ネタバレ映画館

8年ぶりの記事・・・(^^;

ちょっと今から仕事やめてくる

2017-07-12 13:14:14 | 映画2017
 急げ!若者

 主人公は青山隆(工藤阿須加)。青山孝と言えばフォーリーブスだ。残念ながら肝臓がんのために2009年に亡くなりましたが、奇しくも青山の代表曲の「急げ!若者」の内容がこの映画と妙に被っている。

 映画の青山は印刷会社で営業マンとして働いています。奇しくも、私kossyも若いころに印刷会社の営業として働いていたため、仕事などはとてもリアルに響いてきました。さすがに現代のようなPC(当時はオフコンと呼ばれてた)環境は整っておらず、発注伝票も営業成績もすべて手書き手計算でしたけどね。印刷業は繁忙期と閑散期がハッキリしていて、12月、3月は死ぬほど忙しいので、残業が月150時間というのは理解できます。ただ、3か月連続というのはないでしょうけど・・・

 ちょっと納得いかなかったのは、「五十嵐が17件でトップだ」などと山上部長(吉田鋼太郎)が言ったセリフで、なぜかというと、印刷での営業成績は件数じゃなくて売上額で決めるべきものだからです。青山が働く会社がブラックか?というと、見る限りではブラック企業とは言えず、むしろブラック上司、ブラック先輩がいる会社という印象でした。完全にイジメの世界です。

 新規開拓の営業活動においては、半年通い詰めてようやく契約を取れたという喜び。営業マンなら誰しもが喜びを感じる瞬間ですが、その初めての仕事でクレームがつきました。工場への発注書に間違った紙が書かれていたのです。これは痛い。さらに山上の怒りを買います。

 電車にひかれそうになった時に助けてもらったきっかけにして仲良くなったヤマモト(福士蒼汰)にも相談する青山。「その失敗によって誰かが得をすることはない?」などと核心をつく発言と慰め。いい友達が出来たなともとれる展開でしたが、青山がヤマモトについて調べていくと、なんと3年前に自殺していたというブログ記事を見つける・・・

 ヤマモトは幽霊か?天使か?などと非現実的な展開を予想していたら、最後には良い意味で裏切られました。南太平洋バヌアツにおける満天の星とエメラルドグリーンの海。そうした自然の美しさと子どもたちの笑顔に癒される映画だったのです。ちょっと今から仕事やめてくる!私kossyは何度も経験しました。最初からブラック企業を避けるように就職するなんてことは難しいかもしれませんが、一度ブラック企業を経験していれば世の中が見えてきます。辞めることを言い出せない若い人たちが多いと思いますけど、ダメだと思ったら人に相談して素早く行動することです。急げ!若者


★★★★・
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メアリと魔女の花 | トップ | 忍びの国 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画2017」カテゴリの最新記事

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
社会人の掟。『ちょっと今から仕事やめてくる』 (水曜日のシネマ日記)
ノルマが厳しい企業に勤め心身共に疲弊した青年が幼なじみを名乗る人物と出会い人生を見つめ直す物語です。
ちょっと今から仕事やめてくる (映画好きパパの鑑賞日記)
 仕事をしている人やこれから就職する人だけでなく、家庭や人間関係に悩んでいる人にもぜひみてもらいたい作品です。見終わった後、きっと暖かい感動が残るでしょう。  作品情......
ちょっと今から仕事やめてくる★★★・5 (パピとママ映画のblog)
「八日目の蝉」「ソロモンの偽証」の成島出監督が、北川恵海の同名ベストセラーを映画化。ブラック企業で心身共に疲弊した新米サラリーマンが、謎めいた男との出会いを通して立ち......
『ちょっと今から仕事やめてくる』 2017年5月21日 イイノホール (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『ちょっと今から仕事やめてくる』 を試写会で鑑賞しました。 ちょいやめ...なんて軽い感じであるが、内容はかなり重たい。 【ストーリー】  激務により心も体も疲れ果ててしま......
ちょっと今から仕事やめてくる (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(11) 福士蒼汰のぎこちない関西弁とラストの過剰な説明はあるが