ネタバレ映画館

帰って寝るだけのタクシードライバーになりました(汗)

椿三十郎

2007-12-28 23:58:26 | 映画2007
 城代家老睦田(藤田まこと)の夫人は白木万里がいいと思う・・・

 “天衣無縫”という言葉によってキャスティングされただけのような気もする中村玉緒。だけど、好きじゃない。黒澤映画『影武者』で降板させられた経緯のある勝新太郎。どういった思いでこの黒澤リメイクに臨んだのかは想像しかねるけど、織田裕二がどこまで三船敏郎の演技を真似できるかを見届けていたのかもしれません・・・。最後に藤田まことが登場することによって、「おめーさんの怨み晴らしてやったぜ」という台詞が思い浮かび、まさか勝新の怨みを?などと余計なことを考えてしまったのは、パチンコのやりすぎのためです・・・。

 実は黒澤映画はそれほど観ていない。このオリジナル作品も見たことないはずだと思い込んでの鑑賞でしたが、途中から記憶が甦ってきました。それよりも織田裕二が喋る度に三船敏郎が被ってしまい、そんな印象を残すほど研究していたんだと、別の意味で感心してしまいました、お見事!

 森田芳光監督も最近はハズレが多かったので、ここらで大博打を打って出たと思わせる巨匠監督のリメイク。オリジナル脚本をそのまま使用するのだし、ストーリー的には問題もない。それでも失敗だと感じるのはキャスティングなのでしょう。特に豊川悦司。似合わない。彼の登場するシーンは、もしかして笑ってもいいのか?と、周囲の観客をもチェックしてしまったほどです。もし、キャスティングが先に決まっていたのなら、それに合わせてセリフを手直ししても良かったのではないかと感じました。まぁ、藤田まことはピッタリでしたが・・・

 オリジナルを知らない世代が楽しむには丁度いいのかもしれない。見たことすら忘れているので比較はできないけど、俳優のイメージとかけ離れていることさえ我慢すれば、楽しめる映画でした。

★★★・・
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (21)   トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タロットカード殺人事件 | トップ | 題名のない子守唄 »
最近の画像もっと見る

21 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そっか (miyu)
2007-12-29 03:15:57
トヨエツさんは笑うとこだったんですね。
オリジナルを見てないせいでしょうか、
随分印象が違うみたいですね♪
結構逆な感じで面白い(´▽`*)アハハ
白木万里 (たいむ)
2007-12-29 16:34:15
kossyさん、こんにちは。
奥方が白木さんならどんなに笑えたでしょうねぇ・・・台無し(爆)

私はオリジナルを(たぶん)観ていないので、物語が素直に楽しめました。
Unknown (KANAKANAZEMI)
2007-12-29 20:21:29
なんか、織田さんの漢字が間違っていませんか?

織田フリークとしてはちょっと直して欲しい気がします。
トヨエツ (kossy)
2007-12-29 22:17:48
>miyu様
いい演技もあったのですが、にやけるシーンが笑いとニヒルさの両面があったりして・・・
俺もオリジナルについては観てないと信じてたくらいだったので、ストーリーは楽しめました。途中からデジャヴ現象がありましたけど。

>たいむ様
すみません・・・ぱちんこ必殺仕事人のせいで、藤田まことが登場すると妙にうれしくなりまして(汗)
脚本を読んで、今なら藤田まことしかいない!とひらめいたんでしょうけど、彼はナイスキャストですね。

>KANAKANAZEMI様
失礼いたしました。さっそく直させていただきました。
使い慣れたパソコンに見切りをつけたもので変換が・・・と、言い訳がましく・・・
藤田まこと (しん)
2007-12-30 10:36:06
でも、藤田まことを指して「つまらねえツラ」とか言わせるのもどうかなあ、と思ったりもして、馬面じゃないけど温水洋一さんとかなら見事につまらねえツラだったんだがなあと思ったりもしました。
キャスティング (Kei)
2007-12-30 17:25:42
こんばんは。TBさせていただきました。

