ネタバレ映画館

帰って寝るだけのタクシードライバーになりました(汗)

スタンドアップ

2006-01-12 23:13:11 | 映画2006
 悪○じゃないショーン○ー○が○ても○かった。フランシス○ク○ーマン○もオスカー助演女優賞ノミニーがかなり○○だ!

 伏字がいっぱい必要なほど露骨なセクシャル・ハラスメント。ここまでくると、男どもに同情の余地はない。女性の多い試写会での鑑賞だったから、「俺はこんなセクハラなんて絶対にやらないぞ!」と自省しつつ、自然と肩をすぼめてしまいました。だけど、やっちゃいました。ジョージー(シャーリーズ・セロン)の娘カレンが“I wanna be a lesbian”と言った場面で、一人笑ってしまったのです。あ~あ。

 男:女の割合が30:1の職場。さすがにこういったシチュエーションでは異性に対する配慮が足りなくなるかもしれない。人間なんて弱い動物、多勢の中では流されてしまいがち。映画ほど酷いことはないかもしれないけど、注意しなければなりません。日本においても男女共同参画が一般的になりつつありますが、アメリカでは1975年から鉱山で女性が働けるようになっていたのですね。女性の社会進出によって、職を奪われた男の気持ちもわからないではありませんでしたが、映画に集中するとどうしても徐々に女性の立場になって観てしまいます。そして、ジョージーの過去の真実を抉るような展開に・・・

 法廷シーンが随所に散りばめられ、クライマックスでは原告側の証言がクライマックスとなるのですが、邦題『スタンドアップ』の意味が一番の見せ場でわかります(原題:北国)。日本人好みのタイトルの付け方にも納得。最初は隠語かと思っちゃいました。

 この映画はストーリーそのものよりも役者の演技のほうが素晴らしかった。特に、ジョージーの親友であるグローリー(フランシス・マクドーマンド)は最高!その他、父親のハンク(リチャード・ジェンキンス)、悪役でも裏切者でもないショーン・ビーン、意外な隠し味的存在のオスカー女優シシー・スペイセクもよかった。そして、オススメ子役のエル・ピーターソン。
 全編、ボブ・ディランの歌声も聞けるし、男性にもお奨めの映画です。

★★★★★
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (73)   トラックバック (119)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 銀色の髪のアギト | トップ | 日本インターネット映画大賞... »
最近の画像もっと見る

73 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんわ (PINOKIO)
2006-01-13 01:36:14
TBありがとうございます。

あまりにもひどいセクハラ(イジメ?)で

私まで仮設トイレは入りたくなくなったり。。



映画を見終わってからテレビCM見たら

別映画の宣伝のようにさわやかでびっくりしました(笑
kossyさん☆ (mig)
2006-01-13 01:50:58
わ~

すごい~新年早々?でちゃいましたか~

kossyさんの5って最高ですよね?



確かに、ストーリーよりも役者たちがかなり良かった作品です。

わたしはあまりに皆コロっと意見が変わるのに、ちょっと え~という感じになり8少ししてしまいました



セクハラオヤジにも是非観てもらいたいです 
仮設 (kossy)
2006-01-13 08:31:31
>PINOKIO様

あの仮設トイレはやりすぎでしょう。

いくらなんでも倒してしまったら完全にイジメです。

テレビの宣伝・・・まだ見ていない・・・



>mig様

甘かったかな・・・

正月気分ついでにオマケということで!

やっぱりね、フランシス・マクドーマンドとお父さんのジェンキンスさんですよ。ショーン・ビーンも静かないい演技だったしなぁ~

やはり自分は法廷ドラマが好きなようです。法廷もので低い点数つけてる映画はないかもしれない・・・



セクハラもあったけど、イジメもね・・・・新人いびりのお局様にも観てもらいたい?!
TBありがとうございました (映画三昧)
2006-01-13 11:50:01
有名な役者さんは、みんな味方でしたね、なぜか(笑)。
そういえば・・・ (kossy)
2006-01-13 12:31:24
>映画三昧様

言われて気づくその事実。

せめて高校時代のボーイフレンドくらいは有名人がよかったかもしれませんね。相手の弁護士とかも・・・
号泣する男性 (こまったちゃん@昼休み)
2006-01-13 12:40:43
私も11日に観ました。

まだ記事をUPできていませんが・・・(反省)

私も同行したあーちゃんも涙が出ましたが、

前の席の男性は号泣!

帰りに盛大に鼻をチーン!としてお帰りになりましたが、

ぜひとも感想を伺いたかったです。



世の男性がこの男性やkossyさんのように感じてくれれば

いいなーと思います。

昨今のアメリカでは逆セクハラで訴えられる人もいるそうなので(日本ではどうなんだろう)、私も若い男の子をいじめないよう(おじさんもいじめないよう)、気をつけたいと思います。



追伸:私は相手方の弁護士さんは彼女でよかったと思いますよん。
号泣 (kossy@昼休み超過)
2006-01-13 13:23:39
>こまったちゃん@昼休み様

俺も涙を流しましたよ・・・『モンスター』ほどではなかったけど。

周りはすごかったです。

また、感動的シーンが静かなもんだから、鼻をぐすぐすする音があちこちから聞こえてきて・・・



途中までは逆セクハラのことも考えていたんですけど、イジメに近いものは男女とも一緒です。弱者をいたぶる奴は許せない!

俺も気をつけます
男側の心情 (ジャジャ丸)
2006-01-13 16:02:36
感動でした。

予告を観ると、どうしても女性向けな作りになっていますが、

女性にも男性にも観てもらいたい映画ですよね。

父親の演説にはグッときました。

トラバさせていただきました。
男性も! (kossy)
2006-01-13 17:47:56
>ジャジャ丸様

男性も必見ですよね~

前半まではちょっと「男の立場がないなぁ・・」などと考えてもしまったんですけど、最後には涙腺崩壊です。

ボビーの心理変化も見事でした。
冷たい目でみたりはしませんから (駒吉)
2006-01-13 20:03:39
こんにちは、TBさせて下さい。

公開直前で行くかどうか迷ったのですが、行ってよかったです。

男性には・・・居心地の悪い映画でしょうけど観てほしいです!絶対冷たい目でみたりはしませんから。



久々に映画を観ながら本気で怒って、お父さんには思いっきり泣かされました。。。

そしてシャーリーズ・セロンさんスレンダーなのにホント骨太な女優さんでこれからが楽しみになりました。
男女比率 (kossy)
2006-01-13 21:29:48
>駒吉さま

前半は特に居心地悪かったですよね。

「女に職を奪われた」なんて台詞はまわりの人間に言い捨てそうな奴がいるし・・・

俺はお父さんよりもマクドーマンドに泣かされました。それを支えるショーン・ビーン。ショーン・ビーンなんかに泣かされてたまるか!と思っていたのですが・・・
いや~ (aiai)
2006-01-14 00:30:42
「女性映画」とは思ってなかったですが、男性からの評判がこんなにいいとは!正直、予想してなかったです。

ところで提訴は1985年て、映画に出てきていたでしょうか?映画を観ながらメモったのですが、最近、自信がなくなってきました(><)覚えていらっしゃいましたら教えてください。

モデルになった訴訟(多分)を調べたら、1984年になっていたんですよ。
女性映画 (kossy)
2006-01-14 08:11:27
>aiai様

コメントありがとうございます。

男の立場からすると、セクハラの問題を避けようとして無理矢理職場のイジメ問題にすりかえてしまったためかもしれません・・・

訴訟の年はよくわからなかったです。最初に1989年って書いてあったような気もするんですけど、多分俺の記憶違いです。う~む・・・他の人の意見を待ちましょう。
ありがと (ジャムリン)
2006-01-14 10:50:25
TBありがとうございます。

私もTBさせていただきました。



あんな度の越したセクハラが、20年くらい前にあっただなんて、女性には恐ろしいです。

男女問わず見てもらいたい映画ですね。
ありがとうございます (kossy)
2006-01-14 14:31:04
>ジャムリン様

もうセクハラどころではありませんでしたよね~

お尻に触る程度のものだと想像してたものですから、

男の俺だって恐ろしかったです。

男の人にもクチコミで広めていきたいと思います・・・
ショーン(涙) (mahito)
2006-01-14 19:48:45
kossyさん



 ショーンには泣かされるまいとお思いだったのですね^^

 ふふふふ。

私はご両親と親友夫妻にそうとう泣かされました。が、どう言うわけじゃ主人公には思い入れはなかったです・・・

 私、鉱山の男連中と同じじゃん、と自分で反省しました。



 度を越したセクハラはもちろん論外ですね。



相手方の弁護士、私はピッタリだなと思いました。社長とのやりとりのシーン(女性弁護士だからどーのというところ)でこの人で良かったなと思いました。



 近頃は逆もあるらしいので気をつけないといけませんね。
オスカー (kossy)
2006-01-14 20:05:10
>mahito様

実は俺もシャーリーズ・セロンにはそれほど感情移入できませんでした。綺麗すぎたという感想もちらほら見受けられるのですが、そのためかもしれません。

多分セロンのオスカーノミニーもないでしょう(GG賞ではノミネート)。むしろ、フランシス・マクドーマンドとリチャード・ジェンキンスは助演賞でノミネートされる可能性がありますね。



