリゴ・サント...
300/スリーハンドレッド (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
人類史上最強300人からなるスパルタ軍団。肉体や映像など感銘するシーンはあったが、物語としてはどうなの???                               評価:★6点(満点1...
「300(スリーハンドレッド)」物量に負けても内容で圧勝した戦略にも優れた300のスパルタ神兵 (オールマイティにコメンテート)
「300(スリーハンドレッド)」(R-15指定)は紀元前480年のギリシャを舞台にスパルタ軍300とペルシャ軍100万という圧倒的な不利な状況下でペルシャ軍と戦ったスパルタ軍の猛者達の奮闘を描いたストーリーである。物量では確かに敵わない相手でも戦い方次第でその状...
300 (O塚政晴と愉快な仲間達)
久しぶりの映画レビュー。 まずは最新作から小出しにしていきます。 300 <スリーハンドレッド> ★★★★☆ 実際に歴史上起こった(とされる)スパルタvsペルシアの戦い、いわゆるテルモピュライ(テルモピレー)の戦い(ウィキペディア参照)を描い...
300 スリーハンドレッド(評価:☆) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ザック・スナイダー 【出演】ジェラルド・バトラー/レナ・ヘディ/デヴィッド・ウェンハム/ミヒャエル・ファスベンダー/ヴィンセント・リーガン/ドミニク・ウェスト/ロドリゴ・サントロ 【公開日】2007/6.9
『300<スリーハンドレッド>』 (すきなものだけでいいです)
むせ返るような漢臭(おとこしゅう)。 いつもクリックありがとうございます! ちなみに今日も一押しいかがですか・・・? 映画館で映画を観る。 という事が、とってもゴウジャスな行為だと思わずにはいられない
300 (瞼のスクリーン)
オススメ度 ★★★★★(4・5) 最近観る映画はあたり続き、この映画は特にあたり、ただのギリシャにおける戦争、ただそれをドラマチックに作った映画、ただそれだけの内容なんだけど、計り知れないセンスの良さ、美しいし、カッコいい。
劇場鑑賞「300<スリーハンドレッド>」 (日々“是”精進!)
「300<スリーハンドレッド>」を鑑賞してきました「シン・シティ」のフランク・ミラーによるグラフィック・ノベルを映像化したスペクタクル。ヘロドトスの「歴史」にも記されている、”テルモピュライの戦い”・・・100万のペルシア軍勢に立ち向かった都市国家スパ...
300(スリーハンドレッド) (Black Pepper's Blog)
予告編があまりにド派手で気になっていた「300(スリーハンドレッド)」を観てきました。 300 <スリーハンドレッド> (2007年 / アメリカ) 写真クリックで公式サイトへ 監督・脚本: ...
300 07130 (猫姫じゃ)
300 スリーハンドレッド 300 2006年  ザック・スナイダー 監督・脚本  フランク・ミラー 原作・制作総指揮  リン・バーリー 原作ジェラルド・バトラー レナ・ヘディー デイビッド・ウェナム ドミニク・ウェスト ビンセント・リーガン マイケル・フ...
300 <スリーハンドレッド> (映画鑑賞★日記・・・)
【300:2007/06/09】06/12鑑賞製作国:アメリカR-15監督:ザック・スナイダー原作:フランク・ミラー、リン・ヴァーリー出演:ジェラルド・バトラー、レナ・ヘディ、デヴィッド・ウェンハム、ドミニク・ウェスト、ミヒャエル・ファスベンダー紀元前480年。スパルタ王レオ...
300/スリーハンドレッド (Akira's VOICE)
伝説の追体験。 脳裏に刻み込まれました。
スリーハンドレッド 上映の詳細 (ネットニュース)
木村郁美(TBS) 住吉美紀(NHK) 青木裕子(TBS) 黒崎めぐみ(NHK) 丸川珠代(テレビ朝日) 川田亜子(フリー) 高島彩(フジテレビ) 内田恭子(フリー) 滝川クリステル(フジテレビ) 中野美奈子(フジテレビ) スリーハンドレッド商品価格:2,940円レビ...
