ネタバレ映画館

帰って寝るだけのタクシードライバーになりました(汗)

2005年kossy映画賞 部門賞

2005-12-31 16:19:01 | 映画雑談
今年最後のブログ記事となりました。

昨年度と同じようにkossy部門賞を考えていたのですが、“親孝行しま賞”を選ぼうとした時点で候補作の少なさに愕然となってしまいました。調べてみると去年とは違い、子供を思う親の映画が多かったのです。同じように“お年寄りをいたわりま賞”の選定も難航。そう考えると、今年の映画の特徴は“子供を想う親の気持ち対決”としたほうがよさそうです。
そんなこんなで、“父親vs母親”親子の絆はどちらが強い?と考えさせる映画をセレクトしてみました。
父親
『Dear フランキー』『ベルンの奇蹟』『宇宙戦争』『復讐者に憐れみを』
母親
『男たちの大和』『ニライカナイからの手紙』『星になった少年』『親切なクムジャさん』『エレニの旅』『マラソン』『北の零年』『火火』『ザ・リング2』
映画の本数だけでは母親の方がが圧倒的に愛情が深いことがわかりますが、一方では堕胎に関する映画や望んでいない妊娠をテーマにした映画も多かったですね。cf.『ヴェラ・ドレイク』『そして、一粒のひかり』『ある子供』(未見)『姑獲鳥の夏』
とりあえず母親の勝ちです。どの映画も力強い母親を感じましたけど、母親賞として『火火』を選びたいと思います。父親賞該当作品なし!

兄弟・姉妹をテーマにした映画では『ザスーラ』『イン・ハー・シューズ』『マイ・ブラザー』『ブラザーズ・グリム』などが印象的でしたが、兄弟賞『マイ・ブラザー』に進呈します!

夫婦の絆が感じられる映画も多かったですね。『Mr.&Mrs.スミス』『ディック&ジェーン』『モディリアーニ』『シンデレラマン』『キンゼイ』etc...最近は離婚をテーマにしたものが徐々に少なくなってきているような気がします。ここではぶっ飛んだ夫婦『Mr.&Mrs.スミス』夫婦賞を授与します!

皆さんがおっしゃるように、記憶モノ映画も多かったですよね。来年もこの傾向は変わらないようです。
アルツハイマーをテーマにしたものでも、『きみに読む物語』『私の頭の中の消しゴム』『いつか読書する日』、ちょっと変わったもので『50回目のファーストキス』、消された記憶ものでは『エターナル・サンシャイン』『フォーガットン』『クライシス・オブ・アメリカ』etc.
なんだかんだいっても、記憶映画賞『エターナル・サンシャイン』に決定です!

さて、部門賞最後を飾るのは動物賞です。
今年は例年よりも動物が大活躍しました。「虫」も動物賞に入れていいのかどうかはわかりませんが、『キング・コング』『ムシキング』『仮面ライダー』(バッタ)『コープス・ブライド』『バタフライ・エフェクト(?)』などで活躍しました。『ブラックジャック』も虫プロなので、虫映画の仲間入りです(笑)。ちなみに虫映画というのは一定の時期に大量発生するようです。例えば、1997~1998年頃には『レリック』『ミミック』『スターシップ・トゥルーパーズ』『バグズ・ライフ』『アンツ』etc.ちょっと背筋がこそばゆくなってきますね・・・
動物映画の代表でいえば「犬」です。今年の犬映画は『トゥルーへの手紙』『いぬのえいが』など、犬がいっぱい登場するもの以外に、『この胸いっぱいの愛を』『ディック&ジェーン』『ライフ・イズ・ミラクル』『マスク2』、かなり目立っていた映画が他にもいっぱいありました。『ダニー・ザ・ドッグ』も犬映画と言えるかもしれません・・・
以下、動物ごとに列挙します。
「猿」・・・『キング・コング』『星になった少年』
「亀」・・・『亀も空を飛ぶ』『亀も速く泳ぐ』『シンデレラマン』
「ラクダ」・・・『埋もれ木』
「ロバ」・・・『ライフ・イズ・ミラクル』
「象」・・・『星になった少年』『トゥルーへの手紙』
「狼」・・・『あらしのよるに』『オオカミの誘惑(?)』
「羊」・・・『あらしのよるに』
「ニワトリ」・・・『チキン・リトル』『ニワトリははだしだ(?)』
「シマウマ」・・・『レーシング・ストライプス』『マダガスカル』『マラソン』
「ペンギン」・・・『皇帝ペンギン』『マダガスカル』『50回目のファーストキス』
「ドラゴン」・・・『ハリー・ポッター』
「サメ」・・・『シャークテイル』『50回目のファーストキス』『オープン・ウォーター』
・動物がいっぱい・・・『ライフ・イズ・ミラクル』『マダガスカル』『星になった少年』『チキン・リトル』

