小関順二公式ブログ

プロ野球、アマチュア野球、野球史

ストップウォッチのこと

2016-06-24 15:39:53 | 日記・野球のヒント

 ストップウォッチ持参で野球を見るようになったのは2002年の8月から。その前月のほぼ3週間、アメリカに渡って高校野球(ショーケースなど)、大学野球(サマーリーグ)、MLB2A3A、メジャーリーグを見て、アメリカでは能力判定のさまざまな分野でストップウォッチが活用されていることを知り、自分も是非使いこなしたいと思った。

 7月下旬に帰国して試しに高校野球の神奈川大会で使い始めたが、スタートボタンを押すタイミングやストップボタンを押すタイミングが難しく、慣れるのに時間がかかったなぁ。機種は2000円前後のものをいろいろ試した結果、今はセイコーのALBA PICCOに安定している。ビックカメラで1600円くらい。

 主に計測するのは「打者走者の各塁到達タイム」で、それ以外では「投手のクイックに要するタイム」「捕手のイニング間・実戦での二塁送球タイム」「投手の投球に要するタイム」「一塁走者の盗塁に要するタイム」を計測している。「打者走者~」の合間にクイックなどを計測しているという感じだろうか

 1球ごとにボタンを押しているので傷みが早く、ほぼ100試合で故障する。約3カ月ごとの交換になるので1年で3台買っている勘定だ。ストップウォッチなしで観戦すると素っ裸で放り出されたような不安があり、プレーが記憶に残らない。そうならないように100試合が近づくと予備に1台買って持ち歩く。

 ストップウォッチのいいところは試合に飽きないこと。一投一打以外の走力に目配りが生まれ、野球観戦に奥行きが生まれる。是非、試してほしい。


この記事をはてなブックマークに追加

投手陣を年齢別に分類して将来を占う セ・リーグ編

2016-06-22 16:23:30 | 2016年プロ野球

 セ・リーグ各球団の投手陣を細かく、若手(~23歳)、中堅(2427歳)、若年寄(2830歳)、ベテラン(31歳~)に分類してみた。中堅までに現在の主力が多数派を占めていないと将来の見通しが暗いというのは言わずもがな(選出メンバーは15人ずつとした)。

 来季に向けて見通しが明るいのは中日、DeNA2球団で、とくにDeNAは砂田、今永、石田の主力に加えて、ファームで勝ち頭(54敗、防御率2.90)の飯塚が控えていて心強い。中日もベテラン偏重の重苦しさがようやく軽減されてきた。若手に一軍の実績のある若松、小笠原がいるのが大きく、中堅の顔触れも非常に充実している。来シーズンの台風の目になりそうだ。

 阪神はこれまで誰もやれなかった若手抜擢という荒業を金本知憲・新監督が断行してくれたおかげでだいぶ若返った。広島は20歳代前半の塹江敦哉。藤井皓哉、辻空、中村祐太あたりが本格化すると面白くなるが、今一歩というのが正しい現状認識。巨人は日本を代表する大エース・菅野がいても若手・中堅に人材が乏しく苦戦は必至、ヤクルトは壊滅状態に近い顔ぶれと言ってもいいだろう。

 

1923歳(高校卒5年目まで)

ヤ…原樹理23

巨…田口麗斗21歳、今村信貴22歳、桜井俊貴23

神…藤浪晋太郎22歳、横山雄哉22歳、歳内宏明23歳、青柳晃洋23

広…岡田明丈23歳、戸田隆矢23

中…小笠原慎之介19歳、若松駿太21歳、濱田達郎22歳、佐藤優23歳、野村亮介23

De…飯塚聡史20歳、砂田毅樹21歳、今永昇太23歳、石田健大23歳、熊原健人23

 

2427歳(高校卒9年目、大学卒5年目まで)

