ログアウトは両替前で ーある巫女の記録ー 

信長の野望オンラインでの体験を小説風に綴っていきます。
無印からの体験です。

逃げない覚悟

2017-04-20 09:00:49 | 果鈴
「最近どうしたんだ?果鈴。
あまり稲葉で見かけなかったが…。」

久しぶりに稲葉へ出向いた私に
駆部ちゃんは心配そうに声をかけた。

兄貴と会った後から私は
岡崎から出る事が出来なくなっていた。


わかってる。
呼子ちゃんもきっと私の態度に
疑問をもっているのだと思う。

四神の後一言も言葉を交わさず
私は兄貴と稲葉をでてしまったのだから。

でも絶対このままじゃ良くないよねっ!
喧嘩したわけでも無いのに
こんな風に逃げてちゃ…。
だから今日は呼子ちゃんに会えるまで
稲葉にとどまろうっ!

「なんにもないよっ♪
ちょっと色々忙しくてなかなかこっち
これなかっただけっ!」

私は駆部ちゃんに笑いかける。

「そうか…。それならいいのだが。
みんな最近はバラバラに動いているからな。」

駆部ちゃんは少し寂しそうに言った。

みんな着実にlvを上げている。
多分駆部ちゃんも芽侖もこの雰囲気はわかってるはず。


私が壊しちゃったようなもんだよね。

「果鈴!!」

聞きなれた声が無線に入る。

「今稲葉??ちょっとそこにいてっ!」

芽侖だった。

なんとなく胸騒ぎがしたけど今日は逃げないと決めていた私は
ただ芽侖の到着を待った。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 薬師党首の負担 | トップ | 言いにくい事 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。