何でも実習生の実習日誌

電子工作、模型スチームエンジン工作など、何でも工作が大好きです。
手持ちの工作機械は卓上ボール盤だけ、全て手作りです。

広い湖での走航は気持ちが良い

2016-12-20 16:18:55 | エンジン工作


2016/12/18 (日曜日) 晴れ


工作友人からお誘いをいただいて、ちょっと遠方の湖へ模型スチームエンジンボートを
走らせに出かけてきた。
この日は風が全くない穏やかな日でスチームエンジンボートを走らせるのには絶好の日和だ。
こんな穏やかな天気の日は滅多にないんだそうだ。

お互い顔を見あいながら

「日頃の行いが良いんだろうね‥」

だなんて頷きあったが、ほんとうかねぇ・・・そんなに行いが良いとは思えないが・・・
まっ、我が家から車で1時間ちょっとかかる場所まできたんだから、コンディションが
良いのはありがたいことだ。


湖の畔は水辺まで安全に降りられるように整備されている。
その階段状の堤でボート走航の準備をした。



今日の走航の様子を撮影しようとラジコンのコントローラにカメラを取り付けようとしたが
カメラが見つからない。
ありゃ、家に忘れてきてしまった。 なんてぇこったい。
仕方がないので別のカメラを用意して撮影することにしたが、これは操縦しながら撮影する
というわけにはいかない。
そこで厚かましくも工作友人に操縦をお願いした。

風はなくてさざ波ひとつ立たない水面は鏡のようだ。
上空の青空や白い雲が映ってとてもきれいだった。
その水面をオイらのスチームエンジンボート1号はスイスイ?と・・・


その様子を動画でご覧ください。





何回かの走航を繰り返したがノートラブルで終えることができた。
JANJANJANさん、いろいろありがとうございました。


このボートは作り始めてからもう4、5年は経つだろう。
最初は固形燃料4個を燃やすボイラーと縦型複動式2気筒エンジンのパワープラントで
ノロノロと走るだけ。 
よくみないと止まっているのか動いているのかわからない程だった。
その後はパワーアップを目指して悪戦苦闘。
燈心が20本近いアルコールランプを作って燃焼させたこともあった。
これは燃え出したら消すことができず、あえなく失敗。
行きつくところはガス炊きだった。
バーナーの自作などは思いもつかない。
市販のガスコンロを分解して転用したバーナーを使ったボイラーで少しは走りは良くなった。
しかし、まだまだ・・・
エンジン改良、バーナーの自作・・・そんなことを繰り返してやっとここまできた。

工作友人曰く、「これ以上のスピードアップは船体を工夫しなくてはできないよ」
           (この船体は重さが15Kg近くもある。)

いや、いや、もう船体工作は懲り懲りだ。
1号艇(本船)を作ったときの苦労をもう一度繰り返したいとは思はない。
この速さで結構でございます・・・というところだね。(笑い)












ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スチームエンジン・ボートの... | トップ | 久しぶりのプリント基板作成 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
最高 (JANJAN)
2016-12-20 17:28:55
見事な走りでした。
この時期滅多に無い好天で何よりでした。
又、遊びましょう!
お世話になりました (実習生)
2016-12-20 21:58:00
JANJANJANさん、こんばんは。
当日はいろいろお世話になりました。
高周波部品のお土産、ありがとうございました。
またいつか遊びに行きたいです。
よろしくお願いします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。