ネタバレ映画館

帰って寝るだけのタクシードライバーになりました(汗)

トゥモロー・ワールド

2006-11-18 21:10:48 | 映画2006
 子供が生まれなくなった原因はなんだったんだろう?インフルエンザが猛威をふるったという話もちらりと登場したが、具体的には語られていない。少子化問題もここまでくれば国の政策も何の役にもたたないのかもしれないが、高齢化社会の施策として自殺剤や坑うつ剤の無料配布なんてのもシビアなエピソードだった。

 『日本以外全部沈没』が公開された年にこうした映画が公開されるのも何かの因果なのだろうか、今作ではイギリス以外が全部崩壊してしまっている。思えば『Vフォー・ヴェンデッタ』でもアメリカは“アメリカガス臭国”になっていたし、自国だけが生き残った場合のシミュレーションは島国ならではの得意な発想なのかもしれません。もちろん生き残ったからといって、独善的になるのではなく、他国からの移民・難民を排除するというファシズムを描きだして英国自身を風刺している。

 クライマックスの戦闘場面での緊迫感溢れる長回しシーンでは戦争の悲惨さが伝わってくる。主人公のクライブ・オーウェンを中心に撮ったハンディカメラが戦場の臨場感を醸し出し、居住区の移民たちの悲痛さと地下組織“フィッシュ”の怒号、そして軍の発砲によりあたかもその場にいるかのように感じさせる。これは戦争映画だったのかもしれない・・・とまで感じてしまいます。その撮影技術と俳優の演技に加え、赤ん坊の特撮が素晴らしかった。もしかして本当に生んだんじゃないかと思えるほどでした。

 その長回しの直後。「赤ん坊に流れ弾が当たらないように」と祈るような思いで見てしまったのですが、民衆も兵士も赤ん坊を抱えるキーの姿を見た瞬間、まるで神を崇めるように神妙になり、戦いを止めてしまう。このシーンには震えてしまうくらいに感動的。未来が見えた瞬間とも言えるのではないでしょうか。平和のために必要なのは子供だったという内容でしたが、現代では何が必要なのか?それを問うための重要なメタファーだったのかもしれません。

 エンドクレジットで確認するまでマイケル・ケインが出ていたとは気づかなかったのですが、渋いじいちゃんのジャスパーだったのですね。「指をひっぱってくれ」という台詞で思わず笑ってしまったのですが、次の瞬間笑ったことを反省してしまいました。それにしてもディープ・パープルの「ハッシュ」を流すなんてのは誰のセンスなんでしょう。その後のキング・クリムゾンにも驚いてしまいました。

★★★★・
予告編で流れるバロック風ストーンズの「ギミー・シェルター」は聴けません・・・
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (51)   トラックバック (94)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 椿山課長の七日間 | トップ | 西瓜 »
最近の画像もっと見る

51 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
赤ん坊 (ぷちてん)
2006-11-18 22:01:31
赤ちゃんのあのシーンは、胸に迫るものがありましたねえ。
あのまま終わらず、急に現実に引き戻されるのがさらになんともいえませんでした。

ラストは、もしかして騙されていたらどうしようと思っちゃいましたよ。
あのヒューマン・プロジェクトって謎ですもんね。

そうそう、流れる曲も良かったですねえ~。
キング・クリムゾンは、なんとうまい場面で使うのでしょうか^^)

未来なのに未来じゃないようなリアルさがありましたね。

キング・クリムゾン (えい)
2006-11-18 22:47:32
流れたのは『クリムゾン・キングの宮殿』でしたっけ。
昔から、なぜ曲名ではファーストネームがひっくり返るのか、
不思議でなりませんでした。
予告編で受けたイメージとは・・・ (しんちゃん)
2006-11-18 23:32:28
 まったくと言って違った映画でした。
骨太ずっしり、しかもポップな映像・・・

 こんなにいいとは思わなかったなぁ(^^;

今年を代表する一本だと思いました。
おいらも (八ちゃん)
2006-11-19 00:08:35
ちらしに書いてあったにも関わらず、「マイケル・ケイン」のクレジットまで気づきませんでした。
ああ、あのラスト近くで殺されちゃうジャスパーさんでしたかぁ~~。汗
トモロヲw (そーれ)
2006-11-19 02:07:45
誰か貼るかなぁと思っていたら、普段画像使わないkossyさんが使うとは(笑)
ふきだしました
音楽は… (あかん隊)
2006-11-19 02:08:56
こんばんは。この映画は、未見です。明日、行けるかな?
音楽は、イギリスのジョン・タヴナー。ダイアナ妃追悼の曲も作曲した有名な音楽家だそうです。ロシア正教会に入信していたようですが、最近イスラム教徒になったとか…。映画も観る予定ですが、このサントラ盤も予約済みです。予告編で流れていた、たぶんストーンズの曲…の曲名がどうしても思い出せず、オリジナルで製作されたというこの映画用の組曲をじっくり聴いてみることにしました。kossyさんの記事を読んで、サントラ購入が正解だったと喜んでマス。(^^;)
クリムゾンキングの宮殿 (kazupon)
2006-11-19 08:54:21
kossyさん、ものすごく興奮した映画でした。
特に3度くらいある大掛かりな逃走シーンは
どれも実際に一緒に逃げているような緊迫感の
連続で・・。
1時間40分超えの映画なのに、結構長く感じたのは
つまらかったんじゃなくて、緊張が続きすぎた
ような気がしてます。
音楽もツボだらけでした。クリムゾンとか、
70年代ロックが終末観を感じさせる映画って
すごいなぁと思います。
クリムゾン (kossy)
2006-11-19 18:05:58
>ぷちてん様
赤ちゃんはビックリですよ~
本当の赤ん坊?などと思いましたけど、さすがに幼子に戦闘シーンは無理だろうと、ちょっと安心しました。
安息は束の間でした。
そのほうがリアルで、訴えてくるものがありますよね。
あの宮殿も見事。曲がぴったりとはまってました♪

>えい様
俺も曲名がちょっとわからなかったのですが、多分クリムゾン・キングの宮殿なんでしょうね。シドとかいう奴が「キングだ!」と言ってたのも引っ掛けてあったのかな~

>しんちゃん様
予想というか、大味なハリウッドSFだろうと期待もしてませんでした。
あれほどまで激しい戦闘シーンなんて、誰も予想できませんよね・・・SFというよりも戦争映画でした。

>八ちゃん様
よかったぁ~俺だけじゃなくて・・・
どこかで見たことあるな~とは思ってたのですが、まさかマイケル・ケインだとは(汗)

>そ~れ様
すみません・・・やっちゃいました。
最初は似顔絵を描くつもりだったのに、全く似ていなかったのでボツにしてしまったのです(汗)

>あかん隊様
どうなんでしょう?
ディープ・パープルやキング・クリムゾンがサントラに入るってことはあるのかなぁ~
全体的に音楽は良かったのですけど、上記2バンドのインパクトが強すぎたので、よく覚えてなかったり・・・

イスラム教徒になったお方でしたか!
イラク攻撃反対!というメッセージもあったのもそのせいかもしれませんね。それにしても2027年になってもまだイラク攻撃が続いてたんだ・・・

>kazupon様
逃走シーンも長回ししてましたからね~~
お気に入りだったのは、よくあるスイッチ配線をグチャグチャやってエンジンかけるんじゃなくて、押しがけするというリアルなかけかただったこと!
学生時代、バッテリーが買えなくて何度もやっちゃいました。それとダイレクトにケーブル繋いで・・・とか(汗)

