公星ハウジングのハムスターブログ

日々の出来事を綴っていきます!

気力で戦ったロシアW杯

2017-06-16 14:53:04 | 日記
   「ワールドカップアジア最終予選」イラク戦。
  勝てば出場に一歩前進する大事な試合を、
  主人とテレビ応援

   ボールが風に流される中、大迫がシュート(枠外)。
  原口のシュートはGKに止められえる。
   (残念)。
  
   本田がコーナーキックから蹴ったボールを、
  大迫が頭で合わせて先制ゴール
  (ヤッター。前半8分、まだまだ点は取れる)。

   イラクの始めてのシュートは、枠の上。
  ヘディングボールは、ゴール左にそれて助かった
  選手は、気温37°の暑さと、乾燥で体力が奪われていく。
  給水タイムでホット一息ついたものの、
  ロングボールで迫って来るイラク。
   
   イラクのシュートをGK川島が止める。
   
  イラクに押され気味になったけれど、
  大迫の一点で前半終了。

          
   後半は、日本陣営でのヒヤヒヤプレーが続く。
  最初にイラクが選手交代し、
  日本も、脳震盪の疑いがある井手口に変わって、今野を投入。
  大迫・原口のシュートは枠外
  原口から倉田に選手交代。
  
   イラクは選手交代をしてから、中盤が機能するようになり、
  後半27分に同点ゴールを入れる。

   足を痛めた酒井宏樹に変わって、酒井高徳を投入。
  もう交代枠がない。
  イラクも足のつった選手の交代で枠を使い切る。

   本田のシュートはGKの正面。ネットを揺らすことなく、試合終了。
      
   今日の試合は、気力と体力の消耗戦。
  見ていても気の毒になる程、足が思うように動かない。
  それでも最後まで自分の役割を、しっかりとこなす選手に脱帽。
  
   空席が目立つスタンドの中、日本のサポーターは、
  テヘラン(イラクの政情不安のため)まで応援に駆けつけている。(偉い)
  
   世界ランキング120位のイラクに、勝てると思っていたけれど、
  ドローで試合終了。首位は守ったけれど、残念。
  8月31日オーストラリア戦に勝てば、
  6大会6回目のW杯出場が決まる。頑張れ
        
      当社のHPはこちらです 
    http://kosei-hs.jp/index.html
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 携帯変えたが、役立たない | トップ | 都議選の火蓋は切られた »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。