やはりkossyさんもおっしゃってる通り、キャスティングに合わせてセリフを手直しすべきでしょう。
城代家老は、“見かけはつまらない顔をしてるけど実はしたたか”なキャラで、セリフもそう喋らせてるのに、藤田まことが少しもマヌケな顔をしてない点でダメですね。
オリジナルの伊藤雄之助さんは、ホント、実にマヌケなメイクで「この顔じゃ若侍たちに信用されないだろうな」と観客に思わせる所がミソなんですね。
“ウマヅラ”というセリフは伊藤さんの顔から追加したものですから、しんさん仰る「つまらない顔」の人こそキャスティングすべきで、顔の形容詞もそれに合わせて変更すればいいのにね。
「バケモン」に見えない織田裕二もしかりです。そのまんま脚本使えばいいってもんじゃないでしょう。ガッカリでした。
藤田まこと (kossy)
2007-12-30 18:52:15
>しん様
なるほど~温水さんですか(笑)
つまらないという言葉の意味もなんだかわからなくなってしまいそうですが、勝手に忠臣蔵の昼行燈を想像してしまったので、これでOKだと思ってしまいました。

>Kei様
TBからあちこちの記事を読ませていただいてると、キャスティングに合わせて脚本の手直しが必要ということは皆さんがおっしゃってますね~
オリジナルを全く覚えてないので伊藤雄之助さんがどれほどマヌケ面だったのかわからない・・・と、最近見た映画でチェックしたら『橋のない川』の方でした!わかりました。
オリジナル脚本をそのまま使用する弊害があちこちに出ているんですね。バケモンという言葉までは考えませんでしたけど、おっしゃる通りです!

どこかで使用権の許可が下りたんでしょうけど、「そのまま」というのが条件だったのかなぁ・・・
三船と織田(敬称略) (はななす屋)
2007-12-30 21:35:14
おひさしぶりです。
・・・
こんなに軽~く仕上がる椿三十郎・・・
・・・
軽~
・・・
”楽しい”ではありましょうが、黒澤の前作を知ってしまうと、ちょっと物足りませんでした。
端正なのに無骨で豪傑臭ムンムン・鋭い眼力をもち、むっとクソまじめでありながら、若侍をほおって置けないちょっといい奴=三船・・・で、クールに決まりでしょう。
だから、面白かった!
”ぶってる”織田(ファンではありますが)三十郎には、少し残念でした。
たとえるなら、伊藤四郎等の喜劇のマジな笑いと、年末年始のバラエティの笑い、位の違いがありました。
今作はともかく、現代風さわやか~軽~な俳優ばかりではなく、ズ~ンと重みのある男臭い存在感の男優って出てこないもんですかね・・・
最近であれば、岡田さんあたりが、うまく成長してくれればって思うんですけども・・・

その勇気は認めるけど・・。 (Ageha)
2008-01-04 00:50:59
織田裕二や松山ケンイチがでていなければ
間違いなく見ない(オイ)作品なので
私みたいな輩を巻き込むには
ええキャスティングだったかもしれませんが。
・・・絶対違うよな~という感覚は
オリジナルを知らない自分でも感じたわけで
この違和感はきっと元ネタ知ってるひとはもっと
思っただろうなと。

まんまの脚本で今の俳優が演じる意味は
平成には平成の椿があってもええやんと
人に納得させる作品ができてなんぼなはずで、
比べられるだけで終わったり、
この脚本のよさだけ取り上げられるのは
いかがなもんかと。

読んではいない原作の話を
レビューで持ち出しましたが
実際斬らなくても作品として面白いものを
この監督と織田裕二なら作れたんじゃないかと
そもそものリメイク段階から
ケチつけちゃったAgehaさんでした。
そのほうがよっぽど今風椿三十郎が撮れたのにと。
当時できなかったことをやったほうが
よっぽどよかったのにと。
あけましておめでとうございます (kossy)
2008-01-04 13:46:21
>Ageha様
織田裕二の椿。
彼のキャスティングで成功だったと評される方はほとんどいませんけど、どうしてもチェックしてみたくなりますよね。
松山ケンイチに関しては、どんな役でもこなせるいい俳優だから安心してましたけど・・・

俺もオリジナルは多分観たのだろうけど覚えてないので、違和感はそれほどなかったのですが、三船敏郎が見えてくるほど真似が気になりました。

黒澤作品をリメイクすることがどれだけ反響を呼んでしまうのか・・・それがよくわかりました。しかし、その封印を解いたことによって、5月に「隠し砦の三悪人」までもが公開されることに・・・
樋口真嗣監督だし、酷評の嵐が吹き荒れることが予想されます(笑)
明けましておめでとうございます (may)
2008-01-09 13:08:42
今年もよろしくお願いします~

