ネタバレ映画館

帰って寝るだけのタクシードライバーになりました(汗)

デジャヴ

2007-03-18 23:13:00 | 映画2007
 なぜ4日半前?俺が6歳の子供だと思ってちゃんと説明してくれ!(『フィラデルフィア』)

 初めて観た映画なのに見覚えがある。そんな体験をしたことはないだろうか?フェリー爆破事件が起きた直後にATFのドネリーという男に電話をかけていたシーンで、まず『ジュラシックパーク』のネドリーを思い出してしまう。そんなハズはない!と思いながらもすでにデジャヴ状態の鑑賞になってしまいましたが、ATFや警察、政府組織には肥満気味の男が多かったので「そうか・・・これはデジャヴではなくて“デブじゃ”だったのか」と笑いたかったのに笑うポイントははずしてしまいました。

 対岸にクレアという女性の死体が見つかったという報告を受け、この女性が鍵を握っているに違いないと判断したATFのダグ・カーリン(デンゼル・ワシントン)。FBIの要請によって政府が極秘に開発した“タイム・ウィンドウ”という装置を見せられるのです。まるで『エネミー・オブ・アメリカ』に出てきたような衛星を使ったプライバシー無視の優れモノ追跡装置。なんだかよくわからないワープとリンクしたどうとかこうとか・・・すでに頭がデンゼル状態になり、とにかく過去にメッセージを送ることができれば『マイノリティー・リポート』のように犯行前に逮捕できるらしいシロモノだ。

 500人以上もの死者を出したフェリー爆破の犯人はジム・カヴィーゼル。簡単に逮捕されたが、起訴さえされないと豪語していました。「これは運命なのだ」と自信たっぷりだった彼はもはや神?悪魔?それともイエス・キリストか(『パッション』)?!しかも、残忍極まる性格は『マイ・ボディガード』のようにクレアの指を切り落とそうとするのです。

 過去を変えればフェリー爆破も阻止できるし、クレアも救える。メモも過去へ送れたんだから人間だって大丈夫という『ザ・フライ』のような短絡思考で、自ら実験台になるダグ。「本当に過去へ送っても大丈夫なのか」と『バタフライ・エフェクト』での苦い経験があるため心配するエルデン・ヘンソン。うまく移動できても蝿の毛が生えてきたり、両腕がなくなってたら大変だったはずなのですが、それよりも『M:I:III』のように「蘇生してくれ」との願いのほうが大切だったようです。

 トニー・スコットの映画は苦手な作品が多かったのですが、これはなかなか面白かった。序盤からサブリミナル効果を多用したり、それぞれの細かいシーンの記憶が重要なのかと思っていたら、『ドラえもん』なみにわかりやすい映画となっていました。それよりも、過去に鑑賞した映画をどれだけデジャヴることができるかという、タイトル通りのデジャヴ作品だったような・・・

ネタバレ反転
 「本当に2度目なんだな?」という言葉が耳に残りますが、デンゼル・ワシントンがその前にも経験していたと解釈したほうがいいのかもしれません。つまり一度過去に戻ってテロ阻止に失敗して死んでいる。そうでないとデジャヴなんて起きないでしょう。そして、彼らの理論によると元々あった本流は消え去ってしまうので、2人のデンゼルが死んでいた事実も無くなってしまうのかもしれません。

★★★★・
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (40)   トラックバック (86)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハッピーフィート | トップ | ナイトミュージアム »
最近の画像もっと見る

40 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは♪ (ミチ)
2007-03-18 23:31:04
たくさんの“デジャブ”を挙げていただきありがとうござますー!
本当にその通りだな~と思う作品がいっぱい!
『バブルへGO タイムマシンはドラム式』も思い出しました。
もう一度見て検証したいシーンがあったりします。
そ、そっか~~! (ぷちてん)
2007-03-19 00:40:22
ネタバレ部分、そうか!
あの言葉は引っかかったのですが、ドラム式タイムマシンのようなあの装置にすっかり気を奪われ忘れていました^^)
なるほど、そう考えるとデジャヴっていたんですね。
(てっきりハムスターが一回目でダグが二回目かと(笑))

そうそう、それにジム・カヴィーゼルのあの自信たっぷりのところも気になっていたのです。

となると、この話は終わりが無い??


こんばんは☆ (ゆかりん)
2007-03-19 00:44:44
確かに“デブじゃ”だったかもしれません(笑)
そして初めて観た映画なのに見覚えがあるということはよくありますね。大体が観たのに忘れてるだけなんですが、、、
過去に行くシーンでは『バブルへGO』みたいだなと笑ってしまいました。軽装して足を折って・・・洗剤はいらないようでしたが、、、
ネタの宝庫 (クラム)
2007-03-19 01:03:56
「デブじゃ」と多数の引用作品。こんなネタ映画だとは思いませんでした。

それにしてもV.キルマーは、「どうしちゃったの?」ってくらいの太りようでした。もうバットマンスーツは着られませんね。
デブじゃ (kossy)
2007-03-19 08:25:18
>ミチ様
『ドラえもん』まで挙げておきながら言うのもなんなのですが、なるべくならTスコットとJブラッカイマーや俳優の関連作だけでまとめたかったのですが、ちょっと難しかったです(汗)
てっきりサイコ・サスペンスものかと思っていたのに、意外なSF展開にびっくりでした。もう一度観る場合には、どこかにデンゼル映像が隠されてるんじゃないかと注意しなければいけませんよね~

>ぷちてん様
『バブルへGO』をも思い出すような装置でしたが、さすがにこれはアメリカ人は誰も見てないだろうということで『ザ・フライ』を挙げさせていただきました(笑)
ジム・カヴィーゼルも不思議でしたね~復活したキリストなのかと思っちゃいましたよ。彼もデンゼルを見た時にデジャブを感じたのでしょうね。
二回目というキーワードは謎かけですよね!
これはリピーターを増やすためなのかもしれませんが・・・

>ゆかりん様
「デブじゃ」と書きながら、他人事ではない状況のkossyです。
この「デブじゃ」ですが、デブじゃ~デブじゃ~とおっしゃいますが~♪と歌ってしまうと『さくらん』や『純情きらり』まで思い出してしまいます・・・

『ザ・フライ』でも素っ裸になってたはず・・・ああ、記憶が・・・・

>クラム様
ブラッカイマーも考えたのかな~「また、どうせ何かに似てると酷評されるんなら、そのまんま作っちゃえ」みたいな開き直りとか(笑)

さすがにバットマンの面影もなくなってしまったヴァル・キルマーでしたが、さすがにバットマンのデジャヴが起こりませんでした・・・(汗)
「デブじゃ」 (小米花)
2007-03-19 23:49:54
ヴァル・キルマー、太ったわね、と思いましたが、「デブじゃ」までは気が付きませんでしたヨ。