あらためて、短かったんだと・・・
それだけ緊張感が持続したためでしたか~休む暇もあまりありませんでしたよね。
Unknown (ノラネコ)
2006-11-19 22:38:20
トモロヲ・ワールド・・・(爆
超大作なのに何かアングラ臭くて、似合いますな。
音楽を含めて微妙に70年代なテイストも中々面白かったです。

始まりの部分は・・・ (kisen)
2006-11-19 23:02:28
なんだかかったるく感じ、「え~これって、これだけの俳優が出てるのにB級映画?」と思ってしまいました。

kossyさん、こんばんは。

ところが、どんどん話が加速して、一瞬気を抜いていた私は置いていかれそうになりました。

それにしても、マイケル・ケインって本当に芸達者ですね。初めてジャスパーを見たときは「似てるけど、まさかね」と思いました。

ピーター・ミュランも久しぶり。

一番感動したのは、やっぱり赤ちゃんを見て、誰もが思わず祈っていたシーン。「そうだよね、そうだよね」と思ってしまいました。私があの場所にいても、きっと同じことをしたと思います。

やはり、子供は人類の宝、かけがえのないものなんだなぁ、と今更ながらに思ってしまいました。
マリカさん (メビウス)
2006-11-20 00:02:09
kossyさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

女性がどうして生殖機能を失ってしまったのかや、キーの夫は誰なのかとか、細かい疑問も残っていましたけど、なんかあの長回し映像に圧倒されっぱなしでそんな疑問が些細なものに感じられちゃいました。
でも個人的には最後の収容所の爆撃で、あの優しいマリカさんは生き残ったかな~?と別な事が気になってしまったり・・・(^▽^;)


※それとトモロヲ・ワールドは出来ればデタラメ映画館で見たかったですね☆(笑
トモロヲ (kossy)
2006-11-20 08:56:45
>ノラネコ様
70年代サウンドはなぜか惹かれます。
最近の映画の監督が自分の年代と似てきているからかもしれません(汗)
制作費は凄い額でしたが、そのせいでジュリアンムーアをあんな役にしてしまったり・・・

>kisen様
B級テイストは感じられましたが、作り方はすごかった。長回し効果で緊張感も持続しましたし、リアリティがありましたよね。そのため油断しちゃいけないスピーディさも・・・

18年間子供が生まれなかった事実が徐々に膨らんできて、赤ん坊を殺しちゃだめだ~~と祈るような気持ちで見てしまいました。
子供はやっぱり人類の宝なんですね。

>メビウス様
謎はいっぱいあるのですが、終わってみるとさほど重要じゃありませんでしたよね。要はこれからどうすればいいのか?であって、原因を追求するのは科学者たちにまかせておきましょう。

マリカさんはロシア系でしたっけ。言葉が通じる人が少なかったようなので、生き残ったとしても孤独な人生を歩むことになるのかも・・・
Unknown (やっしゃん)
2006-11-20 13:23:34
久しぶりに映画館へ行こうと思った映画ですが、まずこちらの批評を見てから‥とお邪魔しました。
やっぱり見に行くことにします♪
いつも参考にさせていただいていす。
とても助かっています。
忙しい中時間を作って行くので「ガッカリ!」の内容だと本当に損した気分なものですから。
Unknown (とりこぷてら)
2006-11-20 17:11:41
なんかもう理由もなく圧倒されてしまいました。

>他国からの移民・難民を排除するというファシズムを描きだして英国自身を風刺している

監督も島国であるからこの映画は成立するんだ、みたいなこと仰ってましたね。

TBさせていただきました。
傑作 (kossy)
2006-11-20 19:41:55
>やっしゃん様
いつもありがとうございます。
この映画、ほんとに素晴らしいです。
SF戦争映画だと思って観たほうが良さそうなのですが、長回しシーンや音楽も楽しんでくださいませ。

>とりこぷてら様
理由もなく・・・そうなんですよね。
反政府グループの主張も単純じゃなさそうだし、ジュリアン・ムーアの意見だってもっと知りたかったのに・・・
次々とおとずれるピンチがそんな謎を一切忘れさせてくれました!
あとからじわじわとやってきて、考えさせる説得力みたいなものもありますよね~
Unknown (あっしゅ)
2006-11-20 20:57:29
ボクもこの映画観ましたよぉ~。
っていうか期待はずれ、、、。クライヴ・オーウェンっていい男なのに最近はずれの映画が多いと思っているのはボクだけでしょうか?
そんなダサダサ映画でも泣いちゃいそうなシーンがあったんです、、、。
建物の中で赤ちゃんが急に泣き出したとき、人々が神を見るかのようにすがってきた時、やっぱり子供ってのは大人たちの生きるための希望!なんだなぁって思った瞬間泣きそうになりましたけど、、、。でもそれだけの映画でした。
なかなか (kossy)
2006-11-21 00:10:17
>あっしゅ様
謎を解明すべくリピートまでしちゃいました(汗)
ストーリー的にはそうたいしたことないのですが、
やっぱり長回しや特撮映像が凄かったです。
俺も最終的に評価をあげたのはあっしゅ様も泣きそうになったシーンでしたけど、最初にゲリラに襲撃されるシーンは二度観ても凄いと感じました。

草履を履いていたオーウェンに何気なく運動靴を差し出した人が良かったです・・・
トモロヲな世界・・・ (悠雅)
2006-11-22 11:10:46
こんにちは。最初の画像で、来るところを間違えたのかと(笑)

ハリウッド大作?な宣伝に、せっかくのお気に入り俳優たちの出演作を見過ごしかけました。
でも、観てやっぱり正解。
赤ちゃんが生れない原因も(作中でさらりと触れてますが)、組織の信条や信頼度も、物語のその後も、
如何様にも取れる内容というところが、
余韻を残し、あれこれ考える材料をくれた気がします。
わたしはマイケル・ケイン、1発でわかりました(って、自慢するところじゃないですね)

出産シーンはリアルでしたね。
ただ、微妙~に赤ちゃんの動きが不自然だったので、
「ああ、本物じゃなくてよかった」と、変なところで安心しました。
トモロヲさん (kossy)
2006-11-22 17:49:53
>悠雅様
すみません。田口トモロヲが好きなんです(汗)

日本での宣伝はかなり露出度が高いですもんね~CMを多くしてハリウッド大作ぽいイメージを作ってしまったので、敬遠する人が増えるかもしれませんね・・・困ったものです。
登場人物のバックボーンも謎めいていて、結局はそんなことは重要じゃないと思わせるほど緊迫感いっぱいでした。
どちらかというと社会派SFのような気もしますが、アメリカでの評価がすごく楽しみ。
マイケル・ケインが出るなんてことも知らなかったし、ジュリアン・ムーアさえ知りませんでした・・・何にも期待してないとこうなっちゃいます(汗)

赤ちゃんのシーン。俺もホッとしましたよ~そんなやばいシーンがあるのなら拡大公開されませんよね・・・
予告のネタバレ (更紗)
2006-11-22 20:10:24
ネタバレしすぎの予告には困ったもんです。
予告でいいシーン全部見てたじゃん。
なんてこともよくありますよね。
でも、今回のはネタバレだけど、違う映画のようで、ほんと敬遠する人増えそうですよね。
こんばんは♪ (ゆかりん)
2006-11-23 12:21:37
トモロヲ・ワールドに爆笑してしまった私です!

