ネタバレ映画館

帰って寝るだけのタクシードライバーになりました(汗)

リチャード・ニクソン暗殺を企てた男

2005-08-26 01:47:40 | 映画2005
 ゼブラだよ、ゼブラ!またシマウマだ。白と黒、エボニー・アンド・アイボリー。しかし、癒される映画ではないな・・・

 ショーン・ペンがサム・ビックという役名で登場することにより、『アイ・アム・サム』を思い出さずにいられない人も多かっただろう。セールスマンという職に就いた割には口下手だったり、嘘をついて商売する人間が許せなかったり、私生活での諸問題を職場にも持ち込んでしまったりと、おどおどした人間味あふれる男を演じるショーン・ペン。アメリカ映画の主人公にはあまり見かけない性格なので、かなり個性的に映りました。営業や販売員を経験した者なら誰でも考えさせられるエピソードが満載だったので、ついのめり込んで観てしまいました。

 サムの主張のなかで「利益率を客に正直に伝える」という点は、相手によりけりのものであり、使い分けなければならない駆け引きでしょう。「儲ける」という字は「信ずる者」という意味がある、と新入社員研修でよく聞かされたことを思い出しました。品揃えや値引率が全ての大型量販店でない限り、目に見えない付加価値を同時に売るつもりじゃないと商売はできないのじゃないでしょうか。うそつき・詐欺師を嫌う真正直なサムに対しては共感を覚えたので、「もっと上手く商売しろよ!」と、つい応援したくなってしまいました。別居中の妻マリー(ナオミ・ワッツ)宅やレストランに頻繁に訪れる行為に対しても「あまりにしつこいと、ストーカーにされちゃうぞ!」などと、心配になったほどです・・・

 歴代米大統領のなかでも、ニクソンは嫌いな一人だ。「ベトナム戦争を終結させる」を公約にしておきながら反故にする政策。これは「公約は守らなくても大したことじゃない」と仰った某首相とそっくりです。そして、資本が数パーセントの人間に集中しているアメリカ社会。サムは諸悪の根源を大統領に見つけ、憎悪の対象をニクソン一人に絞ってしまいます。今の日本においても、「一億総中流意識」がとっくに崩れ去ったことを考えると、こうした極端な人間が生まれる可能性は十分にあるんじゃないかと思います。

 世渡りが苦手だけど平凡な男が様々な要因によって殺人者と変貌を遂げる姿は、特殊であると断言できません。結局、ニクソン暗殺までは遠く及ばない稚拙な計画だったという脚本は実に巧妙であり、実際世の中で起こっている無差別殺人もこうした展開なのかもしれない、と想像させてくれる映画でもありました。

★★★★・
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (15)   トラックバック (36)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウィスキー | トップ | デタラメ映画館 その9 »
最近の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おお!なかなか評価が高いではないですかっ! (こっちゃん)
2005-08-26 08:15:45
ショーン・ペン作品だけに期待はしてたんですヨ。

チェック!チェック!

見ごたえありそう〜♪



   こっちゃん
チェック! (kossy)
2005-08-26 10:09:19
>こっちゃん様

見ごたえ十分!

ただ、大画面でなくてもいいかもしれないです。

ショーン・ペンも『インタプリター』と立て続けの演技で、疲れきった雰囲気がそのままだったのがよかったですぅ。
こんにちは〜 (ミチ)
2005-08-26 10:11:10
絶対に見逃せない作品!と思って、夫の夕飯のいらない日を選んで見に行ってきました。

夕方とレイトの一日2回上映ってどうよ?

主婦だって社会派の重い映画観たいんだぞーー!

つい愚痴をこぼしてしまい、失礼しました。

それにしてもシミュレーションって上手くいかないんですね〜。

あんなに練習したのに・・・(笑)
ナオミワッツ (ベータ)
2005-08-26 12:29:33
この映画は美しいナオミワッツを観たくて観ましたがナオミワッツがブサイクなのには驚きました演技は良かったのですがビジュアル的に受け付けられなかった。

美しいと思ってた物が実はブサイクだったなんて・・・。
ロールプレイング (kossy)
2005-08-26 12:37:17
>ミチ様

取り入れているところはかなり増えてるのでしょうけど、営業の仕事ではロールプレイングが欠かせない。犯罪を計画しても、日頃からロールプレイングを行ってないと、咄嗟の対応ができなくなる・・・

