ネタバレ映画館

トラックバック廃止のため、
なんとかコメント入れに回ります!

エイリアン:コヴェナント

2017-09-16 12:27:11 | 映画2017
 なぜ「カントリーロード」?

 前作『プロメテウス』では、アンドロイドのデヴィッド(マイケル・ファスベンダー)がなぜ採取した微生物をチャーリーに飲ませたのかという謎が残ったままだった。続編となる今作ではその答えを用意してくれているものの、これは明らかに“ロボット三原則”違反だ!アイザック・アシモフ氏がこれを観たら怒り出すに違いない。

 巨大宇宙船コヴェナント号は入植者2000人以上を乗せて、惑星オリガエ6を目指していたが、途中、謎の電波を受信し、そのおかげでもっと近くに人類が居住可能の惑星を発見する。オリガエは到着するのに7年以上もかかるし、数週間で到達可能なその惑星を目指して進路を変更することになった。コールドスリープしていた夫ジェイコブ(ジェームズ・フランコ)を亡くしたばかりのダニエルズ(キャサリン・ウォーターストン)は気が進まなかったのに・・・

 母船から探査船に乗り移って10人が惑星の調査を開始する。巨大な謎の物体を発見し、やがて洞窟を発見して中に入る面々。そう、ここは前作『プロメテウス』で到着した惑星と同じだったのだ。植物の胞子から粉が付着し、宿主となった2人がエイリアンを体で育てるハメになってしまう。内1人が探査船に運ばれるが、姿を現したエイリアンと格闘したため探査船は大爆破。母船に帰るための無線機も嵐のためなかなか送信できないでいた。

 その窮地を救ってくれたのが10年前に消息を絶ったプロメテウス号のアンドロイド搭乗員のデヴィッドだったのだ。コヴェナント号のアンドロイド・ウォルターとそっくり。ウォルターの方はダニエルズを助けるとき負傷し、左手首を失っていたという相違点のみ。縦笛を教えたり、語り合ったりして和やかな雰囲気で過ごすデヴィッドとウォルター。しかし、エイリアンは宿主を探すのに必死だ。彼らはまたしても窮地に陥る。

 デヴィッドの謎は解けたが、過去の『エイリアン』でもアンドロイドが人を殺そうとしていた。これはもうアンドロイドに恨みしか持っていないようなストーリーだと勘ぐってしまう。というより、いつかは人間がアンドロイドに支配されると疑心暗鬼になっているのか。てなことを考えてみると、やっぱりアメリカ人的な発想なんだろうなぁ・・・


★★★・・
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (17)   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ビニー/信じる男 | トップ | 予兆 散歩する侵略者 第1話... »
最近の画像もっと見る

17 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは。 (BROOK)
2017-09-16 17:26:23
デヴィッドはウォルターがやって来た時からすり替わろうと画策していたのでしょうね。
すぐに髪の毛を切っていましたし…。

エイリアンを創り出したのはアンドロイドということで、
ここからもう1作くらいを挟んで「エイリアン」に繋がるようですが…
本当に繋がるでしょうか。
髪の毛 (kossy)
2017-09-16 17:32:48
>BROOK様
髪の毛切ったシーン!
アンドロイドなのに髪の毛が変化していたのも
なんだかおもしろいですよね。

続編が作られるなら、
オルエガ6に到達して町が発展して、
そして全滅・・・
う~ん、見えてるストーリーだけに大虐殺のカタストロフィの迫力映像しか予想できません・・・
こんばんは (yukarin)
2017-09-17 22:29:51
マイケル・ファスベンダーが二役てことで先が読めた感じでしたね。
でもアンドロイドがエイリアンを作り出したとは....なんだかなぁという感じでしたがとりあえずは楽しめました~
こんばんわ (にゃむばなな)
2017-09-17 23:34:03
エイリアンの映画なのに、話の肝がターミネーターみたいでしたね。
ほんと、アシモフさんが見たら怒りますよ。
でも宇宙が舞台だから関係ありませんと製作者に言い訳されそうですけどね。
ファスベンダー (kossy)
2017-09-18 13:59:31
>yukarin様
ファスベンダーの二役というキャスティングを知らずにずっと観てました!
さすがに途中で気付きましたけど・・・
アンドロイドだから酷いことはしないハズ!と思って見てると、色んなモヤモヤが起こってしまいますよね。

>にゃむばなな様
確かに機械が機械をなんてのはターミネーターですね!
ロボット三原則に違反してることは知ってて製作されてるんでしょうけど、AIが発展しすぎたんでしょうかね。
それとも“神”というキーワードを入力するなという教訓なんでしょうか・・・
Unknown (mig)
2017-09-18 21:47:03
kossyさんお久しぶりですね!
コメントありがとうございます
まさか復活するとはびっくり‼️&嬉しいです。
忙しくて休止されてたんですか?

