ネタバレ映画館

帰って寝るだけのタクシードライバーになりました(汗)

小さき勇者たち ガメラ

2006-04-30 13:14:35 | 映画2006
 4月26日、金沢でTOTO来日コンサートがあった。学生時代から一番好きなバンドだったのに行かなかった・・・

 自衛隊PR映画だった平成ガメラシリーズ。有事法制を急がせるため国民を洗脳しようという内容だったけど、あれは映画としては認められないくらい政治色の強いものだった(特に2)。ゴジラシリーズのいくつかも自衛隊賛美でしかないシロモノがありますが、「リアルで迫力がある!」などと言っても所詮は怪獣映画なのですから、本質はファンタジー映画なのであって、子どもに夢を与えるものでなくてはならないと思います。その点を踏まえると、この映画はまさしく子どもに夢を与える映画であり、自衛隊マニアの方々が満足できるものではありません。

 主人公の透少年の父親は小さな食堂を営んでいたため小さな亀でさえ飼うことを許されなかったのですが、『トム・ヤン・クン!』を観た直後に鑑賞したため、もしかして“亀料理”を客に出すことを危惧していましたが、さすがにそれはなかったようです。それはさておき、透少年をはじめ、子どもたちはガメラ(トトと命名)を普通の“空飛ぶ亀”だと信じていて、隣に住む緋色真珠店の娘が心臓の手術を受けるので、トトの卵を守っていた赤色発光物体をお守りとして彼女にプレゼントします。実は緋色真珠というのも、33年前にガメラがギャオスとの死闘の末誕生した真珠で希少価値の高いシロモノ。店主である寺島進はその真珠を全て売り尽くし、赤色発光物体も娘が名古屋の病院で手術を受けるために持っていたため、伊勢志摩の小さな漁村には守り神がいなくなったのかもしれません。ですから、いきなり狂暴な怪獣ジーダスの上陸を許してしまうことになったのでしょう・・・

 まだ体長が8mという成長段階にあったトトはそれでも人間を守る。最初の戦いでは捨て身技でなんとかジーダスを追い払ったものの、トトは力を使い果たし政府と自衛隊によって捕獲されてしまう。しかし、政府の目論みはガメラを巨悪な怪獣と戦わせるための兵器だとしか考えていない。何しろ内閣府参事官は田口トモロヲである。何をやらかすかわからない!『ガメラ2 レギオン襲来』では地下鉄運転手だったのに・・・偉くなったものだ。

 ガメラの造形を見てもミニラが甲羅を背負ってる雰囲気だったこともあり、クライマックスまでは普通のお子様向け怪獣ドラマだと感じていたのですが、わけのわからない赤い石リレーでは感動してしまいました。説明しろと言われても無理です。多分大人には理解できないのでしょう。そしてガメラを捕獲することしか考えていない政府の前に立ちはだかる子供たち。必殺のメガンテ攻撃を許さない透くんの純粋さとともに涙してしまいました・・・今年は命を大切にするといったテーマが多いのかな。

★★★★・
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (30)   トラックバック (48)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トム・ヤン・クン! | トップ | ナニー・マクフィーの魔法のステ... »
最近の画像もっと見る

30 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
僕も泣きました。。 (こーいち)
2006-04-30 14:43:21
こんにちは。TBありがとうございます!

そうですよね、怪獣映画にリアリティを求めてもね。

僕もファンタジーとして楽しみましたよ。

だから唐突に始まった子供たちのリレーで涙。。

>もしかして“亀料理”を客に出すことを危惧

怖い(苦笑)。。危うくジーダスにやられるところ

でしたね。
ミニラ (たいむ)
2006-04-30 14:47:55
kossyさん、こんにちは。

初の怪獣映画で鑑賞したはいいけれど、あまりノレなかった、たいむです。



トトが何かに似ている・・とは思っても”ミニラ”すら出てこない私(汗)

やはり大人が怪獣映画を観るには、ある程度の知識があってこそ楽しめるものと敗北宣言です。



>わけのわからない赤い石リレー

>説明しろと言われても無理です

kossyさんまでそう言われるので何だかホッっとしたりして(笑)

でも、ここはぐっときましたね。
次こそ「ゴジラ対ガメラ」で (たましょく)
2006-04-30 15:27:02
 TBありがとうございますm(_ _)m



 あら、kossyさんの中では「G2」は

いただけない感じですか?たましょくは

自衛隊うんぬんはどーでもいいですが、

レギオンの造形や迫力ある演出に関して

は、「G2」に優るモノなしと(話、脱線)