よく知ってる曲が流れたのに思い出せずこちらに来てスッキリしました。ありがとうございます。
そうそうディープ・パープル、キング・クリムゾン~違う意味で興奮してしまいました。
ネタバレ (kossy)
2006-11-23 14:11:48
>更紗さま
今回のネタバレ予告は悪い方向のネタバレでしたね(笑)
どうせこんな結末だろうとハリウッドSF大作を予想させるような・・・
意外な展開になるとか、長回しシーンが凄いとか、そんな予告があればいいのになぁ~

>ゆかりん様
ありがとうございます。
これらのブリティッシュロックはサントラ盤にも入っているようなので、ちょっと欲しくなってしまいますね~
ハッシュは最近CMでもかかってるので珍しくないのですが、キング・クリムゾンなんて滅多に映画に出てきませんからね~♪
田口トモロヲ・・・ (なぎさ)
2006-11-23 14:55:07
kossyさん こんにちは(=^▽^=)ノ゛
トモロヲ・ワールドで爆笑してしまいましたヾ(^▽)ゞ
イギリスだけが生き残ってるってことで、私も『日本以外全部沈没』が頭に浮かびました!

あの赤ちゃんにはほんとに驚かされました!!!
そうきたか! (にゃんこ)
2006-11-23 23:17:53
冒頭の画像に受けました(爆)
予告だけだと、ほんっとそそられない感じだったんですけど
観た後は・・・かなりの充足感とともに
微妙な現実的な痛みも感じました。。。
トモロヲ・ワールド (kossy)
2006-11-24 00:48:10
>なぎさ様
爆笑ありがとうございます。
これが田口トモロヲだと書かなくても、多くの人が笑ってくださるとは嬉しいことです。
「日本以外全部沈没」で描こうとしていたてーまと似たようなものがありましたよね~日本もイギリスも似てるのかもしれません。

>にゃんこ様
興行成績も心配になるほどの予告編ですもんね。
せめてナレーションで社会派要素を訴える工夫があればよかったかなぁ。
俺もかなり満足しました。
マイケル放屁ケイン (にら)
2006-11-24 13:46:04
一瞬、誰とはわかりませんでした。
でも、すぐにメガネの奥の目元で確信しましたが、もしや?と思ったのは歯並びでした(笑)。

原作だと、ケインの役に相当する人物は、政府支給のアレで自殺しちゃうんです。
だから、オーウェンが助けを求めにケイン宅を訪れたとき、てっきり死んでると思った箇所は原作を読んだ人にとっては爆笑シーンのはずですが、劇場は静まりかえってたので、自分も含めて原作を読んだ人はいなかったようです。

てなわけで、歯並びフェチですが、TBさせていただきます。
爆笑! (とんちゃん)
2006-11-24 17:55:41
朝は、TBするので一杯一杯でしたが、
大受けです!
トモロヲ・ワールドかぁ~~流石kossyさん!
ギャグがさえまくってますね

>子供が生まれなくなった原因はなんだったんだろう?
実際、どれもこれも説明不足ですよね・・・^^
だけど、この作品は明確にどうのこうの、ではなく
世界の終わりはこんな感じで(まだ数十年は続く計算になるけど・・・)そこに一筋の光(←だからって女の子だけど妊娠するとも限らないし、長生きかどうかも謎)が見えた、
そう言いたかったのでしょうかね^^
放屁 (kossy)
2006-11-24 22:37:18
>にら様
放屁と入力しようとしたら「包皮」となったので、一瞬ビク~リしましたが、あまり意味がありません・・・
歯並びでチェックできるなんてさすがです。
ちなみに俺は沢尻エリカちゃんの犬歯が好きです。

自殺薬にはそんな意図があったんですかぁ~
もしかすると映画のほうがいいのかもしれませんね。

>とんちゃん様
意外と笑ってくれる人が多くて、びっくりしています。
実はこの映画の予告編を見たときから、これで書き始めようと心に決めていました(笑)

説明不足の部分が多い映画でしたけど、あまりガチガチにしてしまうとリアリティもなくなりますし、未来はもっと複雑そうですもんね~
とにかく老人がいっぱい生き残るよりは赤ん坊がいっぱい生まれたほうが希望や可能性が残されますもん♪
妊婦は大切に~ (aiai)
2006-11-24 23:28:26
一番の感涙シーン、私にはあそこにいた全ての人が一瞬、母性を体感したように思えました。

ちなみにこの映画は彼氏と二人で観たのですが、鑑賞後、夜道を歩く時、いつにもまして私を気遣ってくれましたよ。いや、妊娠してないんですけど・・・って感じでした(笑)
妊婦を大事にする気持ちは持ちつづけてほしいですけれど♪
妊婦 (kossy)
2006-11-26 08:52:13
>aiai様
感涙シーンはみなさん同じですね~
母体を大切にしなければならない。
当たり前のことなんですけど、感動的。
18年間誰も妊婦を見たことがないせいで、不思議なものを見るような目でしたけど、本能でわかっているんでしょうね。
誰か教えてください (mikitea)
2006-11-27 10:04:28
最後に赤ちゃんを迎えにきた船はいったい何者なのでしょう?どこの国の、どこの方々なのでしょう?
船が現れるちょい前に確か戦闘機が飛んでいました。なぜ船は爆撃されないのでしょうか?

意味が理解できず気持ち悪いです。。。
トゥモロー号 (kossy)
2006-11-27 10:54:19
>mikitea様
船はヒューマン・プロジェクトの船トゥモロー号。どこの国の人かはわかりませんが、ある島を活動拠点においた、多分国を越えたボランティア団体です。
戦闘機に攻撃されなかったのは単なる偶然だと思いますが、霧の深い日を選んでの航行だと思うので、ある程度計算されたものだったのではないでしょうか・・・
トゥモロー号 (mikitea)
2006-11-27 15:43:23
kossy様

ご説明ありがとうございます。
追加で質問なのですが、トゥモロー号に乗れるのは、赤ちゃんとその家族だけなのでしょうか?
フィッシュのヘッドが赤ちゃんを奪おうとしたのは、トゥモロー号に乗りたかったから?もし、赤ちゃんを奪うことができたら、フィッシュの活動家みんなが乗れるのでしょうか?

フィッシュ (kossy)
2006-11-27 18:07:17
>mikitea様
フィッシュの目的自体が曖昧だったので的外れな意見になるかもしれませんが、フィッシュのリーダーだけはヒューマン・プロジェクトと連絡を取ることができると言ってたので、各地の地下組織のリーダーだけは自由に乗ることができるのかもしれません。逆にリーダー以外のメンバーは連絡の取りようがないので、赤ん坊のような手土産がないと乗れないと思います。
推測になるけど、政府の重要データとかを盗んだりしても乗れるような気もするし・・・
kossyさん☆ (mig)
2006-11-28 02:31:32
やだぁ~!(笑

トモロヲの世界
顔写真、笑えます~

マイケルケインの変身っぷりと、
ジュリアンムーアにびっくり☆
作品としては、、、、娯楽作と思って観るとダメになっちゃうけど映像は確かに素晴らしかった。
うーん、でも長く感じてしまいました
ワールドですなぁ (kossy)
2006-11-28 17:42:55
>mig様
ありがとうござます。
こんな世界があったらどんなに楽しいだろうかとアレコレ考えてみました・・・