こんなに動物がいっぱいだと、動物賞選定も大変ですが、やはり、年末に観て印象的だった『キング・コング』動物賞に決定です!

俳優賞や監督賞などを期待して読んでくださった方、ごめんなさい・・・
『イベント』 ジャンルのランキング
コメント (37)   トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チキン・リトル | トップ | 1月の掲示板 »
最近の画像もっと見る

37 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (りお)
2005-12-31 16:41:10
こうして見ても、かなりの数を観ていらっしゃいますよねえ。

今年、意外に動物映画が結構多かったんですねー(一部動物ではなかろうと思うのもありますが・笑)。わたしは動物ものは苦手なので、あんまり観てないのですが。



いつも参考にさせていただいています。

来年もよろしくお願いします。よいお年を!
良いお年を! (ぐ~)
2005-12-31 18:11:15
部門賞面白いですね♪

今年は記憶物がかなり多かったですが、来年もしょっぱなから「博士の愛した数式」が公開されるので、これまた楽しみにしています!

今年2月に始めたブログですが、kossyさんのブログでかなりお勉強をさせて頂きました!

来年もよろしくお願い致します♪
感謝、感謝の一年 (たましょく)
2005-12-31 18:21:20
 ども、たましょくです♪



 今年は、ホントにkossyさんのブログに

お世話になりました。沢山の映画レビュー

を読ませていただき刺激を受け、コメント

を頂き、励みとなりました。



 ネタバレ映画館を通して、色々な方との

出逢いもあり、感謝してもし尽くせない思

いです。



 来年も素晴らしい映画と出会える祈りつ

つ、では、よいお年を♪♪♪



              たましょく
父親賞は (Mar)
2005-12-31 18:36:08
こういう部門賞とても気に入りました。さすがKossyさんですね。



父親賞は、該当なしは残念ですね。



僕は、ALWAYS 三丁目の夕日は、父親賞になるかと思ったのですが選考基準が違うかな。
Unknown (隣の評論家)
2005-12-31 20:06:37
kossyさん、こんにちわ。記事を拝見しました。『父親賞』該当なしというのは淋しい結果ではありますが、『動物賞』の選定はさぞかし大変だったと思います。やっぱり「キング・コング」ですよねぇ。

今年もあと数時間ですが、来年もどーぞヨロシクお願い致します。
動物 (kossy)
2005-12-31 20:28:17
>りお様

こんにちは。

動物映画が多くて、思い出すのに一苦労しました(笑)

感想を書くときにもっと動物についても言及しておけばよかったなぁ~と、ちょっと反省しました。



来年もぜひ「ネタバレ映画館」へ遊びにきてくださいね♪



>ぐ~様

やはりいい映画は記憶ものの映画でしたね~

来年もこの傾向が続きそうで、かなり楽しみにしています。なんせ、俺が記憶力弱いもんで・・・(汗)

このブログでお勉強だなんて・・・ギャグとかですか?(笑)



来年もよろしくお願いいたします。



>たましょく様

今年もいっぱい書きこみしていただき感謝しています。

刺激を与えたとなると、俺も興行成績に若干影響を与えてるんですねぇ・・・ちょっと心配(笑)

