ログアウトは両替前で ーある巫女の記録ー 

信長の野望オンラインでの体験を小説風に綴っていきます。
無印からの体験です。

恋と友情

2017-08-31 16:17:49 | 冥神真琴
「悪いな、こんなつまらない話聞かせて。」 詩皇さんは今どんな気持ちでいるのか このままそういう関係になっていいのか とても悩んでいるようだった。 私の悩みより切実だったように思う。 お相手の女性が誰なのか 詩皇さんが好きだと言っていた方なのか その辺りはあいかわらず口をわってくれない。 「好き…なんでしょ?」 「うん。」 「なら迷う事は無いよ?」 「そうなんだけどな…。」 詩 . . . 本文を読む
コメント

友達として

2017-08-30 09:49:54 | 冥神真琴
あれから亮さんは私を戦闘に連れ出してくれる事が増えた。 亮さんにも仲間が多く何度もご一緒していくうちに その方々とも顔見知りになりつつあった。 皆さんとてもいい人。 スキルの高い方ばかりなのに 親しみやすく優しい人達。 友人としての亮さんは本当に素敵なのだ。 武器や戦闘について真剣に話し合っている姿は とてもあんな事を言うような方には見えない。 このままがいい。 こういう姿の彼を私はずっと . . . 本文を読む
コメント

彼との距離

2017-08-29 16:26:47 | 冥神真琴
色々と変化のあるこの世。 昔の良い所 悪い所 今の良い所 悪い所 賛否両論あるけれど 楽しい事も嬉しい事もたくさんあるのは事実で 今を精一杯生きる事を心掛けるよう決意した。 資金もある。 知人さんも居る。 神職として日々勉強しながら お役に立てるように動く事も出来る。 低LVさんのお手伝いを減らす事にしたのは寂しいけれど それも時代なんだ。 求められていない援助を押し付けても虚しいだけだか . . . 本文を読む
コメント

温かい人

2017-08-28 10:44:31 | 冥神真琴
隠れ里は高LVで賑わいを見せていた。 この世界で永遠に生きていきたい そんな風に言う方もちらほら存在する程。 こんなに技能が増え 行ける場所もたくさんあるのに 微々たる技能しか使えない小さなこの土地の隠れ里に 何故か執着される方が多くいた。 「ありがとうございます^^」 「感謝です!」 そんななんて事のない低LVさんからのお礼の言葉。 ここに時々遊びに来ている高LVは それだけで笑顔に . . . 本文を読む
コメント

旗を守るという事

2017-08-27 11:54:29 | 舞葉きらり
まさか姉様に説教をくらう日が来るとは。 姉様の屋敷を後にした私はため息をつきながら一乗谷へと戻った。 私達が水神王に勝利したのは10戦目くらいだと思う。 何のまとまりも無い徒党の空気に呆れたのか 「さすがに次ラストにして下さい。」 と忍者が言ってくれたのだ。 ラスト手前の戦闘ではもう私は詠唱を待つ事を止めた。 私の中で完全に何かが壊れてしまったのだと思う。 嫌な言い方をすれば武士へのみせ . . . 本文を読む
コメント

愚痴と刺激

2017-08-26 08:55:56 | 冥神真琴
隠れ里の試練を終え小谷へ戻った私は 怒りに満ちたきらりの話を黙って聞いていた。 色々な方が居るし 合わないと感じる方も確かに居る。 神職として詠唱を切らすのは致命的だけれど きらりの考えは少々疑問に思う部分もあった。 「依存しているのはあなたの方なのでは?」 思わず口にする。 守ってもらえなかった。 旗折れは盾の責。 きらりの言い方はそんな風にとれた。 ヘイトがどうのこうの . . . 本文を読む
コメント

最悪な空気

2017-08-25 10:14:39 | 舞葉きらり
海2のボスは強い。 ヘイトが上がってしまうの覚悟で全治多めで行かなければ 術で落ちてしまう。 党員を見て少々気合が入る。 術軽減も地勢を下げる傾奇も居ない。 沈黙要員も居ない。 盾2の回復1という徒党だ。 それでも医術である私は その回復量を生かし なんとしてでも勝たなければと思っていた。 詠唱役は古神だ。 全治多めで行く私にとっては ありがたい特化。 気合も詠唱もしっかり管理してくれる . . . 本文を読む
コメント

怒りの入り口

2017-08-24 16:11:17 | 舞葉きらり
隠れ里への開放によって姉様は時々そちらへ出向くようになった。 もう私が報告するような事も無いし 私達姉妹は自由に生きるようになっていた。 生産は進めているが 資金に苦労しなくなった姉様は あまり私を必要としなくなった。 戦闘には昔と変わらず無関心だった。 九州へも誘われるがままなんとなく参加している程度。 姉様経由の知人と出かけたり詩皇さんのお誘いに乗るくらいだ。 正直医術という特化 薬師 . . . 本文を読む
コメント

懐かしい技能

2017-08-22 19:57:18 | 冥神真琴
初めて来た場所なのになんだか懐かしい。 両替前の広場では低LVさんが走り回り 昔懐かしい装備をまとった方々をあちこちで見かける。 それと同時に修行人として高LVさんが低LVさんに 赤募集を出しお声をかけている。 外へ出てみると決して広くは無い野外で 黙々と1人狩りをしている方がいたり 採集をしている姿が見られる。 時が巻き戻されたような気がした。 こんな簡素な装備を 身にまとってい . . . 本文を読む
コメント

現実逃避

2017-08-21 19:37:03 | 冥神真琴
あの府内4ノック以来 万梨阿さんと堺でお会いする事が増えた。 昔話をするような事は無かったけれど 「こんにちは^^」 と見かければよくご挨拶をしてくれた。 果鈴の知人を含め あの時代に出逢った人の姿は無い。 でも もしかしたら 私の知らない養子さんがこの世で動いているのではないか…。 そんな思いがよぎるようにもなっていた。 会いたい。 今ならきっと迷惑にならないようご一緒 . . . 本文を読む
コメント