チャコちゃん先生のつれづれ日記

きものエッセイスト 中谷比佐子の私的日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

海島綿

2016年06月10日 11時18分40秒 | 日記
海島綿ーかいとうめんーのろの生地を
当社の弁護士さんに頂いた
勝手に顧問弁護士先生と思っているが
「儲かってないところからは顧問料は貰わないよ」
とバカにされている(笑)
ありがたい

常に常に駆け込みでいろいろ相談しているが
その都度叱り飛ばされているのだ

弁護士先生は上から下まですべて海島綿
法廷にもジーンズで現れるらしいがそのジーンズももちろん海島綿
その中の一枚に友禅染のジーンズをお持ちだ
しかも友禅の本場千総で染めている

さらに
海島綿を毛羽立てて綿ビロードのジャケットを持っていてご自慢

この度はついにその海島綿の糸と志村明さんの塩漬け繭の糸を組み合わせ
綿と絹の交織を制作することになった
ためし織が先日できてきて早速見せていただいた

海島綿自身も糸が細く絹との慣れ合いがいい
この生地はちょうど今頃の單ノ着物に仕立てるといい肌触り

前に海島綿の長襦袢を作ったけど裾捌きがいまいちだった
今回頂いた絽織の長襦袢はどうだろう
やはり絹が入ることによって一気に布が変化する

糸は面白い






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白い花

2016年06月07日 11時08分19秒 | 日記
梅雨空に一番美しい花は「白」
白い花をじっと見つめていると
色んな色に出会います

切り花の白はどこか寂しげだけど
庭にある白い花は堂々と美しい

そういうわけで白い着物が好き
今頃の季節の定番になっている
真冬も白い着物を着る

華道家安達瞳子さんも白いお着物をよく着ておられた
それがとてもお似合いであった
特に椿がテーマだったが
「お花の色を際だたせるようにと思うと白い着物が一番なのよね」
と話しておられた。

瞳子さんとの思い出では結構苦笑することが多い
仕事場を信濃町のマンションにも持ったことがあり
そこに伺った時チャコちゃん先生花束を持って行った

「華道家におはなのプレゼントなんて」
と先にいらしていた私達二人の師匠である本多さんに笑われた
「あらそうだった」
3人で爆笑
大雑把な性格がこういうところに現れる

瞳子さんに言われるのは
「この人私の文章をパキパキ切ったのよね」
そう週刊誌の記者をしていた時依頼原稿でもあったのに
文字数が合わないといって勝手に切ってしまった
「でもかえって良い文章になっていたでしょう?」
「これだもんねヒサコさん」

私達二人の文章の師匠だった本多さんに訴えていた
白い花を見ると故人を思い出す
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅雨支度

2016年06月06日 11時45分01秒 | 日記
関東も梅雨入り
しとしと降る雨は嫌ではない
こころが染み染み落ち着く
何かに染められいくみたいに
心が別の色に変わるのが自分でも喜ばしいと思ってしまう

梅雨の終わりの「もうこれで終わりだよ」という土砂降りもいい
景気が良いし「陽」の気になっていく自分が面白い

さて梅雨の着物
この時期本当は「絽縮緬」を着たい
しかし湿気が多くあっという間に縮むのだ

昔のお妾さんは
この絽縮緬を素肌に着ていたらしい
チャコちゃん先生も真似してみたけど気持ちの良さは例えようがない

昔の女は気持ちの良いことをよく知っている

さてと
湿気に強い大島紬など平織りの紬の単がこの時期の王者

よく売り場で「大島紬は温かい」という言葉を使っているが
この梅雨時期の着物として一番いいとチャコちゃん先生は思う
そういう売り方をすればいいのに
そして秋の長雨にもいい

雨ゴートは絶対芭蕉布
更に紗のコートもおすすめ

着物を着始めて50年近くになる
振り返ると結構ベテランではないの?と驚いた
これからはもっともっと声を大にして着物のことを話さねばと思う

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ご案内/天音庵プレゼンツ 「京都の本物 雅な一日」 

2016年06月02日 18時18分27秒 | お知らせ
6月18日(土) 