そうそう、ココがトラックバック・センターのような役割を果たすなんてことも感謝していますよ♪



これからもよろしくお願いいたします。



>Mar様

なぜだか、風変わりな部門賞を作りたがるkossyです。

父親賞は残念なことになりましたが、『ベルンの奇蹟』に与えるべきだったか・・・ライバルが少なかったのが理由です。

『ALWAYS』の場合は、他人の子に対する愛情だったので、漏れてしまいました・・・



>隣の評論家さま

動物賞の選定・・・ほんとは犬の中から選びたかったのですが、こんなに多い中から「ねぇマリモ」を選ぶのも変だし・・・ということで、もっともインパクトのあるところから選ぶという安易な方法をとってしまいました(笑)



来年もぜひ拙ブログにおつきあいくださいませ。
部門賞 (rukkia)
2005-12-31 20:35:17
夫婦賞、すごかったですねー。

あそこまで本気の夫婦というのも(^^;



動物では「銀河ヒッチハイクガイド」にねずみがでてくるのです。

かわいいシロネズミ。

虫賞と脊椎動物賞を分けたら、虫賞はレーシングストライプスのあのハエコンビでしょうか。



来年もまた楽しいレビュー、たのしみにしてます。

お邪魔虫です・・。 (サナダ)
2005-12-31 20:59:05
振り返ってみると、確かに動物いっぱい出てきましたよね。

「虫」は本当にキショかったです。

もう嫌ですよね、「虫」は!

・・・・

でも、いい虫もいるのですよ~っ。「サナダ虫」とか!(何)



いつも映画レビュー、楽しく拝見しております。

来年も益々のご活躍を祈って・・、

よいお年を~♪
こんにちは♪ (ミチ)
2005-12-31 21:07:24
kossyさんのことだからフツーの部門賞じゃないと思ったら・・・・やっぱりさすがはkossyさんだった~~~!

動物賞はやっぱりコングですよね、うんうん。

紅白を見ながらのブログも新しい風物詩となるかもしれませんね。

来年もよろしくお願いいたします。

とりあえず何を最初に見ますか~?

私は多分「スクラップヘブン」です(爆!)
父親賞 (猫姫少佐現品限り)
2005-12-31 22:14:17
あたしは、かわいそうだから、

宇宙戦争のダメおやじにあげたいです。



今年は、ありがとうございました。

来年も、よろしくお願いしますね!

どうぞ良いお年を!
来年はどんな部門賞が・・・ (kossy)
2005-12-31 22:24:06
>rukkia様

夫婦賞も文句のでないところでしょうね。

来年もこの調子で家族の部門賞を考えたいと思います。



銀河ヒッチハイクにはねずみですかぁ~!

いやぁ~やはり観ておきたかった。残念です。

そうそう、バズ&バズズでしたっけ・・・あのハエのコンビはすごかった(笑)



>サナダ様

そうですよね~いい虫ですよサナダ虫は。

ダイエット法もあるくらいですから、健康にもいい(笑)

虫映画の発展を願って乾杯~♪



来年もよろしくお願いいたします。



>ミチ様

去年の部門賞はもっとわけがわかりませんでしたよ。

「泣いた赤鬼賞」まであったんですから・・・

紅白もレコ大もプライドも何も見ず、ただひたすら映画を見ているkossyですが、明日は正月でもあるし映画千円デーでもあることに焦りを覚えています。

あぁぁ、見る映画がない。

シネモンドで『トゥルーへの手紙』『理想の女』を先に観て、『スクラップヘブン』をその後観ようかな。



来年もよろしくお願いいたします。
父親賞 (kossy)
2005-12-31 22:25:49
>猫姫少佐現品限り様

そっかぁ~みなさんのところでワースト映画に選ばれてますからね~父親賞をあげてもいいかもしれない(笑)



来年もよろしくお願いしまぁす。
部門賞 (tm)
2005-12-31 22:27:51
文句なし

全会一致です

除夜の鐘 (kossy)
2005-12-31 23:48:07
>tm様

今年も記事を読んでくださってありがとうございました。

もう除夜の鐘が鳴ってる頃です・・・

短いながらも鋭いコメントにいつも感心してますよ!