 透(とその他、子供たち)とトトの物語

であったと同時に父と子の話だったよーに

も感じました。父親役の津田寛治さんの演

技は良かった〜。
リレー (kossy)
2006-04-30 15:58:19
>こーいち様

やはりファンタジーですよね。

これからの子供たちが怪獣映画を楽しむためにはこういった方向じゃないと♪

続けて映画を観る際には映画の内容を選ばないといけないのかもしれません・・・完全に変な想像になってしまいました(汗)

人間を食べる怪獣というのも今時珍しいかもしれないです。



>たいむ様

あのリレーはわけわかんないです(笑)

だけど感動的!

この場面に関しては、観た子供に質問してみたい気分にさせられましたけど、小学生ブログでも探せばいいのかなぁ。

怪獣映画といっても、ガメラシリーズの番外編のような映画ですから、予備知識は必要ないと思いますよ。



>たましょく様

評判のいい『G2』ですが、敢えて批判的なkossyです。

怪獣による恐怖感を与えつつ、国防を考えさせるところがわざとらしくて、造形の素晴らしさが吹っ飛んでしまった記憶があります(笑)

津田寛治と寺島進のツーショットって、いい絵になりましたよね〜チャンバラトリオの南方さんも脇ながら存在感がありました。
よかったよね (しんちゃん)
2006-04-30 18:16:53
 ファンタジィって聞いていたし、あの可愛いガメラってことを納得した上で見に行ったら・・・めちゃよかったよ(笑)



「なんだか知らないけど・・・ガメラは人間の味方なんだ!」



 これに尽きますね。最高の台詞でした。
よかったです (kossy)
2006-04-30 18:51:20
>しんちゃん様

中途半端な子供向けじゃないんですよね。

完全に動物を愛する心を訴える映画というか・・・

大人になったら怖い顔になるんじゃないかと心配していたのですが、大きくなっても愛らしい顔のままでした。

このあたりのこだわりも最高!

なんだか知らないけど、大人でも泣けますね。
泣けましたッ (かのん)
2006-04-30 23:07:39
予告編からしていい感じだったので期待してたのですが、子供だけに楽しませるのはもったいない感動作でした。レビュー執筆中です。



>わけのわからない赤い石リレー



ガメラが存在する世界なんだという前提で素直に受け入れるべき現象なんでしょう(笑)。でもガメラって昔から子供と交流が描かれてたと思うし、きっと子供たちには共感や共鳴、テレパシーがあったんだろうと創造力ふくらませました。
感動(フライング) (ロキ)
2006-05-01 01:14:44
まだ見てないんですけどkossyさんの文章読んでいるだけで涙が・・・(泣笑

ガメラ2かなり好きでしたが、政治色の強い点を批判するというkossyさんの意見はよくわかります。



スターシップ・トゥルーパーズなどもそうですが、

愛国主義モノと割り切って見ることができればそれはそれでおもしろいと私などは思うのですが、

kossyさんのおっしゃっていることもまさにその通りですね。



子供ウケする映画なんて、ただお金儲けのためだけに作っててあざといとか思ってましたが、

子供に夢を与えたいという思いがこめられているのであれば私の反省すべき点は大きいと思います。
大人も (kossy)
2006-05-01 08:10:22
>かのん様

そうですよね〜子供だけの映画じゃない!

津田寛治の目線で見るのもかなり面白いです。



なるほどガメラの鼓動とか、赤い石に伝わってくるのですね。そうなると鼓動=発光点滅で怪獣を倒すことが・・・

レビューを楽しみに待ってま〜す♪



>ロキ様

『ガメラ2』の特撮技術はちゃんと評価しているのですが、結局は脚本なんですよね・・・なんだか世間の評価が高すぎることにも危険を感じてしまった次第です。

だけど、批判の声も受け止めていらっしゃるようでして、『ガメラ3』ではその反省点も見られ、普通に見ることができました(笑)

『スターシップ・トゥルーパーズ』はむしろ愛国心を逆手にとった風刺の映画になってますので、全く平気だったりします・・・でも大人しかわからないですよね。



赤い石リレー (はる)
2006-05-02 12:28:13
こんにちは。



赤い石リレー、ワケ分からないのになぜか感動してしまうんですよね。でも本当にワケ分からないんですよね。(笑) 皆さん同じような意見で安心しました。
DNA (kossy)
2006-05-02 12:40:26
>はる様