そして、「ネタバレ」部分さっすがですね!!
私も二度目が妙に気になりましたが、深くは考えませんでした。
メモと自分で2回目?なんてチラリと思いましたが、そういうことだったんですね~。
すごい!広がります。

TBさせて頂きました。
80年代 (kossy)
2007-03-20 00:41:28
>小米花様
80年代に人気のあった男優はことごとく太ってゆく・・
少しずつ再起をかけて登場するけど、ブラッカイマーがそうしたカムバック劇が好きなのかもしれませんね。

一度死んだことにしておかないと、説明がつきませんもんね。「U CAN HELP HER」なんて過去から現在への応援メッセージだし、上手くひねってあったと思います。ヴィダルサスーン盗難事件みたいでした(笑)
刷り込まれた記憶(爆) (にゃんこ)
2007-03-20 10:06:06
そっか、『ザ・フライ』かぁ(笑)
ついつい猫も『バブルでGO!』でした。
記憶に新しいせいでしょうかねぇ?
そ、そうだったのかー。 (あさこ)
2007-03-20 22:33:57
kossyさん、こんばんは!
たったいま自分の感想書き終えてここに来ました。
ネタバレ部分読んで、そ、そうだったのかー!!
と目からウロコ。
あれこれ考えずに展開だけ楽しめば
すごく面白い映画だと思いました。
まったく期待しないで見に行ったのがよかった。
あとは新庄選手の宣伝が成功してるのかが
気にかかります。
デンゼルは二度死ぬ (kossy)
2007-03-20 23:22:51
>にゃんこ様
ううう、みなさん『バブルへGO!』と書いてるのに、俺だけ違う~~
ブラッカイマーもTスコットも日本映画なんて観てないだろうという固定観念が邪魔したせいかもしれません(笑)
あと、失敗したら死んでしまうとかいう設定もあったからかなぁ~

>あさこ様
仮に俺が書いた部分(前に一度死んでる)が無かったとしたら(今回が初めて過去へ)、デンゼルのデジャヴもなかっただろうし、技術者たちが不自然な表情してたことも納得いかなくなるんですよね・・・
もしもう一度観る機会があれば、過去に関った人全ての表情・台詞をチェックしなければならないのかもしれません。
新庄の宣伝って、まだ見てないかもしれない・・・(汗)
過去に (はっち)
2007-03-21 09:05:03
TB&コメントどうもでした~♪
車の中で沈んでたダグは、どうなったんでしょうか?木っ端微塵?だったらクレアの前に現れたダグは、4日くらいしたら死ぬん?
ちょっと納得いかないラストでしたねぇ・・・
そこを除けば、面白い映画でした~♪
ダグは・・・ (kossy)
2007-03-21 09:31:42
>はっち様
そっかぁ、4日経ったら死ぬというアイデアも捨てがたいところですね(笑)
一応、出来てしまった爆破事故があったというパラレルワールドは消えてしまうらしいので、死体も出てくることはなくなるんでしょうけど、あの説明がないとわかりませんよね。
クレアだけはダグが死んだ事実を知ってるだけにわけがわからなくなりそうです・・・
デジャヴ (たいむ)
2007-03-21 14:40:11
kossyさん、こんにちは。
こんなにデジャヴできるkossyさんに拍手です♪

>「本当に2度目なんだな?」
同意です。この意味深な言葉でやっと「デジャヴ」の意味に納得できましたから。



デジャブの意味とは・・ (skywave)
2007-03-21 19:19:11
kossyさん、ありがとうございました。
タイトルの「デジャブ」の意味が、氷解いたしました。「あーぁ、これで、すっきりしました。」
2回目 (kossy)
2007-03-21 19:58:23
>たいむ様
あの2回目という意味がつかめないと面白さが半減しますよね~ていうか、つかめなかったらデジャブの意味をなさないような・・・
これだけデジャヴできるんだったら、TスコットとJブラカイマー作品を復習しとくんでした!(汗)

>skywave様
感想書いて初めて気づくことってありますよね。
俺は見終わってからじっくり考えてしまいました。タイムパラドクスもちょこっとだけ考えて・・・
無間地獄のようなことも考えたんですけど、どうせ死ぬんだし2回くらいに留めておけてよかったですよね(笑)
ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆ (とんちゃん)
2007-03-21 23:59:37
もう!
夜中に大笑いですよ^^
密かにレビューを書いて、「ヴァン・ビルマーが太った云々」が koSSYさんのレビューと被らないかと心配でしたが(爆) 全く余計な杞憂でした^^;

「でぶジャ」かぁ~~私は結構 近い位置にいるのに気がつきませんでした≧(´▽`)≦アハハハ
Unknown (t-higu)
2007-03-22 00:33:07
僕も、デジャヴというタイトルで、サスペンス的なものを期待していたの
ですが、思いっきりSFでしたね~。個人的には、ここでちょっと興ざめして
しまいました...。
しかも、途中からもう「デジャヴ」のことがすっかり頭からなくなってました。(笑)

2回目、というのは1回目が紙のことだと思っていましたが、そういう解釈も
ありですね。
メモ (kossy)
2007-03-22 00:44:01
>t-higu様
そうなんですよね~俺も途中からはタイトルを忘れて普通のタイムパラドクスを楽しんでしまいました。
で、ようやくタイトルを思い出したのが「2回目」という言葉を聞いてから。

同僚に送ったメモ用紙のことかな?とも思ったのですが、デンゼル・ワシントンも一緒にその現場にいたので、わざわざ確認する必要ないんじゃないかな~と・・・
俺は確認のためもう一回観なければならないのかな・・・リピート時にはデジャヴだらけになりそうな予感(笑)
でぶ~じゃ~ (kossy)
2007-03-22 00:46:25
>とんちゃん様
でぶじゃ~でぶじゃ~とおっしゃいますが♪と歌ってしまいたくなりますが、これを思い出すと「さくらん」が・・はっ、これ、どこかで書いた気がしてきた・・・

ヴァル・キルマーもバットマンの面影がないですよね。
あ、これもどこかで書いた気が・・・
ううう。。。 (由香)
2007-03-23 14:25:38
kossyさん、こんにちは。。。
『ドラえもん』並に分かりやすい映画なのに、疑問がイッパイ湧きました。。。
そして疑問を感想に沢山書きましたが、kossyさんのネタばれで解決してしまいました。。。私って、わからんチンですねェ~嫌になっちゃう(泣)

PS.ヴァル・キルマーは、太ってましたね~
こんばんわ★ (やちこ)
2007-03-23 20:55:30
kossyさん、いつもTB&コメントありがとうございます。
こちらからはTBだけのお付き合いですみません。

たぶんこの映画に星5つ付けた人はあまりいないでしょうけど、ワタシはハマりました
ドラちゃん (kossy)
2007-03-23 22:06:27
>由香さま
しつれいしました。
『ドラえもん』もよ~く考えてみると奥が深いんですよ。
タイムパラドクスをどう扱っても有り得ないことなんだし、難しいんですけど・・・・
この映画の場合、結局「デジャヴなんて関係ないじゃん!」と思わせておいて、しっかりと関係してるところがミソなんですよね。