こうした、いい社会派映画が一日2回ってのは・・・映画館も子供に占領されつつあるってことでしょうか。

営業マンに見てもらいたい映画のため、昼間上映するとサボリーマンがやってくるから夜だけにしたのかな・・・(笑)
ナオミ・ワッツ (kossy)
2005-08-26 17:39:17
>ベータ様

ナオミ・ワッツの存在をすっかり忘れていました。

あれ?誰だろう、この女の人・・・などと、深く考えずに見てしまいました。

髪の色のせいかなぁ・・・・
こんばんは (カヌ)
2005-08-26 20:41:34
『あの人が!』っていうような人が事件起こしてますからね。誰もがちょっとしたきっかけで、おかしくなる可能性はあるということを上手く描いてましたよね。同情はできないんだけど(^^;
ショーンペン (kazupon)
2005-08-26 20:49:42
こんにちわ!

この映画観る前はタイトルからテロ的な行為の

終始を見せる映画なんだと思ってしまってましたが

実際は全然違ってて、結構自分がポジモードの

時に観ないと(笑)キツイ内容の映画ですよねー

でも笑ってられない、というか日本でも凶悪犯罪の

犯人の例を見ると、精神的に勝手に追い詰められて

しまって、自分のやりたい事が上手くいかないのは

○○のせいだ!って発想になってしまう怖さが

とてもよく出ていたと思いました;;
上手い脚本 (kossy)
2005-08-27 00:03:50
>カヌ様

普段はあいさつもするし、いい子なんですよ〜

なんて、よくインタビューに答えてますよね。

理性で抑えることのできる人と、映画の主人公のような人は紙一重なんでしょうね。

一生懸命セールスマンになろうとする姿には同情できたのですが、「やっぱりやるのか!あとはもう知らない」という気持ちになってしまいました(笑)



>kazupon様

俺もテロリストのような犯人の映画だと思ってました。

誰でも何かを間違ってしまえば、自暴自棄になる可能性があるんだと自分を戒めるためにも観ておくべき映画ですね!

俺はいつも、切れそうな人の「なだめ役」をやってるような気がします。
Unknown (remipann)
2005-08-27 01:18:49
はじめましてです。

この映画観たいなーと思っていたのですが、

評価みて楽しみになりました☆☆



このブログをみてから映画の楽しみ方の幅が広がったきがします!!

またお邪魔します><
ありがとうございます (kossy)
2005-08-27 11:49:53
コメントありがとうございます。

犯罪はよくないことだけど、

いかにして憎む心や犯罪をなくせばよいか、

色々考えさせられますよ〜



ご覧になったらTBさせてくださいね。
同感です。 (turtoone)
2005-08-27 18:39:08
いつもお世話様です。



「世渡りが苦手だけど平凡な男が様々な要因によって殺人者と変貌を遂げる姿は、特殊であると断言できません。結局、ニクソン暗殺までは遠く及ばない稚拙な計画だったという脚本は実に巧妙であり、実際世の中で起こっている無差別殺人もこうした展開なのかもしれない、」

この部分全く同感です。



そして、ショーン・ペンだからこそこの難しい役を誤解を与えずに演じられたと思います。

ありがとうございます (kossy)
2005-08-27 22:58:21
>turtoone様

こちらこそ、いつもありがとうございます。

ショーン・ペンの演技は最高でした。

演技だけではなく、現代社会の犯罪という面でも色々考えさせられる秀作でしたね〜
普通の人が・・・ (kazuki-kt)
2005-08-28 21:05:47
TBありがとうございました。