あのリレーはテレパシーだという意見が多い中、敢えてガメラを愛するDVAがそうさせたのではないかと思ってしまいます。

津田寛治父ちゃんから受け継いだDNA。他の子どもたちもみな持っていたのでしょう・・・

やっぱりガメラは子どもたちのヒーローなんでしょうね〜〜などと言っても、やっぱり不思議です(笑)
kossyさんTB&コメント本当に有難うございます。 (hide)
2006-05-02 18:48:21
(映画と秋葉原とネット小遣いと日記)のhideです

kossyさんTB&コメント本当に有難うございます。

kossyさんの子供たちのリレーの所の熱い思いは伝わりました。(実は日テレ系のTV番組『初めてのお使い』を連想してチョッとウルっと来てしまいました)

流石、憧れの『ネタバレ映画館』です

(^_-)-☆そうです。遺伝子!!DNAだったですよね

ガメラは次の世代にも引き継がれて生きます。
DNA (kossy)
2006-05-02 21:14:46
>hide様

「はじめてのお使い」は泣けますよね・・・子どもに泣かされるのが悔しいので、なるべく見ないようにしています(笑)

DNAといえば、ウミガメは卵から孵ると海を目指すという本能がありますよね。赤い石もそんな力が備わっているのかもしれませんね・・・(わからなくなってきた・・汗)
乱獲したから (メビウス)
2006-05-03 20:50:33
kossyさんこんばんわ♪



なるほど♪緋色真珠を乱獲したせいで、ジーダスが出現したとなると合点がいくものがあります。

唐突にデカイトカゲがレギオンよろしく地中から出てきたので(・□・;)ぽきゃ〜んな感じだったんですよね(苦笑
緋色 (kossy)
2006-05-03 23:55:14
>メビウス様

説明不足の点はいっぱいありますよね〜

論理思考で観てしまう大人でも、こうしたわからないシーンに感動できるってのも素敵です。

真珠もガメラの一部だったのかなぁ・・・もしかすると多産系の亀のことだから、真珠が全て死産の卵だったりして。
夏帆が出てた・・・ (キング)
2006-05-04 02:53:36
映画自体はまだ見ていないのですが、CMの予告で夏帆がでていたので見たいです。
夏帆 (kossy)
2006-05-04 13:23:48
>キング様

夏帆ちゃんは良かったなぁ・・・

演技というよりも隣のお姉さんといった雰囲気が!

泣けました。
こんばんは (かりめろ)
2006-05-05 00:11:47
やっと見てきました!

お話としては、突っ込みどころ満載だったものの、戦闘場所が地元だったので、妙なところで楽しんでしまいました(笑)

トトがかわいかったですね☆それだけでいいかなぁ、などと珍しく点の甘いかりめろでした(笑)
ツッコミ (kossy)
2006-05-05 00:58:13
>かりめろ様

甘い点数で3点なんですね・・・すると俺は激甘だったのか(汗)

あのぬいぐるみ風のトトが可愛かったですね〜

もう怪獣だということを忘れてしまいましたよ。
泣けました (SOAR)
2006-05-05 11:03:03
超お久しぶりでございます。バイオ2アポカリプスで何度かお邪魔しました。



この作品はよいですね!ちなみに私は平成3部作支持派(笑)なんですが、今回はそれまでの怪獣映画としてのガメラとは別物の仕上がりで、素直に感動させてもらいました。



子供たちと生き物の心温まるストーリーにガメラを当てはめたのは、これはもう(いい意味で)反則技ですよ。いい歳して劇場で涙出ちゃったじゃないですか!



ラストに透少年が「さよなら、ガメラ」と言うところも最高。トトではなくガメラって言うんですよね、彼。ぐっと来ました。
怪獣映画 (kossy)
2006-05-06 02:20:08
>SOAR様

ども、お久しぶりでございます。

平成シリーズはさておき、この映画は怪獣映画であることを忘れてしまうかのような、怪獣ファンタジーとでもいうべき映画でしたよね〜

反則技には違いないのですが、お決まりの怪獣映画のパターンを打破して、新たなる道を切り開いたのかもしれませんよね。俺も泣きました。恥ずかしいくらい・・・



「さよなら、ガメラ」と唐突に理解した少年。やっぱり賢いんですね。いい子過ぎますよ・・・
訳の判らないリレー (mina)
2006-05-06 08:03:41
全くそのとおりでしたね。