300  スリーハンドレッド (★YUKAの気ままな有閑日記★)
ジェラルド・バトラーの肉体美を堪能しに劇場へ―【story】紀元前480年。スパルタ王レオ二ダス(ジェラルド・バトラー)の元にペルシャ帝国からの遣いがやってきた。国を滅ぼされたくなければ、ペルシャの大王クセルクセス(ロドリゴ・サントロ)に服従しろと使者は言う。...
300 [映画] (mololog(モロログ) -映画レブーとかその他諸々)
http://wwws.warnerbros.co.jp/300/ (300 
【300 】 (+++ Candy Cinema +++)
【 300 】 監督/脚本 ≪ ザック・スナイダー 原作    ≪ リン・バーリー 製作年度 ≪ 2006年 日本公開 ≪ 2007年6月9日 上映時間 ≪ 1時間57分 製作国   ≪ アメリカ 配給    ≪ ワーナー・ブラザース映画 CAST
【劇場映画】 300<スリーハンドレッド> (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 紀元前480年。スパルタ王レオニダスのもとに、圧倒的な軍力を誇るペルシア帝国・クセルクセス王の遣いがやって来た。曰く、土地と水を差し出さなければ、国を滅ぼすという。しかしレオニダスは遣いを葬り去り、ペルシアと戦う道を選んだ。託宣師のお告げ...
300 スリーハンドレッド (C'est Joli)
300 スリーハンドレッド’06:米 ◆監督・脚本:ザック・スナイダー「ドーン・オブ・ザ・デッド」◆出演:ジェラルド・バトラー 、 レナ・ヘディー 、 デイビッド・ウェナム 、 ドミニク・ウェスト、 ビンセント・リーガン ◆S...
【2007-82】300<スリーハンドレッド> (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
戦えない子供は谷底へ突き落とされ、 男たちはとてつもない国を育てた。 スパルタだ・・・ そこに侵略軍が現れた 人類史上── 最強の300人 VS侵略軍100万人 史上最大のとてつもない真っ向勝負が幕を開ける。 300人VS1,000,000人、真っ向勝負!...
300 <スリーハンドレッド> (300) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ザック・スナイダー 主演 ジェラルド・バトラー 2007年 アメリカ映画 117分 アクション 採点★★★★★ もう評価も付けたことだし、余計なことをウダウダと書かずに一言「これがスパルタだ!!」とだけ書いて終わらせるのが一番良い気もするので、こっから先は無駄話...
「300 / スリーハンドレッド」 (Cinema Chips)
6月9日から公開の「300 / スリーハンドレッド」を観ました。「シンシティ」などのアメコミの人気作家であるフランク・ミラーのグラフィックノベルが原作。たった300人のスパルタ人兵士が、どのようにして100万のペ
「300<スリーハンドレッド>」 伝説という抑止力 (はらやんの映画徒然草)
画面から感じるエネルギーのポテンシャルがすごいです。 原作はフランク・ミラーのグ
「300」 (-☆ EL JARDIN SECRETO ☆-)
容赦なく、デフォルメされた、大活劇を、体感する。シリーズものが増えて、ネタも切れてきたかに見える娯楽映画ですが、まだまだ見せ方はあるんですね。古代ギリシャを舞台に、伝説か神話を読むような語り口で話は進みます。伝説か神話なのでそこにリアリティは要りません...
300 スリーハンドレッド (映画とCINEMAとムービー)
300 (2007) 300 Warner Bros.  300 スリーハンドレッド 裸の肉筋モリモリ男しか出てきません。(間違い) マッチョ祭りです。(感違い)
映画鑑賞記「300(スリーハンドレッド)」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
鑑賞日:07.06.15 鑑賞場所:シネマイクスピアリ 300人VS1,000,000人。 真っ向勝負! スパルタの戦士たちは、100万人のペルシア軍をいかに震え上がらせたか? <ストーリー> (公式HPより) 100万の敵を向こうに回し、男たちは戦う...