しみったれたショーン・ペンが良かった。

この人は、こういう役が似合うと思います。



でも、世渡り下手が第3者に責任転嫁する。

良くある話で、絵空事とは思えず、

ちょっと恐怖を憶えましたね。
普通の人 (kossy)
2005-08-28 21:32:56
>kazuki-kt様

普通の人がこういう責任転嫁によって犯罪を犯す。

動機が不明の犯罪者にありがちですよね。

精神的に参ってしまったら、

自分だってどうなるかわからない。

もうちょっと普通の人という設定だったら、もっと怖くなったでしょうね・・・

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

36 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
正しいだけでは生きてはいけない 「リチャード・ニクソン暗殺を企てた男」 (平気の平左)
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 評価:75点 今回はちょっとだけネタバレしてます ショーン・ペン主演の社会派人間ドラマ。 一人の不器用で純粋な男がニクソン暗殺を決意するまでの転落を描いたもの。 「暗殺」という単語から想像されるような派手なアクションシ
リチャードニクソン暗殺を企てた男 (シネマ日記)
実話を基にしたフィクションということらしい。実際の事件では被害者もいることだし、彼を美化することはいけないし、もしかしたら実際の彼はただのサイコだったのかもとは思いますが、単に映画を見ての感想ということで。 タイトル通りリチャードニクソン暗殺を企てた男サ
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (まったりでいこう〜)
映画を観てこんなにストレスを感じたのは初めてです...。仕事関係で毎日のようにストレスを感じているというか溜めているというのに...。 ショーン・ペン演じるサム・ビックがとにかく不器用で小心者。会社の上司に言われるままに行動するものの、でもそれに対する不満があり
映画「リチャード・ニクソン暗殺を企てた男」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「リチャード・ニクソン暗殺を企てた男」★★★★☆ 夕方とレイト、一日2回の上映という主婦にとっては悪条件の映画だったけど、ショーン・ペンの演技がどうしても見たかった。 ストーリー:転職してセールスマンになったサム・ビック(ショーン・ペン)は、慣
『リチャード・ニクソン暗殺を企てた男』 (ラムの大通り)
-----これまたズバリのタイトルだね。 ニクソンってウォーターゲート事件で失脚した大統領だよね。 彼、命を狙われていたの? 「うん。ニクソンはベトナム戦争を泥沼化させた張本人とも言われていたし、 当時アメリカ国民の間では けっこうフラストレーションがたまっていた
「リチャード・ニクソン暗殺を企てた男」 (MoonDreamWorks)
 監督 : ニルス・ミュラー主演 : ショーン・ペン / ドン・チードル /     ナオミ・ワッツ 公式HP  「 THEASSASSINATIONOFRICHARDNIXON 」 レオナルド・ディカプリオ、アルフォンソ・キュアロン、アレクサンダー・ペイン。今をときめく大物たちがエー...
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (Saturday In The Park)
監督:ニルス・ミューラー 出演:ショーン・ペン     ナオミ・ワッツ     ドン・チードル     ジャック・トンプソン なんでも1974年のニクソン大統領暗殺未遂事件を基にした作品とのことで 当初は孤独なプロの殺し屋(「ジャッカルの日」のような)の
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (ようこそ劇場へ!)
40年代後半のアメリカ社会の矛盾を、セールスマンの挫折を通して描いたアーサー・ミラーの名作舞台劇『セールスマンの死』で、ウィリー・ローマンの《アメリカン・ドリームの幻想》は既に看破されていた。 70年代には、マーティン・スコセッシ監督の『タクシー・ドライバ
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (the borderland)
映画のジャンルは全く違いますが、「サイドウェイ」の主人公たちのダメっぷりには共感できても、サム・ビック(ショーン・ペン)には哀れという感情しか出てこなかった。私も営業をしてるので、良心の呵責に苛まれるとまではいかないまでも、これでいいのかと思うことはある
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (It\'s a Wonderful Life)
1974年、ハイジャックしてニクソンのいるホワイトハウス に突っ込んで暗殺しようとした男の実話に基づいた物語。 かなり後味、というか劇中、つまり中味の悪い映画です。 原題も邦題とほぼ同じ\"The Assassination of Richard Nixon\" って観客は知ってしまっ.
『リチャード・ニクソン暗殺を企てた男』 (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY)
アメリカン・ドリームって何だったんだろう?やり場のない悲しさ。 THE ASSASSINATION OF RICHARD NIXON  2004  アメリカ 出演 ショーン・ペン、ナオミ・ワッツ、ドン・チードル  監督  ニルス・ミュラー  公式サイト 1974年2月22日。ニクソン大統領暗殺を