大人には理解しろと言われても、ちょっと無理っぽい。

あのリレーには、訳も判らず感動させられました。

人間の本質というか、剥き出しの魂を直接触られたというか、原始的な感動でした。

そういうやり方には、ちょっと危険な感じもしました。かつてのジョン・レノンの歌のように。
リレー (kossy)
2006-05-06 12:21:10
>mina様

理解しようとしても、論理的に組み立てたり議論したりすると感動が薄れちゃいますもんね(笑)。しばらく経ってから議論するのが面白いのかもしれません。

DNAのためだと書いてしまったのですが、これだってインチキだったりします・・・(汗)

ジョン・レノンって、危険でした?
私も泣きました。 (後藤久代)
2006-05-10 00:54:19
私は爬虫類飼ってるんで、かなり突っ込みドコロが多い映画でしたが、

やっぱりあの、ナゾの赤い石リレーでは泣けました。
ミドリガメ (kossy)
2006-05-10 01:03:56
>後藤久代さま

爬虫類を飼ってるとわかるんですね〜

俺も昔ミドリガメを飼おうとしたけど、

その後どうなったのか記憶にありません・・・

小学校って、結構カメを飼ってたりしませんでしたっけ。記憶にないけど・・・



やっぱり赤い石リレーですね〜





帰った来たガメラ (ミカエル)
2006-05-14 11:35:28
こんにちは。見る前は明らかに子供向けになってるのが不安でしたが、全然問題なかったです。大きくなったガメラの造形がかわいすぎなのが気になりましたがそれ以外は完璧。すばらしかったです。



あの赤い石は、平成シリーズを見ている人なら”あれを持つと巫女の役目を果たす”と考えることを脚本家が読んで書いてたんだと思います。だからリレーになるとはこれっぽちも思わなくて、やたら感動しました。最後に大人の前に子供達が立ち塞がったのを見て、あ、これはE・Tだったんだ、と思いました(笑)。子供向けとは言いつつも、怪獣が食うシーンの残虐性、群集の凶暴性は興味深かったです。監督はとても現代的だなと思いました。プロレスのような怪獣同士のバトルも迫力でした。



透の父さんは、ひょっとして昔のガメラを育てて、あのような形で別れてしまったんでは、それで息子を止めてたんじゃないかと見てて想像しました。本編では語られませんでしたが、そう勝手に思ってます(笑)。あと亀かわいかった。何度かわい〜って声を上げそうになったことか(笑)。
E.T. (kossy)
2006-05-14 12:29:31
>ミカエル様

あの目、ETにそっくりだったと思います。

だから子供たちのバリケードも雰囲気が一緒でしたよね〜

怪獣だって宇宙人だって怖くない。

なんでもかんでも怖がっちゃだめなんですよね。



ガメラの自爆というショッキングな出来事は、かつてのヒーローであったことも考えると、子供には教えたくない事実ですよね。今年は「生きることの大切さ」を訴える映画が多いんですけど、この映画もそのひとつ。子供たちに夢を与える、いい映画だと思います。
なっ、トータス (レッドビッキーズ)
2006-05-16 23:23:28
クリクリおめめはご愛嬌だけど

やっぱりあの独特の旋回音と咆哮が無いと

「あれはガメラじゃないっ」て言いたくなりました。

八王子の大学病院がまんま出てましたけど

どんなタイアップだったのかも気になりました。

リレーは何か夢でお告げがあったとか

チョット入れとけば分かり易かったかも。
トータス (kossy)
2006-05-17 00:29:50
>レッドビッキーズ様

なるほど、そういえば回転シーンが少なかったような。

ガメラも可愛くなったので、目を回すと可哀想だったのかもしれません。動物虐待も問題になってますし・・・

あれって、八王子の病院だったんですか!

あちこちでロケしてたんですね〜



「夢のお告げ」なんてのもいいアイデアです!