>やちこ様
いやぁ~ちょっと感動ですよ!5点満点という事実に!
誰だってこだわりの1作ってのがありますもんね。
Unknown (師走)
2007-03-24 14:08:35
デジャヴってそういうこと~?って思わせるような作品でしたね。でもキャッチフレーズで、「彼女は初めて見るのに、前に見たように感じる」だったかな?そんなのがありましたが、結局タイムマシンで、彼女助けて、んで過去の自分に彼女が会って、自分が「どこかで会った?」って、まあ知らない人にとってはデジャヴかも知れないけど、知ってるほうは現実に会ってるから、デジャヴって言わないんじゃないんでしょうか?と思いました。
 サスペンスって書いてあったから結構難しい映画かなと思ったけど、分かりやすかったですね。おもしろかったです。つうかあれSFとも言えるでしょ^^;
ほんとにドラえもんみたい・・・ (kisen)
2007-03-25 21:42:09
kossyさん、こんばんは。

私も、太った男性が多いのに驚きました。やはり、緊迫したデスクワークはかなりのストレスなんでしょうか。


あと、みなさんもおっしゃってますけど、ヴァル・キルマー!あ~~私、「彼のバットマンが一番」と、今まで大ファンだったのに・・・。

まさか、ファットスーツを着ていたとか・・・って希望的観測ですよね・・・。


しかし、「エネミー・オブ・アメリカ」もデンゼルだったっけ?と、見ながら考えてしまいました。あちらはウイル・スミスでしたね。
みんなで美女のシャワーシーンなんか凝視しちゃって、あの鍵となる人物が中年男性だったらどうだったのよ(笑)。


ともかく、きれいなハッピーエンディングに仕上げてましたね。楽しみました。
はじめまして (Eureka)
2007-03-27 00:33:52
TBありがとうございました!

「これは2度目か?」って聞いたダグに
博士ははっきり「そうだ」と。
記憶が白紙になると自ら語っていた博士。
なんで覚えてるんだろうなって(笑)
冷蔵庫のメッセージももう一つありましたよね?
あれは何度目のダグが作ったのか・・
携帯電話をおいてけと指示した博士。
けど1度目のダグ(死体袋の中)に電話をしたのは
博士なのかなって考えたら
やっぱりタイムパラドックスものは
突っ込んじゃダメだなって思いました(笑)
ネタバレコメントですみません・・・
こんばんわ^^ (えみたん)
2007-03-27 23:14:05
コメント遅くなってごめんなさい・・。

私も疑問がわいたのは、あのタイムマシン?の時間!!
なんであんな中途半端な過去なの??って感じですよね(^^;;
そこの説明はほとんどなかったですよね・・。
しかも一度見た過去はもう見れないし・・。
ちょっとタイムマシン?の謎は多いですが、話の展開は個人的には楽しめたかな(^O^)
って感じです♪♪
やっぱりおばか。。。 (うさぎ)
2007-03-31 16:08:55
こんにちは~kossyさん~

みなさん、kossyさんの記事で解決してるのに。。。

私はだめです~(T-T)

え?え?2度死んでるの?いつ?
考えると悩みだすので。。。のほほ~んと見て終わりにします。。。
タイムマシーンはスキャナー式 (祐。)
2007-03-31 20:55:09
あのタイムマシーンで行ける過去は 4日と6時間前。 ドラム式は自由自在でしたので、性能は、日本の勝ち(笑)
2度目という台詞が気になっていますが、kossyさんのネタバレを読んでも、私も理解不能でした。キーワードの一つとして、ニューヨークの停電のことですが、一回目の停電はいつの時代を言っていたのかな。ロサンゼルスの大停電はエンロンが仕組んだらしいですが・・・

それにしてもハリウッド映画は、機械万能社会ですなぁ。ハイテクの限界も無く、ハイテクが無いと何も出来ない。ロケットもミサイルも戦闘機も みなハイテクで怖いです。

Unknown (ケント)
2007-03-31 23:33:20
kossyさんこんばんはケントです。TBお邪魔します。
この手の作品が大好きなものですから、どうしても評価が甘くなりがちです。
もしこの映画にあのカーアクションシーンがなければ、もっと評価出来たのですが、残念です。
確かに、別次元からの二度目のタイムトリップでないと辻褄があいませんからね。
デジャ (kossy)
2007-04-01 00:19:30
>師走さま
「彼女は初めて見るのに、前に見たように感じる」
映画を観終わってから、もう一度考え直すと「な~るほど!」と気づかせるところが素敵だと思います。
俺でも「なんでデジャヴなんだよ!」と思いながら観てました。
実際に会っているんだけど、彼女のほうは目隠しされてましたっけ?最初にタイムトリップしたときの状況がわからないけど、デンゼルの顔を見なかったのかもしれませんね。
ストーリーはわかりやすいけど、「デジャヴ」の意味だけがわからないといったところかもしれませんね・・・

>kisen様
アメリカの警察官は皆ドーナツが好きなんです(笑)
だからデスクワークだとすぐに太っちゃう。それを見事に映像化してましたね~

ヴァル・キルマーといえば「バットマン」。
しかしこの映画では「ファットマン」・・・
ううう・・・

「エネミー・オブ・アメリカ」って結構好きでした。あんなことが将来行われるのかと思うとぞっとしますよね。

>Eureka様
俺は機会があればリピートしたいと思ってるのですが、突っ込もうと思えばいくらでも出てくるような気がしてなりません(笑)
そうかぁ~「2度目だ」とはっきり答えちゃデジャヴになりませんよね・・・もしかするとそのメモもあったのかな。
なんだか1度目が気になってしょうがない・・・です。

>えみたん様
“1度見た過去はもう見れない”という設定もなかなかでしたよね。はっきりとしたタイムスリップではなくて、なんだか一部だけ変えるぞ!みたいな感じの。
説明がないのはしょうがないけど、専門用語を並べてごまかされた気分です(笑)作者も「宇宙戦艦ヤマト」を見たことがあったのだろうか・・・

ネタバレ (kossy)
2007-04-01 00:27:31
>うさぎ様
大丈夫です!
解決したのは「デジャヴの意味」だけですから・・・
つまり、映画の内容と同じようなことを以前にやってるわけですよ。しかもテロ阻止に失敗して死んでいるという・・・
理屈を考えずに素直に見たほうが健全ですよ~~

>祐。さま
「サマータイムマシン・ブルース」でもオンボロの機械だったにもかかわらず精巧にできてました(笑)まぁ、99年前までしか行けませんが・・・
「エンロン」を見逃してしまい、そんな陰謀があったことも知らぬまま現在を生活しているkossyです。
そっかぁ、2度目というキーワードはやっぱり混乱させますよね。やはりもう一度見なくてはいけないかな。ビンゴカードのためにも・・・