京都西陣の天音庵さん企画で、

久しぶりに安藤孝子さんと和トークLIVEです。

おかげさまで、既に満席だそう。ありがとうございます。

楽しみにしています。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日から一重ですね

2016年06月02日 14時35分40秒 | 日記
チャコちゃん先生の着物姿を見て
「今日から一重ですね」
と声をかけてくれる

「5月5日の立夏から私は単なのですよ」
若い時張り切ってこう返していた
しかしいまは
「そうですね」
とかえす

人がおとなになるということはこういうことなのかと思う
幼いころ母が来客とたわいない話をしていて
絶対に反論をしないのを苛々しながら聞いていた

内容はよく覚えていないけれど
「そうですか」
「そうですね」
「なるほどですね」
ほとんど相槌でもなく同意でもない曖昧な言葉を吐き続けている

正義感の強い子供の耳には全くもって通用しない言葉の数々だ
それがいま
自分自身がそういう曖昧な受け答えをして
波風立て内容にしている

いいことなのかどうかはわからない
ただ強い言葉や
自己主張で言い募ると
後で自分自身が苦しくなる

自己主張でやっつけ「やったー」と思う年齢はどうやら過ぎた
今は穏やかにただひたすら自分の気持を穏やかにしていたいと思う

先日その話を長年付き合っている友にしたら
「あなた言い募っていたからね、でもそれも可愛かったけどーー」
なんて言われてしまった
そして
「今のヒサコさんすきよ」って
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ご案内/ 安曇野きもの集 「夏着物はじめませんか?」

2016年05月23日 16時00分03秒 | 日記
長野県安曇野市の夏企画に、参加させていただきます。

テーマは

「今年こそ夏をきもので楽しもう!」

秋櫻舎は、湯文字講座(無料)をいたします。


ぜひお出かけください。

詳細は、下記チラシよりどうぞ。


  日時 : 6月26日(日) 10時~16時

       *湯文字講座は14:30~15分ほど

  場所 : 宗徳寺(安曇野市穂高)

  主催 : 安曇野きもの集
  
  協力 : 宗徳寺



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ご案内/ きものという農業「麻畑見学ツアー」

2016年05月19日 14時50分10秒 | 日記
今年は「おおあさ大麻大学」さんの主催で、

栃木の鹿沼市へ麻畑へ参ります。

日本の麻の神髄を学ぶ旅、

いかがでしょうか。

こちらからもお申込みいただけます。

  ⇒ 「おおあさ大麻大学」



    中谷比佐子先生と行く

  きものという農業「麻畑見学ツアー」

 日 時 : 6月14日(火) 8時 新宿出発

 参加費 : ¥5,000(昼食代、税別)

 定 員 : 45名



  ・日本の麻を知ろう。農業を知ろう。

  ・きもの文化の神髄とは?

  ・日本文化はどこに行くの?





私たちより背丈の伸びた麻の畑、

とても清々しい気が満ちていると思います。

お楽しみに。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ご案内/ きものという農業「麻畑見学ツアー」 

2016年05月18日 17時05分28秒 | 日記

今年は「おおあさ大麻大学」さんの主催で、

栃木の鹿沼市へ麻畑へ参ります。

日本の麻の神髄を学ぶ旅、

いかがでしょうか。

こちらからもお申込みいただけます。

⇒ 「おおあさ大麻大学」


    中谷比佐子先生と行く

  きものという農業「麻畑見学ツアー」

 日 時 : 6月14日(火) 8時 新宿出発

 参加費 : ¥5,000(昼食代、税別)

 定 員 : 45名


  ・日本の麻を知ろう。農業を知ろう。

  ・きもの文化の神髄とは?

  ・日本文化はどこに行くの?



私たちより背丈の伸びた麻の畑、

とても清々しい気が満ちていると思います。

お楽しみに。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨も楽しい

2016年05月17日 08時52分15秒 | 日記
この時期の雨コートは美しい色に限ると思っている
特に雨に濡れた緑に映える色
そういう女人が歩いている姿を見ているだけで顔がほころぶ

かなり昔
銀髪の老婦人が藤色の雨コートを着て浅葱色の蛇の目をさして歩いていた
ついつい見とれてしまい
声をかけそびれたがそれはこちらが若くて気後れしたのだろう

今だったら追っかけて行って「素敵ですね」と声をかける
それくらい厚かましくなったのは年を重ねたせいかもしれない

つい最近井の頭線で淡い緑色の雨ゴートを着ている婦人を見た
車窓の緑を背景にとても美しかった
隣に太もも丸出しのアジア系の女が座っていたのが
やけに対照的で興味をそそった

今日は一日雨だという
チャコちゃん先生は芭蕉布の雨ゴートだ
これは防水をしなくても雨をはじくので愛用している
植物繊維のものは雨には強い
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

絹一枚

2016年05月16日 12時16分43秒 | 日記
今日は風が冷たい
それでも気温は20度を超えている
表は一重でも合わせの長襦袢のほうが無難かな

そう思って薄手の阿波絵の長襦袢を身に着けて
その上に着物を纏ったら
なんとこってりとした暑さ
「そうか」
とおもい絽縮緬の長襦袢に代える
そうすると気持ちが軽やか
絹一枚のことで工も肌の感覚が違うのかと驚く

日本の季候は湿気を含んでいるので
その絹一枚が微妙に肌に響くのだ
なんともーーー

こういう感覚洋服にはない
どうしてだろうか
それを追求してきたはずなのに未だに解決していない
着物は奥が深いとしみじみ思う朝だった
コメント
この記事をはてなブックマークに追加