マイケル・ケインとジュリアン・ムーア。この2人だけで出演料がかなり予算を圧迫してますね。しかもなんともいえない役でした・。
娯楽映画なんだろうけど、実は違うぞ!みたいな作戦だったのかもしれませんね。
a child of a mother (apple)
2006-11-29 02:07:14
クライブ・オーウェンのアンチヒーローぶりが、なんとも面白せつなかったです。
ハリソン・フォードみたいにカッコイイわけでもなく、腕っぷしが強いわけでもなく、なんとなーく生きていて、わけがわからないまま、あれよあれよの状況に巻き込まれていくセオ。武器も持たず、ひたすら逃げる彼に、いつしか、一体化して見ていました。(押しがけしたボロ車で逃げるヒーローって、一体・・・)
悲惨な状況でもどこかひょうひょうとしているのは、寂寥感漂う風景描写とともに、「天国の口、終りの楽園」と似た感じに思えました。

キーが生んだ子供をめぐって、男たちは争奪戦を繰り広げる。しかし、この子はキーの子であって、政府のものでも、フィッシュのものでも、ヒューマン・プロジェクトのものでもない。(セオもそういってましたね。)普通に、赤ちゃんがそのお母さんのものだと言える世界が、平和な世界だと痛感しました。

それにしても、臨場感あふれる襲撃シーンや車での移動シーン、ラストの銃撃シーンは、近未来ということを忘れさせ、テロや内戦を思わせるリアルさで、観る者を圧倒します。
二回目 (kazupon)
2006-11-30 16:35:35
kossyさん、どうしても撮影とか再度見たく
なってまた観にいってしまいました(笑)
なので再度TB送らせていただきます。
いや~観ればみるほど良く出来た映画だなぁと
ジャスパーのコウノトリの話とか、
あのファシストの豚とか、あんな状況で
バカなジョーク言うおっさんが多いのは
リアルだなぁと思います。(笑)
ヒーロー (kossy)
2006-11-30 18:30:30
>apple様
押しがけヒーローなんてのも有り得ないところですよね。俺も昔はよくやりましたけど、カッコ悪さは言葉では言い表せないくらい恥ずかしさが伴いました。
「寂寥感漂う風景描写」って、いい言葉ですね~まさしくそんな雰囲気でした。これで思い出したのが「28日後...」でした。
赤ちゃんは母親のものなのに、世界の希望でもある。などといった人々の考えも伝わってきますよね~
やっぱ撮影技術が一番印象にに残るところでしたけど・・

>kazupon様
年に何本かはリピートしたくなる映画ってあるもんですよね。なぜだか満点の映画ではないところがミソでもあります。
コウノトリのジョークって笑えないのに記憶に残りますよね。飲み屋なんかでネタに使われそうです・・・
ストーンズの「Gimmy Shelter」でスタ。 (あかん隊)
2006-12-01 00:57:27
予告編でかかっていた曲が、どうにも思い出せなくて、とうとうストーンズのベストアルバムを購入して確認しました。あー、すっきりした。(爆)
ゲルニカのでかい絵画や窓から見えた空に浮かぶ豚(これもピンク・フロイドの「アニマルズ」ジャケット写真を意識してたと思います。豚は、資本家・政治家なんだそうで)、そう思うとこれまたえらく凝った作りになっていたんだなぁ…と今更ながら、感心しちゃいます。イギリスって「暗い」なぁ、とつくづく感じてしまいましたっけ。TBとコメント、ありがとうございました!
ストーンズ (kossy)
2006-12-01 10:51:24
>あかん隊さま
ストーンズのアルバムまでお買いになるなんて、すごすぎますよ~~その前にこのブログ記事を読めばわかったのに。
エンドクレジットにも書いてあったし、ピカソの絵は本物か?なんて思ったのですが、どうなんでしょうね。
豚はワンポイントだったけど、色々考えますよね。もちろんピンク・フロイドを思い出してしまいましたけど、そうですか・・・資本家、政治家を表現してたのかぁ・・・
評価はいまいち (映画大好き♪)
2006-12-02 21:37:43
評価 (kossy)
2006-12-02 22:24:23
>映画大好き♪様
何度も5点に変更しようとしたんだけど・・・う~む。
行きたい (aq99)
2006-12-06 21:37:47
働いてる人全員がトモロヲのトモロヲ・ワールド、「神の左手~」の黒トモロヲじゃない方のトモロヲでお願いします。
パーク内のBGMは全部「ばちかぶり」。
小林ひとみと絡んだ裏モノアトラクションがあれば、なにがなんでも行きます。
神の左手 (kossy)
2006-12-07 01:11:17
>aq99様
ネタを奪い取ってしまった形になり、申し訳ございません。
小林ひとみと絡んだこともあったのですかぁ・・・いや、しかし、小林ひとみの裏なんて・・・レアもののはず。あったとしても霧につつまれてよく見えないんです。って、知らないんですけどね・・・
遅ればせながらみてきました (rukkia)
2006-12-15 11:45:54
みなさんのレビューとかコメントみて見る気になっていってまいりました。
おかげさまで、マイケル・ケインのエアギターが見れました♪
エアギター (kossy)
2006-12-15 19:44:57
>rukkia様
細かなところに注目なさるとはさすがrukkia様!
色んな注目箇所がありましたけど、長回しが実は創られたものだったとショックを受けております。
長回しに驚愕! (タイプ・あ~る)
2006-12-17 12:58:49
『ひたすら映画を観まくる日記』のタイプ・あ~るです。コメント&TB、ありがとうございました(なんか、URLもTBもライブドアのものははじかれてるみたいです、トホホ)。

僕にとってこの映画は、まず”長回し”に驚き、次に”実はワンカット撮影じゃなかった”という事実を知って更に驚愕、という「一粒で二度ビックリ」(?)な作品でした。

また、何も無い場所にCGで建物を作ったり、セオと従兄弟(大臣)が食事をするシーンの背景が全部CGだったり等、あらゆる場面において監督のこだわりが炸裂している点も驚きですね。こりゃもう、DVDが出たら買うしかない(笑)
二度驚愕 (kossy)
2006-12-17 18:06:09
>タイプ・あ~る様
どうもありがとうございました。
ほんとに「一粒で二度ビックリ」でしたね~(笑)
今はもうメイキング映像が見たくてしょうがありません。本編は二度見ちゃったし(汗)
DVDではどこまで秘密を明かしてくれるんでしょうかね~ずっと秘密だったら困るけど・・・
ガツーンと来ました (アガサ)
2007-03-25 22:48:00
kossyさん、こんばんは。

私は70年代の洋楽に全く精通していないものですから、皆さんのレビューを読んで初めて「へぇー」と唸る部分が多かったです。
ピンクフロイドのジャケットのネタなんて、元ネタを知らなかったら「なんじゃそら」ですよね。
監督はよっぽどの音楽好きなんでしょうか。

映画の内容が、アホな近未来モノだと思ってかかったら、とんでもなく真面目なストーリーで、大きな大きな宿題を突きつけられたような気持ちでいっぱいです・・。

ピンクフロイド (kossy)
2007-03-26 21:26:29
>アガサ様
ピンクフロイドのジャケット、「pig」という曲。
音楽ネタにも溢れていましたが、全部ブリティッシュロックなんですね♪
いやはや、少子高齢化の映画かと思えば、不思議なSFだったし、撮影技術も凄かった・・・です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