「300 」 (首都クロム)
 研ぎ澄まされた槍や、鍛え抜かれた咬筋と牙の力や、力任せに振り下ろされる剣や、雨と降り注ぐ矢に、刺し貫かれ斬り伏せられる。自分の靴擦れとか筋肉痛なんて、大した事ではないのだと思います。想像だに出来ない、スパルタという国家の厳しい淘汰の現実・肉が裂け血が...
「300」 (大吉。)
<日曜日> 水曜日に観た映画の3本目は「300」でした。普通、2本も観ればフラフラするんですが、この日はまだイケる感じだったので3本目を観る事に・・。 紀元前480年、スパルタ王レオニダスの元にペルシア帝国から使者がやって来た。国を滅ぼされたくなければ...
300 (明け方シネマ)
 史実を強みに、見応えのある映像が展開される。躍動する身体はCG処理されているとは言え、美しく見える。また「降伏するよりは死を」といった勇ましい言葉は本能的に人を奮い立たせる。レオニダス王が「ただ語り継げ」と望んだ通りに、ギリシャ軍は最終的にペルシャ軍を...
300 (日々緩々。)
『300-スリーハンドレッド-』観てきました。 公式HPはこちら。 映画館でもらったパンフ(シネマフロンティアニュース)よりあらすじを。 紀元前480年、スパルタ王レオニダス(ジェラルド・バトラー)は ペルシアの大王クセルクセスから服従の証を立てるよう迫られる。 ...
300〈スリーハンドレッド〉 (Diarydiary!)
《300〈スリーハンドレッド〉》 2007年 アメリカ映画 - 原題 - 30
300 スリーハンドレッド (週末映画!)
期待値: 81%  漫画が原作の歴史スペクタクル映画。 ジェラルド・バトラー,レナ・ヘディ,デヴィッ
300スリーハンドレッド (CHIBISHIRO の 楽しく♪花嫁修行)
お久しぶりです!ちょっとサボってました今日は映画の紹介です。「300 スリーハンドレッド」を観て来ましたよ~    ↑こんなジメジメする日は冷茶と一緒にお菓子を□□あらすじ□□紀元前480年。スパルタ王レオニダスのもとに、圧倒的な軍力を誇るペルシア帝国・クセ...
映画 『300<スリーハンドレッド>』 (Death & Live)
このロゴがどうしても 「309」 に見えてしまう。 『300<スリーハンドレッド>』  2006年 原題 : 300 監督 : Zack Snyder スパルタって凄いですね。 それを良しとして格好いいと思うか、 残虐な血の気の多い男たちだと嫌うか、 時代を考えずに冷...
300 06年【米】ザック・スナイダー監督 (トーキング・マイノリティ)
 アメリカ人はとかく史劇を撮ると、歴史観の薄っぺらさを露呈する。この映画もその類の典型で、かつての西部劇を古代ギリシアに置き換えたものだった。主役のジェラルド・バトラーもインタビューで、「悪いペルシア軍と戦う物語」と答えていた。一昔前なら悪いの後がイン...
300~スリーハンドレッド~ <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
血、血、血、飛びまくる血明らかにCGで作った血だったので 不思議と結構観れるもの。リアルに吹き出ていたら とても最後まで観れやしないっ紀元前480年 ここでは最強のスパルタ兵を育てる為に、男の子は生まれた時から選別される戦士になれない者は育てられずに ...
300(スリーハンドレッド) (ゆるり鑑賞)
【物語】 紀元前480年、ペルシア大王クセルクセス(ロドリゴ・サントロ)は スパルタを次なる標的に定め、服従の証を立てるよう迫る。 その要求を拒否したスパルタの王レオニダス(ジェラルド・バトラー)は、 スパルタの精
スパルタ戦士の強さの源は女性●300 スリー・ハンドレット (Prism Viewpoints)
力なき正義は無能であり、正義なき力は圧制である。 力なき正義は反抗を受け、正義なき力は弾劾を受ける。 それゆえ正義と力を結合せねばならない。   ―― パスカル 『パンセ』より  ―― 『Three Hundred』 紀
★「300 <スリーハンドレッド>」 (ひらりん的映画ブログ)
全米で興行収入2億ドルを突破したというヒット作。 ギリシャやペルシャの戦士ものはヒットしない・・・という今までの常識を覆したそうで。 主人公はスパルタ教育で有名なスパルタの王。 300人対100万人の対決・・・というのがウリ・・です。
300(スリーハンドレッド)(6/9公開) (第八芸術鑑賞日記)
 6/24、新宿ミラノにて鑑賞。6.5点。  見ながらウトウトしてしまった俺などが言っても説得力のないことかもしれないが、評価とは関係なく映画ファンならば一見しておく価値のある作品だ、とは言っておくべきだろう。一昨年の『シン・シティ』に続き、フランク・ミラーの...