早速TBさせていただきます。
Ageha様と同じく、私も松山ケンイチが出てなかったら劇場まで行かなかったかもしれません。
織田氏は「頑張ってるんだよなぁ~けどなぁ~」と思わせてしまうとこがどうしても…
…で織田椿の魅力が全くないと言えば、そうでもないのがまた微妙なんですよね。他の役者も良かったし…
映画自体は面白かったと思います。
織田裕二 (kossy)
2008-01-09 19:15:17
>may様
そうか~最近では織田目的じゃなくて松山目当ての女性が多いのかもしれないですね・・・
織田裕二は頑張ってるとは思いましたけど、自分らしさよりも三船に追い付こうと必死になるあまり、体からにじみ出るような魅力がないんですよね。

本年もよろしくお願いいたします!
若手俳優を起用した時代劇 (Aki)
2008-09-24 15:00:44
N○Kの時代劇○河ドラマに、意外な若手がキャスティングされ、話題性や視聴率稼ぎで、質を落とし残念に思っています。
片や、近年の映画界の時代劇作品では、『スキヤキウエスタンジャンゴ』『武士の一分』『たそがれ清兵衛』『壬生義士伝』『花よりもなほ』『隠し剣、鬼の爪』等、若手が奮闘し、正当派・奇抜な設定・現代に通じるメッセージ性・失われた何かを訴える秀作が多く、楽しんでいます。
黒澤監督のオリジナルは未見ですが、巨匠の作品をリメイクするにあたり、どこを目指したのか、よく分かりませんでした。
思いきって、現代劇、企業編にリメイクしたら、面白かったのではないかと思いました。
完全リメイク (kossy)
2008-09-29 09:33:30
>Aki様
NHKBS2で黒澤特集やってますよね。テレビで全部チェックしてるんですが、完全リメイクするってのはかなりの冒険ですよね。
その点では今年公開された『隠し砦の三悪人』のリメイクはかなり改変されているので別の面白さがありました。それでも比較したわけじゃないんですけどね。
時代劇なんてのは必ずどこかに現代に通ずるところがありますよね。現代劇にするとしても、浪人=失業者といった構図になりえないところが難しいかも・・・
mbt シューズ (mbt)
2010-08-25 09:55:07
はじめまして、MBTシューズのご紹介です。
MBTシューズはスイスマサイ社の創業者のカールミューラーが、ひどいアキレス腱痛、腰痛、膝痛に苦しんでいた時、森や草原の中の柔らかな地面を歩くと、 痛みが軽減されることに気づき、不安定な地面を靴の底に再現しようと考えて開発したシューズです。http://www.mbtshuzu.com/shop/ mbtシューズ

UGG ブーツ:http://www.theuggway.com/buy/
ugg ムートンブーツ:http://www.360uggbuy.com/
ティンバーランド 靴:http://www.timberland123.com/
mbt 靴:http://www.mbtkutsu.com/
エアマックス 24-7:http://www.airmax123.com/
Unknown (UGG)
2010-09-30 11:44:46
ブランドUGGに興味がありますか
UGG靴は大変人気ブランド靴ですね
日本で大人気のUGG店舗として、品質が完璧、値段が激安、いろいろなサイズが揃って、どしどしご来店ください!!!
UGG http://www.uggaustralian.jp/
UGG http://www.uggs.jp
UGG http://www.aguboots.jp
UGG http://www.uggsalon.com/
Unknown (Unknown)
2011-12-07 17:13:55
トリーバーチブーツ http://www.vikishoes.com/8--04-boots
UGG ブーツ http://www.vikishoes.com/10--boots
トリーバーチ 靴 http://www.vikishoes.com
トリーバーチバッグ http://www.vikishoes.com/9--

商品送料を無料にいたします
信用は第一 、スタイルが多い、品質がよい、価格が低い、実物写真UGG ブーツ激安市場
Nice (chnlove.com reviews)
2012-09-05 10:32:57
最初の着ぐるみは『スパイダーマン』の最初にダサい手作りのマスクを被っていた、あの雰囲気があったです(笑
ブランド服-日本最大級ブランド服人気通販店のブランド服新作発売 (ブランドメンズ靴通販)
2013-01-30 14:57:01
最大級ブランド服人気通販のメンズ靴通販を多数取り揃え、価格と品揃えが魅力のブランド服新作通販です。お客様のご来店をお待ちしております。
http://www.storelor.com
storelor@gmail.com
Unknown (シューズ 通販)
2014-06-17 10:31:38
またボスの伝統を活かしながら、シャツ地を小粋なドレスに
生まれ変わらせてみせたジェイソン。http://www.fashoy.com/%E3%83%AC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%82%B9%E9%9D%B4-%E3%83%96%E3%83%BC%E3%83%84-c-17_23.html
run2@gmail.com (run 2)
2016-06-27 23:49:43
またボスの伝統を活かしながら、シャツ地を小粋なドレスに

