公星ハウジングのハムスターブログ

日々の出来事を綴っていきます!

蒜山高原・大山寺

2017-05-19 15:04:24 | 日記
   和食の朝食をお腹いっぱい食べ、喫茶に行くと、
  カウンターに従業員手作りの、かわいい作品が置いてありました。
  「よかったらどうぞ」のお言葉に甘えて、
  折り紙のランドセルとバラの花をいただきました。
  (傘も欲しかったけれど、そこまで図々しくなれなくて
   

   和風庭園を見ながら、モーニングコーヒーで至極のひと時を過ごし、
  修学旅行並みの、スケジュールに出発。   
   

   雪が輝く雄大な大山を見ながら、蒜山高原へ
   
   (何処を走っていても、よく見えます)

   蒜山高原は、広大な高原と牛を見るだけかと思っていましたが、
  想像以上に開けていて、軽井沢を思わせる別荘地には驚きました。

   大山は圓流院から、
   
  
   受付の人から、「仏様に手を合わせてから、
   
  座布団の上に寝転んで、天井画を見てください」と説明を受け、
  寝転んで見た、神様であり、仏様の妖怪天井画に感動。すご~い迫力。
   
   (実際は110枚ありますが、「阿弥陀浄土」と「補陀落浄土」
    を除いて108枚になる、と説明をいただきました)

   渾身の作、中央「からす天狗」は、大山のシンボルだそうです。
   
   (はっきり見えないので、拡大したのが右の写真)
   
   圓流院から階段を登って約10分。国の重要文化財で、
  阿弥陀三尊像が祀られている「阿弥陀堂」も参拝しました
   
      
       
   宝物館
  大山寺の貴重な宝物と仏教美術が展示されていましたが、
  薄暗くてはっきり見ることが出来ませんでした。

   山門を潜り、歴史を感じる参道を進み、  
   護摩堂本尊不動明王を見て、
   
   
   大山寺本堂を参拝し、
   

   全国最大級を誇る権現造りの社殿、大神山神社奥宮へ
       

   下山神社にも行きました。
  
   
   大自然に囲まれた大山寺。
  自然石の石畳としては、日本一長い参道を、
  神秘的なパワーを感じながら、歩きました。
  
  パワーを貰って、「水木しげる妖怪の世界」に 。  

       当社のHPはこちらです 
    http://kosei-hs.jp/index.html
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 倉吉と三徳山 | トップ | 水木しげる「妖怪の世界」ゲゲゲ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。