来年もよろしく。
納得できかねます (coccim)
2006-01-01 00:28:23
エターナル・サンシャインの記憶映画賞には意義を唱えたい気分ですが、K-1とPRIDEと紅白をTVとPCを駆使して観た関係で、自分がノックアウト状態でヘタレになってしまいました(もう年も明けちゃったし)。



本年も楽しい感想とすばらしいkossy画伯の作品に期待しています。
フライダディフライも(笑) (にゃんこ)
2006-01-01 01:22:37
『ニワトリははだしだ』入れられるのなら(笑)

『フライダディフライ』も入れちゃえるんじゃ(ぉぃぉぃ)

映画初めは『頭文字D』になりそうな猫でした。

2006年も楽しい記事読ませていただきに伺いますねー

よろしくお願いいたします♪
フライ (kossy)
2006-01-01 02:30:04
>coccim様

あれ、『エターナル・サンシャイン』はだめでしたかぁ~大晦日のテレビ番組を堪能なさったようで、疲れが残っちゃいましたか?

絵の評判がなぜかいいので、デタラメ映画館もやる気が出てきました。問題は絵を描く時間があるかどうか・・・



>にゃんこ様

フライでそうきましたかぁ~~

ま、『オオカミの誘惑』まで入れてることだし(笑)

楽しい記事書けるよう今年も頑張りますので、今後ともよろしくお願いいたします♪
 (arudenteな米)
2006-01-01 10:35:38
オペレッタ狸御殿を…(笑)



父親賞は自分ならロボッツの父さんですかねぇ?

あけおめです。 (pretty_kitten)
2006-01-01 15:12:54
久しぶりにお邪魔します。

kossyさん、よく観ましたねー。

カテゴライズも素晴らしい!

ふつふつと観たくなってきました。

今年もまた参考にさせてもらいます。

よろしくです。

TBさせてもらいました。
あけましておめでとうございます (名前の無い管理人)
2006-01-01 18:21:21
去年は短い間でしたが、沢山トラバ頂き大変有り難うございました。

おかげで楽しい映画ライフをすごせました。

今年も宜しくお願いします。

トラックバック不適切なら削除して下さい。
動物 (kossy)
2006-01-01 22:13:51
>arudenteな米さま

あけましておめでとうございます。

オペレッタ狸御殿はコチラで公開されなかったので、候補に入れませんでした。賛否両論の評価を見ていると遠出する勇気も沸きませんでした・・・

今年もよろしくお願いいたします。



>pretty_kitten様

ありがとうございます。

変わった部門賞をわざわざ読んでいただきまして、参考になったかどうか心配です(汗)

今年も独自の視点で、わけのわからないことを書くかもしれませんが、温かい目で見守ってください。



>名前の無い管理人様

あけましておめでとうございます。

今年もじゃんじゃんトラックバックさせていただきます。よろしくお願いいたします。
あけましておめでとうございます (ぢもと)
2006-01-02 01:15:16
TB返し&コメントありがとうございます。

いつも拝見しています!

河童賞があれば「サマータイムマシンブルース」ですかね(笑)
明けましておめでとうございます (toe)
2006-01-02 02:03:11
こんにちは。



No.1に『ミリオンダラー・・』を上げている人が多くてうれしいです。



お互いに、今年もステキな映画に出会えると良いですね。



今年もよろしくお願いします。
カッパ (kossy)
2006-01-02 03:16:12
>ぢもと様

いつもありがとうございます。

そういえばカッパを忘れていました!(笑)

対抗馬があるとすれば『妖怪大戦争』ですよね。

映画としては『サマータイムマシン・ブルース』のほうが好きですけど、妖怪も捨てがたいですね~

本年もよろしくお願いいたします♪



>toe様

『ミリオンダラー・ベイビー』には度肝を抜かされました。こんなすごい映画を作っていたなんて・・・



本年もよろしくお願いいたします。
皆さん、賞レースの季節なんですね (でんでん)
2006-01-02 07:55:55
kossyさんこんにちは。

アケオメです。今年もよろしくです。



やっぱ皆さん、賞レースの季節なんですね。でもkossyさんのとこは順位をつけないのがいい感じ(^^ゞ
賞レース (kossy)
2006-01-02 13:28:17
>でんでん様

あけましておめでとうございます。

すみません、部門賞ではつけてないですけど、他の記事で順位をつけてます(汗)

皆さんのベスト10を読むのが正月の楽しみですね~
アニマル♪ (かえる)
2006-01-04 07:52:49
A HAPPY NEW YEAR!