>ケント様
今思い出してみても、派手なカーアクションなんかはすっかり忘れ去っています。タイムスリップものにするならばもっと他のことに金をかければいいのに!なんて思っちゃいますもんね(笑)
デジャヴの意味と2度目というキーワード。これがこの映画の魅力なんでしょうね~
デジャブりすぎ? (未来)
2007-04-04 21:49:14
こんなにも沢山の映画タイトルを、スゴイ!
言われてみれば、数々の作品を彷彿させますね。
‘デブが多い’にも笑いです。
‘一度失敗してる’・・・もう一度見直したくなりました。
考えたくなかったけど、本流はどこへ行ったでしょうね。。。
本流 (kossy)
2007-04-05 08:05:37
>未来さま
最初から「あれ?」と感じたのがはじまり・・・
よ~し、色々と映画を思い出すぞ~なんて意気込んでしまいました。ましてや監督や出演者の過去作品を予習していなかったので、苦労しましたですよ(汗)
本流はどこへ行ったのか??
支流が確定してしまうと、そのまま本流さえ消えていってしまう・・・ハイテク機器からこのような結果になるだなんて、やっぱりSFでしたよね。
俺もコメントで書きながら、未だに観にいけてません。
デジャヴ説その2 (ぴっぷ)
2007-04-06 13:34:36
 自分なりに「二度目」という台詞の意味を考えてみると、爆発を阻止したのは二度目にタイムスリップしたデンゼルだと考えるべきだと思います。
 つまり、映画冒頭からずっと見てる世界にはすでにデンゼルは二人存在している。
 そして映画の中で冒頭から爆発後からずっと出ているデンゼルがタイムスリップをする。
 その直後くらいにさっきタイムスリップして四日半過ごしたデンゼルが二度目のタイムスリップをしに博士の所に来る。(映画で見たタイムスリップは多分これ)
 多分一度目のタイムスリップはうまくいかず、フェリー爆破は食い止められなかった。(これが冒頭から観客が見ている世界)
 デンゼルがデジャヴを感じたのは、一度目にタイムスリップしてきたデンゼルが彼女と会っていたから。
 そして二度目のタイムスリップでデンゼルは、彼女を助け出し、フェリー爆破を阻止するも、自分は爆破で死んでしまう。(映画中のタイムスリップ後からの場面)

これだとデンゼルが「二度目だな」と聞かれた時、「そうだ」と答えることも辻褄が合うと思います。

デジャヴの小説版のほうでは、「二度目」の台詞はありませんでした。(何でだろう?)

そうそう (kossy)
2007-04-07 00:26:54
>ぴっぷ様
そんな感じですね。

今二度目を観てきました!
ほとんどぴっぷ様のおっしゃる通りです。
ただ、「二度目」という翻訳は直訳じゃなかったようで(実はよく聞き取れなかった)、前にもあったよなといった意味だったような気がします。意味深な言葉もわかりやすいと思って「二度目」と訳したんでしょう(戸田奈津子でした)。

デンゼルは2人存在していたのかもしれないけど、最初のデンゼルは爆破によって死んでいたのでしょう。もしかすると爆破じゃなかったかもしれませんが・・・
私の推測 (Kei)
2007-04-08 16:23:16
kossyさんこんにちは。
私もブログで推論立ててみましたのでご覧ください。
幾分kossyさんの節も参考にさせていただきましたが…。

ポイントは、何故博士が2度目である事を知ってて、過去に飛ぶ時は薄着しろだのすぐ心臓マッサージしろだのとアドバイスできたかでしょう。
おそらく、未来(4日と6時間後)から現在に来た方のダグが失敗して死んだ(多分殺され、爆薬積んだ車の座席下にでも転がされている)のを装置でモニターしていた、未来の博士が、現在の博士宛にそれらのアドバイスを書いたメモを転送した…と考えるのが一番辻褄が合ってる気がします。
で、アドバイスのおかげで現在から過去に飛んだ方のダグは、今度はうまく行ったわけです。
まあしかし、「インサイド・マン」といい、デンゼルの映画は観終わってもいろんな楽しみ方が出来る作品が続きますねぇ(笑)。
ワニ (ぴっぷ)
2007-04-16 12:16:45
ほかのサイトのレビューで思い出したんですが、映画中盤の爆破犯人の隠れ家のシーンで、ワニが誰かを食ってるシーンありますよね(池?川の中)
あれが失敗したデンゼルの死体だってことは考えられませんかね?
でもデンゼルがタイムスリップに一度失敗してるなら、誰も二度目のタイムスリップだとわからないのでは?
2回目 (kossy)
2007-04-18 07:19:47
>Kei様
1度目にメモを渡しておくなんてのも見事な推測です。「本当に2度目?」という問いに確実に答えるためにもデジャヴだけじゃ確証がありませんしね~安心させるためにrightと返事しただけかもしれませんが・・・
『インサイドマン』もそういう意味では2度目も楽しめる映画ですよね・・・2度目はまだですが・・・

>ぴっぷ様
ワニのシーンかぁ~~しまった、考えてなかった。
過去の自分が殺されるシーンなんて見たくもないですよね。もしかすると当っているかもしれません。
上にあるKei様の推測だとわかるんですけど、「メモなら送ったことがある」という言葉もこのことだったのかもしれません。色々と推測してみると、また見たくなってくる奥が深い映画なんですね・・・
引用 (kimion20002000)
2007-08-25 02:06:17
TBありがとう。
映画は元々、引用の産物ですからね。
引用とデジャブは、紙一重ですね。
この映画は、さらりとも見れるし、深く見ようと思えば見えるし、トンデモだと思えば思えるし・・・結構、自由度の高い映画でした。
デジャ (kossy)
2007-09-07 00:39:52
>kimion20002000様
自由度の高い映画・・・ですね。
俺のようなヘンテコリンな見方も・・・(笑)
この手の映画はとにかくパクリを探すのが楽しいんです。特に監督・俳優が関係している映画を。
2度見たことも忘れていたkossyでした・・・