納得。
Unknown (Unknown)
2015-04-06 05:33:25
今初めて小さな勇者たち見ました。ゴジラから入りガメラも含め勿論パシフィックリムも愛する特撮大好き人間です。ウィキにも書いてありましたが、とにもかくにもあれは親子愛で
それが自爆を選んだガメラでなく「トトだトトだ」と認めたがらず
そして最後ガメラの本来のある形、守護神になった子に対しての「さよならガメラ」になったんだと思います
リレーもジンワリきましたがこの最後の一言は強烈すぎて号泣でした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

48 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
『小さき勇者たち 〜GAMERA〜』 (アンディの日記 シネマ版)
感動度[:ハート:][:ハート:][:ハート:]        (公式HP) (公式ブログ) (壁紙) 泣き度[:悲しい:][:悲しい:]  癒し度[:おはな:][:おはな:] 満足度[:星:][:星:][:星:][:星:]   【監督】 田崎竜太 【出演】 富岡涼/津田寛治/夏帆/寺島 ...
「小さき勇者たち〜ガメラ〜」みた。 (たいむのひとりごと)
ついに”ガメラ”デビュー!いままで”ガメラ”どころか”ゴジラ”だって観たことないのに(^^;) 予告編での”ガメラ”の急速な成長に爆笑し『あれはもうトトじゃない。ガメラなんだ!』と瀬無さんにお話したら。。。>「ねえ、ガメラは?」>「ガメラ
小さき勇者たち GAMERA その2 (映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシ)
●『小さき勇者たち GAMERA』2006年4月29日公開。公開劇場も増えて良かった良かった。 映画チラシ評価 ■気になる映画チラシの価格帯が知りたい場合はココ 小さき勇者たち GAMERA オリジナルサウンドトラックサントラ 小さき勇者たち~ガメ ...
小さき勇者たち GAMERA (何を書くんだろー)
「小さき勇者たち」 GAMERA 評価 ★★★★☆ (3.5) 『あらすじ』  1973年、ギャオスの群れとの攻防戦の果てに、「自爆」をすることでギャオスを消滅させたガメラ。 その後の日本では、巨大生物も確認されず、政府も巨大生物に対 ...
21世紀ガメラも凄い!「小さき勇者たち〜GAMERA」をプッシュ2 (bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ)
製作時から気になり 先日4月1日にはキャンペーンまで観に行った 昭和・平成に続く21世紀ガメラ 「小さき勇者たち〜ガメラ〜」 懐かしい昭和大映ガメラ みごとな平成金子ガメラの後に 公開される21世紀ガメラ 期待と不安で観ましたが・・・ なんと出来は最 ...
『小さき勇者たち ―GAMERA―』 試写会 (Antique)
試写会に行ってきました。 怪獣映画だからと言って、侮ってはいけません{/atten/} ガメラを守ろうとする子供たちの健気な姿が泣けました。 物語の最後には子供たちが活躍したりと、かなり子供向けに作ってあります。 あ、でもちょっと残酷なシーンもありました ...
小さき勇者たち 〜ガメラ〜 (Akira\'s VOICE)
「平成ガメラ」好きとしては物足りない映画でした。 何もかもが中途半端すぎる・・・
小さき勇者たち 〜GAMERA〜 (2006) 96分 (極私的映画論+α)
 美しい海辺が広がる伊勢志摩。交通事故で母親を亡くしたばかりの少年、相沢透。ある日彼は、海岸で不思議な卵を拾う。やがてその卵から小さなカメが誕生した。透はそのカメを“トト”と名付け、父親に内緒で飼い始める。ところがカメだと思ったその生き物は驚く ...
小さき勇者たち GAMERA (5125年映画の旅)
もう号泣!! 泣きまくり!! こんなに感動できるなんて夢にも思わなかったよ。 素晴しい作品です。今年のベスト5には間違いなく入る傑作でした。 『平成ガメラ三部作』から早7年。満を持して復活した新生ガメラは、平成版とは全く趣が異なる作品に仕上が ...
『 小さき勇者たち 〜GAMERA〜 』 (やっぱり邦画好き…)
 公式サイト 映画 『 小さき勇者たち 〜GAMERA〜 』 [ 試写会鑑賞 ] 2006年:日本   【4月29日ロードショー】 [ 上映劇場 ] 監 督: 田崎竜太 脚 本: 龍居由佳里 [ キャスト ] 富岡涼 夏帆 津田寛治 寺島進 ...
