来し方春秋

市井の人々との来し方をめぐって

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

私たちは二度と戦争はごめんです!

2017-07-14 09:53:46 | 玉音放送と戦争体験
2017.8/15終戦の日「玉音放送と戦争体験を聞く集い」開催

<1部>平和のトビラが開かれたー「玉音放送」を聞く
昭和天皇が日本の降伏を告げるラジオ放送=玉音放送は、「宮城事件」をこえて今日に続く平和への幕開けともいえる出来事でした。民主主義の黎明、新国家への決意が込められた玉音放送を一度聞いてみましょう。

<2部>不幸な歴史を繰り返さぬよう、若い命を亡くさぬよう、平和な日本を願って、語ります。


◆小池さちみ 93歳/高女時代の昭和16年12月宣戦布告を聞き、日の丸を振って松本聯隊を見送り、国民学校の同僚教師も次々と戦地へ。防空頭巾の子供たちは毎日避難訓練…。「戦時体制」は否応無しに私を巻き込んでいった。

◆原山貞子 89歳/生活の全てが「勝つまでは」の中で成長した私は、終戦の昭和20年8月は17歳に。戦時とは180度違う新しい時代に、若さゆえか戸惑うことはなかったが、4年たっても、シベリアに送られた兄の消息はなかった。

◆石坂 宏 85歳/小学3年生で迎えた開戦。明治下に発布された「教育勅語」にそって厳しく教育され、ヘマをすると連帯責任で皆で叩かれた。だんだん出征兵士の見送りと弔迎が学校行事となって、学校現場も戦時下そのものだった。

◆岡田雅子 79歳/父は満州建国の官吏。満州国小学2年生の8月、敗戦で満州国は消滅。母と幼い兄姉3人は避難民となり明日をも知れぬ1年間を生きのび、ついに博多港に上陸。それから約4年間、シベリアからの父を待つ。

◆武井敏雄 87歳/昭和20年3月10日未明、東京大空襲に遭う。家族は無事だったが翌日、登校の道すがら見た亀戸駅のホームには焼死体が折り重なっていた…。旧制中学3年の私は、お国のため、航空隊へ志願した。

◆坂田雪男 93歳/昭和19年8月、満州開拓団員として入植。翌年徴兵され、敗戦とともに捕虜となりシベリアに抑留。収容所では、トラックで運ばれてきた大勢の凍った日本兵を埋葬した。未だに彼らの遺骨が還った話は聞かない…。

あなたは、こんな体験をしなくてはならなかった時代を、どう思いますか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第9回「玉音放送と戦争体験を... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。