う~む、相手の女性弁護士。なんという俳優さんなんでしょう?気になってきました・・・



逆セクハラと痴漢の冤罪。ちょっと怖いです。

Unknown (えふ)
2006-01-14 23:36:41
最高に~ムカついた作品でした!(苦笑)



でもラストで邦題の意味がわかったとき、

爽やかな感動でした
あはようございます (さわわ)
2006-01-15 05:30:07
終始ストレスの溜まる内容でしたが後半パパと和解した辺りからタオル握り締めながら観ました

1989年ってつい最近のことだなぁと思ってたら20年近く前なのですね。

時がたつのは早いなぁ。

でもたったそれだけしか昔でない状況だったって恐いですね・・・



TBさせてください~
スタンドアップ (kossy)
2006-01-15 11:13:24
>えふ様

むかついてしまう内容と後半の感動のギャップがすごい映画でしたよね。

まさかスタンドアップの意味がこんなところにあったなんて、CMとかキャッチコピーも上手いです。



>さわわ様

女性はストレスがたまり、男性は肩身のせまい思いをする映画。後半は男女とも感動へ・・・

20年の間に考え方がえらく変化したものだとしみじみ感じてしまいます。

いい映画でしたね~
いい映画でした!! (はむきち)
2006-01-15 12:25:49
あの「スタンドアップ」と言う言葉に震えさえ覚えました!!

重いけど、なんていい映画なんだって感じで・・。

帰る時も、帰ってからも泣き続けてた私です。。



あの裁判のシーンはとても心が痛かった。。

ジョージーの勇気はスゴイ!!

10点満点 (kossy)
2006-01-15 13:26:42
>はむきち様

今でもあの言葉が思い出されます。

この邦題のつけかたにやられました。

もしかしたらアメリカよりも日本のほうが評価が高いのかもしれませんね~



俺はジョージーの勇気よりも、まだ職場にいる女性たちのほうがすごいんじゃないかと思いました。現場に残るために屈辱に耐えるってことも・・・
明日 (cya)
2006-01-15 23:24:46
スタンドアップ明日絶対観たいと思います。ブログ観て、みなのコメントも参考になりました。
楽しめました。 (青龍)
2006-01-16 02:31:42
観ていて痛々しい作品でしたが、楽しめました。

フランシス・マクドーマンド、良かったですよね。

テレビでもいずれ放送してくれればいいなぁと思いました。

マクド (kossy)
2006-01-16 03:16:40
>cya様

ぜひ観てくださぁ~い。

感想も楽しみにしております。



>青龍さま

よかったですよね。マクド。

俺ももう一度観たいけど、痛いのを連続するのもつらいので、テレビまで待ちます・・・
腰がっ! (メビウス)
2006-01-16 03:43:23
○者じゃないショーン・ビ○ンというのも珍しかったですが、本作ではイイオヤジでしたね。サミーと2人で語るシーンが凄い好きです♪

腰を痛めて仕事やめたと言ってましたが、自分もああいう力仕事のような職場で、しかも腰を痛めた事なんか何回もあるので、ジョージーだけじゃなくカイルにも感情移入しちゃったり・・(笑
こんにちは (へーゼル☆ナッツ)
2006-01-16 12:27:31
私もkossyさんと同じで★5つでした(^▽^)



嫌がらせひどかったですねえ・・・

特に、グローリーが入ってるトイレを倒された時なんて、涙がでました。



TBさせて下さい(^_-)☆
伏字だらけで読めません! (こっちゃん)
2006-01-16 17:24:44
悪「魔」じゃないショーン「ぺ」ー「ン」が「も」ても「て」かった。



訳:(どうやら、天使のショーン・ペーンがモテモテというアヒルを飼ったらしい。

これは有頂天ホテルのダブダブの影響だな、きっと)



続けようっと。



フランシス「ボ」ク「パ」ーマン「達」もオスカー助演女優賞ノミニーがかなり「強」「敵」だ!



訳:(長年パーマンとしてやってきた仲間・・・もちろんブービーもいるよ・・・たち。

海外の親友フランシスに死を決意した戦いを前に

こんな手紙を書いた。

オスカー助演女優賞国のノミニーはかなり手強い。

今度ばかりは日本の平和は守れないかもしれない。

でもボク頑張る・・・と。)



いや~kossyさんが伏字を乱用するもんだから

解読に時間がかかっちゃいましたよ



疲れるなぁ~もう
伏字 (kossy)
2006-01-16 18:15:28
>メビウス様

俺も職場で草刈してたときに腰をやられたことありますけど、「休んでていいよ」なんて優しい言葉をかけられました。

でも癖になるんですよね~いつ再発するかとビクビクしたりして。



>へーゼル☆ナッツ様

やった~~★五つ!

セクハラというよりも完全なイジメになってました。

これで男性でも感情移入できちゃうし、

やめてくれ~!なんて叫びたくなってしまいました。

実話だしね・・・



>こっちゃん様

解読ご苦労さま!

適当に○を入れたのに、素晴らしいお答えありがとうございました(笑)。笑ってしまったです。特にボクパーマンで!

実は、オスカー有力だ!と書きたかったのを、自信がないために伏字にしただけだったりして・・・



堤幸彦 (aq99)
2006-01-16 22:43:36
堤幸彦のTVドラマ「STAND UP」は、まさにそういう意味でつけたタイトルでした。平成の「毎度お騒がせします」的なドラマで、面白かったですよ~。



毎度 (kossy)
2006-01-17 00:07:33
>aq99様

平成の「毎度お騒がせします」ですか。

なんとなく想像つきます(笑)

だけど、どんなドラマなんだろ・・・興味津々。

スタンドアップ (サラリーマン)
2006-01-17 15:13:21
久々に映画を観て感動しました。

お父さんのシーンが泣けました。

先生と元ボーイフレンドは両方とも最悪!!

なんともムカつく (更紗♪)
2006-01-17 15:31:30
あの邦題はよかったですね。

「立ち上がれ」って、女性たちが立ち上がれたのがよかった。

しかし男性には肩身の狭い映画でしたでしょうね。
立ち上がれ (kossy)
2006-01-17 16:03:28
>サラリーマン様

俺も感動しましたぁ~

お父さんもグローリーも。

あの先生は懲戒解雇プラス慰謝料請求ですね!!



>更紗♪様

毎度どうもです。

肩身の狭いをしたのは前半だけだったかも・・・

もう何でもいいほうに解釈してます♪
こんにちは。 (charlotte)
2006-01-17 17:28:03
アイスホッケーの試合って結構おもしろいですよね。北国ならではというか。

ところで演技派ぞろいでいつも以上に泣かされましたわ。 感情移入をどうしてもジョージーにしてしまいます。今女性が安心して働けるのも男性のご理解あってのことです 逆セクハラにはご注意くださいませ~女は怒ると恐いでっせ…
北陸 (kossy)
2006-01-17 17:54:09
>charlotte様

いいですよね~アイスホッケー

石川県は雪は多いけどスケート人口が少ない。

唯一のスケートリンクもなくなってしまうし・・・



逆セクハラ。

怖いんです。

もうおとなしくしてます・・・
すごく感動でした (ルーシー)
2006-01-17 20:48:31
派手な演出しなくても、じっくり魅せてくれました。

それぞれの俳優さんたちの、持ち味存分に出した演技、目が生きてましたね。

黙って耐えるのも時には必要。

でも、立ち上がる勇気が必要なときもある。

パワーと勇気を、ちょっとだけもらった気がしました。

そう言えば・・・ (ココ)
2006-01-18 18:48:13
鑑賞中に席を立った男性が何人かいました(笑)

観るに耐えなかったのか、後ろめたかったのか、その後いろいろ想像してしまいましたよ~(笑笑)

ボブ・ディランが効果的に使われていましたね

洋楽好きにもグ~な作品でした

今回に限って邦題がよかったですね!

たまにはいいこともするじゃん、なんて意地悪かな(苦笑)

立ちあがる (kossy)
2006-01-18 21:16:08
>ルーシー様

ストーリーよりも俳優の演技が印象的。

黙って耐えるところ。勇気をふり絞るところ。シャーリーズ・セロンが目で訴えてきました。

俺も労働者の一人として立ちあがらねば・・・いてて。



>ココ様

え~~席を立った男がぁぁ~~

う~む、それは美味しい現場を目撃しましたね。

俺は小心者なので女性のフリをしてました(笑)

思ったのは、ボブ・ディランの歌の歌詞を字幕にしてほしかった。全然わかんないんだもん(汗)

邦題は「うまい!」の一言。
後半ずっと・・・ (はっち)
2006-01-19 07:44:46
お邪魔します~♪



組合の会合のシーンくらいから、ずっと涙が止まりませんでした。セロンちゃんも綺麗だったし、脇役陣の演技も満足!イイ映画でした~♪
自然に (kossy)
2006-01-19 09:08:17
>はっち様

気が付いてみると、なぜか自然に流れていた涙。

セロンもマクドーマンドも上手すぎます。

男のほうが泣けるのかなぁ・・・
こんにちは♪ (ミチ)
2006-01-19 17:48:58
やっと見てこれました~。

結構ガツンときてしまったので、これ以上にガツンと来る作品がでてくるか軽く心配しています(笑)

なんでも下ネタにしてしまう知性のかけらもない男性従業員を心底憎く思ってしまったのでした~。
ガツン (kossy)
2006-01-19 22:47:49
>ミチ様

こうやってみると、1月はいい映画ばかりでしたね~

4点以上ばっかり!