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

86 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
映画「デジャヴ」 (ミチの雑記帳)
試写会にて「デジャヴ」 初めて体験する事象だが身に覚えがあるデジャヴ(=既視感)感覚をモチーフにしたサスペンスアクション。 乗客の543名が死亡する悲惨なフェリー爆発事故が発生し、現場でひとりの女性の死体が発見されるが、ATF(アルコール・タバコ・火気局)捜...
デジャヴ (eclipse的な独り言)
 この映画、心理サスペンスものだと勘違いしていました。予告もそんな風に作ってあ
『デジャヴ』 (試写会帰りに)
デジャヴ、そして「もし過去に戻れたら」という想い。誰もが感じた事のある、本能と繋がる不思議な感覚を、SFとアクションとサスペンスで紡ぎ上げ、ラブストーリーで味付けした、頭がグルグル系の後を引く映画、『デジャヴ』。 デジャヴ 文庫本。原作本を読んだら、映...
デジャヴ (たにぐちまさひろWEBLOG)
“人は皆、過去を見ている。鏡の前の姿でさえ、光の速度だけ過去のものだ。” デンゼル・ワシントン主演の“デジャヴ”を観てきました。 ニューオリンズを出港したカーフェリーが大爆発を起こし、543名が犠牲になるテロが発生した。 ATF捜査官のダグは、現場...
デジャヴ (映画鑑賞★日記・・・)
『DEJAVU』公開:2007/03/17(03/17)製作国:アメリカ監督:トニー・スコット出演:デンゼル・ワシントン、ポーラ・パットン、ヴァル・キルマー、ジム・カヴィーゼルその時彼は強烈な“デジャヴ”に襲われたというが、私にはただの一目惚れにしか思えなかった。そうじゃな...
デジャヴ (ぷち てんてん)
今日から公開のデンゼル・ワシントン主演のこの映画、見てきました^^)結構お客さんが入っていたよ。春休みに入って、にぎやかになってきたなあという感じですね。☆デジャヴ☆(2006)トニー・スコット監督デンゼル・ワシントン・・・・・・・・・・・・・・ダグ・カー...
「デジャヴ」 (-☆ EL JARDIN SECRETO ☆-)
これってデジャヴじゃないじゃん?!と思っていたら、最後まで見るとやっぱりデジャヴだったりする。娯楽映画には、ある程度のリアリティが要求される大真面目な作品と、まったく必要としないいわゆるおバカ映画があります。前者のタイプであまりにリアリティを欠く設定や...
感想/デジャヴ(試写) (APRIL FOOLS)
デジャヴ現象の新解釈?な『デジャヴ』3月17日公開。船上パーティが行われていたフェリーが、爆破された。駆けつけた捜査官ダグは、ある女性の死体を見つけ、なぜか既視感を覚える。捜査の中、ダグは政府が極秘開発したシステムにより"4日と6時間前を再生し続ける"監視映...
試写会「デジャヴ」 (日々“是”精進!)
ワーナー・マイカル・シネマズで行われた「デジャヴ」の試写会に参加してきましたハリウッドのヒットメーカー、ジェリー・ブラッカイマーのプロデュース最新作。デンゼル・ワシントンと組んだサスペンス・アクション。監督はトニー・スコット。ストーリーは・・・フェリー...
デジャヴ / 映画 (あかねのたわごと☆本日記)
映画『デジャヴ』を観てきましたSTORY:543名もの犠牲者を出した、凄惨なフェリー爆破事件。捜査官ダグは、手がかりを握る一人の女性の遺体を見た瞬間、強烈な《 デジャヴ 》に襲われた。――『わたしは、彼女を知っている…』彼は特別捜査班の一員として、政府が極...
『デジャヴ』 (Sweet* Days)
監督:トニー・スコット CAST:デンゼル・ワシントン、ポーラ・パットン 他 STORY:2006年2月28日。海軍の水兵とその家族を乗せたフェリーが爆破し多くの犠牲者が出た。その事件の捜査に向かったAFTのダグ(デンゼル・ワシントン)は、美しい女性、クレア(ポーラ・...
『 デジャヴ 』 (My Style)
『 デジャヴ / DEJA VU 』を観た。 とにかく、デンゼル・ワシントン演じるダグのキレモノぶりがカッコイイ! 爆破事故後の彼の冷静な行動もすごい。 現場検証もひとり地道に、だけど確実に、事件の証拠や手掛かりを集めて 理論的に状況を突き詰めていく。 女性の死体...
デジャヴ (Akira's VOICE)
ものすっごい手間暇かけたナンパ
デジャヴ (Diarydiary!)
《デジャヴ》 2006年 アメリカ映画 - 原題 - DEJA VU 多数の犠
デジャヴ (そーれりぽーと)
「デジャヴを操れ!」って予告編の言葉。 「何の事やろ、それにしてもジェリー・ブラッカイマー映画な割りに派手さの少ない予告編…」と、全然期待せずに『デジャヴ』を観てきました。 ★4個と言いたいところだけど、マイナス1.5で★★★ 予告編からは想像出来ない展開...
デジャヴ (こんな映画見ました~)
『デジャヴ』 ---DEJA VU --- 2006年(アメリカ) 監督:トニー・スコット 出演: デンゼル・ワシントン、ポーラ・パットン、ヴァル・キルマー、ジム・カヴィーゼル 543名の犠牲者が出たフェリー船の大爆発事故を担当した捜査官タグ(デンゼル・ワシントン)は収容さ...
デジャヴ☆独り言 (黒猫のうたた寝)
ATF(アルコール・タバコ・火器取締局)の捜査官ダグ・カーリン543人の犠牲者を出した凄惨なフェリー爆破事件を捜査中犠牲者の中、ある女性の遺体が、彼の何かを刺激した。”私は彼女を知っている・・・”知っているわけもないのに感じた思い、そして帰局して渡された...
デジャブ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「初めて会った人なのに、なぜか見覚えがある。初めての場所なのに、どこか懐かしさを感じる。」私達の日常の中で、不意に現れる数々の“デジャブ”現象。 06年2月28日、海軍の水兵とその家族たちを乗せたフェリーが、突如大爆発を起こした。ATFの捜査官ダグは現場を...
「 デジャヴ 」  Deja Vu   (俺の明日はどっちだ)
うひょー、予告編から受けたイメージ、並びにタイトルから想像するものと、内容がここまで一致しない映画も珍しい。 でも良い意味でハリウッド、なんだかんだ言いつつもジェリー・ブラッカイマー、相変わらずのド派手な爆破シーン、一気呵成で見せる畳み掛けるテンポある...
映画「デジャヴ」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2007年20本目の劇場鑑賞です。公開当日観ました。「マイ・ボディガード」「ドミノ」のトニー・スコット監督作品。SFタッチのサスペンス・アクション。初めての場所や経験にも関わらず、「この場所には以前来た事がある」「昔、これと同じ経験をした事がある」と感じる、い...
デジャヴ (映画君の毎日)
久しぶりの映画館での映画鑑賞。 デンゼルのファンとしては情けないほど遅いけど。 題名の通りの内容…じゃない?と気付いて、 それが中盤ぐらい。そこから予期せぬ展開で グイグイひき込まれた。 トニー・スコット監督だしジェリー・ブラッカイマー製作だ