コヴェナント、エイリアンファンの私には物足りない
内容でしたぃままでで一番つまらないなー。
エイリアンとの戦いがマンネリだからって
アンドロイドが悪者化していくのは反対です〜
お久しぶりです。 (kossy)
2017-09-18 22:39:08
>mig様
本当にお懐かしゅうございますm(__)m
仕事のこともそうなんですが、
パソコンが壊れたのがきっかけです。
1年間パソコン無しの生活でした・・・

エイリアンファンだったんですね!
俺も大好きなんですが、
今年の『ライフ』の方が良かったです!
アンドロイドを悪役にするなんてありえないですよね(笑)
カントリーロード (まっつぁんこ)
2017-09-19 16:42:58
リドリー・スコット監督の趣味でしょうか?(笑)
カントリーロード (kossy)
2017-09-20 12:19:15
>まっつぁんこ様
なんとなく、誰かがウェストバージニア出身とか。
答えは見つかりません・・・
お久しぶりです^^ (latifa)
2017-09-21 12:14:26
kossyさん、ブログ再開されたのですね!
嬉しいです☆彡
こちらが復活されていて、喜んでいる方が凄く多いと思います。
これからも記事、楽しみにしていますね(^^)/

あ、映画は、、私も3つ★ってところでした。
オチがね・・あんまり好きじゃないです。

近く公開される、ブレードランナーは面白いでしょうか・・?

