何でも実習生の実習日誌

電子工作、模型スチームエンジン工作など、何でも工作が大好きです。
手持ちの工作機械は卓上ボール盤だけ、全て手作りです。

今度はアップコンバータの工作を

2017-07-15 19:59:25 | 電子工作

2017/07/14(金曜日) 晴れ


前回は320MHzのエアバンドを110MHzにダウンさせて超再生受信機で
受信するという工作をして一応うまく動作させることができた。
そこで今度は短波放送(10MHz~20MHzぐらい)を110MHzにアップ
して受信してみようと工作を始めた。


プリント基板を作る。 前回工作のダウンコンバータ用と今回のアップコンバータ用、それに
アップコンバータ用のLOCの3枚を作った。
マジックインキの補充液を細い筆(面相筆)に付けてパターンを描くのだが、インクが手について
真っ黒に汚れてベタベタして気持ち悪い。 



エッチング。 真夏日なのにエッチング液を加温している。
スチームエンジン用のボイラーも最近はこんなことにしか使わなくなってしまった。



工作中に雷鳴が聞こえてきた。
北の空を見たら真っ黒い雲が広がっていた。
ヤバイな・・・お代官は重度の雷恐怖症だ。
きっと「工作を止めて家に入りなさい!」っていうだろうな・・・
だけどエッチング中だから出来上がるまでは中止できないよ。

あともう少しだ。 雷さん、鳴らないでください・・・・



エッチングが済んだ基板を急いで水洗いした。
そうしたら黒い雲は遠ざかってまた青空が広がってきた。 暑いっ!
残ったマジックインキマスクを落としてスチールウールで磨いて基板は完成だ。


コンバータ基板出来上がり。



LOC基板出来上がり。




実験中。 LOCは70MHz~200MHzぐらいで発振した。



短波放送は放送局の数が多い。
これをアップコンバータで周波数を110MHzに変換して超再生受信機で聞くのだが
選択度(同調)が“超”あまい超再生受信機でうまく聞こえるかな?
コンバータのLOCの周波数を変えて放送局を選択してみようかな?
周波数を細かく変えられるようにバリキャップを使ってみようかな?

まぁ、やってみなければわからない。
何でも実習生なんだから何でもやってみよう。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 黒色ワンセグチューナが動作... | トップ | ローパスフィルタを作りたか... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。