ネタバレ映画館

帰って寝るだけのタクシードライバーになりました(汗)

ブーリン家の姉妹

2008-11-08 20:55:11 | 映画2008
 アミダラがフシダラなことを・・・

 『エリザベス』が日本で公開された年に『エリザベス:ビギニング』のような映画を見られるとはラッキーでした。エリザベス女王が父親から受け継いだ宗教上の問題とか、ローマ教皇との確執の始まりとか、宮廷やヘンリー8世の対外的な問題にはほとんど触れず、ただ王の愛を勝ち取るかどうか、政略結婚に奔走する貴族たちの愚かしさ、そしてブーリン姉妹の確執と姉妹愛だけを描いたのも潔かったと思います。

 ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソンという二人とも好きな女優の共演とあらば見逃すわけにはいかない。演技はもちろん良かったのですが、それぞれアンとメアリーの史実に基づいたそれぞれのキャラが印象に残ります。出演者の衣装も素晴らしく、特にナタリー・ポートマンは緑のドレスが強烈。エリック・バナはこの緑を見てハルクが目覚めるんじゃないかと体が震えていたに違いありません・・・

 男子の生まれなかったヘンリー8世。その王に愛人を差し出してブーリン家に栄華をもたらそうと画策する姉妹の父親。王が選んだのは結婚したばかりのメアリーで、目論見ははずしたが、とにかく自分んちのことしか考えてない父親。結婚相手の夫もしぶしぶ妻を差し出す・・・権力には逆らえない絶対王制内の不条理だ。みんなどうかしてると思っていたら、アンが最も政略家だった。焦らしテクニックといい、男子を産んだメアリーまで追い出すのです。終盤は彼女が身につけている“B”の文字のネックレスが印象的でしたが、アンの血液型がB型なんだとばかり思ってた・・・それほどアンにも一族のためという使命感が備わってたんだろうなぁ。

 教皇を敵に回したことで宗教上の対立が起こる顛末を描いた『わが命つきるとも』。アカデミー賞を独占したこの映画ではトーマス・モアが主人公だったため、完全に外側から描いてましたが、王の離婚問題は歴史的にも大事件だということがわかります。いずれにしても個人的理由により処刑されたりして、住みにくい時代だったんだなぁ。一番可哀そうなのはジョージ・ブーリン(ジム・スタージェス)だったし。

 ちょっと気になる原題:THE OTHER BOLEYN GIRL。前半部分では自らそう呼んでいたナタリー・ポートマンだったけど、終盤ではそれがスカーレット・ヨハンソンだったとわかる。盛者必衰・・・めまぐるしく展開するだけに、大河ドラマのダイジェスト版のような雰囲気もあったけど、世界史好きにはたまらない映画だと思います。

★★★★・
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (13)   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まぼろしの邪馬台国 | トップ | 櫻の園-さくらのその- »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (シネマ大好き娘)
2008-11-09 05:53:36
エリックバナ・・ハルクになりそうに座布団あげます~~
前売り買ったら、Bにチャームもらった~~いらんわ~
中世から近世へ (turtoone)
2008-11-09 18:08:04
世界的に大きく時代が変革しようというしていた頃ですが、このローマ教皇から離れたことによって英国は最も早く中世を捨てたと思います。その後の進歩も英国は他のどの国よりも先んじていますよね。

そういう意味ではヘンリー8世はただの女好きではなく、先見の銘がありましたが、それを促したのがアン・ブーリンだという部分で後世の「処刑の誤り」を正したかったのだと思います。

「グラディエーター」同様、後世の研究により、当時の誤りを修正していく提言は面白く、それだけに映画の位置づけももっと重要視するべきでしょう。



アミダラがフシダラに座布団2枚!!