コメントを投稿

映画2017」カテゴリの最新記事

28 トラックバック

エイリアン:コヴェナント  監督/リドリー・スコット (西京極 紫の館)
【出演】  マイケル・ファスベンダー  キャサリン・ウォーターストン  ビリー・クラダップ 【ストーリー】 宇宙移住計画を遂行するため、コールドスリープ中の男女2,000人を乗せ......
劇場鑑賞「エイリアン:コヴェナント」 (日々“是”精進! ver.F)
創造… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201709150000/ エイリアン:コヴェナント (角川文庫) [ アラン・ディーン・フォスター ]
エイリアン:コヴェナント  監督/リドリー・スコット (西京極 紫の館)
【出演】  マイケル・ファスベンダー  キャサリン・ウォーターストン  ビリー・クラダップ 【ストーリー】 宇宙移住計画を遂行するため、コールドスリープ中の男女2,000人を乗せ......
「エイリアン:コヴェナント」産まれるよ! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[エイリアン:コヴェナント] ブログ村キーワード “巨匠”リドリー・スコット 監督が世に放つ、シリーズ最新作。まだまだ続くよ!「エイリアン:コヴェナント」(20世紀FOX)。エイリア......
エイリアン:コヴェナント (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(P) 最後のアンドロイドがウォルターだったら
エイリアン:コヴェナント★★★・5 (パピとママ映画のblog)
リドリー・スコット監督による「プロメテウス」の続編にして、79年製作のSF映画の金字塔「エイリアン」へと繋がるSFホラー。地球を後にした宇宙船コヴェナント号のクルーたち......
エイリアン:コヴェナント (だらだら無気力ブログ!)
いやぁ『プロメテウス』の続編だったとは。
映画「エイリアン:コヴェナント(日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『エイリアン:コヴェナント(日本語字幕版)』(公式)を公開初日(9/15)に劇場鑑賞。採点は、★★★☆☆(最高5つ星で3つ)。100点満点なら55点にします。 なお、『エイリ......
『エイリアン:コヴェナント』 (こねたみっくす)
「カントリー・ロード」から「ヴァルハラ城への神々の入城」へ。 嗚呼、勿体無い。エイリアンの起源を描くことばかりに注力しちゃって、本当に楽しみにしていた恐怖要素が全然物......
エイリアン:コヴェナント (2017) ALIEN: COVENANT 122分 (極私的映画論+α)
 さて!生き残るのは誰でしょう?(爆)
[映画『エイリアン:コヴェナント』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
映画『エイリアン:コヴェナント』TVCM60秒(サッカー編) ☆・・・まあまあでしょうか?  エイリアンのスペックは、作品を重ねることに付加されていくので、もう、何でもあ......
17-276「エイリアン コヴェナント」(アメリカ) (CINECHANが観た映画について)
暇な手は地獄の仕事場だ  人類初の大規模移住計画により、新たな植民地となる惑星オリガエ-6を目指して2000人の入植者とともに地球を旅立った宇宙船コヴェナント号。船の管理は最......
映画:エイリアン コヴェナント ダークさ・凶暴さに磨きがかかったBeforeシリーズ第2弾...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
コヴェナント、とは新惑星への移住の旅を続ける宇宙船の名称。 何千人を人口冬眠させつつ、アンドロイドの David が1人で宇宙船を管理している。 ところが予期せぬ事故で冬眠中......
映画:エイリアン コヴェナント 今作の磨きがかかった「ダークさ・凶暴さ」について、...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
すでに一度感想をアップしているが、追加で。 前の感想=ダークさ・凶暴さに磨きがかかった感じ このダークさ・凶暴さに磨きがかかった感じ、という感想は何処からきてい......
エイリアン:コヴェナント・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ついに“奴”が生まれる。 リドリー・スコット監督による、「エイリアン」前日譚。 2012年の「プロメテウス」に続く第二弾は、スコット作品としては38年ぶりに「エイリアン」のタ......
「エイリアン コヴェナント」、エイリアン3部作の2作目 (ひろの映画見たまま)
おすすめ度 ☆☆☆ (劇場鑑賞) シガニー・ウィーバーさんのエイリアンを端緒として、 本作は、前作「プロメテウス」の続編。 元祖「エイリアン」のその元をたどる映画。 地......
「エイリアン:コヴェナント」Alien:Covenant (2017 20世紀FOX) (事務職員へのこの1冊)
オープニングの、ウェイランド社の社主(ガイ・ピアース)とアンドロイド(マイケル・ファスベンダー)のやりとりにすべてがこめられている。 白い部屋。スタインウェイのピア......
「エイリアン:コヴェナント」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
普通に面白かったけど・・・
「エイリアン:コヴェナント」Alien:Covenant (2017 20世紀FOX) (事務職員へのこの1冊)
オープニングの、ウェイランド社の社主(ガイ・ピアース)とアンドロイド(マイケル・ファスベンダー)のやりとりにすべてがこめられている。 白い部屋。スタインウェイのピア......
「エイリアン:コヴェナント」 (或る日の出来事)
ファスベンダー×ファスベンダー。
映画「エイリアン:コヴェナント」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2017/9/23、109シネマズ木場。 8番スクリーン。 本当は中央通路直後のE列が良かったのだが、列中央が埋まっていたので、 中央通路前のC列を選択した。 そのため、や......
エイリアン コヴェナント (Rain Rain Drops)
前から楽しみにしていた「エイリアン コヴェナント」を観た。リドリースコット監督だしなあ、とわくわく楽しみにしてたわりには情報知らずで、5年前の「プロメテウス」の続編だ......
エイリアン:コヴェナント (映画と本の『たんぽぽ館』)
人の心を持たないアンドロイドが、未知の生物と出会ったがゆえに・・・ * * * * * * * * * * さて、先に「プロメテウス」で予習もしたところで、 いよいよ......
エイリアン (もののはじめblog)
コヴェナント<THX方式> 本作のキャッチコピーは「絶望の、産声。」 エイリアンを時系列に並べると、   『プロメテウス』(2089年-2093年)   『エイリアン』 (2122年)   『......
エイリアン (もののはじめblog)
コヴェナント<THX方式> 本作のキャッチコピーは「絶望の、産声。」 エイリアンを時系列に並べると、   『プロメテウス』(2089年-2093年)   『エイリアン』 (2122年)   『......
「エイリアン:コヴェナント」 (prisoner's BLOG)
宇宙の彼方にある惑星が地球そっくりでいくら酸素があるからって宇宙服も何もなしに歩き回って平気、というのが前作「プロメテウス」でほいほいヘルメットを取ってしまうのを上回......
エイリアン:コヴェナント(2017)**ALIEN: COVENANT (銅版画制作の日々)
 絶望の、産声。 三連休、東京へ私用の旅行・・・。宿泊先の新宿にあるピカデリーにて鑑賞しました。ちょうど時間があったためこの作品を観ることに。京都とは違ってシアターも......
エイリアン・コヴェナントを観た。 (マシンblog)
マイケル・ファスベンダー主演?、リドリー・スコット監督作品。 宇宙船の乗組員が、いつもどおりおバカで最高! 未知の惑星に初上陸なのに、ほぼピクニックかよレベルの装備......