第48回全日本大学駅伝

トップ写真、東洋大の第一走者は服部弾馬(はっとり はずま)選手。
仙台育英高校に入学、2012年、愛知県豊川高校に転校し、高校で
全国優勝。兄・勇馬選手の後を追い東洋大に進学した逸材。
このレースでも区間1位と活躍した。

     ☆

道路の西側には源頼朝の出生跡地・誓願寺があるが、殆ど見向き
すること無く人が通り過ぎる。
愛知県豊橋市の祇園祭三日目には吉田神社を発着点に頼朝行列が
出るが、この地方にも縁りのある人物だった事が偲ばれる。
と云う話はさておき・・・

11月6日、日曜日の朝は熱田神宮西の国道19号線の東側歩道が
大混雑する日。暫く悪い脚と大混雑を嫌って足が遠のいていたが、
久しぶりに雰囲気に触れようと見物に訪れた。
全日本大学駅伝対校選手権大会だ。

学校が東京、関東に在っても殆ど地方出身者で成り立つ大会。
正にローカルパワーを見よ!であることは長距離走ファンで
あれば誰もが知っている。

自転車で午前7時20分熱田西に向けて発進。ノロマな自転車でも
25分もあれば楽勝で8時5分の号砲に間に合う。



西大須交差点に出て国道19号線を南下すれば一本道。
4km程先が熱田神宮西である。駅伝レースのスタート地点、
西門前を通り過ぎ、南下すれば国道1号線の交差点、19号線の
発着点でもある。

最近の流行りものになってしまったのか、現地は大賑わい。
出場各校応援団のブラスバンドで熱田の森の一角だけが
騒々しい。
道路の西側を通り駅伝レースのスタート地点を通り過ぎ、
1号線まで出たものの、以前、同駅伝は今日ほど混んで
いなかった。

国道1号線の交差点に掛かる横断歩道橋の上から気楽に観戦、
写真も撮れたのに、誤算だった。

参考までに2009年11月1日の当ボロ具の41回大会を参照されたし
二代目・ヤマの神・東洋大・柏原竜二君も写っている。

数年の間の規制強化で横断歩道橋内に立ち回れない。
近辺の平地道路には横断歩道も無い。迂回し1号線を渡り、
南に下ってみたのだが、ここも結構な人出だ。
もう、撮影場所を選ぶことなど出来ない。

輪行で正解だった。地下鉄利用なら観ることも無く途中で背を
向け早々に戻って来たかも知れない。



スタート地点:熱田神宮西門前
ゴール地点: 伊勢神宮内宮宇治橋前
全行程8区間 106.8km への大会は、兎に角スタートした。

帰途、珈琲のモーニングサービスで朝食。
帰宅後、料理長が観ていたテレビを覗いた途端、
実況中継の声が妙な事を言っていた。

レースは2つ目の中継点の手前に差し掛かっていた。
『最後のラストスパートです。最後のラストスパートです。
 最後のラストスパートです・・・』
最後にスパートするからラストスパートなんだよなぁ。
この程度の番組しか見ていないのか?と聴かされる側の方が
気恥ずかしくなった。

それでもスタート直後の一嚙りだけでもホンマモンを、残りを
テレビでの観戦は豊川高校出身、最終ランナー・一色 恭志
(いっしき ただし)選手の活躍で青山学院大が逆転優勝。


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 第39回 大須大... 駅伝見物後の道草 »
 
コメント
 
 
 
全日本大学駅伝 (ミッキーサイモン)
2016-11-08 21:07:25
1区と2区の途中までテレビ観戦してGSへ、そして一旦帰宅してからスーパーへ出撃。
あとはひたすらネットで経過を追ってました。

この大会も全国から出場チームが集まるので関東以外のチームがどれだけ健闘するのかも楽しみな大会です。箱根に出場するチームにとっては起用した選手がどれだけ走れるのかですね。

アナウンサーがそういったことを言っているので言葉が乱れるという側面もあるような気がします。

服部勇馬ですよ。らしくないですね~。
 
 
 
Re: 全日本大学駅伝 (小四郎)
2016-11-08 23:24:53
>1区と2区の途中までテレビ観戦してGSへ

スタート1分35秒後、貧相なジジイが映ってなかったぁ?
ジジイも沢山いたから判らんと思うけど。笑

>服部勇馬ですよ。らしくないですね~。

本文上から三行目。即、訂正!
ご指摘ありがとうございました。

きっ、きさまーっ!娘婿が在籍しとったT社陸上長距離部の
選手をなんと心得るかーっ!このボケがーっ!
ジジイには注意しておきました。笑
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。