94 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
複雑な気持ちで観た「父親たちの星条旗」 (つねさんの人生奮闘記)
昨日の金曜日は、珍しく6時台に職場を出なければいけなかったので、その足で、10
トゥモロー・ワールド (ぷち てんてん)
今日から公開された「トゥモロー・ワールド」見てきました。ついでに「ソウ3」も見てきたんですが^^;)「プラダを着た悪魔」も見たかったんですが、さすがに時間が取れませんでした。この「トゥモロー・ワールド」は面白かったです。お薦めしちゃうな。☆トゥモ ...
トゥモロー・ワールド(2006年) (勝手に映画評)
タイトル トゥモロー・ワールド ---感想--- 人類が生殖能力を失ってから18年経った世界。舞台はイギリスです。 いまの”テロとの戦い”をそのまま推し進めていくと、こうなってしまうのか?と思わず思ってしまいます。テロはまだ続いており、世界は平和になるど ...
『トゥモロー・ワールド』 (ラムの大通り)
----これってアルフォンソ・キュアロンの新作だよね。 彼のフィルモグラフィって、どこか変わってるよね 「うん。今度は近未来SFだしね。 しかも赤ちゃんが生まれなくなって ついに人類に明日への希望がなくなった世界」 ---でも、そういうのって安っぽくなりそう ...
トゥモロー・ワールド CHILDREN OF MEN (いいかげん社長の日記)
今日は、「UCとしまえん 」のポイントを使って映画を観ようと思ったので、レイトショーではなくて、10時からの上映「トゥモロー・ワールド 」を選択。 予告編なんかで見てて、結構期待していた映画です。 今日が初日ということもあって、混んでるかな ...
トゥモロー・ワールド (2006) CHILDREN OF MEN 109分 (極私的映画論+α)
 101匹もいませんが(笑)・・・それでもほとんどのシーンでたくさんの犬が出てきます。日本では「多産・安産」の象徴でもある犬ですが、イギリスもそうなのでしょうか?(笑)  珍しいことに、イギリスでは9月から公開されていますが、アメリはではアカデミー ...
トゥモロー・ワールド (八ちゃんの日常空間)
9月上旬以来の大作とあって非常に楽しみにしていたのだが…。 あれ、何これ? 思っていたのとはちと違った。 いい意味で裏切られたよ。
トゥモロー・ワールド (メディアショップ駿河屋 なぜベス!)
わてが丁稚の定吉だす。 11月18日公開の「トゥモロー・ワールド」を見て来ました。 まぁすごい迫力でした。戦争映画は好きな方ですし、割りと見てるほうだと自負していますが、こんなリアリティを感じたことはありませんでした。 映画を見ていると場面転換があるた ...
トゥモロー・ワールド (It's a Wonderful Life)
久々に度肝を抜かれる映画を観た気がします。 終末観が漂う映像からみなぎる緊迫感やエネルギーがすごい。 原題の"Children of a men"(「人類の子供たち」)という 原作小説の「18年間子供が生まれない2027年」の世界を モチーフに、かなり監督ア ...
トゥモロー・ワールド (そーれりぽーと)
落選後、『インサイド・マン』では銀行強盗に身をやつしてしまった元ジェームズ・ボンド候補のクライヴ・オーウェン。 そろそろその『007』の最新作が公開という事でぶつけてきたのか気になったので『トゥモロー・ワールド』を観てきました。 ちなみに英語の公式サ ...
劇場鑑賞「トゥモロー・ワールド」 (日々“是”精進!)
「トゥモロー・ワールド」を鑑賞してきました英国推理作家協会賞に輝くP.D.ジェイムズのベストセラー小説b>「人類の子供たち」を、「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のアルフォンソ・キュアロン監督が映像化したSFアクション。製作費120億円を投じて ...
映画「トゥモロー・ワールド」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2006年65本目の劇場鑑賞です。公開当日観ました。「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のアルフォンソ・キュアロン監督作品。女流ミステリ作家P・D・ジェイムズの『人類の子供たち』を映画化した近未来SFサスペンス。子供が誕生しなくなった近未来の地球を舞台 ...
「トゥモロー・ワールド」 (ナナシ的エンタメすたいるNet)
日劇1で昨日公開した「トゥモロー・ワールド」を観てきました。 イギリスのP.D.ジェイムズの原作 「The Children of Men(人類の子供たち)」を元に、 人類に子どもが生まれなくなってしまった西暦2027年を舞台にした アクション・エンターテインメント映画。 ...
トゥモロー・ワールド (Diarydiary!)
《トゥモロー・ワールド》 2006年 アメリカ/イギリス映画 - 原題 -CH
映画~トゥモロー・ワールド (きららのきらきら生活)
 「トゥモロー・ワールド」公式サイト近未来SFアクション映画?普段まったく興味のないジャンルの映画だけど、なんとなくキャッチコピーとクライヴ・オーウェンに惹かれて観て来ました☆西暦2027年、人類は18年間の長期に渡って子どもが生まれない未曾有の異常 ...
トゥモロー・ワールド・・・・・評価額1550円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
メキシコの鬼才、アルフォンソ・キュアロンによる近未来SF大作。 「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」では少々勝手が違ったのか、食い足りない印象が残ったが、こちらは中々の仕上がりだ。 子供が誕生しなくなり、人類が絶
「トゥモロー・ワールド」観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「トゥモロー・ワールド」 監督:アルフォンソ・キュアロン 出演:クライヴ・オーウェン、ジュリアン・ムーア、マイケル・ケイン、キウェテル・イジョフォー、チャーリー・ハナム 2027年人類は18年間にも渡って子どもが生まれない状況が続いている 原因 ...
トゥモロー・ワールド (playtcafe*cinema*art*)
トゥモロー・ワールド 原作:人類の子供たちstory人類に子どもが生まれなくなってしまった西暦2027年、人類絶滅の危機の中、世界は荒れ果てていた。そんな中、セオはある人に人類存続に関係する重要な情報を得る…。pointこの映画の見所は8分間の長回しです。瓦礫 ...
トゥモロー・ワールド now roadshow! (とりあえず生態学+)
そう、ジュリアン・ムーアはフォーガットンの後、もう一回子供亡くしたのね… トゥモロー・ワールド 製作年度 2006年 製作国 アメリカ/イギリス 上映時間 109分 監督 アルフォンソ・キュアロン 製作総指揮 アーミ
トゥモロー・ワールド (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
子供が誕生しない未来~人類だけが地球から消え去る~このままでは、地球を受け継ぐ者は、誰もいなくなる。2027年 ─ 我々人類にはすでに18年間も子供が誕生していない。このままでは、そう遠くない日、地球を引き継ぐ者はすべて地上から消え去ってしま ...
トゥモロー・ワールド (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
唯一の希望を 失えば、 人類に明日はない。           評価:★3点(満点10点) 2006年 109min 監督:アルフォンソ・キュアロン 主演:クライヴ・オーウェン ジュリアン・ムーア マイケル・ケイン 【 ...
トゥモロー・ワールド Children of Men (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