動物賞は重要ですよね!!

myベストはやっぱりロバかなぁ。

『サハラ』では主人公達がラクダに乗ってました。

『NOHING』の亀の役割も大きかった。

考えるとどんどん思い出してしまう・・・。

私も今年はレヴューの中でもれなく動物に言及することにしますー。



動物 (kossy)
2006-01-04 08:39:28
>かえる様

あけましておめでとうございます。

動物賞は年に1回部門賞で大活躍します!(笑)

かえる様のランキングを見ると、自分の観察力の甘さ、記憶力の無さを痛感いたしました。リスを忘れるなんて!

ラクダは他にも『亀も空を飛ぶ』に出てましたっけ。

エクセルなどで表を作っておくと便利なんですよね。
今年もよろしくです。 (ALICE)
2006-01-04 09:32:59
少し遅いですが、新年明けましておめでとうございます。今年もkossyさんのブログ楽しみにしていますので宜しくお願いいたします。またコメントやTBさせていただくのでよろしくです!

今年も映画いっぱい見てくださいね。
今年もよろしく (kossy)
2006-01-04 13:27:33
>ALICE様

あけましておめでとうございます。

今年も頑張って映画を観ます!

また年間200本を目標にします!

あと、お笑いセンスも磨きたいと思います。

あけましておめでとうございます (aq99)
2006-01-06 22:13:50
子供がいると、動き出しが遅いです。

父親賞はなしですか・・・。

寂しいですね~。立候補してもいいですか?



今年もいい映画が多い年になってほしいですね~。
父親賞 (kossy)
2006-01-07 00:07:50
>aq99様

忘れてました。

父親賞はaq99様に決定です!(笑)

部門賞を拝見しました。

やっぱり『がんばれベアーズ』をスルーしたのが失敗だったと痛感いたしました・・・DVD待ちます。



いい映画、今年はどうなんでしょうか。

続編みたいなのばかりだし・・・
「日本インターネット映画大賞」投票お誘い (日本インターネット映画大賞スタッフ)
2006-01-09 09:31:37
突然で申しわけありません。現在2005年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。ふるって投票に御参加いただくようよろしくお願いいたします。なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://forum.nifty.com/fjmovie/nma/です。
社会派ドラマ (師走)
2006-04-05 12:55:20
社会派ドラマならどれを選びます??

俺の最近観た映画の中では

『ミュンヘン』『シリアナ』『アミスタッド』『クライシス・オブ・アメリカ』俺はこの中だったら、『アミスタッド』を選びます!昔の映画だけどね^^;

kossyさんはどうですか??
部門 (kossy)
2006-04-05 19:58:49
>師走さま

上記4作品の中だったら、『クライシス・オブ・アメリカ』が好きかなぁ・・・アミスタッドもミュンヘンも好きですよ・・・

社会派というジャンル。俺もまともなジャンル分けして順位つけてみたいものです・・・ジャンル分けが苦手なんです~
 (師走)
2006-04-05 23:48:16
ジャンル多いからね!後、いろんなジャンルに形容されてるやつもあるし~。

『クライシス・オブ・アメリカ』あれ、人の会話のシーンが多くてすごく真剣に見てました
クライシス (kossy)
2006-04-06 08:31:28
>師走さま