“B”の文字のネックレス (ルナ)
2008-11-10 02:06:21
お久しぶりです!
アンの付けていた“B”の文字のネックレス!
なんか印象的でしたよね~。
あれは、アンの肖像画にも描かれているので、
本人がホントにつけていたみたいです。
やっぱりBOLEYNの“B”なんでしょうね~。
それだけ、ブーリン家を愛していたのでしょうかねー。
それにしては、弟くんは、ホントに可哀想でした。
B文字ネックレス (kossy)
2008-11-12 01:18:33
>シネマ大好き娘様~
要らないのだったら俺にください!
と、最近、オマケばかりが増えてきて、子供時代に戻っているkossyです。
ストラップ付きの前売り券をなるべく買うようにしてる愚かな奴なんです(汗)

>turtoone様
なるほど、エリザベスの黄金期が出来上がる下地となったってところですかね。対外政策なんかは宗教に縛られないからこそ上手くいったのかもしれませんね。

アン・ブーリンもこれだけ英国史に影響を与えることになるなんて考えもしなかったんだろうけど、すごい女性ですよね~
これからも歴史の解釈に驚かされる映画に出会いたいものです。

>ルナ様
俺も映画を見終えてから写真を見てビックリ!
さすがに緑のドレスは着てなかったようです。

ブーリンの“B”を誇示しているのなら、彼女も父親と同じく家のことを重んじるようになったんでしょうね。そのあたりが凄いな~と。

男目線からすると、弟の悲劇をもっと見たいと思ったり・・・
残念~ (シネマ大好き娘)
2008-11-12 05:19:12
もう、友だちにあげてもうたあ~~~
あ・・・ (kossy)
2008-11-20 01:37:39
残念・・・って、反応おそっ
今日は! (小米花)
2008-11-23 15:37:47
コメント頂きありがとうございます。

歴史ドラマとしてもコスチューム劇としても
楽しめた質の高い作品だったと思います。

跡継ぎ問題での女の戦い=家の戦いぶりは
どこの国の歴史の副産物として、いいドラマに
なるんですね~。

イギリス版大奥 (kossy)
2008-11-23 20:51:17
>小米花様
大奥の物語は日本だけじゃなかったんだなぁ~などと、日本史が苦手なのにそう感じてしまいました。

コスチュームに関しては良く分からないけど、これも賞をもらえるのかもしれませんね。
 (とらねこ)
2008-11-29 13:48:30
最後の一言、ハッとしました。なるほど、そうだったなあ!
策略で勝ったものが、愛の勝者じゃない、ってところが薄ら寒くなりました。
身分不相応なまでの向こう見ずな、焦らしのテクニックでしたが、後半すごかったですね。
愛は勝つ! (kossy)
2008-12-03 08:01:16
>とらねこ様
策略でも略奪でも、やっぱり愛がないとダメですよねぇ。たまたま結婚までも見事に勝ち取ったけど、結局は愛のないところが原因。でも男なら騙されちゃうんだろうな・・・俺は地位も名誉も金もないから無縁なんですが・・・
無知 (Aki)
2009-04-11 23:52:10
白紙で観ました。エリザベスのお母様がアンだったとは、驚きました。

そして、とにかく、醜く、悲しい物語でした。

いかに王をタラシコムか…王の寵愛を受けるか…出し抜くか、陥れるか、世継を産むか…途中からゲンナリしてきました。

女性より男性のほうが楽しめる作品かも。。
トリーバーチ ブーツ (トリーバーチ ブーツ)
2011-11-29 22:30:40
トリーバーチ ブーツ http://www.vikishoes.com/8--04-boots
UGG ブーツ http://www.vikishoes.com/10--boots
トリーバーチ 靴 http://www.vikishoes.com
トリーバーチバッグ http://www.vikishoes.com/9--
Friendship Day Gift Ideas (Friendship Day Gift Ideas)
2015-08-01 18:11:53
http://21b.f27.myftpupload.com/2015/07/friendship-day-full-size-high-quality.html
http://21b.f27.myftpupload.com/2015/07/best-friendship-day-short-and-swee.html

