徒然刀剣日記

美術刀剣拵工作工房

染色体験

2015-09-05 18:12:13 | ブレイク
地元の某幼稚園で、染色の体験会を開催しました!



14家族計50名が、藍染めを体験します。



各自持ち寄った白無地のタオルやTシャツを使って藍染めに挑戦します!



はじめに、簡単な解説と方法をご紹介。



下準備を開始。



今回は、簡単な絞り染めに挑戦です!



通常はタコ糸などで確り留めますが、どの家庭にでもある材料を使いたかったので、輪ゴムを代用します。



子供たちが、おもいおもいに布地を結わいていきます。



今回の体験会は、流しそうめんの茹で汁で何かできないか?というご相談から出発しました。そうめんを茹でると大量の塩分を含んだ汁が余ります。全く利用価値がなくて捨てる事になるのが一般的ですが、茹で汁を触媒にして染色液を吸着させる実験的な試みでもあるのです。



どの程度のpHで最も反応が加速するのか?ということを、事前に研究しておいたため、ある程度の分析はできています。



この期に及んでも、まだピンと来ない・・・といった皆さんの面持ちが印象的です。



この度用いた染色液は、誰でも手に入る市販の液状タイプです。



匂いなどから合成染料の類いですが、気軽に扱えるので体験には十分だと思います。



お父さんたちのご協力の元、煮立った染色液を30分程撹拌します。
力任せだと、せっかく結わいた箇所が弛んだり、色のグラデーションが汚らしくなるので注意が必要です。



水洗いをして余分な染料を落としていきます。
染料はしばらく色が落ちるので、色落ちがなくなるまで根気よく洗います。



輪ゴムを外して広げてみると、途端に皆さんが笑顔になります。
出来上がった作品を拝見すると、皆さん個性的な仕上がりで、センスの良い方は商品として売れそうな完成度でした!

明日は、新宿高島屋での講演があります。頭を切り替えて、シナリオを作らないと間に合いません(汗)。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 柄前のオーダーメイドと研磨 | トップ | 日本刀に関する講演 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む