『リチャード・ニクソン暗殺を企てた男』 (映画大陸)
 2001年9月11日、NYでジェット機が貿易国際センタービルに突っ込むと言うテロ事件発生。  最初、ニュースでビルに飛行機が突っ込み瓦礫と化す映像を観たときには本当に映画の中で起きている出来事かと思ったくらいです。  そんな夢ともうつつとも判断がつかない状況下で
The Assassination of Richard Nixon★★★★☆ (なおのオススメ文芸。)
邦題:リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 『転職してセールスマンになったサム・ビックは、慣れない職場に居心地の悪さと不満を感じつつ、別居中の妻マリーとの復縁を願う日々を送っていた。\"嘘\"で固められた人間ほど得をしていくシステムに苛立ちを感じ、その全ての責.
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (利用価値のない日々の雑学)
昨今は日本でも信じられないような事件が起こる。特に、殺人事件に関しては数が急激に増えている訳ではないものの、マスコミの報道も頻繁になり、且つ、一般化していると言える。良く、「普通の人が起こす殺人」という様な言い方を安易にしているが、「普通の人」とはどうい
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (Remeber Tomorrow)
原題は“THE ASSASSINATION OF RICHARD NIXON”。訳すと「リチャード・ニクソン暗殺」。“企てた”も無ければ“男”も無い。どうでも良いかもしれないが、やたら長い邦題にするよりはそのまま直訳でも良かったのではないだろうか。 物語は1974年2月22日、ひとりの男がワ...
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (travelyuu とらべるゆうめも MEMO)
ショーン・ペン主演 アメリカ大統領 リチャード・ニクソンを暗殺しようとした男の物語 主人公ショーン・ペン演じるサムが犯行に至るまでを描いている バーンスタインのベートーベン ピアノ・コンツエルン皇帝が流れる バーンスタインをサムは世界で一番純粋で正直だと
映画『リチャード・ニクソン暗殺を企てた男』 (EVERSMILE)
映画『リチャード・ニクソン暗殺を企てた男』を観ました。この映画は、弱い弱いアメリカの一国民が元アメリカ大統領、リチャード・ニクソンを暗殺しようとした事件に基づくものです。リチャード・ニクソンを暗殺しようとした男役をショーン・ペン、その彼の妻役をナオミ・ワ
【映画】 リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 ★★★ (徒然なるままに・・・)
ストーリー: 1973年、サム・ビックは、 別居中の妻マリーと3人の子供を取り戻すため、事務器具の販売員として再就職する。 しかし、不器用なサムは成績も伸びず、口先だけの営業を強いられることに不満を感じていた。 ある日、裁判所からマリーとの婚姻解消通知が届く。 新
41-リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (徒然日誌)
ニクソンに暗殺を企てた男ということで、先日観た「ザ・インタープリター」が結構よかったショーン・ペンが気になっていた。 ストーリーは人生何事にもうまくいかない男が、ちょうどウォーターゲート事件で揺れるニクソンを暗殺しようとハイジャックを企てるという感じだけど
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (チラシコレクション (た〜わ))
左裏「今から30年前、民間機をハイジャックし、ホワイトハウスへ突っ込もうとした男がいた。サム・ビッグ・・・あまりにも孤独で、あまりにもナイーブなテロリスト。彼は時代の渦中に封印された。 −それはすでに30年前に計画されていた− 全米が大絶賛!その衝撃がいよい
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (ヲイラのだいあり?)
■ リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 原題:THE ASSASSINATION OF RICHARD NIXON 1974年の2月にワシントン(バルチモア国際空港)で実際に起きたハイジャック未遂事件を基に、ナイーヴすぎるがゆえに人生につまずき、ついには民間機を乗っ取りニクソン
ショーン・ペン (ヲイラのだいあり?)
■ ショーン・ペン Sean Penn 1960年8月17日生まれ アメリカ / カリフォルニア州 (元妻)マドンナ (妻)ロビン・ライト・ペン ? ・ザ・インタープリター (2005) ・リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (2004) ・ミスティック・リバー (2003) ・21グラ
■リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (ルーピーQの活動日記)
サム・ビック(ショーン・ペン)は、別居中の尊マリー(ナオミ・ワッツ)と3人の子供を取り戻すため、事務器具の販売員として再就職する。しかし不器用なサムは成績も伸びず、口先だけの営業を強いられることにも不満を感じていた。そんなある日、裁判所からマリーとの婚
「リチャード・ニクソン暗殺を企てた男」 (るるる的雑記帳)