ヤ…杉浦稔大24歳、小川泰弘26歳、八木亮祐26歳、秋吉亮27

巨…宮國椋丞24歳、戸根千明24歳、菅野智之27歳、高木勇人27

神…岩貞祐太25歳、岩崎優25歳、石崎剛26

広…中崎翔太24歳、横山弘樹24歳、大瀬良大地25歳、今村猛25歳、九里亜蓮25歳、

  一岡竜司25歳、中田廉26歳、野村祐輔27歳、中村恭平27

中…福敬登24歳、福谷浩司25歳、岡田俊哉25歳、小川龍也25歳、又吉克樹26歳、

  小熊凌祐26歳、田島慎二27

De…山崎康晃24歳、三嶋一輝26歳、三上朋也27歳、田中健二朗27歳、平田真吾27

 

2830

ヤ…石山泰稚28歳、村中恭兵29歳、久古健太郎30歳、古野正人30

巨…田原誠次27歳、澤村拓一28歳、小山雄輝28

神…榎田大樹30

広…福井優28歳、小野淳平29

中…大野雄大28歳、祖父江大輔29

De…山口俊29歳、井納翔一30歳、須田幸太30

 

31歳~

ヤ…成瀬善久31歳、山中浩史31歳、中澤雅人31歳、館山昌平35歳、石川雅規36歳、

  新垣渚36

巨…西村健太郎31歳、山口鉄也33歳、大竹寛33歳、内海哲也34歳、杉内俊哉36

神…岩田稔33歳、高橋聡文33歳、高宮和也35歳、藤川球児36歳、能見篤史37歳、

  安藤優也39歳、福原忍40

広…永川勝浩36歳、黒田博樹41

中…山井大介38

De…久保康友36歳、三浦大輔43


この記事をはてなブックマークに追加

城所龍磨、細谷圭の遅すぎる素質開花

2016-06-21 15:20:30 | 日記・野球のヒント

 城所龍磨(ソフトバンク・外野手)の突然の成績上昇が大きな話題になっている。昨年まで13年間の通算打率.166や通算48安打をみれば“突然変異”と言われても仕方ないが、溌剌とした高校時代のプレーや鮮烈だった1年目のキャンプの印象からすると遅すぎる素質の開花である。

 鮮烈だった1年目のキャンプの印象とは、04年の宮崎・生目の杜運動公園・第二野球場で行われたフリーバッティングのことである。新人の明石健志、榎本敏孝、金子圭輔や2、3年目の若手がほとんど柵越えできない重苦しい雰囲気の中、城所は絶妙のタイミングでボールを捉えるとポンポンという形容がぴったりするような軽快さで柵越えを連発したのである。

 自分の持ち味は長打力ではないという思い込みと二軍指導者のスモール重視のコーチングで長打を捨てたわけだが、金本知憲・阪神監督が口癖のように言う「強く打つ」ことまで捨てることはなかった。今の活躍は確かに驚きだが、“超高校級”と評価された高校時代を振り返れば全然不思議ではない。ダイエー・ソフトバンクという屈指の指導力をもってしても城所の素質開花には13年も費やしてしまったのかという無念の思いのほうが強い。

 城所以外ではロッテの細谷圭も太田市商時代は“上州のゴジラ”の異名を取る強打者で、私は高崎城南球場で強烈な打球のホームランを見ている。素質の開花を遅らせたのは指導者の「足と守りなら一軍でも使える」という可能性を小さく推し量る思い込みのせいだと思う。阪神の原口文仁にもそういうものを感じてしまうのである。

 

<城所龍磨>上段 07~15年成績、下段 16年成績

◇試合 打席 打数 安打 HR 打点 盗塁 四球 死球 三振 打率 出塁率 長打率

 589  320  290   48   1   21  51   14   2  105  .166   .213   .259

  41  101   92  33   6   18    6   8   0  23  .359  .630   .410

<細谷 圭>上段 07~15年成績、下段 16年成績

◇試合 打席 打数 安打 HR 打点 盗塁 四球 死球 三振 打率 出塁率 長打率

212  329  296  56  5  25  3   21  1  98  .189  .243   .270

 53  202  188   56  3   24  7   10  1  44  .298  .337   .452


この記事をはてなブックマークに追加

大学ジャパン代表24人が決定!

