公星ハウジングのハムスターブログ

日々の出来事を綴っていきます!

倉吉と三徳山

2017-05-14 14:45:11 | 日記
   白壁土蔵群、赤瓦の店舗を覗きながら、
   
   (お土産はその時買わないと駄目ですね。
    地酒を買い損なって、いま後悔しています)
   
   玉川沿いをのんびり歩き
   
   
   大蓮寺をお参りして、
   

   お蕎麦屋に入り、ざるそばを注文。
   
   (そば粉で作ったおせんべいと漬物付き。サービス満点)
   
   蕎麦湯は、そば汁で割らずにそのまま飲見ましたが、
  だしのお味がとても美味しく、何杯でも飲みたくなります。
  おそばも最高美味しかった。
  
   静かで綺麗な商家の街並み、打吹山の緑と心地よい倉敷を後に、
  「三徳山三佛寺」謎の投入堂へ。

     
   三徳山参道入口
   

   参拝受付案内所で「拝観志納金」を払い、
  皆成院、輪光院に寄りながら、三佛寺本堂をお参りして、
   
  「登山参拝受付事務所」に行くと、「投入堂」入山手続きは
  3時で受付終了。5分過ぎただけでも入れてもらえず、
  がっかり。(寄り道しなければ間に合ったのに)
     
   門を入り(写真右矢印)、朱塗りの宿入橋(しくいりばし)を渡ると聖域に。
  「神と仏の宿る三徳山投入堂」へ難所の山登りが始まるはずでした。
  ここまで来たのだから、行けるところまで行きたかった。
   
   写真左は「注連掛杉(しめかけすぎ)」

    
   投入堂まで行けない方が拝める「投入堂遥拝所」から、
  備え付けの望遠鏡で、はっきり見ることが出来て良かった。
  

     当社のHPはこちらです 
    http://kosei-hs.jp/index.html
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  白兎海岸と東郷池 | トップ | 蒜山高原・大山寺 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。