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

28 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
映画 【ブーリン家の姉妹】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ブーリン家の姉妹」 16世紀のイギリスの宮廷を舞台に繰り広げられる愛憎劇。 おはなし:16世紀、イングランド国王ヘンリー8世(エリック・バナ)には男子の世継ぎがなかった。野心家のブーリン卿(マーク・ライアンス)は聡明な長女のアン(ナタリー・ポー...
ブーリン家の姉妹 (だらだら無気力ブログ)
16世紀のイギリスの宮廷を舞台にイギリス国王であるヘンリー8世を巡って エリザベス1世の母であるアン・ブーリンとその妹のメアリー・ブーリンの 数奇な運命を描いた歴史ドラマ。16世紀、時のイングランド国王ヘンリー8世には、王妃キャサリンとの間に 男子の世継ぎが...
イギリス版大奥は残酷。~ブーリン家の姉妹~ (ペパーミントの魔術師)
普段なら見ないタイプの洋画なんですが(笑) この劇場公開の前に「世界ふしぎ発見」で 特集やってまして。 おまけに、原作文庫がえらい売れてまして。 そら気になるじゃないですか・・・。(?!) ご覧のとおり、上巻がナタリーポートマン、 下巻がスカーレットヨハン...
ブーリン家の姉妹 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『愛は、分けられない。 最初に愛されたのは妹メアリー、王妃になったのは姉のアンだった。 世界を変えた華麗で激しい愛の物語。』  コチラの「ブーリン家の姉妹」は、ナタリー・ポートマンとスカーレット・ヨハンソンの共演で、同名ベストセラー小説を映画化した...
『ブーリン家の姉妹』 (Sweet*Days**)
監督:ジャスティン・チャドウィック  CAST:ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナ 他 16世紀、イン...
「ブーリン家の姉妹」も「闇の子供たち」も共に大人のエゴに子供... (映画と出会う・世界が変わる)
「闇の子供たち」と「ブーリン家の姉妹」には共通したシーンがある。前者ではセンラーとヤイルーンが川で水遊びをするシーン。後者ではブーリン家の子供たちが野原で遊ぶシーン。この作品ではその場面が冒頭と結末に2度にわたり登場する。どちらも子供たちが無邪気に遊ぶ...
ブーリン家の姉妹 (利用価値のない日々の雑学)
16世紀は世界中が構造的に大きな変化を遂げた世紀であったが、特に、英国と日本という極東西の島国は特にそれが顕著であったと言える。英国は、ヘンリー8世という寵児の出現に丹を発しており、中でも、ローマとの決別は画期的なことであったが、同じ様に宗教的な因子で...
ブーリン家の姉妹 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
歴史物って大好きなので楽しみにしていました~【story】16世紀、イングランド国王ヘンリー8世(エリック・バナ)には男子の世継ぎがなかった。いら立つヘンリーが愛人を求めていることを知った野心家のノーフォーク侯爵(デヴィッド・モリッシー)は、ブーリン卿(マーク...
「ブーリン家の姉妹」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
運命を変えたのは、やはり男たちの私利私欲。ぼくは本当に歴史に疎い。そのお陰でこういう作品を観た時の驚きが大きいという、これはいいことなのか?政略結婚という言葉を聞くと、いま絶賛放映中のNHK「篤姫」が思い浮かぶ。ブーリン卿も島津斉彬も、自分の手持ちの駒か....
ブーリン家の姉妹 (ルナのシネマ缶)
このBのイニシャルのネックレスが印象的だったのですが 肖像画にも描かれていたんですね~。 ヘンリー8世とアン・ブーリンの映画と言えば、 「1000日のアン」ってのがありましたが、 今回は、かなりリアルに再現って感じでした。 それに、姉妹の愛憎も見所です。...
ブーリン家の姉妹/The Other Boleyn Girl (我想一個人映画美的女人blog)
スカちゃんとナタリーがエリック・バナを姉妹で取り合う{/m_0161/} 恋のドロドロ悲劇もの、かと思ってたらちょっと違った! 珍しく表参道ヒルズを会場に行われた試写へ行って来た{/hikari_blue/} (この会場、劇場仕様じゃないからパイプ椅子並べての鑑賞{/m_0156/}) ...
「ブーリン家の姉妹」 (NAOのピアノレッスン日記)
~愛は、分けられない~イギリス王朝絵巻の話は、大好き! 即効で、観に行きました♪2008年 イギリス=アメリカ  ブロードメディアスタジオ配給 (08.10.25公開)監督 : ジャスティン・チャドウィック 原作 : フィリッパ・グレゴリー出演 : ナタリー・ポー...