あまり評価も高くなかったんですけど、

俺は好きでしたね~~

デンゼル・ワシントンも好きだし。

2回も観たのにまだ謎も残ってるし・・・(汗)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

23 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
2005年 映画鑑賞の総括 (Addicted to the Movie and Reading!)
2005年に劇場(試写会含む)で観たのは、37本。 まぁ、毎週水曜日にしか劇場で観てない訳ですから、こんなもんか。自宅で観たものも合わせると、ブログを始めてからは71本です。ブログを始める前も合わせると、実際はもうちょっと観ていますけどね。
2005年の総決算<その2> (映画通の部屋)
隣の評論家的ムービー・アワード 本家本元のアカデミー賞とは程遠い素人センスでお送
勝手にムービー・アウォード(2005年下半期) (萌映画)
下半期に劇場で見た映画(18本)に勝手に賞をつけてみた。 賞のカテゴリーは上半期と同じくMTVムービー・アウォードの真似である。 作品賞…「ヒトラー 最期の12日間」 上半期に続きB級趣味のrukkiaらしくない選択。だけど、「うぉー、映画を見た!」って思ったのはやはり
2005 映画総決算 (海を見ていた)
 今年1年振り返って、順位何ぞを付けたく思います。日頃、点数を書いていないので、
きたろう映画日記-イン・ハー・シューズ【きたろう】 (山梨・長野のスキー&スノーボードチーム 『ラッチ』)
友達の妹が介護の仕事をしてるんですけど、入院するほど重度のヘルニアになっちゃったんです★今は退院したけど、やっぱり介護の仕事が夢だったから、これからも関わる仕事をしたいらしくて…南アルプス市内で、誰かいい情報を持ってたら教えて下さいm(_ _)m さてと、ずっと
第7回遊舟ダイナミック大賞各賞発表 (ちょっとだけ勝手に言わせてもらいます(Blog版))
まずはコラム:2005年総括、景気回復乗って乗り遅れて  皆さん、あけましておめ
pretty_kitten的2005ベストムービー (えいがの感想文)
今年もあとわずかとなりました。 大掃除はテキトーに済ませ(大晦日にクリスマス飾り片付けてるし)、 やろうかなー。私的ベストムービー。 今までは思い出しながらランキングしてたけど、ブログって便利なツールだ。 今年観た本数は、劇場公開・DVD等合わせて54本。
管理人から皆様へ年賀状 (名前の無い日記)
今年の9月からブログを始めてまだ凄く日が浅いんですけど、皆々様と交流させて頂いたおかげで良い年を迎える事ができました。心より厚くお礼申し上げたいと思います。 今後とも宜しくお願いいたします。 管理人から皆様へ:感謝の気持と素敵な一年でありますようにとの思
2006年、明けましておめでとうございます! (Rohi-ta_site.com)
新年、明けましておめでとうございます! 昨年中は私のブログをご覧頂き誠にありがとうございました。(礼) 本年も昨年同様、ご愛顧の程を宜しくお願い致します! それでは、このブログをご覧頂いた方にとりまして本年が良い年になることを願っております。     
2005年映画総評 (永遠の自分探し  って迷子やん!!)
2005年の映画、堂々の総合第1位は、ジャジャーーーン!! 「ALWAYS 3丁目の夕日」。 笑いあり、涙もいっぱいあり、優しい嘘で包まれた あたたかい時代の描写がすばらしかった!! 笑えた部門1位は「サマータイムマシンブルース」。DVD化決定しています! 瑛太はもちろんな
2005 私的ベスト作品 (遠慮無く…書くよ!)
さて、皆さんが興味があるかどうかはさておいて…なんとなく一年の締めくくりなのでやっておきたいなって思ってます^^; 今日この記事を書きながら思うことは、振り返っての思い出
映画・美術展、今年の総評 (映画とアートで☆ひとやすみひと休み)
私は自分がこんなに映画を見たがる人間だとは思っていなかった。 この事は、長年自分をやってきて今年初めて知った事だ。 今の自分は、生まれて初めて顔を覗かせた自分なのである。 それまでは、私にとって映画は退屈なものでしかなかった。 現実ではない世界は私にとって価.