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

26 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
椿三十郎 (そーれりぽーと)
黒澤明監督の『椿三十郎』を、森田芳光監督が織田裕二主演でリメイク。 織田裕二主演の映画と言えば、『踊る…』以外に面白かった覚えが無いんだけど、どういう意図でややこしい俳優を使ったのか気になりまくり。 黒澤明の映画をちゃんと観た覚えが無い俺は、自称映画好き...
椿三十郎 【称号:佳作】 (映画細胞~CinemaCell)
上役の汚職を暴こうと、井坂ら9人の若侍が社殿に集まった。そこへひとりの浪人が現れ
椿三十郎 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『この男、 時代を超えて生きている。』  コチラの「椿三十郎」は、山本周五郎の「日日平安」を原作に1962年に製作された「椿三十郎」を45年の時を経てリメイクした作品で、年末の時代劇シーズンに先駆けて12/1に公開されるのですが、試写会で観て来ちゃいましたぁ...
劇場鑑賞「椿三十郎」 (日々“是”精進!)
「椿三十郎」を鑑賞してきました1962年に黒澤明監督と三船敏郎の黄金コンビで製作された傑作時代劇をリメイク。オリジナル脚本そのままに、森田芳光監督がリアルでダイナミックな殺陣にこだわりながら、登場人物をいきいきとユーモラスに描写。日本映画史に残るヒーロ...
映画 【椿三十郎】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「椿三十郎」 黒澤明監督と三船敏郎のコンビが1962年に放った傑作時代劇を森田芳光監督がリメイク。 おはなし:町外れの社殿で、上役の不正の告発の相談をする井坂伊織(松山ケンイチ)ら若侍9人。そこに突然薄汚れた浪人(織田裕二)が現れて、慌てふためく...
椿三十郎 (Akira's VOICE)
痛快さは足りないが, リラックスして入り込める世界観は魅力。
「椿三十郎」みた。 (たいむのひとりごと)
「織田三十郎」は、本当に今度の12/10で四十郎です♪オリジナルの「椿三十郎」は観たことがないので、「織田三十郎」と「三船三十郎」の比較は出来ないのだけど、”現代風時代劇”としては、まあまあなデキでは
椿三十郎 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
黒澤明監督と三船敏郎のコンビが1962年に放った傑作時代劇のリメイク。オリジナルは未見なので、真っ白な気持ちで鑑賞へ―【story】とある社殿の中で、井坂伊織(松山ケンイチ)をはじめ9人の若侍たちが上役の汚職について密談していると、椿三十郎(織田裕二)という浪人...
椿三十郎 (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 日本  時代劇&アクション&サスペンス  監督:森田芳光  出演:織田裕二      豊川悦司      松山ケンイチ      佐々木蔵之介 【物語】 とある社殿の中で密議をこらす9人の若侍。彼らは、上役である次席家老・ 黒藤と国許用人・竹林の汚職...
椿三十郎 (ルナのシネマ缶)
実は、私は恥ずかしながら、 オリジナルを観ていない・・・(~_~;) どうも時代劇はあまり得意では なかったからです。 でも、最近はちょっと時代劇も いいかなぁ~と思ってきたので、 時間がおりあったのもあって、 観てきました。 これが、結構おもしろい。 た...
椿三十郎 【監督:森田芳光】 (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
オリジナルの脚本そのままです。あ、でも「お前メクラか!?」は「どこに目えつけてんだ!?」に変えさせていただきました。
「椿三十郎」(2007) (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
(2007年・東宝/監督:森田 芳光) 黒澤明監督の不朽の名作のリメイクであるのはご承知の通り。 私は、この企画が発表された時から、悪い予感がしていた。黒澤明ほどの天才監督はもう2