デジャヴ (とっさの絵日記)
今日この映画を見ることに決めた理由は・・・とくにほかに見たいものがなかったから
デジャヴ 2007-13 (観たよ~ん~)
「デジャヴ」を観てきました~♪ 海兵隊とその家族約500人が乗ったフェリーが爆破された、特別捜査員ダグ・カーリン(デンゼル・ワシントン)が駆けつける。捜査を進めるダグに、事件の直前死んだと思われる女性の死体が発見されたとの連絡が入る・・・ 人気Blo...
映画『デジャヴ』 (たまさんのHR/HM シネマカフェ)
傑作『クリムゾン・タイド』(95)の黄金コンビが再び結集。ジェリー・ブラッカイマ
「デジャブ」の試写会に行ってきました。 (かなやす日記)
15日に地元テレビ局主催の「デジャブ」の試写会に行ってきました。 内容は、フェリーの爆発事故での捜査に向かった捜査官が浜辺に打ち上げられた女性の死体を見て、捜査官がハッとして、その後に死体となった女性の家に行ったら、捜査官の指紋などがきっちり残っていて...
「デジャヴ」みた。 (たいむのひとりごと)
「デジャブ」というタイトルと、意味がイマイチ良くわからない予告編にて、勝手にオカルト的というか神秘的な物語なのだとばっかり思っていた。それはそれで好きなのだけど、ちょっとばかり嬉しい誤算。ちっとも謎めいてこないし「ただの刑事もの?」と疑問
デジャブ (skywave blog シネマな独り言)
「ミクロな物理的世界では、そもそも時間は存在しない。」これが、科学の常識!! ちょうど「時間はどこで生まれるのか」という本を読んでいるところで、「過去->現在->未来」と
[映画]デジャヴ (落とし穴には気をつけろ!)
ジェリー・ブラッカイマープロデュースの「デジャヴ」を観ました。 500人以上の死者を出した、フェリー爆破事件を捜査するATF(アルコール・タバコ・火気局)の捜査官ダグ(デンゼル・ワシントン)は、政府が極秘に開発した、過去の映像を見ることができる装置を使う特別...
【MOVIE】デジャヴ (思いつくままに)
■感想など 昨日何していたかを知るには3日必要なんだ...。 数百人もの乗客を乗せたフェリーで大規模な爆発事故があった。捜査官として調査を していたダグ・カーリン(デンゼル・ワシントン)は、事故現場で見つかった女性(ポーラ・ パットン)を見に行き、彼女の顔を見...
デジャヴ (とんとん亭)
「デジャヴ」 2007年 米 ★★★★ デンゼル・ワシントンが痩せた分、ヴァル・キルマーが肥えたんやない? うん!良かった。 最初は「面白いのかなぁ??」と正直かなり不安でした。 私だけではなく、皆さん、同じ気持ちだと思いますが、映画を暇つぶ...
デジャヴ (SmallTalk)
『デジャヴ』(2006年/米国 原題:DejaVu)を見た。500名以上の死者を出したフェリー爆破事件の捜査に当たる特別捜査官のダグ(デンゼル・ワシントン)は、事件の手がかりを握る被害者の女性クレア(ポール・パットン)を見たとき、「彼女を知っている」という既視感=デ...
『デジャヴ』in茨木 (☆えみたんの日記帳☆)
土曜日夜映画観て来たって日記に書いたけど、その映画をご紹介鍊 その映画は「デジャヴ」っていう映画だよぉ~秊 うちは違う映画を観たかったんだけど、その映画の上映がなくなっちゃって友達と話した結果 「デジャヴ」を観ることに鍊 ...
デジャヴ DEJA VU (いいかげん社長の日記)
アメブロの調子が悪い^^; ここんところ、観たい映画が溜まっているので、おとといのレイトショーで「デジャヴ 」を観てきました。 平日のレイトショーは久しぶり。 「UCとしまえん 」は、いつもいく土曜日よりも人は少なめ。 休みの前の日だから、もう少しい...
既視感(2006,U.S.) (The Final Frontier)
Deja Vuですよ、デジャヴ。既視感。 未視感ってのもあるんだよ、知ってた? デジャヴ 500人以上もの犠牲者を出した凄惨なフェリー爆破事件が発生する。捜査を開始したATF捜査官ダグ・カーリン(Denzel Washington)は、その的確な捜査能力を買われ、FBIの特別捜査班への...
デジャヴ(映画館) (ひるめし。)
[デジャヴを操れ―――]
「デジャヴ」 (Cinema Chips)
17日公開の「デジャヴ」を観ました。この映画も「ナイトミュージアム」と同じ公開日だったので、先に「ナイトミュージアム」を観て、翌日にこの「デジャヴ」を観ました。本当に今年は観たい映画が目白押しでスケジュ
映画「デジャヴ」 (<花>の本と映画の感想)
デジャヴ 監督 トニー・スコット 出演 デンゼル・ワシントン  ポーラ・パットン  ヴァル・キルマー  ジム・カヴィーゼル  アダム・ゴールドバーグ  エルデン・ヘンソン 2006年 フェリー爆発により、乗客543人が死亡する惨事がおきる。ATF捜...
デジャヴ◆犯罪サスペンスで味付けしたSF娯楽作 (好きな映画だけ見ていたい)
       「デジャヴ」 (2006年・アメリカ)    監督:トニー・スコット    製作:ジェリー・ブラッカマイヤー    出演:デンゼル・ワシントン/ポーラ・パットン/ヴァル・キルマー/ジム・カヴィーゼル 映画や小説の世界でしか味わえないのがタイムトラベ...
デジャヴ (がちゃのダンジョン 映画&本)
『デジャヴ』(2006)DEJAVU上映時間127分製作国アメリカジャンルサスペンス/アクション/SF 初めて体験する事象だが身に覚えがあるデジャヴ(=既視感)感覚をモチーフにしたサスペンスアクション。『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズなどを手掛けた、敏腕プロ....
「デジャブ」■どこかで見たような・・・ (映画と出会う・世界が変わる)
主役はデンゼル・ワシントン。この監督なら「クリムゾン・タイド」。テロ事件なら「マーシャル・ロー」監督も主演も違うが、タイム・トリップで事件捜査となれば、「タイム・コップ」か。映像から事件捜査するという意味ではプライバシー無視の監視カメラの傍若無人ぶりを...
【2007-40】デジャヴ(DEJA VU) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
デジャヴを、操れ──
★デジャヴ★ (CinemaCollection)
[デジャヴを、操れ──]映時間127分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ブエナビスタ)初公開年月2007/03/17ジャンルサスペンス/アクション/SF【解説】「パイレーツ・オブ・カリビアン」のジェリー・ブラッカイマー製作、「マイ・ボディガード」のトニー・スコット監督....
デジャヴ (なにも起こらなかった一日の終わりに)
 しかしアメリカ人て「デジャヴ」の言葉の使いから間違ってるような。  500人以上の死傷者を出したフェリー爆破事故。  ATF(アルコール・タバコ・火器取締局)の捜査官ダグ・カーリン(デンゼル・ワシントン)は鋭い洞察力と推理力でこれが事故ではなくテロ...