2005年、観た映画の総括 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
今年は、たくさんの映画を観る事が出来ました。 邦画、洋画、アニメ・・・ ホラーはやっぱ観れませんでした。これから先もダメでしょう(--; 今年の総括として、2005年マイベストをば。
2005年myベスト・シネマ  部門別 その1 (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY)
2005年に観た映画を振り返って。 ~部門別~  -俳優賞など人に注目篇-(上半期の結果 を参照して追加しました。  参照しなかったら上半期のことはほとんど忘れ気味でした・・・) <男優賞> ・ロマン・デュリス (真夜中のピアニスト、愛より強い旅) ・ジ
2005ベストシネマ15(洋画編) (京の昼寝~♪)
 2005年は年間101本(洋画66本、邦画35本)の映画を劇場で鑑賞しました~ ハリウッドの巨額な制作費を投じ肩透かしを食った映画も少なくなかったですが、洋画のくくりの中ではやはり韓国映画の琴線に触れる作品が多かったことは、一昨年に続き多かったように思
2005ベストシネマ15(邦画編) (京の昼寝~♪)
  2005年は年間101本(洋画66本、邦画35本)の映画を劇場で鑑賞しました~ 僕の感じたことは、昨年に引き続き邦画が非常に検討したなぁというところです 昨年に引き続き洋画・邦画を区別してランキングをしてみました。 それぞれ観る人によって思い入れや感
2005 私的ベスト作品 (遠慮無く…書くよ!)
さて、皆さんが興味があるかどうかはさておいて…なんとなく一年の締めくくりなのでやっておきたいなって思ってます^^; 今日この記事を書きながら思うことは、振り返っての思い出
2005年 ワースト映画と各賞 (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
ワースト作品、去年はこうでした。 今年はあまりにも腹が立つ作品がありましたので(バレバレですね!)、単につまらなかったワースト作品に加えて、期待したのに最もがっかりさせた作品をあげつらうためにスカ部門を設けました。●ワースト3(順位はありません)「アレキ
まつさんの2005年映画ベスト10 【各部門賞編】 (まつさんの映画伝道師)
第322回  今回は「ベスト10」から離れて、まつさんが勝手に選ぶ映画の各部門賞をご紹介します。 【2005年 まつさんの映画各部門賞】 ■2005年作品賞:「NANA」  洋画・邦画のベストワンではなくあえてこの作品を選んだのは、僕が「NANA」.
クリスマス直前企画?ヒマ人INDYが今年観て良かった映画BEST10! (欧風)
今年はすごいたくさん映画を観たな~。観た映画の感想は映画のカテゴリーにまとめてあるので、その数を見ればだいたいの数は分かるんですが、去年観た5作品を除いて全部で69作品!1ヶ月平均6本弱。1週間に1本以上は観てる計算になりますね。 昨日、試写会は今年何
2005年の良かった俳優さんたち (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
ちょっと早いけど、個人的に今年素晴らしかったなぁ・・と思う俳優さんたちを列挙してみました。(2006/1月頃、更新予定) (私的)日本映画主演女優best 5 宮沢りえ 「トニー滝谷」 宮沢りえ 「父と暮らせば」 谷村美月 「カナリア」(および海賊版撲滅キャンペーン) ペ・ド
『トイ・ストーリー』から始まった大躍進!フルCGアニメ歴代全米興収トップ10 (Dead Movie Society★映画三昧★)
ディズニーの最新作『チキン・リトル』をはじめとした フルCG長編アニメ映画の歴史は、そんなに古くない。 ディズニーとピクサーの共作『トイ・ストーリー』(1995年)が おそらく世界初のフルCG長編映画だから、まだ10年そこそこ。 しかし、これが最初から興行的
2005年の映画を振り返って Part3 (kaoritalyたる所以)
映画は私にとって、楽しみと想像と人生を考えさせてくれる、大切なものです。いつの頃から見たのか解りませんが、初めはきっと、「東映マンガまつり」に連れられていったんじゃないでしょうか。記憶にあるのは「竜の子太郎」?ま、そんなことは置いといて、長らくお待たせ...