ガツンガツンと重い映画も多いし・・・



シモネタは男同士で酒飲んだときだけにしてもらいたいです。俺はしないですけど・・・
私はやっぱり・・・ (heartstrings_movie)
2006-01-21 01:49:58
みんな良かったけど、私はリチャード・ジェンキンスに目がいきましたね。

あと、汚い言葉はちょっと前に『フルメタルジャケット』を観ていたので、あれに比べれば全然大したことなかったです(^_^;)

もちろん、対女性で直接的という意味ではこっちの方が酷いのですが。
肩身が狭いとは… (jack)
2006-01-21 03:32:21
全然思いませんでしたけどね。一応れっきとした…かどうかはともかく男ですけどあんな連中と自分が同類とは思わなかったし。見た目だけは鉱山で働く皆さんにごくごく近いものがあるんですけど。

きっと途中で退席した人たちは自分にも心当たりがあったんじゃないでしょうかね。それで後ろめたくなったとか。



久しぶりに観終わって「ホントにいい映画観たなぁ~」と文句なしに大満足できた作品でした。



あと、テレビでの放送の件ですけどR-15指定の作品も地上波で放送できるんでしたっけ。

あのあまりにも露骨なセクハラの描写が地上波で放送できるとはちょっと思えないんすけど。かといってモザイクかけたりピー音付けたり一部カットされるようなことをすればどれだけ酷いセクハラをされていたかが伝わらなくなってしまうし…
伏字 (kossy)
2006-01-21 08:55:56
>heartstrings_movie様

リチャード・ジェンキンス父ちゃんはよかったですね~

心理変化が手に取るようにわかる表情と、奥底で娘を侮蔑した奴らを憎む心が。

助演男優賞もあげたいですね~



>jack様

まぁ、そういった気持ちも前半だけ。

イジメの度がひどくなるにつれ、俺も違うんだと思えるようになってきました。

どこの会場でも途中退席する男はいたようです。

腹を立てていたのでしょうか・・・



地上波ではR-15は放送しないと思うのですが、wowowなんかだとどんどん放映しちゃいます。地上波で可能性あるとしたら深夜枠。かなりカットされちゃうでしょうね。
こんにちは (Qchan)
2006-01-21 11:21:14
TBありがとうございました。

いろんなことを考えさせられる作品でしたね?



ボビー・シャープの心を動かした(?)変えた(?)弁護士さん、拍手ものでした。

ネタバレにならなければ、もっと書きたいことがたくさんあったのですが・・・

観てない方のことを考えたら、あれ以上のことは書けませんでした。(苦笑)

TBお返ししますね。
ボビー (kossy)
2006-01-21 15:13:04
>Qchan様

この映画で考えさせられるのはセクハラだけじゃないですよね。DVはもちろん、人口が少ない地域のでの大企業。田舎だからどこへ行っても顔見知りがいるということなど。問題はいっぱいあるような気がしてます・・・日本における炭坑の問題まで比較してしまいそうです。



女性弁護士の心理変化もお見事でした。
こんにちは☆ (やちこ)
2006-01-22 13:30:50
kossyさん、いつもTB返しありがとうございます。

ワタシもこの映画お気に入りです。

俳優さんたちの素晴らしい演技に心を打たれました!



出だしの伏字にはウケました(笑)



TBさせていただきます。

またおじゃまさせていただきます(^^)
お気に入り (kossy)
2006-01-22 14:21:11
>やちこ様

正月そうそうこんないい映画が潜んでいるとは!

なんて試写会に当たってラッキーでした。



いつも出だしの文に頭を悩ませています。

ウケていただいたというお言葉が大変励みになります。ありがとうございます!
こんにちわ (ななな)
2006-01-22 15:47:28
最初邦題を聞いたときは安っぽいなぁと思ったのですが意味を知った時にすごいと感心しました。

「スタンドアップ」って中にたくさんの勇気が入ってましたね。

シャーリーズ・セロンはこれからもっともっと素敵な女優さんになっていくと思いますのでますます楽しみです。
ショーン・ビーン (any)
2006-01-26 01:14:00
kossyさん、こんばんは。

つい、自らの行動を省みて、背筋が伸びる、そんな作品でした。

仰るように、キャストの演技が素晴しい作品でしたね。

個人的にはショーン・ビーンが一番印象に残ってます。

悪役じゃなかったからかもしれませんが(笑)

勇気 (kossy)
2006-01-26 01:49:31
>ななな様

俺も「この邦題だっせ~」なんて偏見をもって鑑賞いたしました。いい意味で裏切られ、泣かされてしまった・・・

俺もいざというときには勇気を出して・・・がんばろ。





>any様

こんばんは。

今までの自分の行動を思いっきり反省しましたですよ!

主人公とお父さんの演技がメインなのに、マクドーマンドとショーン・ビーンが印象に残りましたね~

今後のショーン・ビーン映画にも必ず「悪役」というキーワードが出てくるでしょうね・・・俺は今までもずっと(笑)
まだ見てませんが (バーンズ)
2006-02-08 00:30:55
ちょっと僕の気になる役者が出てるみたいです。

 訴訟を起こされる若い上司(なのかな?)役のジェレミー・レナーって確か「SWAT」でコリン・ファレルと対決するかつての親友を演じた人かな?あの時は「知らない役者だけど何だかワルッぽいイライジャ・ウッドみたいで格好いいな」と主役のファレルより印象的だったので。でもあの時は裏切り者で、今回は性差別者・・・・・・今後善人役に恵まれると良いですね(笑)



僕もこの監督の前作「クジラの島の少女」は好きですよ。あの女の子はやはり今は学業優先なのかもしれませんが、是非とも素敵な女優に成長してもらいたいものです。「SWE3/シスの復讐」にも一瞬ながら出てましたね。



しかしこの作品、男の苦悩、男の孤独、男の信念、男の情熱、と徹底的に男、いや”漢”にこだわるマイケル・マン監督が見たらちょっと納得いかないかもしれませんね、「世の中の男が全員こうじゃねえ、本当の男ってのはな~」って(笑)あくまで想像ですけどね。



この監督の「インサイダー」は同じ実話社会派映画でも男性中心の映画でしたら、逆にこの作品を女性が見てどう感じるのか、個人的に興味深いところです。
SWAT (kossy)
2006-02-08 01:54:12
>バーンズ様

ううう、ジェレミー・レナーって俳優の顔を思い出せません。それより『SWAT』のシーンでずっと気になってるのが更衣室のシーン。たしか男女一緒に着替えてたような。あれはセクハラなんて世界を通り越して、男女の差が全くなくなってる世界なのかな~って(笑)

マイケル・マン・・・そういや『ヒート』とか『アリ』とか『コラテラル』も。男の世界ってのもいいですよね。
シャーリーズ (Mar)
2006-02-08 21:19:12
見事2年連続、アカデミー賞主演女優賞ノミニーですね。迫真の演技でしたし、意外と2年連続受賞もあるかもしれませんね
シャーリーズ (kossy)
2006-02-08 21:48:41
>Mar様

正確に言うと、2年前ですね。

日本での『モンスター』公開がかなり遅かったので、なんとなく連続しているような気もしますよね~

前回は見事なウェイトアップ。

今回は美しいけども汚名をきせられた役。

もう感情移入しまくりでした。

やっぱりこの女優好きだぁ~
セクハラはいかんぜよ (swallow tail)
2006-06-23 23:26:12
kossyさん、こんばんは。

>「俺はこんなセクハラなんて絶対にやらないぞ!」

と自省ていらっしゃったことを今でも覚えてますかぁ?

なんて失礼なこと聞いてはいけませんね。

ハラスメントになってしまいます。

女ばかりの職場にいると、デリカシーがなくなってしまいます。

しかし、この映画もよかったですね。

シャーリーズはこういう意思の強い女性をやらせるとハマリますね。
こんばんは (kossy)
2006-06-24 00:17:55
>swallow tail様

え、えぇ、もちろん覚えてますとも!

今はもう聞かなくなりましたけど、

最近は男女雇用機会均等法の欠点のほうが問題になりつつありますもんね。

「女を雇うから男の職が奪われるんだ」なんていう台詞も現実味を帯びてるんですよね・・・などと言いつつもセクハラはいかんぜよ!と言いたいです。

シャーリーズ・セロンはよかったですよね~
セクハラ大魔王 (しんちゃん)
2006-07-01 23:21:31
 の、私といたしましては(爆)やっぱセクハラは大勢でやっちゃいけないなぁって感じで・・・



 なんてことはどうでもいいんだけど、ホントばかな映画を見たって感じでした。



 父親のいる前で娘をあんなに罵倒する国民性(笑)

で、やっと親父も腰を上げて・・・



 やっぱバカな国です。



ちょっと自分ちで理屈っぽい事を書いたんだけど、見ている私たちも「女性」の同僚に期待し、「女性」の「敵側弁護士」に期待してしまうんだよね。



 それをあんな簡単に裏切られて、より酷い打撃を受けて。



 私が思ったのは異性からの物理的なセクハラよりも同性からの精神的なセクハラのほうがきついってことと、「女」に期待するバカな観客の私たちってことでした。逆に言えば見ている私たちも性差別をしてるってことになるんだけどね。



 男も女も関係ないんだよね
セクハラといっても (kossy)
2006-07-01 23:49:01
>しんちゃん様

大魔王って・・・言葉だけですよね?

