ログアウトは両替前で ーある巫女の記録ー 

信長の野望オンラインでの体験を小説風に綴っていきます。
無印からの体験です。

神典として

2017-04-18 19:42:19 | 多岐川琉聖
神職は修得が大変だとは聞いていた。
しかしまぁよくこんなに目録があるもんだな。

稲葉で生まれ稲葉で育ち狩りにも困らず商いも多い。
この勢力でなければもらえない目録もある。
だからここには神職が多い。

圧倒的に多いのは古神典だ。
毎度毎度気合に苦しむ戦闘には有利。

雅楽をやっている方はベテランの方か。
合戦にも強ボスにも立ち向かえる技能が多い。

神典は・・・。

とりあえず金持ちの暇つぶし

という風に見られているだろうな。



金なんかないぞ。



ただ男なら攻撃したいというだけだ。


神典が陰でどう言われているかは重々知っている。
だからこそ気合管理のできる神職に
詠唱を切らさない神職に
俺はなりたいとも思っている。

冥神さんは確か古神予定だ。
歩いているだけでもお誘いを受ける特化。

情報収集の為にこの職をやらされているのはわかっているが
神典としてどの位神職の仕事がこなせるのか
本当に神典は不遇なのか試してみたい気持ちになっていた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 報告 | トップ | 四神 »

コメントを投稿

多岐川琉聖」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。