ネタバレ映画館

トラックバック廃止のため、
なんとかコメント入れに回ります!

ミックス。

2017-10-22 23:30:12 | 映画2017


 麻婆豆腐しかない中華料理屋。

 今年はヒフミンが話題となっていましたが、去年はリオデジャネイロ五輪のおかげでカスミンの年になった(かなりの偏見です)。そのカスミン=石川佳純も出演しているために観にいったようなもの(出番は少ない)。卓球選手という点では、水谷隼、伊藤美誠も出ているのですが、ガッキーの幼少期の子役(平澤宏々路)が福原愛に似ていたことに驚きました。それよりも登場人物の中で最も面白かったのが蒼井優。中華料理屋の嫁さんの役で、中国語っぽいイントネーションではじけまくってました。主役を食っちゃったかな?

 富田多満子(新垣結衣)は幼い頃の母親のスパルタ指導がトラウマになっていて、母が死んでからは卓球をやめ、普通の人生を送っていた。彼女の会社の卓球部にイケメンエース江島(瀬戸康史)がやってきて、告白され付き合うことになった。しかし、新たにコンビとなる小笠原愛莉(永野芽郁)が入ってきて寝取られてしまい失恋。失意の中、退職し逃げるように田舎に帰った多満子。タクシー運転手の父(小日向文世)が母の経営していた卓球クラブをたたもうとしていたのだが、親友の吉岡弥生(広末涼子)の誘いもあり、再建を決意する。クラブに通う元プロボクサーの萩原(瑛太)とコンビを組み、全日本卓球選手権に臨むのだった。

 ミックスに絞り、ペアを組んで練習に励むクラブのメンバー6人。しかし、最初の年は全員初戦敗退。打倒江島・小笠原ペアという目標もあり、そこから猛特訓が始まるのだ。中盤、観客をも怒りで熱くさせたのは、喫茶店で偶然やってきた江島・小笠原ペアが「男とより戻したくて大会に出た」とか「弁当や手編みのマフラー」とか「痛い女」だとか陰口をたたくシーン。燃えないわけにゃいかないな。仕事失くして家族に捨てられた男、男に捨てられて田舎に帰った女という惨めなミックスペアと自虐的に語るが、萩原が一番燃えていた。

 「輝かしい栄光は人を狂わせる」「一生懸命生きているヤツをバカにすんな」という名言まで生まれそうなラブコメ・スポコン映画。新垣結衣のコメディエンヌぶりもなごませてくれるし、他の俳優陣もなかなか雰囲気を出していました。ちょっと残念なのは、不登校の高校生・優馬(佐野勇斗)の心情をもっと描いて欲しかったことと、ミニトマト農家の落合夫妻(遠藤憲一と田中美佐子)の息子がどういう人生をたどったのかほとんど描かれていなかったことですかね。


★★★・・
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アトミック・ブロンド | トップ | バリー・シール/アメリカを... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは。 (BROOK)
2017-10-26 19:53:34
ちょっと描き足りていない部分がありましたよね…。
特に優馬のことで、結局、高校は中退してしまったのでしょうか?

展開は王道で、最後まで楽しむことが出来ました♪

蒼井さんの中国人役が非常にハマっていて、笑わせてもらいました。
優馬 (kossy)
2017-10-26 19:56:51
>BROOK様
ほんと惜しい作品。
主人公たちを描くのに精一杯だったのか、
カットされてしまったのか、
優馬と落合夫妻のエピソードがごっそり抜け落ちてた感じ。