今はまだセクハラを追放しようとする映画が主流ですけど、そのうち痴漢と間違えられたサラリーマンの悲劇とか、逆パターンの映画が作られることを期待しています。



男女雇用機会均等法というのもおかしいんですよね。

逆のパターンで就職できなかった男性も勝訴してるし、冤罪事件だって徐々に男が勝つ時代になって・・・



この映画じゃ今の杓子定規だと考えられないんですけど、まぁ西部劇なんかではありがちかなぁ~などと思ってしまいました(笑)
社会派映画 (kimion20002000)
2006-07-14 23:24:39
TBありがとう。

フェミニズム映画というより、社会派映画ですね。

男性にも、充分、楽しめる映画です。

田舎では、どうしても、自分だけ異議を唱えると、浮いちゃうということが合って、そのうち、悲惨な慣習ができてしまうんですね。
田舎ほど (kossy)
2006-07-15 07:50:35
>kimion20002000様

そうですよね~社会派ドラマでした。

それにしても田舎ってところは・・・

多数決主義というか、長い者にまかれる主義というか、村八分という言葉はあるのに町八分という言葉がないのは保守的すぎるためなんですね・・・

この映画を観る限りでは都会に住みたくなります。。。
TBさせていただきました (wakana)
2006-07-16 20:27:34
私も“I wanna be a lesbian”で笑いましたよ。

DVDでは『オトコ女』と訳されてました。



私が会社にいた頃は50:1の環境でした。異性に対する配慮が充分だったとは言えませんが、すごくかわいがってもらってましたよ。“男の仕事が女にとられる”という環境ではなく女の子はあくまで事務員てゆう環境下では案外そんなものかもしれません。
オトコ女 (kossy)
2006-07-16 21:17:13
>wakana様

オトコ女ですかぁ~

DVDの頃になると、違った翻訳が楽しめていいですね~



俺は男女比1:10くらいの職場にいたことがありますよ。さすがに可愛がってもらえませんでした(泣)

今の時代は「この言葉はセクハラになるんじゃないか」とかビクビクするものです。

しかし、逆セクハラというか大胆発言によって、俺はたじたじでした・・・返答にも困るんですよ・・・
ほおぉ (とらねこ)
2006-07-17 00:33:12
どんな逆セクハラを受けたのでしょう?(笑)

でもきっと、愛情表現ですよ

kossyさんはかわいがられるタイプなのかな。
いえいえ (kossy)
2006-07-17 01:07:14
>とらねこ様

もう可愛がられる年齢は過ぎてますですよ。

逆セクハラではないにしても、男という存在を無視してきわどい話を・・・

かわいがられる・・・いや、いぢられるというタイプかもしれません(汗)
こんにちわ♪ (キューピーヘアー)
2006-07-30 11:58:17
カレンちゃんの"I wanna be a lesbian."と言ったせりふはちゃんと聞き取れませんでした。

kossyさんは英語も堪能なんですね。

ちなみに僕は昨年、英検準2級に合格したレベルです。(恥ずかし)
映画 (kossy)
2006-07-30 19:01:26
>キューピーヘアー様

コメントありがとうございます。

英検準2級なんてすごいじゃないですか~

俺なんて英検もTOEICも一度も受けたことがないんです。

まぁ、「英検2級なら受かるだろう」と言われたことがあるだけです(汗)

それよりも外国映画を数多く見ているだけで慣用句とか覚えてしまいますよ♪だけど長文は聞き取りにくいです。記事に書く台詞も短くてインパクトのあるものだけ。う~む。
皆立った (師走)
2006-11-21 18:32:44
「スタンドアップ」観ました~
前から観たかったので^^
kossyさんの言うとおり、役者の演技は凄い良かったですね。もう素直に感情移入できちゃったしw
この映画なんでR-15指定だったのかも分かったし・・・
まあそんなのはどうでもいいんですよ^^
最初は彼女を否定してた人達も、クライマックスには皆
立ってくれたのも良かったし、何より、娘なんてどうでも
いいなんて思ってた父親も、ちゃんと彼女の味方になり
その場面でちょっと目がウルウルしちゃいました。
良い映画でした~
いじめ (kossy)
2006-11-21 20:40:14
>師走様
イジメ問題がクローズアップされる今見ると、また違った感想になっていたかもしれません。セクハラというよりも悪質なイジメでしたよね。
みんなが徐々に立ち始めるシーンは涙もの・・・それにマクドーマンドが泣かせるんですよね。
また見るのがつらいかもしれない・・・
演技がすばらしかった (pretty_kitten)
2007-03-02 01:19:02
法廷劇がどうしてもショーっぽく見えてしまった。
しかし、立ち上がった彼女はすごい。
あたしはできない。
いや、それ以前に男社会の炭坑に足を踏み入れることさえしないです。
法廷 (kossy)
2007-03-02 09:15:53
>pretty_kitten様
法廷といっても、正式なものじゃなかったですしね~
まぁ、あの場面での行動というのはかなり勇気ある行為。
できるものではありません・・・