クライヴ・オーウェン、ジュリアン・ムーア、マイケル・ケイン主演 2027年 ロンドンのエネルギー省に勤めるセオは人類で一番若い 18歳の少年が死んだ事をニュースで知ります この18年間新たな人類誕生をみない世界になっていました セオは突然 前妻で今は ...
2006-21:トゥモロー・ワールド (七転八倒映画館)
本当にこの時期見たくなるような作品が少なくて困ってしまう。以前では考えられないくらい邦画が上映されており洋画の方が好きな私のような人はどうしようもない。そんな中トゥモロー・ワールドという作品が封切られた。CMの感じからすると子供が出来なくなった ...
「トゥモロー・ワールド」  CHILDREN OF MEN (俺の明日はどっちだ)
西暦2027年、人類はすでに18年間も子供が誕生していなかった。原因は分からず、人類滅亡の時が刻一刻と迫り、希望を失った世界には暴力と無秩序が拡まっていた。そうした中、英国政府は国境を封鎖し不法入国者に対して徹底した取締りを行なうことによって辛うじて ...
トゥモロー・ワールド (映画を観たよ)
2027年、そう遠くない未来ですね。
【劇場鑑賞127】トゥモロー・ワールド(原題:CHILDREN OF MEN) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
2027年 子供が誕生しない未来 そう遠くない明日 人類だけが地球から消え去る 唯一の希望を失えば、人類に明日はない
トゥモロー・ワールド 2006-63 (観たよ~ん~)
「トゥモロー・ワールド」を観てきました~♪ 2027年、人類最年少の18歳の少年が殺された。彼が誕生してから18年余り、新生児がまったく誕生していなかった。エネルギー省に勤めるセオ(クライブ・オーウェン)は、仕事に向かう途中ジュリアン(ジュリアン・ ...
トゥモロー・ワールド (映画とはずがたり)
いかにも今日的な社会問題を重厚に描いた、 衝撃の近未来SF大作!! STORY:西暦2027年。 人類にはすでに、18年間子供が誕生していなかった。 この地球を引き継ぐものは、いずれ途絶えてしまう・・・。 エネルギー省官僚のセオ(クライヴ・オーウェン)は ...
トゥモロー・ワールド (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  人類の希望・・・それはたった一つの産声  
『トゥモロー・ワールド』(アルフォンソ・キュアロン監督)★★★★ (The MouvieBuff Diaries)
人間の「生」を象徴するさまざまな生理的現象が ノイズとして響く、終末的なノワール! 『天国の口、終りの楽園。』のアルフォンソ・キュアロン監督が、英国ミステリー界の女王、P.D.ジェイムズの近未来SF小説『The Children of Men(人類の子供たち)』 ...
世界で一番の「長回し」は8分間ってホントウなのか? (The MouvieBuff Diaries)
『渡る世間は鬼ばかり』は「長回し」でなく、「長台詞」のほうでした。おっと、「長回し」の話をせねば。  ギネスブックには載っていないけど、ぼくがもっともシビレた「長回し」は、オーソン・ウェルズ監督の『黒い罠』だ。オープニングからきっちりヘン ...
トゥモロー・ワールド (悠雅的生活)
子どもが生れない未来に希望の火を灯すのは・・・
トゥモロー・ワールド (cinema village)
コメント無きTBは承認致しません。 「トゥモロー・ワールド」オリジナル・サウンドトラックサントラ あらすじ/西暦2027年、子供が産まれなくなってから、すでに18年たっていた。 なんらかのウィルスが原因と言われているが 理由は解明されていなかった。 ...
トゥモロー・ワールド (skywave blog)
2027年、子供が生まれなくなって18年。イギリスだけが、国家として唯一機能している、そんな世界が描かれます。 私はなぜか、近未来ものに強く惹かれます。そこでは、必ず
トゥモロー・ワールド (ギョニー・デップの界王拳)
 評価/★★★★☆ (ユナイテッド・シネマにて鑑賞)  監督:アルフォンソ・キュアロン  藤子・F・不二雄の短編に人口が増えすぎ、その人口のバランスをとるために人々から"愛情"が消えていくというお話がある。(コレ傑作)  愛が消えために人々は他 ...
「トゥモロー・ワールド」みた。 (たいむのひとりごと)
劇場チラシや予告編、原題「CHILDREN OF MEN」から、なんとなく『アイランド』のようなイメージを持っていた。しかしまったく異なり、これは『日本以外全部沈没』でのGAT(外人アタック・チーム)”VS外国人難民”そのままではないか!
トゥモロー・ワールド (映画鑑賞★日記・・・)
『CHILDREN OF MEN』公開:2006/11/18(11/22鑑賞)製作国:アメリカ/イギリス監督:アルフォンソ・キュアロン原作:P・D・ジェイムズ    『人類の子供たち』/『トゥモロー・ワールド』(早川書房刊)出演:クライヴ・オーウェン、ジュリアン・ムーア、マイ ...
トゥモロー・ワールド (UkiUkiれいんぼーデイ)
母よ あなたは    なんと偉大な         大きなチカラを持っているのか 人類はとうとう子孫繁栄ができなくなってしまう。 そして滅亡へとカウントダウンされていく。 そこへ希望の光りとなる「存在」が誕生する。 ものすごく考えさ ...
『トゥモロー・ワールド』 (sweet* Days)
監督:アルフォソン・キュアロン CAST:クライヴ・オーウェン、マイケル・ケイン、ジュリアン・ムーア 他 STORY:西暦2027年、人類は生殖能力を無くし、2009以来地球上には1人も新しい子供が産まれなくなっていた。人類存続の危機に貧し、世界各地で紛争やテ ...
トゥモロー・ワールド☆独り言 (黒猫のうたた寝)
近未来、そう、今から20年ほど先の世界では、子供が生まれない事態が起きている。世界的な流れで、すでに18年間・・・出生の事実はない。そんな世界で、一人の少女キーと出会う。彼女は未来への希望・・・妊娠8ヶ月・・・ありえないと思っていた奇跡・・・別れた妻 ...
トゥモロー・ワールド (エリ好み★)
子どもが生まれない、ってリアルに現実ですよね。
トゥモロー・ワールド (とんとん亭)
「トゥモロー・ワールド」 2006年 英/米 ★★★★ 2027年(約20年後!)、人類は滅亡に瀕していた。 世界中で戦争や内戦が勃発。 さらに生殖能力を完全に失い、子供が生まれない世界へ突入していた。 近い将来、こんな日が来るかもしれ ...
豪華キャストだけど…【トゥモロー・ワールド】 (犬も歩けばBohにあたる!)
なんかいや~な予感がしました。 水曜日のレディースデーだってのに 有楽町の劇場
トゥモローワールド (Akira's VOICE)
一人の男が達成する明日への架け橋。
127.トゥモロー・ワールド (レザボアCATs)
2027年、子供が誕生しなくなって18年経っていた。人類が生殖能力というものを失って、一気に終わりを迎えるのでなく、少しづつ死に向かっていく、という感じ、それが、とてもリアリティのある描写をされている。設定がしっかりとしていて、逆にとても恐ろしい感 ...
トゥモロー・ワールド (Alice in Wonderland)
今年100本目の映画です。 予告を観て時間があったら観ようかな程度であまり期待もせずに観に行ったのですが、映像のすごさに引き込まれ映画終了までスクリーンに釘付けで呼吸をしていたのかさえ忘れるくらいに集中していました。 2027年。我々人類にはすで ...
トゥモロー・ワールド (ケントのたそがれ劇場)
★★★  近未来を描いた映画は、いつも暗い作品ばかりだ。それが人間社会の定めなのだろうか。         確かに私達の生活は豊かになり、過去の贅沢はもはや普通の事となってしまった。また人は我がままで自己本位となり、金を稼ぐことだけに奔走するばかり ...
『トゥモロー・ワールド』 (Cinema雑感)
