ネタバレ映画館

帰って寝るだけのタクシードライバーになりました(汗)

友引忌(ともびき)

2004-07-06 21:14:02 | 映画2004
 アン・ビョンギ監督の『ボイス』より以前の作品だ。それなのに『ボイス』よりも怖いのだ。同じように音を重要視したホラーになっていて、何度もドキリとさせられた。ストーリーをとにかくサスペンスタッチに仕上げようと努力はしているものの、回想シーンと現在のシーンの区別がつきにくいのでわかりにくくもある。どちらかと言えば日本の怪談の雰囲気があるなぁ・・・
 なぜかこの監督のホラーはサスペンスタッチに仕上げたくてしょうがないらしく、過去を手繰って秘められたものを探し出そうとする。観ている者は、「ひょっとしたらこの男が犯人なのかも!」というミスリードとも思える手法に引っかかってしまうのです。しかし、ラストシーンをわざとミステリアスにして、ゾッとさせるテクニックには恐れ入りました。やはり、ホラーではなく、韓国の怪談というジャンルにしたい作品だ。
ジャンル:
映画・DVD
キーワード
ミスリード アン・ビョンギ
コメント (0) |  トラックバック (4) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 純愛中毒 | トップ | 海猿 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
「友引忌 -ともびき-」DVDにて (xina-shinのぷちシネマレビュー?)
DVDで韓国ホラー映画『友引忌 -ともびき-』を観ました。 怖いという噂は聞いていたんですが、邦題がイマイチなのと例によって1週間レンタルになるのを待っておりました。(英題は『ナイトメア -悪夢-』、そのままでいいように思いますが。) 主演は『ボイス』の「ハ・ジウ
友引忌 (★☆★ Cinema Diary ★☆★)
やっぱりホラー映画でもストーリーがしっかりしている方が好きだなぁ。 先日観たボイスと同じく、サスペンス要素の強いホラー映画でした。 評価はかなり低いようですが僕は十分楽しめました。 現在と回想シーンの行き来で少し戸惑う部分があったけど、僕はこれで良いと思.
ハ・ジウォン -友引忌- (ぐぅちゅえんの見たり読んだり)
韓国ホラー。 韓国のホラーは、あんまり怖くない。 この、友引忌も、一瞬期待したけど 砕けました。 嫁さんも、最初の間は、結構びびってたんだけど、、、 韓国ホラーって、思うんだけど 最後に可哀想な現実に行きすぎて、 恐怖を忘れちゃうんだなー この監督、
友引忌 −ともびき− (入ル人ラ)
{{{<Nightmare>}}} [[attached(1,left)]] 冒頭の病院みたいな死体安置所のようなシーンが、 なんとも期待させてくれます。 ちょろちょろと子供の霊が出現したりで、怖かったり・・・。 殺害にやってくる霊の'''ギョンア/役:ハ・ジウォン'''