2016-06-19 15:58:50 | 2016年大学野球

 大学ジャパン代表24人が決まった。投手では黒木優太(立正大4年・右左)、柳川優太(中京学院大4年・左左)、野手では長澤壮徒(上武大4年・右右)の落選が目につく適度。選出された選手を所属リーグごとに紹介すると次のようになる。

 東京六大学8人、東都大学3人、関甲新大学3人、神奈川大学2人、首都大学2人、関西学生2人、その他4

 大学選手権初戦負けの東京六大学リーグ(明治大)から8人選出されているのが意外で、個人的には選手権、紅白戦でよかった柳川、ストレートが力強い黒木、さらに内・外野手12人中、左打ちが7人集中しているアンバランスを考えて右の強打者・長澤を六大学選手の代わりに選出してもよかったと思っている。

 

[投手]9

水野 滉也(東海大北海道4札幌日大)右右 17575

柳  裕也(明治大4横浜高)右右 18080

田村伊知郎(立教大学4報徳学園)右左 17380

佐々木千隼(桜美林大4日野)右右 18276

吉川 峻平(関西大4関大北陽)右右 18371

伊藤 将司(国際武道大2横浜高)左左 17782

宮台 康平(東京大3湘南)左左 17883

齊藤 大将(明治大3桐蔭学園)左左 17974

濱口 遥大(神奈川大4三養基)左左 17370

[捕手]3

吉田 高彰(上武大2智辯学園)右右 18082

牛島 将太(明治大4門司学園)右右 17980

森川 大樹(法政大4桐蔭学園)右右 16878

[内野手]7

山﨑  剛(國學院大3日章学園)右左 17272

大山 悠輔(白鴎大学4つくば秀英)右右 18184

北村 拓己(亜細亜大3星稜)右右 18187

森下 翔平(東海大学4東海大相模)右右 18083

楠本 泰史(東北福祉大3花咲徳栄)右左 18078

京田 陽太(日本大4青森山田)右左 18480

吉川 尚輝(中京学院大4中京)右左 17573

[外野手]5

島田 海吏(上武大3九州学院)右左 17570

佐藤 拓也(立教大4浦和学院)右左 17376

大西 千洋(法政大2阪南大高)右左 18176

濱元 航輝(神奈川大4柳川)左左 18176

辰己 涼介(立命館大2社)右左 17868


この記事をはてなブックマークに追加

低調だった全日本候補の走塁

2016-06-18 18:28:51 | 2016年大学野球

 大学日本代表選考合宿2日目に行われた紅白戦、私が俊足の目安にしている打者走者の「一塁到達4.3秒未満、二塁到達8.3秒未満、三塁到達12秒未満」をクリアしたのは紅組が島田海吏(上武大3年)、白組が京田陽太(日本大4年)の2人だけだった。2014年の初日は白組67回、紅組44回、2日目は白組46回、紅組44回だったので、今年は低調と言われても仕方ない。2年前のタイムクリアはのちにプロ入りした吉持亮汰(大阪商業大楽天)、吉田正尚(青山学院大オリックス)、中村奨吾(早稲田大ロッテ)、茂木栄五郎(早稲田大楽天)、柴田竜拓(国学院大DeNA)たちなので、今年のメンバーは単純にプロ入りする実力がないのかもしれない。

 投手は見応えがあった。140キロ台中盤超えを計測したのは次の4人。

 黒木優太(立正大)  152キロ

 濱口遥大(神奈川大) 148キロ

 柳 裕也(明治大)  146キロ

 津森宥紀(東北福祉大)145キロ

 変化球は濱口の遅速2種類のチェンジアップや柳の真縦に変化するカーブが素晴らしく、その柳のカーブをセンター前に弾き返した山崎剛(国学院大3年)のバッティングも見事だった。明日の最終日は見られないが、野手30人には走塁にもっと意欲的に取り組んでほしい。


この記事をはてなブックマークに追加