「リチャード・ニクソン暗殺を企てた男」を観ました。 実直なサムはセールスマンとして再び働き出す。口べたな彼にとって「客を騙す」ことにもなりかねないセールストークは苦痛この上ないが別居中の妻や子供とやり直すためにはこうして働くしかない。しかし結局妻とは.
映画感想「リチャード・ニクソン暗殺を企てた男」 (三匹の迷える羊たち)
映画感想「リチャード・ニクソン暗殺を企てた男」 【評価】★★ 【演技】★★★★ 【反米】★★★ 【現代性】★★★★ 【エロ】 【陰鬱】★★★ 映画館で見ました。 そこの映画館、今時にしては珍しく、二本立てですよ。 1200円(学生は1100円)ですし。 .
[ リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 ]かっこいいぞ、ショーンペン (アロハ坊主の日がな一日)
[ リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 ]@渋谷で鑑賞。 [ リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 ]。タイトル通り、1974年、民間機をハイジャックしてホワイトハウスに墜落させる、という大統領暗殺計画を実行しようとした男の物語である。 筋肉質とか、軍隊あがりと
リチャード・ニクソ\\ン暗殺を企てた男 (悩み事解決コラム)
{amazon}  映画『リチャード・ニクソ\\ン暗殺を企てた男』この映画は1974年2月 にワシントンのバルチモア国際空港で起きたハイジャック未遂事件を 基にした映画。犯人は民間空港機をホワイトハウスに突っ込ませる という9.11を彷彿とさせるショー
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (WILD ROAD)
『リチャード・ニクソン暗殺を企てた男』 2004年アメリカ(107分) 監督:ニルス・ミュラー 出演:ショーン・ペン    ナオミ・ワッツ    ドン・チードル    ジャック・トンプソン    マイケル・ウィンコット ★ストーリー★ 1973
DVD「リチャード・ニクソン暗殺を企てた男」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
実話を元にして作られた作品です。 セールスマンをしている主人公だけど、お客さんに嘘をつきたくないという考えから当然ボスとはうまくいかない。セールスマンの「嘘」っていっても、原価と売値の違いだったりするからねぇ。。。それじゃ、仕事にならないよぉ。。。そ...
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (ぶっちゃけ…独り言?)
7点 (10点満点で採点してます。6点が合格ラインです。) う〜む・・・やっぱりショーン・ペンって凄いです。 個人的にはあまり好きなタイプの話じゃないんだけど、ショーン・ペンの 演技に魅せられました。 1974年に実際に起きた事件を基にしているらしいのですが、とに
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (映画と本と音楽にあふれた英語塾)
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 ゴウ先生ランキング: B+ 早稲田松竹 2006年1月25日(水)12:20からの回  (『ヒトラー〜最後の12日間〜』との併映) 公式サイト: http://www.wisepolicy.com/the_assassination_of_richard_nixon/
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (グレート・タカの徒然なるままに…)
実話を元にヒントを得て作られたドラマ。 ショーン・ペンが観たくてDVDを借りてきた。 ちょっと期待してたのと違った。 社会に適合できない孤独な一人の男が、すべては社会が悪いと思い込み、ついには大統領暗殺を企てる。 誰もが感じる矛盾だらけの社会。 正直者
『リチャード・ニクソン暗殺を企てた男』 (*Sweet Days*  ~movie,music etc...~)
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 CAST:ショーン・ペン、ナオミ・ワッツ、ドン・チードル 1974年。妻と別居中のサム・ビック(ショーン・ペン)は、事務家具店の販売員として働いていた。しかし、少々強引な手法で営業させる経営者に嫌気が差し、妻や ...
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (いつか深夜特急に乗って)
「リチャード・ニクソン暗殺を企てた男」★★★★ (DVD)2
「リチャード・ニクソン暗殺を企てた男」 (不良中年・天国と地獄)
歴代の大統領の中でも、最悪の一人といわれるリチャード・ニクソン。このニクソンを暗殺しようとした男がいました。それがこの作品の主人公サム・ビック(ショーン・ペン)です。2004年アメリカ映画。監督・脚本=ニルス・ミュラー。主演=ショーン・ペン、ナ ...
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (ひめの映画おぼえがき)
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 監督:ニルス・ミュラー 出演:ショーン・ペン、ナオミ・ワッツ、ドン・チードル、ジャック・トンプソン、マイケル・ウィンコット、ミケルティ・ウィリアムソン... 「あまりにも