映画「デジャヴ」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:Deja Vu 2005年8月29日フロリダを通過したハリケーン・カトリーナはメキシコ湾沿岸に再上陸、ニューオーリンズの殆どを水没させ救援遅れで街は無法地帯と化す・・ この映画は、そんな困難に打ち勝ち復興したニューオーリンズ市民に捧げられている。そして...
「デジャヴ」■神か・悪魔か (映画と出会う・世界が変わる)
「デジャヴ」の爆破事件の犯人は、まさに己を神のごとく考える男。演じるのはジム・カヴィーゼルで、なんと「パッション」でイエス・キリストを演じた俳優ではないか。そういえば、「デジャヴ」の未来版「マイノリティ・リポート」の黒幕も「偉大な生涯の物語」でキリスト...
デジャヴ ~ 観客にもデジャヴ体験をさせる ~ (Prototypeシネマレビュー)
~ 観客にもデジャヴ体験をさせる ~ 続編も期待されている『パイレーツ・オブ・カリビアン』など、派手な作品で定評のあるジェリー・ブラッカイマー製作のSFサスペンス作品。 これまでも様々な作品でテーマとして扱われてきた“タイムパラドクス”を、“デジャブ...
『デジャヴ』映画レビュー(2007) (*+*ぱらいそ・かぷりちょそ*+*)
デンゼル・ワシントンものを見るのは「タイム・リミット」以来かな。「デジャヴ」はTVの予告ぐらいで、内容はノーチェック。「すでに殺された女性を救えるのか?」って言葉だけ覚えていたので、タイムマシーンもの??それともなにか特殊能力もの???なので、正直あんま...
★「デジャヴ」 (ひらりん的映画ブログ)
今週の週末も、何観るか迷ったなぁ。 候補はこの他に、 ニコール・キッドマンも声の出演してる「ハッピーフィート」・・・ ミラ・ジョヴォヴィッチの「ポイント45」・・・ オスカー主演男優賞ものの「ラスト・キング・オブ・スコットランド」・・・ パリづくめの「...
デジャヴ (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  デジャヴりながら過去に追いつけ!  
デジャヴ (週末映画!)
期待値: 90%  ジェリー・ブラッカイマー プロデュースのSFサスペンスアクション。 デンゼル・ワ
映画【デジャヴ】 (Chateau de perle)
【デジャヴ】 公式サイト 監督 トニー・スコット 出演 デンゼル・ワシントン、ポーラ・パットン、ヴァル・キルマー、ジム・カヴィーゼル、アダム・ゴールドバーグ、他 543名もの犠牲者を出した、 フェリー爆破事件の捜査を担当していたダグは ある女性の遺体を...
「デジャヴ」(DEJA VU)映画感想 (Wilderlandwandar)
デンゼル・ワシントン主演のサスペンス「デジャヴ」(原題DEJA VU)を見て来ま
「デジャヴ」 (不良中年・天国と地獄)
3月26日(月)新宿プラザにてイギリスに「真理は時の娘なり」という格言があります。本当のことは、時が経ってみなければわからない、という意味でしょう。ジョセフィン・ティの名作「時の娘」は、この格言から採ったものです。悪名高きリチャード三世は、実はまれにみ...
2007-10:デジャヴ (正咄 その弐)
予告編がかなり面白そうだったので期待度はかなり高かったのがこのデジャヴです。1度逢った事のあるかもしれない女性をどうやって助けるのか?これはかなりのどんでん返しが必要ですから、もしこれが成功すれば大傑作となるわけですもんね。客入りはまぁまぁでした。年齢...
先 ~「デジャヴ」~ (サナダ虫 ~解体中~)
トニー・スコット監督作品、デンゼル・ワシントン主演の、 映画 「デジャヴ」を観た。 乗客の543名が死亡する悲惨なフェリー爆発事故が発生。 現場でひとりの女性の死体が発見されるが、捜査官のダグ(デンゼル・ワシントン)は、 どこか見覚えのある顔に思えて...
DON'T WORRY BABYが効いてる洒落たラストシーン『デジャブ』(2007年8本目) (ON THE ROAD)
   あ~やっぱりビーチボーイズはいいな~! そう思いながら劇中に流れる名曲『ドント・ウォリー・ベィビー』に 聞き入っていると・・・ 突然、ドッカーンとこの曲にはまったく似つかわしくない客船の爆破シーン。 この出だしは、ものすごく意外性と迫力があった。 ...
「デジャヴ」観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「デジャヴ」 監督:トニー・スコット 出演:デンゼル・ワシントン、ポーラ・パットン、ヴァル・キルマー、ジム・カヴィーゼル、アダム・ゴールドバーグ、エルデン・ヘンソン 06年2月28日、海軍の水兵とその家族たちを乗せたフェリーが、突如大爆発を起こし532...
デジャヴ(アメリカ) (映画でココロの筋トレ)
楽しみにしていた「デジャヴ」を観てきました! ( → 公式HP  ) 出演:デンゼル・ワシントン 、ポーラ・パットン 、ヴァル・キルマー 、ジム・カヴィーゼル 上映時間:127分  乗客の543名が死亡する悲惨なフェリー爆発事故が発生。 現場で...
デジャヴ (ももママの心のblog)
フェリーの爆破事件で死亡したと思われたクレア。しかし、彼女は爆破事件前に殺されていることが分かった。4日と6時間前の映像を見る事ができる装置を使って、彼女の生前の様子を見た捜査官は・・・。デンゼル・ワシントンのシリアスな演技がすばらしい。
デジャヴ (ちわわぱらだいす)
レディスディと祝日が重なったせい𕾮 お目当てのナイトミュージアムもアンフェアも満席で見れませんでした。 2時間後なんて待ちたくないから、10分過ぎてたけど「デジャヴ」見ました。 𕾜チワワブログ𕾜今日もワンクリックお願いします...
デジャヴ (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  海兵隊員とその家族達が、続々とフェリーに乗りこんでくる。ミシシピー川で、お祭りでもやるのであろうか。女の子がデッキの上から、人形を落としてしまう。可愛そうな人形は、海の中へ吸い込まれる。 やがてフェリーは定刻に出発し、ブラスバンドの奏でる派...
映画ネタ!デジャヴを見ましたよ! (うさぎ(名前はラフィー)の日々の様子)
みなさんこんにちは、こちらは季節外れの雪が雨に変わりましたよ・・・寒いです。 昨日は、タイミング良く日曜日でしかも映画サービスデー・・・1000円で見てしまいましたよデジャヴを・・・{/hakushu/} まぁ、内容についてはその他諸々のところで紹介されているの...
デジャヴ (エリ好み★)
ギャー!いくら時間を遡る映画だからって、道路を遡る(逆走する)のは止めて~(><)。
デジャヴ (日々徒然ゆ~だけ)
 既視感ちうよりアメリカ版芳山和子だぁね。こいつぁサスペンスじゃないぞ,SFだぞ。
DEJAVU / 既視感は過去からの警告?? (銅版画制作の日々)
MOVX京都にて、映画『DEJAVU』を鑑賞。DEJAVUとは?フランス語で既視感とい意味である。多分誰しも一度は体験のあることだと思う。つまり実際は一度も体験したことがないのに、すでにどこかで体験したことにように感じること・・・・。皆さん、きっとありますよね? 「パ...
デジャヴ (八ちゃんの日常空間)