時代が時代だけに男社会の女を描いてましたけど、男女機会均等法の影響で日本は変な方向にもなってるような・・・

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

119 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
スタンドアップ (色即是空日記+α)
原題 「North Country」   邦題 「スタンドアップ」  最初、仮題となっていたのに結局そのまんまらしい。でも最後にこれが効いてくる! 鉱山で働くシングルマザーが、アメリカ初の集団セクハラ訴訟を起こす実話に基づいた作品。   2人の子供を.
『スタンドアップ』 (ラムの大通り)
----「立て!」って、これまたスゴいタイトルだね。 「うん。でも正確には『立ち上がれ!』という意味。 この映画は一言で言えば、 鉱山という“男の社会”で働き始めた女性ジョージーが、 度を越えた嫌がらせや耐え難い屈辱の中、 ついに“立ち上がる”ことを決意するという
スタンドアップ/NORTH COUNTRY (我想一個人映画美的女人blog)
社長のタコオヤジを後ろからハンマーで殴りたくなった。 もちろん、炭坑現場の幼稚で下品な男どもも、、、。 またまた2005年度アカデミー賞最有力作品の登場☆ そして、真実のドラマ。 最近のシャーリーズセロンは、ただのキレイなだけの役はやらず、 「モンスター」にして
映画「レジェンド・オブ・ゾロ」 ぞろぞろ2006 (bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ)
アントニオ・バンデラス&キャサリン・セダ=ジョーンズの スーパー・アクション・エンタテインメント・ムービー 「レジェンド・オブ・ゾロ」の試写会に行ってきました。 「マスク・オブ・ゾロ」に続く リメイク新シリーズ第2弾です。 さすがにスピルバーグプロデュース作
感動実話対決新年参戦!『スタンドアップ』速報 (Dead Movie Society★映画三昧★)
「子供が仕事をもってきてくれる」…… 不思議なんだけど、実際よくある現象なんだよねえ。 子供がいない人には実感が湧かないだろうとは思うけど、 例えば『シンデレラマン』が、そうだったでしょ? 『ハリー・ポッター』の原作者J・K・ローリングスも、 生活保
映画「スタンドアップ」 (いもロックフェスティバル)
まずストーリーとか感想とか言う前に、この作品の重大な欠点について書かせてもらう。
『スタンドアップ』 (異国映画館)
2005年 アメリカ 公開日:2006/01/14 劇場鑑賞06/01/01           スタンドアップ   監 督 :
スタンドアップ (週末に!この映画!)
期待値:88%  アメリカで実際にあった、セクハラの問題を取り上げた映画。 映画の雰囲気的には結構、
スタンドアップ!シスター (めそのたわごと)
立て続けにふたつ試写会が当たりました{/choki/} しかもふたつとも観たかったやつです どちらも内容や描き方は全然違うけど \"生き方\"についていろいろ考えさせられました ひとつ目は昨日の博士の愛した数式 あらすじは  数学教師のルート先生は、新しく受け持ったクラスで
スタンドアップ (エリ好み★)
骨太の労働問題映画でした
スタンドアップ (メルブロ)
スタンドアップ 上映時間 2時間4分 監督 ニキ・カーロ 出演 シャーリーズ・セロン フランシス・マクドーマンド ショーン・ビーン リチャード・ジェンキンス  女優陣にアカデミー賞受賞者が3人もいる。  実話が元になっているので女性、特に働く女性が見るべ
「 スタンドアップ 」 (MoonDreamWorks)
監督 : ニキ・カーロ主演 : シャーリーズ・セロン / ウディ・ハレルソン /原作 : 集団訴訟 (ClassAction)    公式HP:http://wwws.warnerbros.co.jp/standup/ この映画は実際に起こったセクハラ訴訟を基に作られた作品です。 原作は2002年に出版され...
スタンドアップ (ジャムリン笑顔で懸賞)
昨日、名古屋の勤労会館で行われた スタンドアップ の試写会へ行きました。 力もない。自信もない。味方もいない。それでも立ち上がってみようと思った。 スタンドアップは、アメリカであった実話をもとに作られた映画です。 {/kaeru_cry/}Story{/kaeru_cry/} 夫の暴力
イジメかっこ悪い 「スタンドアップ」 (平気の平左)
評価:85点{/fuki_love/} スタンドアップ 中々すごい映画でした。 ストーリーは、実話を元にした、鉱山で働く女性へのセクハラの話なんですが、これがすごい。 ストーリーにはなんのひねりもありません、というか、 「ひねりなど不要!!」 って感じの、セクハラの描
スタンドアップ (Lovely Cinema)
2005/アメリカ 監督:ニキ・カーロ 出演:シャーリーズ・セロン    エル・ピーターソン    トーマス・カーティス    フランシス・マクドーマンド      ショーン・ビーン    ウディ・ハレルソン 観ていて超ムカつく!![:怒りマーク:] おもわず
「スタンドアップ」 (blue world)
監督ニキ・カーロ 製作ニック・ウェクスラー 脚本マイケル・サイツマン 音楽グスターボ・サンタオラヤ 原作クララ・ビンガム ローラ・リーディー・ガンスラー 主演シャーリーズ・セロン フランシス・マクドーマンド シシー・スペイセク ウディ・ハレルソン ショーン・ビ.
スタンドアップ (31歳独身男Kazuakiの映画日記)
「お見事! これは溢れるものを抑えきれない。こんなひどい状況でも、勇気を持って立ち上がり声を挙げることで、何かを変えていくことができるんだ。」 今日から期待作がたくさん公開されましたね。いよいよ2006年も始動という感じで、何だかワクワクしています(^^)。今日1
スタンドアップ (だらだら映画・和日和)
満足度★★★★☆ 良かったです。本当に。 泣きましたよ~ わたし。今まぶた重いですから。眠いってのもありますが。 あらすじ 暴力夫から逃げ出し故郷に子ども2人と戻ってきた
「スタンドアップ」 (てんびんthe LIFE)
「スタンドアップ」 ニッショーホールで鑑賞 はっきりいって始まって2/3が終わるまで気持ちが落ち着かなかった。ムカツキ!!イライラ。そしてその後は私にも目に涙がたまっていました。通路を隔てたところに座っていた女性は完全に鼻水をすすっていました。1980年
スタンドアップ (外部デバイスへの記録)
製作国:アメリカ 公開:2006年1月14日 監督:ニキ・カーロ 出演:シャーリーズ・セロン、フランシス・マクドーマンド、ウディ・ハレルソン、ショーン・ビーン ほか 今月公開される洋画では一番楽しみにして作品♪意外と人が少なかったような気がしたけど・・・。立川.
スタンドアップ (はむきちのいろいろ日記)
全米で最初にセクシャルハラスメント訴訟に勝った実在の女性をモデルに映画化した感動ドラマ。2人の子どもを持つシングルマザーが、鉱山労働者として“男の職場”で悪質な嫌がらせに苦しみながらも、ついには勇気を持って立ち上がる姿を描く。主演は「モンスター」でアカデ
スタンドアップ NORTH COUNTRY (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
シャーリーズ・セロン主演 ジョージ(シャーリーズ・セロン)は法廷で戦う この後、多くのセクハラ裁判で女性が勝つようになった実話だそうです ジョージは着のみ着のまま 北に向かいます NORTH COUNTRY 家庭内暴力から逃げミネソタ田舎町の両親の元へ帰って来ました
スタンドアップ  (花ごよみ)
        監督は女性監督のニキ・カーロ。     夫の暴力に耐えきれず離婚して    シングルマザーになったジョージー(シャーリズ・セロン)は    2人の子供を抱え、少しでも高い給料を得るために鉱山で働く。      そこは未だ閉鎖的な男社会の職場
スタンドアップ (シネマ日記)
ネタバレ注意試写会に行ってまいりました。みなさん、この映画のテレビコマーシャルを見たことがありますか?あのコマーシャルから得る印象ってどんなんでしょう?ワタクシが受けた印象は「若い女性が主人公の爽やかなサクセスストーリー」って感じでした。けど、本当はこの
スタンドアップ (★☆★ Cinema Diary ★☆★)
2006年最初の傑作。とにかくシャーリーズ・セロンに尽きる。彼女の恐ろしいほどの存在感と見事な演技力には誰もが胸を打たれるはず。
『スタンドアップ』 (京の昼寝~♪)
力もない。自信もない。味方もいない。それでも、立ち上がってみようと思った。   ■監督 ニキ・カーロ■脚本 マイケル・サイツマン■キャスト シャーリーズ・セロン、フランシス・マクドーマンド、ウディ・ハレルソン、ショーン・ビーン、シシー・スペイセク、リ
スタンドアップ (きょうのあしあと)
\\"I stand with josey!\\" http://wwws.warnerbros.co.jp/standup/ 監督:ニキ・カーロ 出演:シャーリーズ・セロン、フランシス・マクドーマンド、ショーン・ビーン、ウディ・ハレルソン、他 劇場:川崎チネチッタ 1989年、ミネソタ北部で起こった実話に
スタンドアップ (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★★  あたしはうつむかない。一人でも立ち上がる。    
ひとりでも立ち上がれ『スタンドアップ』 (再出発日記)
(まずは映画と関係ない話から)皆さんはご存知でしたか?正規もパートも突然の一方的解雇なんて出来ないことを。残業が出来るのは36協定を結んでいる場合だけだということを。しかもその場合は25%以上、22時以降の場合は50%以上の割増賃金を払わなくてはならな...
スタンドアップ(評価:☆) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ニキ・カーロ 【出演】シャーリーズ・セロン/フランシス・マクドーナンド/シシー・スペイセク/ウディ・ハレルソン/ショーン・ビーン 【公開日】2006/1.14 【製作】