小さき勇者たち GAMERA (八ちゃんの日常空間)
本年度映画鑑賞120本目。内劇場観賞65本。おそらく日本映画史上、最も泣ける怪獣映画。よくここまできっちりと作ってきた。中途半端な平成ゴジラよ、見習え!
『小さき勇者たち GAMERA』 (初鑑賞32本目・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆− (5段階評価で 4) 4月29日(土) 神戸国際松竹スクリーン2にて 16:40の回を鑑賞。
「小さき勇者たち ガメラ」田崎竜太/監督 (スチャラカランナーの日々)
 映画「小さき勇者たち ガメラ」田崎竜太/監督観てきました。昼から仕事をして、夕方から。 今日は封切り日でしたが、観客は約200名の会場で入りは1/4程度だったので50名くらいでしょう。  ストーリーは、少年がある日卵を見つけると孵化して亀が生まれ、 ...
小さき勇者たち-ガメラ-/富岡涼、津田寛治 (カノンな日々)
普段なら劇場で観ることはない怪獣映画。別に嫌いとか苦手ってわけじゃないですよ、日本が誇る特撮SFファンタジー映画だしゴジラもガメラもハリウッドスタークラスのキャラクターですからね。ある意味スーパーアイドル(笑)。今回あえて劇場観賞してみようと思った ...
「小さき勇者たち〜ガメラ〜」感想 (管理人のHITORIGOTO)
という事で今日、「小さき勇者たち〜ガメラ〜」見てまいりました。
「小さき勇者たち GAMERA(ガメラ)」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
「小さき勇者たち GAMERA(ガメラ)」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:富岡涼、夏帆、津田寛治、寺島進、奥貫薫、石丸謙二郎、田口トモロヲ、他 *監督:田崎竜太 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事からのトラックバックをお待ち ...
映画館「小さき勇者たち〜ガメラ〜」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
今回のガメラの幼少期トト、可愛かった〜! 大きくなってからのトトはガメラになったんだけど、やっぱり可愛い♪ これじゃ、ガメラファンには納得できないような、、、私はあまり怪獣モノにこだわりはないのでどっちでもOKよ〜〜! ガメラの元気の元らしい ...
祝!21世紀のガメラシリーズ再開 (再出発日記)
80年代に入り、お金の余裕が出来てからというものは、怪獣映画は残さず観る様にしている。数ある怪獣映画の中で最高傑作は「ガメラ3 邪神(イリス)覚醒」であった。だから今回の作品には多くは期待していなかった。心配だったのは、初期ゴジラシリーズがファミリ ...
必見!小さき勇者たちガメラ 公開中でっせ〜〜!!(笑) (長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ )
※ ガメラリンク集は→http://blog.goo.ne.jp/masashisandesuka/e/33e336c6e99c6854dcad4bfe222dadc7 天保山ガメラトレーラーレポートは→http://blog.goo.ne.jp/masashisandesuka/e/b1469825c77d07a144e7b657d87c6edc yahoo無料公開(現在は終了しています) ...
『小さき勇者たち 〜GAMERA〜』2006・4・30に観ました (映画と秋葉原とネット小遣いと日記)
  公式HPはこちら ●あらすじ 母親を亡くし、父親と海沿いの町で暮らす少年・透。ある日、奇妙に光る卵を見つけた彼は、生まれてきた子亀にトトと名付けて育てた。その頃、近郊の海では漁船の遭難事故?事件が頻発していた。 ●コラム 以前の怖い ...
「小さき勇者たち〜GAMERA〜」(2006・日本) 試写 (MY HIDEOUT〜私の隠れ家〜)
4/29(土)より全国ロードショーです。監督・・・田崎竜太出演・・・富岡涼、夏帆、津田寛治、寺島進、奥貫薫、成田翔吾、石丸謙二郎、田口トモロヲ、他。まず最初に言わせて下さい。伊勢志摩はあんなに田舎じゃないぞ〜。確かに田舎だけど、最近は開発が進んで ...
小さき勇者たち 〜GAMERA〜 (映画をささえに生きる)