蒼井優は最高でしたね♪
省略 (まっつぁんこ)
2017-10-27 11:33:22
優馬や夫妻のことまで描くと尺が長くなり焦点がぼける。
私は邦画にしてはなんとなく彼らのことも想像ができるうまい省略だったと思いました。色々な見方がありますね(^^)/
re:省略 (kossy)
2017-10-27 19:54:48
>まっつぁんこ様
尺が長くなりますよね。
まぁ、個人的には建設現場がかなり要らない部分だったと思いますので、そちらを・・・
斎藤さんが面白ければ良かったのですが。
こんばんは (楽母)
2017-10-31 21:21:30
TBありがとうございました。
ご覧になった方はやっぱり蒼井優ちゃんがインパクト大だったようですね(笑)
次に公開される『彼女がその名を知らない鳥たち』で、またどんな姿を見せてくれるのか楽しみです。
蒼井優 (kossy)
2017-10-31 22:27:51
>楽母さま
コメントありがとうございます。
蒼井優はどんな役でもこなせる女優になりましたね~
このブログを始めた頃のデビューですから、
すごく成長したんだと思います。
『彼女がその名を知らない鳥たち』はこちらではまだ公開未定なので残念でなりません・・・

コメントを投稿

映画2017」カテゴリの最新記事

15 トラックバック

ミックス。 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3.5点】(F) フリーパス期間だからね。こういうのも観られるわけですね。
ミックス。★★★ (パピとママ映画のblog)
TV「リーガルハイ」の人気脚本家・古沢良太のオリジナル脚本を、主演の新垣結衣、瑛太に加え、広末涼子、瀬戸康史、永野芽郁、蒼井優、遠藤憲一、小日向文世をはじめとする多彩......
劇場鑑賞「ミックス。」 (日々“是”精進! ver.F)
ミックスで、勝負… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201710260000/ 「ミックス。」 オリジナルサウンドトラック [ 末廣健一郎 ]
「ミックス。」:ガッキーの魅力/ウェルメイドなコメディ (大江戸時夫の東京温度)
映画『ミックス。』を試写会で観ました。本作は、『ALWAYS 三丁目の夕日』シリ
ミックス。 (だらだら無気力ブログ!)
ガッキー、超可愛い!! 可愛いは正義!!
『ミックス。』 (beatitude)
母・華子(真木よう子)のスパルタ教育により、かつて“天才卓球少女”として将来を期待された28歳独身の富田多満子(新垣結衣)。母の死後、普通に青春を過ごし、普通に就職する平...
ミックス。 (映画的・絵画的・音楽的)
 『ミックス。』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)予告編で見て面白そうだと思って映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、主人公の多満子(新垣結衣)が、あらぬこ......
『ミックス。』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ミックス。」□監督 石川淳一□脚本 古沢良太□キャスト 新垣結衣、瑛太、広末涼子、瀬戸康史、永野芽郁■鑑賞日 10月29日(日)■劇 場......
ミックス。 (ただの映画好き日記)
幼いころには天才卓球少女として名をはせた富田多満子は、恋愛と仕事に挫折して帰郷する。
「ミックス。」 (元・副会長のCinema Days)
 正直言ってあまり出来は良くないのだが、最後まで退屈せずに観ていられたのは、やっぱり第一に主演の新垣結衣の存在感ゆえであろう(笑)。同世代の他の女優達と比べると、明......
映画「ミックス。」 (FREE TIME)
映画「ミックス。」を鑑賞しました。
[映画「ミックス。」を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
「ミックス。」予告 ☆・・・挫折した主人公が最終的には「勝利」を掴む・・・、定番の物語で、楽しんだ。 登場人物のいずれもが、何らかの精神的な人生のビハインドを背負って......
『バリー・シール』『ミックス。』を109シネマズ木場1で観て、トムとガッキーは偉...... (ふじき78の死屍累々映画日記・第二章)
109シネマズ木場1でメンバーズデー(曜日)割で2回をまとめてレビュー ◆『バリー・シール』109シネマズ木場1 ▲背景になってる奥さんの顔がちょっとデビルマン。 ......
「ミックス。」 (ここなつ映画レビュー)
期待していなかったのに、すごく面白かった!人気若手女優・男優を据えたスポ根ドタバタコメディ。との認識で鑑賞して、まあ確かにそれで間違いはないのだけれど、それにしてはグ......
『ミックス。』 (キュートなバアサンになるために)
                           公式サイト  天才卓球少女と言われていた多満子は スパルタだった母の死後大嫌いだった卓球をやめ 普通の生活に憧れ......