「スタンドアップ」ナレーションを刷新 (夜明け前)
<img alt=\"\" src=\"http://kupppy.s57.xrea.com/cancheer/gallery/north_country03.jpg\" width=\"112\" height=\"110\" border=\"0\" />
スタンドアップ (年中夢中シネマレヴュー)
監督 ニキ・カーロ 出演 シャーリーズ・セロン フランシス・マクドーマンド ショーン・ビーン ウディ・ハレルソン ジェレミー・レナー リチャード・ジェンキンス シシー・スペイセク ミシェル・モナハン 他   公式サイトはこちらhttp://www.standup-movie.com  
スタンドアップ (Alice in Wonderland)
今年初の1日3本映画DAYです。一本目は最近のハリウッドでこの人以上の演技が出来る女優さんはいないのでは?というシャーリーズ・セロンの映画です。すごく期待している映画です。 夫からの暴力から逃れるため、帰郷したジャージー。彼女は、2人の子供を養うため...
スタンド アップ NORTH COUNTRY (自然に生きる 映画に生きる)
シャーリーズ セロン、フランシス マクドーマンド(2005年) 年明けて初めての映画館での鑑賞でした。シャーズは自分の中でお気に入りの女優なので大好きです。この作品の事を知り、絶対観に行こうと決めていました。 暗かったけど、良い映画でした。泣いてしまいまし
『スタンド・アップ』★★★★★95点 (ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ)
『スタンド・アップ』公式サイト 制作年度/国;\'05/米 ジャンル;ヒューマン               配給;WB  上映時間;124分 R-15 監督;ニキ・カーロ 出演;シャーリーズ・セロン/フランシス・マクドーマンド/ウディ・ハレルソン/ショーン・ビーン観賞劇場..
スタンドアップ (こっちゃんと映画をみまちょ♪)
シシー・スペイセクが新作映画に出るたび「あや~!また一段と年老いてしまったにゃ~」と感慨深げに思ってしまいます。 と同時に、一言その口から「キャァ~~~~~ッ!((((>ω<))))」を発した途端、周りの窓ガラスが次々と粉々になるんじゃないか?という恐怖の念を持
スタンドアップ (お熱いのがお好き)
「スタンドアップ」 タイトル考 (アタマにシャンプー、ココロにシネマ。)
☆☆☆ 原題を「North Country」といいます。なのに、日本題名は「スタンドアップ」。最近英語題名みたいな日本語題名が増えてきていて、この映画も苦肉の策でこんなタイトルにしたのか、と映画会社の
「スタンドアップ」 シャーリーズ・セロンの片親育児 (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
「我が谷は緑なりき」や「遠い空の向こうに」「天空の城 ラピュタ」にでてくるような炭鉱町のイイ男は一切でてきません! 主に英国方面でイイ話を紡いできた炭鉱町、実際はこんな話の方が多いんでしょうな~。 この映画のポスター、戦場に佇む女性の顔アップといった趣きで
スタンドアップ・・・・シャーリーズ・セロン (ぷち てんてん)
昨日道路の氷の塊をシャベルとつるはしのような物(つるはしのようなごつい物ではないのだけど)で取り除きました。ガッツンガッツンと(笑)いや~、今日は筋肉痛です。腰が痛い~(T-T)ウルウルでも、天気が悪くならないうちに映画館に行きました。☆スタンドアップ☆(2...
スタンドアップ (たにぐちまさひろWEBLOG)
“力のある者たちが弱き者を傷つけていたら、まず立ち上がれ。たとえたった一人であったとしても。” シャーリーズ・セロン主演の“スタンドアップ”を観てきました。 夫の執拗なDVから逃れ生まれ故郷に帰ってきたジョージーは、街の人々の冷たい視線の中、自分の力
Minority\'s Report (憔悴報告)
『クジラの島の少女』はジブリアニメみたいなタイトルですが、マオリ族の映画です。 そんな映画を撮ったニキ・カーロの新作『スタンドアップ』。
スタンドアップ (cinema village)
コメント無きTBは削除させて頂きます。 05米 監督/ニキ・カーロ 出演/シャーリーズ・セロン エル・ピーターソン ★★★★☆ 更紗評/いやー。もうムカツクのなんのって 映画館出て、男という男ぶっとばしたいくらいに(笑) この映画女性は共感できるでしょうが 男性.
スタンドアップ (不良中年・天国と地獄)
1月16日新宿ミラノ座にて男女雇用機会均等法によって、職場における男女の差別はなくなりました。しかし、これは立前であって、実体は依然として、採用、昇進、給与、などに差別が存在します。人は法のもとに平等ですが、人種、性別、国籍、家柄、学歴など、さまざまな...
スタンドアップ (シャーロットの涙)
立ち上がる・・・裁判を勝ち取る為というより、自分の中にあった男性への恐怖と偏見から立ち上がり再生していく物語 この物語は実話を元にしているだけあって非常に女性には共感しやすい作品かな。現在の男性でここまでセクハラすると、逆に立場が悪く肩身の狭い思いを強い
さあ立ち上がろう!「スタンドアップ」 ((T_T)☆ルーツを探せ☆(T_T))
シャーリーズ・セロン、10キロも太らなくたって主演女優賞取れるじゃない、この演技なら!! なんといっても私が始めてシャーリーズを見たのは「ディアボロス」でのキアヌとの共演、この世にこんなに可愛らしい人がいるのか!!と驚嘆したものでした。 それからというも
女の底力 「スタンドアップ」 (映画好き集れ!!)
 女性の底力「スタンドアップ」 公式サイトストーリー暴力夫と別れ、2人の子どもを連れて故郷の北ミネソタの町に戻ってきたジョージー・エイムズ。シングルマザーでなおかつ2人の子どもの父親が違うということで周囲は彼女に冷たい視線を投げかける。そんなジョージー...
「スタンドアップ」素顔のままで (soramove)
「スタンドアップ」★★★☆ シャーリーズ・セロン主演 ニキ・カーロ監督、2005年アメリカ 炭鉱で働く 女性達の働く平等を 勝ち取るというテーマ。 映画はていねいに 主人公の心の内面に焦点をあて、 差別だけでない、 人間として生きることの苦難さも見せ、...
スタンドアップ (八ちゃんの日常空間)
イーオン・フラックスが控えているオスカー女優、シャーリーズ・セロン主演の感動ドラマ。世界中の企業にセクハラ問題の波紋を投げかけた実際にあった話の映画化。 テーマ自体は重いが「親子の物語」として観れば非常に心温まるストーリーに出来上がっている。
スタンド・アップ (Aloha Days)
やってくれましたね、ニキ・カーロ! 「クジラの島の少女」に続いてまた目が痛くなっちゃったよ この監督さんの作品は要注意です(笑) この作品、何が一番嬉しかったって・・・・・そりゃぁあーた! ショーン様を起用していただけたことでしょう! イギリス生まれ、生粋の
スタンドアップ (It\'s a Wonderful Life)
北米の炭鉱業がメインの街であった実話を基にした映画です。 前に炭鉱が出てくる映画って何となくタイプが似てると書きましたけど (「リトル・ダンサー」「遠い空の向こうに」「ブラス!」等など) どの作品も仕事がどんどん無くなっていくネガティブな炭鉱町の生...
North Country/スタンドアップ(2005,U.S.) (The Final Frontier)
スタンドアップ 暴力夫と別れ、2人の子どもを連れて故郷の北ミネソタの町に戻ってきたジョージー・エイムズ(Charlize Theron)。シングルマザーでなおかつ2人の子どもの父親が違うということで周囲は彼女に冷たい視線を投げかける。そんなジョージーが自分1人の手で子どもた
North Country/スタンドアップ(2005,U.S.) (The Final Frontier)
スタンドアップ 暴力夫と別れ、2人の子どもを連れて故郷の北ミネソタの町に戻ってきたジョージー・エイムズ(Charlize Theron)。シングルマザーでなおかつ2人の子どもの父親が違うということで周囲は彼女に冷たい視線を投げかける。そんなジョージーが自分1人の手で子どもた
映画のご紹介(83) スタンドアップ (ヒューマン=ブラック・ボックス)
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(83) スタンドアップ 今年初めて映画館へ行った。 観た映画は、 「スタンドアップ」! 「スタンドアップ」は、アメリカ初のセクハラ訴訟を提起した女性の話だ。
スタンドアップ / シャーリーズ・セロン (シネマ パラダイス♪)
本日、レディースデーだと思い出し、 映画館へ飛び込んで、時間がちょうどよかった 「スタンドアップ」を観て来ました。 あのシャーリーズ・セロン主演。 「モンスター」とはほ
映画:「スタンドアップ」 (遠慮無く…書くよ!)
監督: ニキ・カーロ 出演: シャーリーズ・セロン、フランシス・マクドーマンド、ショーン・ビーン、ウディ・ハレルソン、シシー・スペイセク 原題: NORTH COUNTRY 制作
映画感想「スタンドアップ」 (三匹の迷える羊たち)
映画感想「スタンドアップ」 【評価】★★★★ 【笑い】★ 【エロ】★★ 【感動】★★★ 【役者】★★★ 【社会派】★★★ 【女性解放】★★★★ 良い映画でしたね。フェミニストは絶賛でしょう。 今現在の日本で流通している「フェミニズム」は「男女共生の論理.
映画「スタンドアップ」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「スタンドアップ」★★★★★ ストーリー: 離婚して故郷の北ミネソタに帰って来たジョージー(シャーリズ・セロン)は2人の子供を抱え給料の高い鉄鉱山で働くことを決心する。しかし、その職場には想像を絶するような男性社員からの嫌がらせが待ち受けていた。
【劇場映画】 スタンドアップ (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 子供を連れて故郷に帰ってきたジョージー。鉱山の町としての伝統を育んできた町の住人たちは、10代で息子を産んでシングルマザーとなり、父親のちがう娘を連れて、戻ってきたジョージーに“身持ちの悪い女”と冷たい視線を向ける。そんな中、ジョージーは子
