ログアウトは両替前で ーある巫女の記録ー 

信長の野望オンラインでの体験を小説風に綴っていきます。
無印からの体験です。

去る人と帰ってくる人

2017-12-07 16:11:49 | 冥神真琴
鬼門PT 松島PT 凶変と道摩での狩り。
藤原屋伝助さんからの瓦 九州城ノック。

毎日毎日同じような募集が並んだ。
党首として赤募集を出してくれている方には感謝している。
けれど
行きたいか と問われれば そうでもない という
生意気な答えがそこにあった。


中級者の方が掲げる赤募集。

「誰か助けて下さい;;」

そういう雰囲気でもない。
とりあえずクエだから行くけど
武功欲しければ来れば?


そんな風に見えるようになってしまっていた。




両替前でぼんやりする日々が続く。



九州野戦。
お手伝いに入る度感じる雰囲気。


「武功目的の高lvの手伝いいっぱい集めたし
自分は配布装備で十分だよねw」


そんなクエ対象者を冷めた目で見る高lv。


「せめて袋位なんとかできるだろ。
緊張感なさすぎ。」




私はため息をつく。



「よろしくお願いします。」

「お疲れさまでした。」


ほぼこの言葉のみが徒党内での会話だ。




誰が悪いわけでもない。
私だってその1人。




体が
重い…。




岳さんもこの頃姿を見せない。
1人づつ着実に消えていく知人欄。
一門に入らないという私の選択は
間違っていたのだろうか。

自問自答する日々。



「まこタン!w」

「!!」

懐かしい声。


「馬流さんっ!?」

「久しぶりw」


あれからずっと姿をお見掛けしなかった。
詩皇さんが居なくなった事知らないかもしれない。


「詩皇さんしばらく来れないっていってたよ?」

「そうなの!?w」

「うん。入れ違いだったねぇ…。」

「寂しいなぁw」


馬流さんは詩皇さんが本当に好きだったからなぁ。


「岳さんも最近はいないんだ…。」

「えーw」

「きっとひょっこり戻ってくると思うけどね^^」

「そっかーw」


去って行く人 帰ってくる人
その度に一喜一憂する。
それがこの世なのだ。


「まこタン。クエ手伝ってくれる?w」

「うん^^もちろん^^」



必要としてくれる方の元へいく。
そんな暮らしになり始めたのがこの頃からなのかもしれない。


武功なんていらない。
様々な事にもう傷つきたくない。
自分を守る為だけの卑怯な暮らしだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人取橋での試練 | トップ | 開放 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
出迎えてくれる幸せ (真宮寺八雲)
2017-12-07 19:16:45
戻られた方が、一番嬉しいのは自分を出迎えてくれる方の存在だと思います。その方の知人欄も同様の寂しさを見せていたでしょう。その中で灯っていた真琴さまの名を見た時、きっと嬉しさ以外にも温かい感情が生まれたのではないでしょうか。私にしても、長い空白の後、真琴さまのような想いを持つ方と出会えたことは、何より嬉しい事でした。だから、こう言わずにはいられない。貴女は決して卑怯ではない、と。
Unknown (冥神真琴)
2017-12-08 00:24:05
そのように言って下さるとは
なんとも言えない気持ちになります。
私が出来る事というのはとても小さな事で
けれど人によっては何かきっかけになるのでは無いかと
そんな淡い期待を少しだけ持っておりました。
有名な素晴らしい方もたくさんこの世には存在しますが
静かに片隅でそっと暮らしている方にも
素晴らしい方というのはたくさんいて
そういった方が孤独に耐えられず消えていくのは
もったいないような気がしています。
けれど誰からの支援も受ける という考えから
人を選んで支援をしたい
様々な環境からそう思い始めるようになってしまいました。
喜ばれない支援程
虚しいものは無いのです。

コメントを投稿

冥神真琴」カテゴリの最新記事