ログアウトは両替前で ーある巫女の記録ー 

信長の野望オンラインでの体験を小説風に綴っていきます。
無印からの体験です。

退屈しのぎ

2015-12-24 23:23:54 | 冥神真琴
一人で過ごす日々が続いていた。 修行がしたい。 でもたくさんの輪の中に入る元気が 今の私には無い。 特化に悩む果鈴。 あまり戦闘に興味の無いきらり。 私の欲しい情報は何一つ手に入らず 毎日毎日鼓の手入れをする日々。 いつか私を助けてくれた神主様を 思い出す。 今でもあの方は憧れだ。 名前も姿も薄れてしまっているが あの迷いのない動きが 目に焼き付いて離れない。 ・・・。 そうだ。 神 . . . 本文を読む
コメント

破りと看破と術止めと

2015-12-24 01:02:54 | 果鈴
「あのねっ、何かlvが上がれば 上がる程 私弱くなってる気がするんだよね・・・」 船に乗り込んだ私は兄貴に 話し始める。 「そんな訳はないで!? ちゃんと強くなってるやろ??」 兄貴は大きく頷く。 「腕力装備は能力上がらないし 知力装備したところで威力も低いし ボスなんて何していいかわからないっ」 少し愚痴っぽくなる私に兄貴は 「どんな特化にしたってなぁ 忍者は忍者やっ! 忍者なんてな . . . 本文を読む
コメント

忘れられない夕日

2015-12-24 00:37:08 | 果鈴
クエをなんとか済ませ私は すぐにその場を立ち去った。 もう自分に自信がない。 楽しかった関係が確実に崩れて来ているんだと思うと悲しかった。 「果鈴!丁度いいところに!!」 稲葉山に入った瞬間手をつかまれた。 「兄貴・・・」 私の泣き顔にちょっと驚く荘庵兄貴がそこにいた。 「金山つき合え・・・って・・・ 何かあったんか??」 やばいっ!! 泣き顔なんか見られたくないっ! 私は涙を早々 . . . 本文を読む
コメント