予告編を観る限りでは捜査官が殺人事件か何かを捜査するうち、デジャヴ、すなわち超感覚で解決の糸口を見つけるとか救うとかのサイコ・サスペンスかと思ったんですよね~。 そしたら、シークレット・ウインドウ…じゃなかった、タイム・ウインドウなる過去を観る装置がど...
デジャヴ (future world)
‘デジャヴ’というタイトル、そして映画館で観た予告編から私は大きな勘違いをしてました。 主人公が超能力者で未来を予言、過去をにも遡れるようなサイコサスペンス映画だと。。。 しかしながら、‘タイムマシンもの’と安易に言ってしまいたくはない。 序盤の盛り...
イイ意味で私の予想を裏切った映画。『デジャヴ』 (水曜日のシネマ日記)
フェリー爆発事故と殺人事件を追う捜査官の物語です。
デジャヴ (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <池袋HUMAXシネマズ4> 監督:トニー・スコット 製作:ジェリー・ブラッカイマー 脚本:テリー・ロッシオ ビル・マーシリイ 500人以上の犠牲者を出したフェリー大爆発事故。ATF(アルコール・たばこ・火器取締局)の捜査官タグは、その原...
映画:デジャヴ (駒吉の日記)
デジャヴ(日劇PLEX) 「秘密を打ち明けて信じてもらえなかったら?」「あきらめない」 (原題 DEJA VU)トニー・スコットにブラッカイマー絡み・・・となると予告編で全てばらしちゃってる?と食指が動かなかったのですが、他に観るものなかったのと大画面で観...
「デジャブ」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
(2006年・タッチストーン/監督:トニー・スコット) 出だしと予告編から受けるイメージと、後半がまったく違うというタイプの映画が最近のハリウッド映画では多くなって来た。1昨年の
「デジャヴ」 疲れるくらい作品に巻き込まれた (はらやんの映画徒然草)
見終わって、ふぅ疲れたーというのが、最初の感想でした。 タイムパラドックスものと
★★★★「デジャヴ」デンゼル・ワシントン、ポーラ・パットン、... (こぶたのベイブウ映画日記)
これは面白い!見応えあるストーリーにパズルをはめていくような快感があった!「これは2度目か?」死んでも諦めずに運命を変えようとするダグがいじらしかった。冷蔵庫のメッセージ、クレアの部屋のアイテム、電話したり、絶妙な伏線の繋がりがたまらない!最後、車の中...
デジャヴ (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
すごいゾ! FBI が google earth を進化させた!(違) グーグルではなくてゴーグルつけて追跡ダッ! デジャヴposted with amazlet on 07.08.03ブエナ ビスタ ホーム エンターテイメント (2007/08/03)売り上げランキ
mini review 07066「デジャヴ」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
カテゴリ アクション 製作年 2006年 製作国 アメリカ 原題 DEJA VU 時間 127分 公開日 2007-03-17~2007-04-27 監督 トニー・スコット ストーリー 06年2月28日、海軍の水兵とその家族たちを乗せたフェリーが、突如大爆発を起こした。ATFの捜査官...
デジャヴ (ひめの映画おぼえがき)
デジャヴ 監督:トニー・スコット 出演:デンゼル・ワシントン、ポーラ・パットン、ヴァル・キルマー、ジム・カヴィーゼル、アダム・ゴールドバーグ、エルデン・ヘンソン... 「デ...
デジャヴ (Deja Vu) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 トニー・スコット 主演 デンゼル・ワシントン 2006年 アメリカ映画 127分 サスペンス 採点★★★★ 「あれ?ここ、前に来たことがあるような…?」とか「あれ?この人、前に会ってる気が?」っていう経験をすることの多い私ですが、まぁ得てして私の物忘れの激しさ...
「デジャヴ」 (シネマ・ワンダーランド)
「トップガン」や「ドミノ」などで知られる米アクション映画界の鬼才、トニー・スコット監督が2006年に撮ったSFタッチのサスペンス・アクション「デジャヴ」(米、127分、ブエナビスタ配給)。スコット監督の前作「マイ・ボディーガード」にも出演していたデンゼ...
デジャヴ…トンデモ設定だけどシッカリした作品 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
秋晴れです{/kaeru_fine/}{/s3_aut_momiji/} すごく天気が良いので行楽地に行ってサイクリング{/bikes/}でも楽しみたい気分。 耶馬渓あたりに出かけると気分がいいでしょうねぇ{/face_yaho/}…現地のシーボルトミミズには悩まされるとは思いますが{/face_ase2/} …ですが...
デジャヴ (UkiUkiれいんぼーデイ)
なるほどなぁ~、そういうことねぇ。。。(´_ゝ`)フムフム でも、な~んかこぉ~、イマイチだったな (*´□`)ゞ:・゜ ワームホールして、タイムスリップ....とな?
デジャヴ (Yuhiの読書日記+α)
ジェリー・ブラッカイマー監督の作品。この映画が公開されていた時は、かなり宣伝してましたよね。気にはなっていたんですが、見るチャンスがなかったので、DVDを借りてみました。 あらすじは・・・ 海軍の水兵とその家族たちを乗せたフェリーが、突如大爆発を起こし...
デジャヴ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『すでに起こった事件を、あなたは防げるか? すでに殺された女性を、あなたは救えるか? すべての答えは【デジャヴ】の中に―。』  コチラの「デジャヴ」は、ジェリー・ブラッカイマー製作&トニー・スコット監督&デンゼル・ワシントン主演の3/17公開になったSF...
映画評「デジャヴ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2006年アメリカ映画 監督トニー・スコット ネタバレあり
「デジャヴ」☆☆☆ (ドラマでポン!)
萩尾望都の「AーA’」を思い出しました。……事件が『なくなってしまった』点では、「銀の三角」的でもあるかもしれない。切ない。アクションやSF的仕掛けはあるものの、この映画の肝は「恋」ですよね。捜査対象の女性に恋してしまうATF捜査官(デンゼル・ワシントン)。....
『デジャヴ』'06・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ海軍の水兵とその家族たちを乗せたフェリーが、突如大爆発を起こした。ATFの捜査官ダグは現場を捜査し爆発がテロだった事を証明。さらに爆発現場の近くで発見された女性の死体も、鋭い観察力で殺人によるものだと見抜く・・・。感想トニー・スコット×デンゼル・....
「デジャブ」 (取手物語~取手より愛をこめて)
新年おめでとうございます。