『トゥモロー・ワールド』 ★★★☆ (2006年 アメリカ/イギリス 109分) 監督:アルフォンソ・キュアロン キャスト:クライヴ・オーウェン、ジュリアン・ムーア、マイケル・ケイン、キウェテル・イジョフォー、
トゥモロー・ワールド(映画館) (ひるめし。)
「唯一の希望を失えば、人類に明日はない。」 製作年:2006年 製作国:アメリカ/イギリス 監 督:アルフォンソ・キュアロン 出演者:クライヴ・オーウェン/ジュリアン・ムーア/マイケル・ケイン/キウェテル・イジョフォー 時 間:109分 [感想] ジュリアン・ ...
トゥモロー・ワールド (eclipse的な独り言)
 昔、「エグゼクティブ・デシジョン」というカート・ラッセルとスティーブン・セガ
映画「トゥモロー・ワールド」 (ちょっとひとことええでっかぁ~♪)
近未来、子供は国の宝なんですねぇ~って、今でも子供は宝のはずですが…
トゥモロー・ワールド (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  人類の希望・・・それはたった一つの産声  
★「トゥモロー・ワールド」 (ひらりん的映画ブログ)
2006.11.18公開初日のナイトショウ(0:00~)で見てきました。 原題は「CHILDREN OF MEN」=「人類の子供たち」って意味。
トゥモロー・ワールド (なにも起こらなかった一日の終わりに)
 来るべき世界  今日はちょっとだけ期待していた「トゥモロー・ワールド」を見てきましたよ~。  近未来。  世界はすでに18年間もの間子供が生まれずにいました。  つまり、最年少の人間が18歳。それ以下の子供が存在しない世界。  その最年少の青 ...
真・映画日記(3)『トゥモロー・ワールド』 (CHEAP THRILL)
(2から) 映画館を出て銀座に移動。 WINSの前にあるマクドナルドで時間を潰す。 午後7時から「シネマイッキ塾」に参加。 18人参加。 暑かったなあ。 『プラダを着た悪魔』、『麦の穂をゆらす風』について語りあう。 9時終了。 有楽町駅前の中華料理屋 ...
トゥモロー・ワールド (<花>の本と映画の感想)
トゥモロー・ワールド 監督? アルフォンソ・キュアロン 出演? クライヴ・オーウェン?? ジュリアン・ムーア?? マイケル・ケイン?? キウェテル・イジョフォー? チャーリー・ハナム? クレア=ホープ・アシティー 近未来、人類全体が不妊になり、 ...
トゥモローワールドにみる日本映画宣伝 (Op - opinion publishing)
「トゥモローワールド」という映画が公開中である。舞台は2027年、イギリス。人類に子供が産まれなくなって18年。全人類が共有しうる悲しみのはずが、醜くも政治抗争を続ける人々。国家対難民という現イギリスを取り巻く社会現象を圧倒的なインパクトを持って描く ...
トゥモロー・ワールド再び (It's a Wonderful Life)
「トゥモロー・ワールド」感想その? 実はいつもながら、劇場で遭遇する予告以外はほとんど何も 情報を得ないで観るほうなんで、この映画のクライマックス シーンが長回しだって知らなかったんです。 後でしまった!ちゃんと観とけばよかった!と後悔。 ...
トゥモロー・ワールド (TRUTH?ブログエリア)
原題:CHILDREN OF MEN原作:P.D.ジェイムズ「人類の子供たち」監
「トゥモロー・ワールド」 (大吉。)
<水曜日> 2027年――人類にはすでに18年間も子供が誕生していなかった。このままでは、地球を引き継ぐ者はすべて地上から消え去ってしまう。絶望で荒廃して行く世界。英国人のセオも、そんな大人の一人だったのだが・・。 突然、反政府組織「魚(フィッシュ) ...
トゥモロー・ワールド(20061119) (cococo)
本編とは別な印象を与えるような予告編が、少なくない昨今。この映画の予告編は、裏
【劇場映画】 トゥモロー・ワールド (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 2027年。我々人類にはすでに18年間も子供が誕生していない。このままでは、そう遠くない日、地球を引き継ぐ者はすべて地上から消え去ってしまう! 国家的事業に従事するセオは、人類の未来はおろか、自分の将来すら興味のない絶望を生きる男。し ...
トゥモロー・ワールド (明け方シネマ)
 見ごたえのある近未来SFでした。子供が生まれなくなる---少子化が進む日本の今を思ってみても、ショッキングな設定です。(以下、ネタバレ雑感)  冒頭で”最後の子供の死”というニュースが世界に伝えられるのですが、予告編ではまだ幼い子供が、病気で死ぬ ...
トゥモロー・ワールド (土曜の夜は・・・)
story “ダルグリッシュ警視シリーズ”などで知られる英国を代表する女流ミステリ作家P・D・ジェイムズの『人類の子供たち』を「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のアルフォンソ・キュアロン監督が映画化した近未
トゥモローワールド(*_*)子供が誕生しない未来 (銅版画制作の日々)
  「唯一の希望を失えば、人類に明日はない」 MOVX京都にて、『トゥモローワールド』を鑑賞した。2027年という時代設定、だが現在とさほど、街の風景には変化みられない・・・・・。何が違うのか。実はここ18年間、子供が誕生していないのだ。このままい ...
アルフォンソ・キュアロン監督「トゥモロー・ワールド」 (詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記))
監督 アルフォンソ・キュアロン 出演 クライヴ・オーウェン、ジュリアン・ムーア、マイケル・ケイン  あらゆる映像がひたすら長い。1シーンが長いというのではなく、1ショットが長い。カメラが動くのである。人の移動にあわせてカメラが移動する。そういう ...
「トゥモロー・ワールド」 「赤ちゃんよ永遠に」いや「赤ちゃんに乾杯」 (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
「トゥモロー」+「ワールド」。 なんかテーマパークみたい。 さらにチラシのデザインが『アンドリューNDR114 』と似てる。 楽しいSFやろ、コレ! そんで、ポスターに書いてある衝撃のクライマックス6分間って、いつも通り誰も見たことのないSF ...
トゥモロー・ワールド (まじめにふまじめ★)
いつもお世話になってる映画系ブログの皆さんが、以外にも この映画の記事書いてる人
「トゥモロー・ワールド」 (不良中年・天国と地獄)
12月4日(月)新宿オデオン座にて2027年の近未来。人類は原因不明のまま、生殖能力を失ってしまいました。一番若い人間は18歳。つまりこの18年間、ひとりの新生児も産まれていないのです。子供が産まれないということは、人類の滅亡を意味しますから、 ...
映画「トゥモロー・ワールド」 (ちょっとひとことええでっかぁ~♪)
近未来、子供は国の宝なんですねぇ~って、今でも子供は宝のはずですが…
トゥモロー・ワールド (Children Of Men) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 アルフォンソ・キュアロン 主演 クライヴ・オーウェン 2006年 アメリカ/イギリス映画 109分 SF 採点★★★ 赤ん坊ってのは、ホント不思議な生き物で。その顔を真っ赤にして泣き叫ぶ泣き声に一体どんな効力を秘めているのか分からないが、一旦その泣き声が ...
「トゥモロー・ワールド」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
(2006年・英=米/監督:アルフォンソ・キュアロン) 西暦2027年、人類に子供が生まれなくなって18年後、世界は荒廃し、イギリスのみが
トゥモロー・ワールド(2006) (萌映画)