ブーリン家の姉妹(映画館) (ひるめし。)
愛は、分けられない。
「ブーリン家の姉妹」歴史なんて、色恋沙汰次第…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ブーリン家の姉妹] ブログ村キーワード   “ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン夢の共演!”「ブーリン家の姉妹」(ブロードメディア・スタジオ)。イイですね~、今が旬の美女2人が共演。吾輩的にはとっても嬉しい!でも姉妹役ですか~、全然似...
「ブーリン家の姉妹」 上昇志向が身を滅ぼす (はらやんの映画徒然草)
アン・ブーリンはその時代に生きるには、あまりに賢く上昇志向が強い女性だったのでし
『ブーリン家の姉妹』@シャンテシネ (映画な日々。読書な日々。)
16世紀、イングランド。20年にわたる夫婦生活で王女メアリーしかもうける事が出来なかったヘンリー8世はの目下の関心事は、立派な男子の世継ぎをあげる事。一族の富と権力を高めるため、新興貴族のトーマス・ブーリンは自慢の娘アンを差し出す。しかし、王が目をとめたの...
ブーリン家の姉妹の試写会に行ってきました! (マリリンブログ)
映画「ブーリン家の姉妹 」の試写会に行って来ました。 この映画は、古い時代のイギリス(イングランド)に生まれた 2人の姉妹とその弟の3人が富と権力の争いの渦に巻き込まれていく映画です。 ちなみに私は、三人姉妹ですが、 姉妹の絆と女性としてど...
ブーリン家の姉妹 (★ Shaberiba ★)
イギリスの史実に基づいたロングセラー小説の映画化!!
ブーリン家の姉妹 (こんな映画見ました~)
『ブーリン家の姉妹』 ---THE OTHER BOLEYN GIRL--- 2008年(イギリス/アメリカ) 監督:ジャスティン・チャドウィック 出演:ナタリー・ポートマン 、スカーレット・ヨハンソン 、エリック・バナ、ジム・スタージェス、 マーク・ライランス ヨーロッパの歴史を大きく...
映画】ブーリン家の姉妹 (びーぶろぐ?)
本日見てきた映画はこちら、「ブーリン家の姉妹」。ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナ。見ごたえがないはずがないでしょう?しかもヨーロッパ時代モノです。【ブーリン家の姉妹】 (原題・The Other Boleyn Girl) 映画公式HP
148●ブーリン家の姉妹 (レザボアCATs)
ナタリー・ポートマンとスカーレット・ヨハンソンの組み合わせ・・今のハリウッドを代表する、美貌と実力を兼ね備えた、まさに理想的な二人の女優のカップリング、というだけで注目に値する作品。ハリウッド歴史大作モノはさすがに、重すぎることはなく。ドロ沼人間ドラマ...
ブーリン家の姉妹 (ももママの心のblog)
若くて綺麗な女優二人は、タイプは違えど実力派。その個性に合わせた色違いの豪華衣装と、その裏に秘められたドロドロの愛憎劇。主演二人も、歴史物も好きな私にはたまらない一作でした。上映している映画館が少なめだったため、やっとの鑑賞~。
ブーリン家の姉妹 (エリ好み★)
エリザベス一世が結婚しなかったのは、父を反面教師としたんだろなあ…。
「ブーリン家の姉妹」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
歴史物、実話を基にってやっぱり面白い
ブーリン家の姉妹 (Blossom)
ブーリン家の姉妹 THE OTHER BOLEYN GIRL 監督 ジャスティン・チャドウィック 出演 ナタリー・ポートマン スカーレット・ヨハンソン エリッ...
「ブーリン家の姉妹」(THE OTHER BOLEYN GIRL) (シネマ・ワンダーランド)
16世紀の英国宮廷を舞台に国王ヘンリー8世と、新興貴族ブーリン家の美しき姉妹との愛憎をつづった歴史ヒューマンドラマ「ブーリン家の姉妹」(2008年、英米、ジャスティン・チャドウィック監督、115分、コロンビア映画配給)。本作はフィリッパ・グレゴリーの小...
「ブーリン家の姉妹」ゆかりの地を訪ねて (ノルウェー暮らし・イン・London)
せっかくイギリスの各地を観光しているのだから、何か関係のある映画を観たい♪と思っていた矢先、たまたま訪れたスードリー城も、ロンドン塔も、どちらもアン・ブーリンと係わりがあることが判明。 それなら絶対見なくちゃ!
【映画】ブーリン家の姉妹…ちょっと昔「とんでブーリン」ってアニメありましたよね? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
いやはや、お仕事も我が家もなんだか最近は忙しいです{/face_hekomu/} 17日(月曜日)は、週の頭から6時間とかの残業{/face_hekomu/}{/down/} …(チョイ愚痴ですが{/face_ase2/})私の計画通りだとこんな残業は発生しないんですけどねぇ{/face_ikari/}…人の後始末みた...