ログアウトは両替前で ーある巫女の記録ー 

信長の野望オンラインでの体験を小説風に綴っていきます。
無印からの体験です。

付与石

2017-05-15 19:14:27 | 冥神真琴
私は小谷の貴石屋にいた。

売り子さんを色々と観察し付与石の価格を調査しつつ
魅力小刀と袋を揃える事ができた。


これで少しは魅力が上がったかな…。


特殊装備も魅力だけなら安く手に入ったし
生気無しだからどの装備も付与石作成用装備になるけれど…。




私は付与石作りをどうしても諦められなかった。


貫が貯まると時々ほんの少しだけ打って「運」とやらを試していた。
贅沢は言わない。
首飾り以外で重宝される物をいつか販売してみたいだけ。


今まで水属性と火属性以外は全部打ってみたが…。


生命石や気合石は売れそうな物がいくつか出来る。
腕力は全く作れる気がしなかった。
魅力はなんとか10が出来る程度。


属性石や器用石は打っている方が少なく
相場が微妙な為数は打っていなかった。


今日も後200貫位打って終わりにしよう…。



どうせ駄目だしいつもは打たない石を打とう。

私はさんごを数個買い作成を始めた。



いきなり器用+2の耐久-4

-の方が大きいってどうなのよ…。


あいかわらず貴石屋は苦笑いだ。




あっち向いて打とう…。



私は貴石屋に背中を向け再び打ち始める。

器用+5!!

-が無い!!


私は急にドキドキし始める。

心を込めてゆっくりとさんごを入れる。


…+6。

そして鍛錬は埋まった。


せめて10は出来ないと誰も欲しがらない…。



そんなゴミ石が毎度ながらいくつもでき
残りは後2つしか作れない状態になった。



私は使わないが腕力で12とか出来たら需要あるんだけどなぁ。

またマイナスになった分TDで稼がなくちゃ…。


そんなぼんやりした気持ちで需要の少ないさんごを付与石に入れる。


+6…。

-無し。

鍛錬は7


そうね、そうね、
この後+1付いて-5辺りの鍛錬埋まりが出来上がるんですよね、知ってますよ、私は。



投げやりにもうひとつさんごを入れる。




+12…。

じゅ…12!?まってまって!


12なら売れるかもしれない!!




あれ?

ちょっとまって!!これは…。


鍛錬が13?

余ってるんですけどー!?



器用12の鍛錬余りの価格って一体どの位なのー??




私は辺りを見回すと震える手を押さえつつ失くさないように両替へと急ぐのだった。







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 時の移り変わりの中 | トップ | 付与石の使い道 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。