『300 <スリーハンドレッド>』この映画を見て! (オン・ザ・ブリッジ)
第165回『300 スリーハンドレッド』  今回紹介する作品はスパルタの兵士300人がペルシアの巨大軍と戦う姿を描いたアクション映画『300 スリーハンドレッド』です。この作品はペルシア戦争のテルモピュライの戦いをアメリカで人気のフランク・ミラーがコミックノベルとし...
300 スリーハンドレッド!! (銅版画制作の日々)
世界各国でNO.1ヒット記録 6月10日、MOVX京都にて鑑賞。300人vs1,000,000人のバトルえぇ~そんな戦い、勝てっこないじゃん。しかし彼らは100万人相手に戦うことを望んだ。弱い者は生きることさえ許されないスパルタの男たちはそのようなところに生まれ、そ...
300(スリーハンドレッド) (mahirose cafe)
親が子供にその誇り高き戦士の魂を伝えていくスパルタ。 そこには親子間の甘えはない。 7歳になると少年は母親と離れ野に解き放たれる。 生きていくためにあらゆることをしなければならない。 圧倒的な暴力・・・。 ある日いつもと同じように少年が一人、野に放た...
300 (迷宮映画館)
あんまり早い試写会で、自分のテンションが上がらない。
300★★★★劇場90本目:スパルタ戦士の肉体美と映像美 (kaoritalyたる所以)
珍しく即アップです、映画レビュー。数本飛ばしてますが、まぁいずれアップします。もうお客さんもまばらになってきた『300』を仕事帰りに観てきました。いつもながら解説はYAhoo!からのコピペです。解説:『シン・シティ』でも知られるフランク・ミラーのグラフィック・ノ...
300/スリーハンドレッド (TRIVIAL JUNK Blog)
スパルタブートキャンプ(多分同ネタ多数) <公式サイト> 史実「テルモピュライの戦い」を元にした、フランク・ミラー(「シン・シティ」)の劇画の実写化。 まぁ予告やポスターを見ていただければ分かるとおり、全編これ男性ホルモンの本格マッチョ映画であります。...
300[スリーハンドレッド] (TRIVIAL JUNK Blog)
スパルタブートキャンプ(多分同ネタ多数) <公式サイト> 史実「テルモピュライの戦い」を元にした、フランク・ミラー(「シン・シティ」)の劇画の実写化。 まぁ予告やポスターを見ていただければ分かるとおり、全編これ男性ホルモンの本格マッチョ映画であります。...
300<スリーハンドレッド> (ルナのシネマ缶)
スパルタって、言葉はあんまり 良い印象はありませんが、 スパルタ王国の教育を観て なおさら、いやになりました。 まあ、強い子を育てたいのは わかるけど、あれじゃあねぇ~・・・ 弱い者や体の不自由な者を 切り捨てるやり方もなんかやだなぁ~。 紀元前480...
300 (ちわわぱらだいす)
映画を見る前にご飯を食べて~ あら? 食前酒がとっても綺麗&#63698; うさぎはこう見えても(はい。。。見えてません)お酒はまったく飲まないのよねぇ・・・飲めないわけではないけど。 おいしく思えないんだ。。。 しかし、あまりの綺麗さに注文&#63899; とっ...
