SWIFTコード



世間では知っていて当然の事なのか?
知らぬは自分だけなのか?
思えば、『知らぬ、尋ねる』を繰り返すような人生だ。

『SWIFTコード』も初めて目にする言葉だった。

少々困惑、御金の事だし銀行へ出向き尋ねる方が早い。
振込先は日本での代行業者なのか日本の企業である。
(旧来、斯様な代行業者も無かった。)

先に結論を。
銀行で尋ねたところ
『あ、これですね。無視して振り込んでいただいて結構です。』
『な、なんじゃそりゃぁ?!』であった。

『無視していいものなら初めっから書くなよ!』とも思った。
(それでもケースバイケースだと思われる事柄だから、
 その都度尋ねる方が適切かと思う。)

結果的には翌日、米国の発売元から連絡メールが届いた。早い。
インターネットで購入ソフトウェアをダウンロード。

App Store で扱われないソフトウェアの購入でも
思いのほかスピーディーに1日半で一件落着。



コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )
« 名古屋の新し... 新城市七郷一... »
 
コメント
 
 
 
 (チャーリーブラウン)
2016-10-14 09:47:03
なんならうちに試しで送金してみて下さい。大金をお待ちしております。(^^)/
 
 
 
>なんならうちに試しで送金してみて下さい。 (小四郎)
2016-10-15 05:00:41
送金後でウチは、ますます貧乏。

>大金をお待ちしております。(^^)/

な訳で、大金も細かいのも無い悲惨な状況。
お察しくらはい。笑
 
 
 
海外送金 (ミッキーサイモン)
2016-10-17 07:42:30
そんなものとは全く縁なんかないですね。

最近では金融機関もなにかと理屈をつけて手数料なるものを掛けてきますからね。
自分の金を引き出すにも金がかかる始末。阿呆らしいです。
 
 
 
>そんなものとは全く縁なんかないですね。 (小四郎)
2016-10-17 22:32:19
それも幸福の一つかも。笑

>自分の金を引き出すにも金がかかる始末。阿呆らしいです。

それだがや。銀行の世知辛い変貌は不幸の一つかも。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。