大切なものを守るために立ち上がった女性◆『スタンドアップ』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
1月16日(月)TOHOシネマズ木曽川にて 暴力の耐えない夫のもとから、二人の子供を連れて実家へ向かって飛び出したジョージー(シャーリーズ・セロン)。しかし、実家の父親は彼女を暖かく迎えてはくれなかった。早く自分の家を手に入れ、子供たちと三人の暮らしをしたいと
「スタンドアップ」 North Country (俺の明日はどっちだ)
夫の家庭内暴力から逃れるため子供を連れて故郷に帰ってきた主人公ジョージー。鉱山の町である保守的な町の住人たちは、10代で息子を産んでシングルマザーとなり、父親の違う娘を連れて戻ってきたジョージーに“身持ちの悪い女”と冷たい視線を向ける。そんな中、ジョージー
Standup!ヽ(`Д´)ノ (ヽ(´ー`)ノ わし日記 in 札幌 ヽ(´ー`)ノ)
久しぶりに映画って来ました。(*´ω`)b 正月映画はそこまで惹かれるのが無かったんで見てなかったんょねぇ。 『Mr&Mrsスミス』と『ザスーラ』はちょっと見てみたいって気持ちもあったんじゃが... 休日と重なってしもうたんで、滑りに行ってもた。w 昨日見た映画
スタンドアップ (琴線~心のメロディ)
【2006年1月14日劇場公開】 【ジャンル:ドラマ】 【観た場所:ワーナーマイカル・シネマズ広島】 面白かった度:★★★★ オススメ度:★★★ もう一度観たい度:★★★ うーん( ̄_ ̄;) 期待したほどではなかったけれど。。。 実話を元にしているだけあって、内容的には申
「スタンドアップ」 100点。 感動! 一人でも多くの人に観てもらいたい作品! (■ヒゲと坊主の日常@浜松■)
ホントにいい映画でした。 R-15指定なんで15歳未満の人は観られないけど15歳以上の人には老若男女問わず一人でも多くの人に観てもらいたい作品。 性的にかなり直接的な表現が出てくるので若い女性にはショッキングかもしれないし不快に感じるかもしれませんが。
スタンドアップ (なんちゃかんちゃ)
暴力夫から逃げ出し、故郷のミネソタに戻って来たジョージー。二人の子どもを養うため、彼女は鉱山で働き始める。だが、その“男の職場”で執拗な嫌がらせを受け、追い詰められていく。
スタンドアップ (映画を観たよ)
これって宣伝間違ってません? すっごい爽やかなCM流してますけど・・・ これを見た男性は少し肩身の狭い思いをしたんじゃないでしょうか? あれじゃ立場も何も無くて完全に女性目線で描かれていましたからね。 裁判シーンを所々に入れつつストーリーは進んでいくわけです。
スタンドアップ (ZeroCinema)
 全米初のセクハラ勝訴事件をベースにした映画。どこからどこまでが事実で、作り物かは図りかねるが、骨太な映画ではある。  同じ女性として、ジョジーが受けた嫌がらせや浴びた言葉を許せない気持ちは共感できる。女だ、シングル・マザーだという理由で誹謗中傷を受け
勇気を持って立ち上がれ「スタンドアップ」 (That\'s the Way Life Goes)
[:映画:] 「スタンドアップ」 主役のシャーリーズ・セロンと言えば「モンスター」でアカデミー賞を獲った美人女優。 確か次回作はアニメキャラの実写版という噂。 「モンスター」でも思ったけど、あれほど美しく演技派なのに、選ぶ映画間違ってないか? 絶対ラジー賞
スタンドアップ (chaotic library)
いつもなら選ばないタイプの作品ではあるが 好きな役者が出ているので観に行った。 重いテーマではあるけれど、力づけられる作品だった。 …食わず嫌いはするもんじゃない。 暴力夫から逃れるため、2人の子どもを連れて 生まれ故郷に戻った女性が、鉱山で働き始める。 女が
スタンドアップ(映画館) (ひるめし。)
私なんか、と何度も思った。お前なんかと、と何度も言われた。 それでも、立ち上がってみようと思った。 CAST:シャーリーズ・セロン/フランシス・マクドーマンド/シシー・スペイセク/ウディ・ハレルソン/ショーン・ビーン 他 ■アメリカ産 124分 いや~またシャーリ
スタンドアップ 評価額・1200円 (Blog・キネマ文化論)
●スタンドアップをTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 子供を連れて故郷に帰ってきたジョ
映画館「スタンドアップ」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
暴力夫から逃げ出し、子供を育てるために鉱山で働くことになったジョージー。しかし鉱山の世界は男の世界。そこに女が入ることによって男達の卑劣な嫌がらせが始まる。。。 性別差別のような気もしますがこういう世界って男女問わず虐めってありそう。小さな世界で作ら...
FUN … 『スタンドアップ』 (FUN×5 ~五つの楽(fun)を探して~)
「立ち上がる勇気、そして…」
骨太アメリカンムービー(2006年2本目) (ON THE ROAD)
私なんかと何度も思った。 おまえなんかと何度も言われた。 それでも立ち上がってみようと思った。 いかにもアメリカンムービーらしい愛と正義と友情の映画だ。 スタンドアップ({/arrow_l/}クリックすると公式HPへ) アメリカ北部の町の鉱山会社の女性作業員が職場のセ
はじめの一歩 『スタンドアップ』 (パフィオ - People of About Forty Years Old -)
今でこそ、セクハラ訴訟は珍しくもないが、 たった15年前には、 セクハラから身を
スタンドアップ (ハイジのシネマパラダイス)
スタンドアップ   NORTH COUNTRY 監督:ニキ・カーロ 出演:シャーリーズ・セロン フランシス・マクドーマンド シシー・スペイセク ウディ・ハレルソン ショーン・ビーン ストーリー 夫の暴力から、二人の子供をつれ、故郷に返ってきたジョージー。鉱
スタンドアップ (T嬢の きまぐれ Live☆Like☆This)
(ネタばれ注意) 原題は「North Country」 サクセスストーリーだからスタンドアップかと思いきや 法廷で弁護士がみんなを 「勇気をだして立ちあがれ!」 と喚起したセリフだったのね けっして明るい内容じゃない むしろ暗くて救いようがなく、出口のみえないトンネルを
5 スタンドアップ (毎週水曜日にMOVIE!)
14日からはじまった映画ラッシュ。「プライドと偏見」からすっかり更新できなかったのは・・娘が高熱で倒れていたからです。まいった。映画がたまってしまいました。本日より3本連続で観る予定です。 まず「スタントアップ」。 シングルマザーのジョージー(シャーリー
「スタンドアップ」で、シャーリーズ・セロンの魅力再確認 (万歳!映画パラダイス~京都ほろ酔い日記)
 映画好きの人には笑われると思うが、僕は「サイダーハウス・ルール」(1999年、ラッセ・ハルストレム監督)でのシャーリーズ・セロン(30)しか知らない。当時、正統派のアメリカ美人女優が現れたな、と思ったものだ。その後、「モンスター」という作品で、13キロ.
『スタンドアップ』 (flicks review blog II)
 80年代の半ば ミネソタ州の鉱山に採用された女性労働者たちが労働状況の改善を巡って会社を相手取り訴えを起こす物語。みてから読む?映画の原作さんによれば原作の「集団訴訟(Cl
スタンドアップ (まつさんの映画伝道師)
第337回 ★★★★(劇場) (核心に触れる文面あるので、ご注意あそばせ)  かつてアメリカに「ピンクレディー」と呼ばれる女性たちがいた。  正確には今でもその「通称」を変えて存在するのだが、彼女たちは男女雇用機会均等法がもたらした歪のような存在.
スタンドアップ (Black Pepper\'s Blog)
シャーリーズ・セロンの「スタンドアップ」を観てきました。 スタンドアップ (20
『スタンドアップ』 (Aliiyブログ)
モンスター 通常版 『Aliiy』編集部のナオです。 お待たせしました! 『Aliiy』の人気コーナー"シネマdeキレイ"が本日更新しました。 今回は『スタンドアップ』をピックアップしています。 『モンスター』でアカデミー主演賞を獲得した、シャーリー
スタンドアップ (any\'s cinediary)
私なんか、と何度も思った。お前なんか、と何度も言われた。 それでも、立ち上がっ
スタンドアップ 「モンスター」に続く大当たりのシャーリズ・セロン 新年からいい涙を流しました。 (もっきぃの映画館でみよう)
タイトル:スタンドアップ(原題:NORTH_COUNTRY) ジャンル:社会派ヒューマンドラマ/2005年/124分 映画館:MOVIX京都2(180席) 鑑賞日時:2006年1月15日(日),13:10~ 60人初日 私の満足度:80%(新年いきなり高得点)  オススメ度:80% この映画、予告編があまりによかっ
スタンドアップ(North Country) (わかりやすさとストーリー)
●人生を描く硬派作品●父と娘。母と息子。シングルマザーがけっしてめずらしくないコミュニティにあって、主人公ジョージーが10代でシングルマザーとして子供を産んで育てる決心した真の意味を知ったとき「感動」という波が押し寄せる。
スタンドアップ (ルナのシネマ缶)
全米ではじめて、 集団セクハラ訴訟で勝訴した、 鉱山で働くシングルマザーの 実話に基づいた作品です。 シャーリーズ・セロンが またまた身体をはった名演技です。 2人の子どもを持つジョージー(シャーリーズ・セロン)が、 子供を育て自立するため、男の職場と
スタンドアップ☆独り言 (黒猫のうたた寝)
可愛くって明るい娘が自慢だった・・・それなのに彼女は俺を裏切った。 父親のわからない子供を生んだ娘・・・ 俺は娘に対する期待を捨ててしまった。。。 そんな娘が、俺と同じ仕事を選ぶ・・・彼女は生きるためだという・・・ 愛するものを自分で養いたいためだと言う
◆映画・スタンド・アップ (映画大好き☆)
スタンド・アップ 観てきました。どんなストーリーかあんまり知らなかったので宣伝だけで、仕事やっても上手くいかず、子供ともわかりあえず、ブリジットジョーンズの日記のもう少し、たくましい版かなぁ~?って思ってたのですが、全然違いますっ原作?
