何でも実習生の実習日誌

電子工作、模型スチームエンジン工作など、何でも工作が大好きです。
手持ちの工作機械は卓上ボール盤だけ、全て手作りです。

NWT150 VFO変調アダプタ完成

2016-12-31 18:36:06 | 電子工作
2016/12/31(土曜日) 晴れ


スイープゼネレータNWT150のVFOをテストオシレターにしてみようと
その出力を変調するアダプターを工作してきた。
工作に取り掛かってからもう2週間になるのだが失敗を繰り返していた・・・・


テストOKになった基板をケースに組み込むと異常になってしまう。 



回路定数を変えたり構成を変えたりして基板剥き出しでは正常に動作するようになったが
ケース収めると動作が不安定になってしまう。
こんなことを何度も繰り返してしまった。

何でだろう?
ケースに入れて何か変わることって・・・?

あっ、そうだ! 出力レベル調整用のボリュームが問題かも知れない。
このボリュームはケースに取り付けたままで、基板テストの時は固定抵抗器で代替えしていた。
このボリュームは最大抵抗値は100Ωだ。
出力抵抗を低くしようと思って100Ωなんていう値にしたのだがそれが問題なのかも知れない。
もっと大きな抵抗値のボリュームにしてみよう。


ジャンク箱をかき回して探したボリューム。(可変抵抗器)



その中に何か高級そうな感じがする約2KΩのVRがあった。
相当昔のものなのでガリオーム化が心配だ。
アナログテスターで抵抗値の変化を確認してみた。





抵抗値の変化は滑らかでガリオーム化はしていないようだ。


100ΩVRを外して2KΩVRに換えた。





今度はOKだ!

今までVFOの信号はこのアダプタを通過すると減衰してしまったが、今度は10倍以上の
増幅をしている。



変調を掛けてみるときれいにかかる。



アダプタの出力をPCレシーバーで受信して確認してみた。
変調音もきれいに聞こえた。
出力レベルも調整できる。

その様子を動画でご覧ください。




この変調アダプタが実際に役立つかどうかは使ってみなくてはわからない。
作りかけの「何でもアンプー1」で実験してみよう。






最終的な回路図はこんな定数になりました。




失敗続きだったこのアダプタを何とか年内に完成?させることができてよかったです。

長らく応援してくださった皆様、ありがとうございました。
また新年もどうぞよろしくお願いいたします。






ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« NWT-150のVFOをテ... | トップ | 明けましておめでとうございます »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
成功 (JANJAN)
2016-12-31 19:48:07
上手く出来ましたね。
変調音も綺麗です!
ボリューム100Ωが原因とは! (実習生)
2016-12-31 20:15:34
JANJANJANさん、やっと出来上がりましたよ。
回路も10倍ばかりの増幅度が出ました。
100Ωのボリュームが原因だったんですねぇ・・・
これを使って「何でもアンプ」の増幅度を調べてみます。

カスコード増幅回路はおもしろいですね。
今度はFETで実験してみたいです。

大晦日ですねぇ・・・ 良い新年をお迎えください。

コメントを投稿

電子工作」カテゴリの最新記事