金子監督のよるガメラ3部作、「平成ガメラ」と呼称されてきましたが、今後は「金子ガメラ」と呼ぶことになるんでしょうか。その金子作は日本の特撮技術の底力を示す傑作となりましたが、本作はジュブナイル路線に回帰。クリッとした目が印象的なガメラとなってい ...
小さき勇者たち 〜GAMERA〜 (映画をささえに生きる)
金子監督のよるガメラ3部作、「平成ガメラ」と呼称されてきましたが、今後は「金子ガメラ」と呼ぶことになるんでしょうか。その金子作は日本の特撮技術の底力を示す傑作となりましたが、本作はジュブナイル路線に回帰。クリッとした目が印象的なガメラとなってい ...
小さき勇者たち〜GAMERA〜 (まつさんの映画伝道師)
第439回 ★★☆(劇場) (極個人的な懐かしい思い出話になっているので、ご注意あそばせ)  かつて春休み、夏休み、冬休みと学校が長期の休みに入るたびに「東映まんがまつり」や「東宝チャンピオンまつり」という子供向きの映画上映が行われていた ...
小さき勇者たち〜GAMERA〜 (夢見る小悪魔)
少年はガメラのために。ガメラは少年のために。小さき勇者たち〜ガメラ〜◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆『子ぎつねヘレン』上映前の予告編で「トトは子供なのに逃げないで頑張っているんだ!だから僕も逃げない」と ...
試写会「小さき勇者たち/GAMERA」 (こまったちゃん。のきまぐれ感想記)
試写会「小さき勇者たち/GAMERA」開映14:30@ニッショーホール 「小さき勇者たち/GAMERA」 2005年 日本 配給:松竹 監督:田崎竜太 脚本:龍居由佳里 出演:富岡涼、津田寛治、夏帆、寺島進、奥貫薫、石丸謙二郎、田口トモロヲ 上映時間 ...
トム君?ヤン君?ノーノー、トム・ヤン・クン!! (我が名は“♂”!!!)
今日は映画の日だったんで『トム・ヤン・クン』を見てきました。 話の筋はわかるんです。でも内容がわかりにくい!! といってもこの映画はストーリー云々よりも・・・ アクションでしょ!? トニー・ジャー・・・すごいです。 なっていうか ...
小さき勇者たち GAMERA(評価:○) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】田崎竜太 【出演】富岡涼/津田寛治/夏帆/寺島進/奥貫薫 【公開日】2006/4.29 【製作】日本 【ストーリー】 美しい海辺が広がる伊勢志摩。交通事故で母親を亡くし
小さき勇者たち〜ガメラ〜 (Enjoy Life♪)
小学生の相沢透は最近母親を事故で亡くし、 父親の孝介とは以来どこかギクシャクしている。 そんなある日、透は生き物の卵を見つけた。 卵はほどなく孵り、中から出てきたのは 愛らしい子亀だった。透は子亀をトトと名付け、 トトを育てることで悲しさを紛 ...
【映画】小さき勇者たち GAMERA (かりめろ日記)
■観覧場所 ピカデリー(センチュリー豊田)■ ■監督 田粼竜太■ ■脚本 龍居由佳里■ ■CAST 富岡涼 夏帆 津田寛治 寺島進 奥貫薫 石川眞吾 成田翔吾ほか■ ■あらすじ■ ガメラは少年のために。 少年はガメラのために。 美しい海辺が ...
Unknown (ぐうたら大学生の無責任blog)
 今作のガメラは弱い。それはもう、悲しいほどに弱い。  第一、最初に敵怪獣・ジーダスと戦ったときには、身長が8メートルしかない。非常に小さいわけです。対するジーダスは、最
『小さき勇者たち〜ガメラ〜』 (『真・南海大決戦』)
◆TBさせて頂きます◆字が汚いのもいつもの事だけど… にしても、コレは… に、似てねェ… 富岡涼、夏帆両氏の関係者、及びファンの方はモニターの上部を手で覆いながら読んで下さい。やはり三次元の人物は厳しいぜ…いや、二次元だって満足行くもの描けてないと ...
シネマ日記 小さき勇者たち-GAMERA (skywave blog)
「小さき勇者たち」のタイトルどおり、この映画の主人公は、汚れなき子供たち。怪獣ガメラをファンタジー物語に登場させてくれました。 人間を救うため、必死に戦うガメラ。その
【劇場鑑賞47】小さき勇者たち 〜GAMERA〜 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
ガメラ〜♪ ガメラ〜♪ つぉいぞガメラ つぉいぞガメラ つぉいぞガメラ〜♪ ガメラは少年のために。 少年はガメラのために。