スタンドアップ (利用価値のない日々の雑学)
この作品のレビューに関して言えば、多分、男性と女性では随分感想や作品の見方が違う筈だと思う。予め申し上げておくが、もし何か女性方に失礼な表現があったとしたらお許しを願いたい。この作品に限って言えば、男性では全く気づかなかったり、普通に使ってしまう言葉で
『 スタンドアップ 』 (My Style)
ただ黙って、このまま耐え続ける? 味方なんていない。 それでも、彼女は立ち上がった。 執拗な嫌がらせから逃げることをやめ、 人としての誇り、家族の絆のために立ち上がる勇気。 それは、集団の中での孤立。 それでも、諦めなかった彼女。 本当の勇気と家族の絆に感動
映画:「スタンドアップ」の感想 (Mr.Ericの感じたままで)
注意:ネタばれ有りなので、これから観る予定の方は楽しみが損なわれることをご承知いただいた上で御覧下さい。 予告品を劇場で一度だけ観たのですが、その時は女性の自立がテーマ
『スタンドアップ』映画批評44 (てっしーblog)
(ネタバレ注意)  法廷映画として見るならば、かなり複雑な構成を持った作品です。裁判の進行と回想場面とが巧みに組み合わさって演出力のある作品に仕上がっています。あえて直接な描写を避けたり人の表情のみで想像させる場面など本当によくできている。ニキ・カーロ監
スタンドアップ (toe@cinematiclife)
アカデミー賞 主演女優賞(シャーリーズ・セロン)          助演女優賞(フランシス・マクドーマンド) ノミネート作品 アメリカではじめて行われたセクハラの集団訴訟を描いたこの映画は、シャーリーズ・セロンの熱演もあって、賞レースで話題になっている作品の
映画『スタンドアップ』を観て (KINTYRE’SPARADISE)
原題:NorthCountry(アメリカ)公式HP上映時間:124分監督:ニキ・カーロ出演:シャーリーズ・セロン(ジョージー・エイムズ)、エル・ピーターソン(カレン・エイムズ)、トーマス・カーティス(サミー・エイムズ)、フランシス・マクドーマンド(グローリー)、ショー...
立ち上がれ『スタンドアップ』 (今日はどこへ行きましょうか)
『スタンドアップ』試写会なり~ 守るものがあると人は強くなるんだな。 と言っても、私がもし同じ立場になった時、同じように行動できるかは疑問だ あいかわらず、内容をよく確認せずに行った私。 シングルマザーのお話と思っていたら、セクハラに立ち向かった女性...
スタンドアップ (Marさんは○○好き)
男でも気分が悪くなるほどのセクハラオンパレードには参った。 強い。僕は耐えられ
スタンドアップ/北への挑戦 (マダム・クニコの映画解体新書)
 原題は「 North Country 」。北の帝国(家父長制資本主義)に対する、南の国から来た移民(弱者=女性)の異議申し立てがテーマ。  原作はノンフィクションの「集団訴訟」。米国で1984年に訴えを起こし98年に結審、「セクシャル・ハラスメント法」制定のルーツとな
映画 『スタンドアップ』 (Death & Live)
『スタンドアップ』 2005年 Niki Caro監督 1月に観ました。 原題は『North Country』です。 自分は基本的に、日本語の邦題をつけるのなら、 原題の直訳 or 意訳じゃないとイヤです。 英語の邦題をつけるのなら、 原題そのままのカタカナ読みじゃないと
スタンドアップ (CinemA*s Cafe)
http://wwws.warnerbros.co.jp/standup/ 1989年のあのアメリカ北部の町のあの女性たちがいたから、今こうして男女平等なんて言う言葉を掲げなくても、普通に女性として甘えさせてもらえるところは甘えさせてもらい、主張出来る点では主張させてもらっている。同じように職
『スタンドアップ』・試写会 (しましまシネマライフ!)
今日は某テレビ局で当選した 『スタンドアップ』の試写会に行ってきた。 《私のお気に入り度:★★★★
スタンドアップ (North Country) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ニキ・カーロ 主演 シャーリーズ・セロン 2005年 アメリカ映画 124分 ドラマ 採点★★★ キレイゴトの大嫌いなたおです。綺麗事ばかり言う人に限って、平気で嘘を付いて人を裏切るし。解決策が“臭いモノに蓋”で終了なんて、もってのほかで。でも、綺麗な人 ...
B3:スタンド・アップ (~勝手に映画評価~)
暴力夫から逃れるために2人の子供たちと共に実家に帰ってきたジョージーは、シングルマザーとして子供たちを養っていくために友人の紹介で鉱山で働くことにした。今よりも男女差別のひどかった時代であったために、鉱山で働く女性たちは性的迫害を何度もうけること ...
スタンドアップ (Imagination From The Other Side)
全米で最初に集団セクハラ訴訟に勝訴した実在の女性をモデルにした感動ドラマ。 主演は「モンスター」「イーオン・フラックス」のシャーリーズ・セロン。 共演に「ファーゴ」「デブラ・ウィンガーを探して」のフランシス・マクドーマンド、「アイランド」「フラ ...
スタンドアップ (ぶっちゃけ…独り言?)
6.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) え~っと・・・ 正直、アドレナリンが出まくっててこーゆー言い方しか出来ません。 え~、ワタクシ今から汚い言葉を使いますのでお気を悪くされた方には 先に謝っておきますね。 申し訳御座いませ ...
スタンド・アップ (スワロが映画を見た)
原題:NORTH COUNTRY 製作国:アメリカ 製作年度:2005年 上映時間:124分 監督:ニキ・カーロ 脚本:クララ・ビンガム/ジェフ・スコール 原作:マイケル・サイツマン 出演:シャーリーズ・セロン/フランシス・マク
スタンドアップ (シェイクで乾杯!)
スタンドアップ 特別版2005年度・米・126分 NORH COUNTRY ■監督:ニキ・カーロ ■出演:シャーリーズ・セロン/フランシス・マクドーマンド/シシー・スペイセク/ショーン・ビーン ★R-15 今から約20年前、アメリカで実際に行われた「セクハラ訴訟」につ ...
スタンドアップ (2005) NORTH COUNTRY 124分 (極私的映画論+α)
 暴力夫と別れ、2人の子どもを連れて故郷の北ミネソタの町に戻ってきたジョージー・エイムズ。シングルマザーでなおかつ2人の子どもの父親が違うということで周囲は彼女に冷たい視線を投げかける。そんなジョージーが自分一人の手で子どもたちを養うために選ん ...
NO.159「スタンドアップ」(アメリカ/ニキ・カーロ監督) (サーカスな日々)
シャーリーズ・セロンはハリウッドの、 ゴシップや乱痴気騒ぎや虚飾には染まらない。 シャーリーズ・セロンという女優は、僕たちが漠然と想像する、ハリウッド・スターという枠組みから、はみ出している。 美貌に関しては文句のつけようがない。初期の作品では、 ...
「スタンドアップ」 (三○○○ 映画付)
辛いのはセクハラじゃなく、普通の人間として扱われないこと。 「スタンドアップ」 私が仕事をしていた時、男女比は50:1くらいだった でも女の子だからと得をすることのほうがよかった 「これお客さんにもらったんだけど みんなで分けるには足りないから女 ...
59.スタンドアップ (レザボアCATs)
「クジラの島の少女」のニュージーランド人監督、ニキ・カーロの、シャーリーズ・セロン主演による社会派ドラマ。セクハラに対して敢然と立ち向かうというテーマが、見る気になれなくて、DVDになってようやく手を出してみた・・・
スタンドアップ (キューピーヘアーのたらたら日記)
高校生のときに私生児を生み育て、 夫のDVから逃れるため、子供たちを連れ実家に出戻ってきた 主人公ジョージー(シャーリズ・セロン)。 しかし、父親は、「浮気が旦那にばれて殴られたか?」 と、冷たい。 ヘアーサロンでシャンプー係りを始めたが、 そ ...
『スタンドアップ』 (**Sweet Days**)
スタンドアップ 特別版 CAST:シャーリーズ・セロン、フランシス・マグドーマン、ショーン・ビーン 他 アカデミー主演女優賞、助演女優賞ノミネート 暴力を振るう夫に耐えかね、二人の子供を連れて故郷の北ミネソタに戻ってきたジョージー(シャーリー ...
スタンドアップ (cinema note+)
スタンドアップ 特別版NORTH COUNTRY 2005年 アメリカ 工場の女性達が数々の嫌がらせを受けてるの見ると、こっちまでムカムカしてしょうがなかった。 トイレごと倒すのなんか許せん所業だ。  「アリ-my l
スタンドアップ 行動するべしっ。。 (★☆★梅の役者生活★☆★)
スタンドアップ 特別版シャーリーズ・セロン (2006/06/02)ワーナー・ホーム・ビデオ この商品の詳細を見る ぷち情報 2006年1月14日 劇場公開 監督 ニキ・カーロ 出演 シャーリーズ・セロン 、フランシス・マ
スタンドアップ (Blossom Blog)
スタンドアップ NORTH COUNTRY 監督 ニキ・カーロ 出演 シャーリーズ・セロン フランシス・マクドーマンド アメリカ 2005
「スタンドアップ」 (ひらりん的映画ブログ)
シャーリーズ・セロン主演。 どうも、炭鉱労働者の話らしく、寒いところで過酷な・・・みたい。
スタンドアップ (North Country) (communication 101)
ミネソタの鉱山での実話を元にした映画。映画としてはまあまあだったかな。 ストーリー自体は、1980年代、暴力を振るう夫から逃げ出したJosey Aimes (Charlize Theron)は、働く必要に迫られ、鉱山で仕事を見つける。だが、肉体労働で圧倒的に男社会である鉱山 ...
スタンドアップ (グレート・タカの徒然なるままに…)
シャーリーズ・セロン主演の実話に基づく社会派ドラマ。 映画の内容はよく知らずに、シャーリーズ・セロン見たさにスケベ心でDVDを借りてきたもんだから、もう大変。 セクハラ、パワハラ、DV、レイプなどなど、非常に重々しいテーマが次から次へと襲い ...