映画 『椿三十郎』 (Death & Live)
『椿三十郎』  2007年 監督 : 森田芳光 原作 : 山本周五郎 織田裕二って、元々すごいと思ってましたが、 やっぱり凄い俳優ですね。 あの黒澤映画のリメイクで、 これだけバリバリの存在感なんて、 なかなか出せないでしょ。 小林稔侍なんかより、よっぽど...
椿三十郎 (2007年 日) (ねたばれ映画どっとこむ)
織田裕二はやっぱりかっこいい! 点数63点 あらすじ(ネタバレなし)   真夜中の森の中次席家老の汚職を暴こうと集まった若い侍衆の面々、一人の若者、井坂伊織(演:松山ケ...
椿三十郎 (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <池袋シネマサンシャイン> 監督:森田芳光 原作:山本周五郎 『日日平安』(ハルキ文庫刊) 脚本:菊島隆三 小国英雄 黒澤明 古い社の中、自藩の不正を正そうと集まった9人の若侍。城代家老の睦田に相談を持ちかけるも軽くあしらわれてしまった彼...
【2007-173】椿三十郎 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 藩の不正・汚職を正すため 立ち上がった九人の若い侍が、 ”茶室の三悪人”の罠に堕ちた・・・。 絶体絶命の危機を 一人の浪人が救った。 この男、 時代を超えて生きている。
★「椿三十郎」(2007) (ひらりん的映画ブログ)
黒澤明監督&三船敏郎主演のオリジナルを織田裕二主演で完全リメイクした作品。 角川映画は大風呂敷を広げるのが得意だね・・・ 嫌いじゃないけど、こける事もあるので、一週遅れで拝見する事に。
椿三十郎(07・日) (no movie no life)
お正月にいい、娯楽映画。 2008年を迎え、元旦に見る初映画を何にしようかと悩み?ました。なんせ去年見逃してたものがだいぶある。けれど、映画はじめには「どうよ?」って言う作品もあって。例えば「パンズ・ラビリンス」とか「魍魎の匣」を見て、年明けそうそうダー...
「椿三十郎(2007)」オリジナル脚本の完成度を改めて実感 (はらやんの映画徒然草)
世界のクロサワの代表作「椿三十郎」の森田芳光監督によるリメイクです。 黒澤明監督
「椿三十郎」劇場にて (xina-shinのぷちシネマレビュー?)
映画の日の土曜日、朝一で『椿三十郎』を見てきました。
やっぱりちょっと貫禄不足?~「椿三十郎」~ (ペパーミントの魔術師)
角川映画いうたら、コレの前にも 「蒼き狼~地果て海尽きるまで~」をブログで取り上げて そのときも、反町さんがんばってるんやけど このキャスティングは荷が重すぎたんちゃうかって 書いたんですが。 う~ん、織田裕二が”五十郎”くらいになったら また違うのかもしれ...
【椿三十郎】  (對不起Baby、のんびり隙間blog)
映画「椿三十郎」 椿三十郎 - goo 映画観に行って来ました~!!面白かったです~♪リメイクという事で賛否両論あるそうですが、私は黒澤明監督の方は観てないので、内容も結末も知らないまま観てたのが良かったのかもしれません…ただ、主役の織田裕二はちょっと可哀...
椿三十郎 (ちわわぱらだいす)
映画のお客様~ 明けましておめでとうございます~ 今年も宜しくお願いします。。。。 って。。。昨年は8月からちわわの出産と仕事で海外が多かったので それまで週1本以上見てた映画をほとんど見てなかったです。。輦 今年は元のペースに戻して何とか週1~2...
木を見て森を見ず●椿 三十郎 (2007) (Prism Viewpoints)
局地的な演出。 『椿 三十郎』 椿三十郎 - goo 映画 深夜の社殿の中で、井坂伊織ら9人の侍が上役の汚職を暴き出そうと密談していた。 意気...
映画評「椿三十郎(2007年版)」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2007年日本映画 監督・森田芳光 ネタバレあり
椿三十郎(2007年) (mama)
2007年:日本 原作:山本周五郎 監督:森田芳光 出演:織田裕二、豊川悦司、松山ケンイチ、鈴木杏、村川絵梨、佐々木蔵之介、風間杜夫、西岡徳馬、小林稔侍、中村玉緒、藤田まこと とある藩で9人の若侍たちは、上級である次席家老・黒藤と国許用人・竹林の汚職を...