小さき勇者たち ガメラ (バカ水溶液)
ハチュ飼いの後藤です。 ゴールデン・ウィーク最終日、同じくハチュ飼いのゆっこさんと観に行って参りました。 早速。 ↓↓ストーリー↓↓ え、要るか?要らなくない?? えー。 母を事故で喪って父子家庭になった少年・透は、 ある日うっかりカメを拾い ...
カメ三昧の一日! (フミセイロのなんちゅうことない日々。)
「小さき勇者たち 〜GAMERA〜」 ヨメが映画の撮影で忙しいので、友人Kさんと久しぶりに映画を見に行きました。 その映画タイトルは…「ガメラ!」 子供の頃は、「強いぞガメラ〜、強いぞガメラ〜」というガメラマーチなる唄もあり、子供の味方というのが特徴。平 ...
小さき勇者たち 〜GAMERA〜 06年100本目 (猫姫じゃ)
小さき勇者たち 〜GAMERA〜 田崎竜太 監督 ありがとう! あたしのG3 に対する昔年のわだかまり、ほぼ解消しました! 京都から志摩まで、ず〜っと戦ってきたんでしょ? その間に、あれだけいっぱいいたギャオスも、残りわずかになったんでしょ? そし ...
三つ子の魂百までも(2006年7本目) (ON THE ROAD)
実は今年のGWに映画を1本観ていたのだけど、 あまりいいと思わなかったので今日までブログには書かないでいた。 しかし観たモノは良い悪い関係なく記録し感想を書くということで やはりアップしておくことにする。 実はオレは子供の頃は大の怪獣好き少年だった。 ...
★小さき勇者たち−GAMERA−@品川プリンスシネマ:5/24 レディースデー (映画とアートで☆ひとやすみひと休み)
ブログをり移転したはいいが、いくら忙しくとも「リニューアルのごあいさつ」以外、新
小さき勇者たち! (パンチ部長の日記帳)
美しい海辺が広がる伊勢志摩地方。小学生の相沢透は、浜辺で小さな卵を見つけ、そこから生まれた亀を育て始めることに。しかし、その亀は急に宙に浮いたり炎を吐いたり・・・もしかしたら、その亀は33年前にギャオスの驚異から人類を救ったガメラなのではないか? ...
「小さき勇者たち〜ガメラ〜」 (大吉。)
<水曜日> 「小学生の相沢透は最近母親を事故で亡くし、父親の孝介とは以来どこかギクシャクしている。そんなある日、透は生き物の卵を見つけた。卵はほどなく孵り、中から出てきたのは愛らしい子亀だった。透は子亀をトトと名付け、トトを育てることで悲しさを ...
ガメラ 小さき勇者たち (オイラの妄想感想日記)
怪獣映画というより、良質なシュブナイル映画 出来が心配だったけど意外とやるじゃん竜太(笑) 妄想感想いきます。
小さき勇者たち〜ガメラ〜 (いつか深夜特急に乗って)
「小さき勇者たち〜ガメラ〜」★★★ (名劇1)2006年日本
映画「小さき勇者たち 〜GAMERA〜」 (しょうちゃんの映画ブログ)
DVDで観ました。「劇場版 仮面ライダー龍騎 EPISODE FINAL(エピソード ファイナル)」の田崎竜太監督作品。人気怪獣キャラクター“ガメラ”を新たな視点から描いた冒険ファンタジー。ひょんなことから生まれたばかりのガメラを育てることになった少年とガメラと ...
小さき勇者たち ~GAMERA~ (Subterranean サブタレイニアン)
監督 田崎竜太 主演 富岡涼 2006年 日本映画 96分 特撮 採点★★★ 「こんな怪獣映画が観たかった!!」と唸らせた平成ガメラシリーズ。“怪獣はおっきくて怖い”という基本を思い起こさせた怪獣表現の素晴らしさのみならず、現実に怪獣が現われた場合の国家の動き ...
小さき勇者たち 〜ガメラ〜 (ケントのたそがれ劇場)
★★★  ガメラを育てるという発想は二重丸だろう。また田舎の小さな町を舞台に設定したことも良かった。田舎道に突如として出現した怪獣ジーダスも迫力があり、出現のしかたがウルトラQの『古代怪獣ゴメス』のようで懐かしかった。 小さき勇者たち~ガメラ~ スペ ...
映画『小さき勇者たち〜ガメラ〜』(田崎竜太監督)★★★ (AI-z「出田直正(nao)の一日。」)
>映画『小さき勇者たち〜ガメラ〜』(田崎竜太監督)★★★ やっぱり見せ場は、ガメラのでかい顔がビルにのめり込むところでしょう。 そこかΣ( ̄□ ̄;) いえいえ、最後の光る甲羅のバトンです。 子供たちが走りますよ。 何も ...
映画評「小さき勇者たち〜ガメラ〜」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2006年日本映画 監督・田崎竜太 ネタバレあり