「女帝」と「300」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
両方の映画が、戦いシーンは流れる様な美しい動き、スローモーションを多用し、映像も雰囲気も独特で素敵、アートの様に撮影している作品でした。しかしながら、両方とも3つ☆ しょせん(なんて言ったら申し訳ないけど・・
2007-18:300 (正咄 その弐)
意外?と言っては失礼なのですが、ヒットしている300<スリーハンドレッド>を見てきました。会場内はやはり(?)男性が多く、ちょっと異様な雰囲気ではありました。何故なんでしょう・・・?舞台はスパルタという国。スパルタ教育という言葉があるようにこの国が子....
300[スリーハンドレッド] (Yuhiの読書日記+α)
紀元前480年の話。スパルタ教育とかの語源となったっていう話を、世界史の授業で習った気もしますが、遠い昔の事なのですっかり霞の彼方で・・・。これから観ようと思っている方は、前もってこの時代のことを知っていた方が、より映画の世界を楽しめると思います。 ...
300<スリーハンドレッド>…期待しすぎたの?私が?? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
今日{/kaeru_fine/}は、地元のお金かからないイベントのひとつ“勝山橋ホクホク食堂”ってのに出かけました。 オクサンの知り合いが“九州手打ち蕎麦愛好会”ってので出店。 十割手打ち蕎麦ってのを食べてきました。お安い値段なのに美味しくて、追加でもう一杯って感じで...
300 スリーハンドレッド (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『300人VS1,000,000人、真っ向勝負!』  コチラの「300 スリーハンドレッド」は、史上もっとも熾烈な闘いのひとつとも言われる紀元前480年の"テルモピュライの戦い"を基にしたフランク・ミラーのグラフィック・ノベルを斬新で強烈なヴィジュアルで映画化したR-15指...
mini review 07084「300 スリーハンドレッド」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
解説: 『シン・シティ』でも知られるフランク・ミラーのグラフィック・ノベルを基に、スパルタの兵士300人がペルシアの巨大軍と戦う姿を描いたアクション超大作。監督は『ドーン・オブ・ザ・デッド』のザック・スナイダー。屈強なスパルタの王レオニダスを『オペラ座の...
300(スリー・ハンドレッド) (カラスのBlog)
テルモピレーの戦いですかあ。 監督はザック・スナイダー。 「ドーン・オブ・ザ。デッド」の監督だとは知らなかった。 あの映画は面白かった。 主人公、レオニダス王にジェラ...
300 スリーハンドレッド (* miss.chibi cafe *)
お久しぶりです! ちょっとサボってました 今日は映画の紹介です。 「300 スリーハンドレッド」を観て来ましたよ~      ↑こんなジメジメする日は冷茶...
『300』'07・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ紀元前480年、スパルタ王レオニダス(ジェラルド・バトラー)は、ペルシアの大王クセルクセス(ロドリゴ・サントロ)から服従の証を立てるよう迫られる。そこで、レオニダス王が取った選択肢は一つ。わずか300人の精鋭たちとともにペルシアの大群に立ち向か...
映画評「300<スリー・ハンドレッド>」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2007年アメリカ映画 監督ザック・スナイダー ネタバレあり
『300<スリーハンドレッド>』 (『映画な日々』 cinema-days)
300 紀元前480年 テルモピョライの戦い スパルタ軍300人 VS ペルシヤ軍100万人 を描く。 個人評価 ★★ (自宅鑑賞)
<300 スリーハンドレッド>  (楽蜻庵別館)
2007年 アメリカ 117分 原題 300 監督 ザック・スナイダー 原作 フランク・ミラー 脚本 ザック・スナイダー  マイケル・B・ゴードン  カート・ジョンスタッド 撮影 ラリー・フォン 音楽 タイラー・ベイツ 出演 ジェラルド・バトラー  レナ・ヘデ...
300 スリーハンドレッド (inuhiko.ism)
 フランク・ミラーのグラフィック・ノベルを映画化したゴリゴリの男子たちがぶつかり合うアクション・スペクタクル作品『300(スリーハンドレッド)』。たった300人の兵士で100万とも言われるペルシア軍に立ち向かうスパルタ軍の戦いを描く。...