窓の外には空飛ぶ豚が! ということで、とてもイギリス的な映画「トゥモロー・ワールド」を見た。 これ、主演がいまいち好みでないクライヴ・オーウェンだし、設定のほうも人間だけ絶滅するならべつにいいじゃんとか思っちゃうので、見るつもりはなかったのだ。 ...
「トゥモロー・ワールド」 (the borderland )
潔い作品だと思います。 状況説明は一切せずに、事件に巻き込まれていく主人公セオ(クライヴ・オーウェン)の視点で臨場感たっぷりに描き切りました。「なんで子供が生まれないの?」「じゃぁ、あの娘はどうして妊娠したの?」「ヒューマン・プロジェクト、この ...
「トゥモロー・ワールド」■現代へのメッセージ (映画と出会う・世界が変わる)
ジュリアン・ムーアの役名はジュリアンか。クライヴ・オーウェンはけだるい、途方にくれたような表情が巧い。彼はボンド役の候補のひとりであったらしいが、彼がボンドになったらどうなのだろうか。破壊されかかった殺伐とした街。このセットは美術監督の腕の見せ ...
トゥモロー・ワールド (ちわわぱらだいす)
これは少し前に見た映画です。。。 今から20年後のお話。 子供がまったく生まれなくなった世界です。 久しぶりに生まれた赤ちゃんが戦いの道具?になる。。。 最後の戦闘のシーンは圧巻でしたが。。。 最近戦争映画ばっかり見てるような気がする。 最後のお ...
トゥモロー・ワールド  2027年に今のイラクを思う、英国以外全部崩壊 (もっきぃの映画館でみよう)
タイトル:トゥモロー・ワールド(原題 Children of Men) 製作国:アメリカ、イギリス ジャンル:近未来SF/2006年/114分 映画館:TOHO二条シネマズ(165席) 鑑賞日時:2006年11月26日 (日),14:00~ 70人ぐらい 私の満足度:70%  オススメ度:65% チラシを ...
トゥモロー・ワールド(11/17公開) (第八芸術鑑賞日記)
 12/14、渋東シネタワーにて鑑賞。7.5点。  いつもながら更新が遅いためすでに日本での公開は終了してしまっているのだが、ちょうど先週末、アメリカでは劇場数を増やしたところ一挙に3位まで急浮上したという。見逃した人は二番館でも何でも機会があればぜひス ...
[ トゥモロー・ワールド ]セオの目を通して見た世界、109分 (アロハ坊主の日がな一日)
[ トゥモロー・ワールド ]を吉祥寺で鑑賞。 上映期間は、たぶん1ヶ月もなかったかもしれない。 [ 父親たちの星条旗 ] [ プラダを着た悪魔 ] [ 007カジノ・ロワイヤル ]など他の作品が注目されすぎて、目立たなかったかも・・・。しかし敬遠するには、惜し...
「トゥモロー・ワールド」のワンシーンワンカット撮影技術 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
アルフォンソ・キュアロン監督の近未来SFの傑作「トゥモロー・ワールド」。日本公開が先になった関係か、情報が前後して公開されたことによって長回しワンショット(ノーカット)と紹介されているが、実際はイギリ
トゥモロー・ワールド (ぶっちゃけ…独り言?)
4点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) う~ん、意味不明・・・ これは一体どこで楽しむ映画なんですかねぇ。 設定は面白いと思うし、結構興味深々で、そこからどー膨らませてるのかを楽しみ にしてたんですけど・・・ 何か、そんな事はどーでも...
「トゥモロー・ワールド」 子供は希望 (はらやんの映画徒然草)
先日観た「パリ、ジュテーム」の一遍を撮っていたアルフォンソ・キュアロン監督の作品
『トゥモロー・ワールド』 (すきなものだけでいいです)
  あと20年。 気が付いた時にはアメリカ映画中毒でした。 派手なガンアクション、勧善懲悪のストーリー。 悪い奴は死に、正しい奴が生き残る・・・デカイ銃を片手に。 そんな、アメリカ映画の世界にどっぷ
Children of Men(2006) (epiphany)
【邦題】トゥモロー・ワールド 監督:アルフォンソ・キュアロンクライヴ・オーウェン/ジュリアン・ムーア/マイケル・ケイン/キウェテル・イジョフォー/ この商品の詳細を見る 【あらすじ】人類に最後の子供が誕生してから18
トゥモロー・ワールド (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
倫理SF! ピンポン・キャッチボールは可笑しかったw トゥモロー・ワールド プレミアム・エディションposted with amazlet on 07.04.04ポニーキャニオン (2007/03/21)売り上げランキング: 129おすすめ度の平均: ふ&#12
トゥモロー・ワールド 07078 (猫姫じゃ)
トゥモロー・ワールド CHILDREN OF MEN 2006年 英  アルフォンソ・キュアロン 監督クライヴ・オーウェン  ジュリアン・ムーア  マイケル・ケイン  キウェテル・イジョフォー  クレア=ホープ・アシティ  チャーリー・ハナム う~ん、...
トゥモロー・ワールド (things4u)
☆人気blogランキング集☆ & ☆インテリア・雑貨ブログ集☆ ↑皆様の応援が更新の励みとなっています。今日も応援ありがとう~☆↑ 昨夜みた1本「Children of Men」(邦題:トゥモロー・ワールド)から。 西暦2027年。ロンドンには移民が溢れ、当局は移民たち...
トゥモロー・ワールド (CinemA*s Cafe)
公式サイト ジュリアン・ムーアがけっこうなチョイ役だったことに驚き(@_@) そしてもっと近未来的な話しなのかなぁ(SFちっく)と思っていたら、どこかの国の内戦みたいな雰囲気でそれもそれでびっくり(@_@) 最
トゥモロー・ワールド (mama)
2006年:イギリス 原作:P.D.ジェイムズ「人類の子供たち」 監督:アルフォンソ・キュアロン 出演:クライヴ・オーウェン、ジュリアン・ムーア、マイケル・ケイン、チャーリー・ハナム、キウェテル・イジョフォー 西暦2027年。最後の子どもが誕生してからすでに1...
トゥモロー・ワールド…良い方向に期待はずれだった作品 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
昨日{/hiyoko_cloud/}{/kaeru_fine/}高校の中間試験最中だというのにゲームソフト(逆転裁判4)を買おうとした息子を止めたピロEKです。 さて、本日{/kaeru_rain/}{/kaeru_fine/}は午前中会社で仕事をしてきました{/face_hekomu/}。 明日が娘の小学校の運動会だから本...
『トゥモロー・ワールド』'06・英・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ西暦2027年。ロンドンには移民が溢れ当局は移民たちを厳しく取り締まっていた。街にはテロが横行し、全てが殺伐としていた。18年間、人類には子どもが誕生しておらず人々は未来のない世界を生きていた・・・。感想『ハリー・ポッターアズカバンの囚人』のア...
トゥモロー・ワールド ~DVDにて~ (三日月のしっぽ。)
  トゥモロー・ワールド・・・評価  3   5→かなり面白いっ   4→面白いっ   3→ふつーかな   2→まぁまぁ   1→イマイチ ■STORY■ 西暦2027年。 18年間、子どもが生まれないと
トゥモロー・ワールド  (カラスのBlog)
この映画の製作国は、どのサイトを見てもアメリカ・イギリス映画と書いてあるので、たぶん両国スタッフの共同製作なのだろうが、雰囲気はいかにもイギリス映画。舞台は近未来のロン...
トゥモロー・ワールド (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『唯一の希望を失えば、人類に明日はない』  コチラの「トゥモロー・ワールド」は、11/18公開の人類に子供が生まれなくなってしまった近未来を描くSFサスペンスなんですが、観て来ちゃいましたぁ~♪  監督は、「大いなる遺産」、「ハリー・ポッターとアズカバン...