何でも実習生の実習日誌

電子工作、模型スチームエンジン工作など、何でも工作が大好きです。
手持ちの工作機械は卓上ボール盤だけ、全て手作りです。

明けても暮れてもコイル巻き     - 短波受信機工作に挑戦 -

2016-09-15 21:22:40 | 電子工作


2016/09/15(木曜日) 雨後曇り


ここのところ毎日、コイルを巻いて過ごしている。
小さなボビンに髪の毛のように細い銅線を巻いて端子に半田付けするのだが
結構面倒だ。
それに小さなものを見つめるので目が痛くなる。




折角巻き上げたのに半田付けに失敗してほどけてしまった。 やり直しだ。



何回巻いたかわからなくなってしまうのでメモを張り付けておく。



今日までに作ったコイル。 これで0.3MHzから19MHzまでがカバーできる。



高い周波数の発振はなかなか難しい。
使っているトランジスタが昔のもので性能が低いのかもしれない。
発振波形と周波数はオシロスコープで確認できるが、ラジオ受信機でも
発振電波を受信してチェックしている。
ラジオ受信機はパソコンで操作するデジタル式のラジオで受信周波数はデジタルで
ぴったりと表示される。


その高い周波数の発振状況を動画でご覧ください。





この電波は発振しただけの無変調電波だ。
受信したときにポスっとかプツっとかいう音が入るのでそれとわかるが
やっぱり、ピーとかプーとかいう音が出た方が良い。
そこで低周波発振器からの出力を加えて変調をかけてみた。


低周波発振器の出力を発振トランジスタのエミッタに加えただけだが、
結構きれいに変調がかかってくれた。



変調実験の様子を動画でご覧ください。





波形が歪んだ発振は基本の周波数の他に2倍、3倍・・・の周波数の信号も発生する。
その辺のことも実験してみた。
これは高級な測定器がないとできない実験らしいが、オイらはラジオ受信機を使って
確認してみた。

その様子を動画でご覧ください。



13MHzの発振では2倍高調波(26MHz)しか確認できなかった。
発振波形がきれいなのかな?
いや、いや、発振出力が弱いからかもしれない。


1MHzの高調波を調べてみた。
これは高調波が沢山出ている。
25倍の25MHz付近まで確認できた。
この発振回路を使ってテスターを作ったら、どの周波数の電波を受信しているんだか
わからないだろうな・・・・


その様子を動画でご覧ください。





先日、新しく買ったもっと性能の良い(高い周波数で使える)トランジスタがある。
次はそれを使って実験してみよう。 うまくいくかな?




ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 発振回路の実験     -... | トップ | もっと高い周波数をと思った... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
やってますね! (JANJANJAN)
2016-09-15 23:49:27
自励発振器に直接変調をかけるとFMもかかります。次はFMモードでのチェックをお願いします。
こちらは夜バイトの回数が増えすぎて、趣味の方は停滞気味です。 古い測定器を引っ張り出して試験していますが、どれもこれも故障ばっかりです。メーカーに相談しても古すぎて修理も断られ途方に暮れています。
FMでも受信できます (実習生)
2016-09-16 19:13:29
JANJANJANさん、こんばんは。
発振回路実験をやってます。
うまくいったらテストオシレターを作ろうかと思っています。
でも、今更作っても使い道がないですよね。

昨日のテスト時にFMモードでも受信してみました。
正常に変調音が聞こえます。
昔、50MHzのAM変調の送信機(ファイナルは6AR5シングル)を作って
QSOしてましたが、相手局からは「FMですか?」と言われました。(笑い)

バイトが忙しいのは結構じゃないですか・・・・・
うんと稼いで新しい測定器を買いましょう!
でも、何を測定するんですか? 
今度は測定中の記事アップをお願いします。
オシレ-タ (JANJAN)
2016-09-16 20:16:04
短波の鉱石ラジオに発信器を注入してCWやSSBを聴くなんてのも面白いかも❗
銭儲けと暇は両立しませんね~✴
ジャンク箱から昔作ったデジタルLメーターとアナログCメーターが出てきました。まだ動きます。お使いになるなら差し上げます。
暇だけあっても・・・ (実習生)
2016-09-16 21:09:48
JANJANJANさん、暇だけあっても軍資金がないとなにもできません。
軍資金さえあれば、暇なんかいくらでも作れます。
夜は1時間だけ眠れば良い・・・なんちゃって(笑い)
バイトを頑張ってください。
短波を聞くにはやっぱりアンテナが大事ですね。 そうすれば鉱石ラジオでも
短波が聞こえるかもしれませんが・・・

測定器は使いこなせないですから結構です。 お気持ちだけを
ありがたく頂戴いたします。 押入れがガラクタでいっぱいです。(涙)

コメントを投稿

電子工作」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。