何でも実習生の実習日誌

電子工作、模型スチームエンジン工作など、何でも工作が大好きです。
手持ちの工作機械は卓上ボール盤だけ、全て手作りです。

μPC1676Gを使った広帯域アンプ工作  -やっぱり1段でいいかも -

2017-01-25 11:39:45 | 電子工作

2017/01/24 (火曜日) 晴れ  北風が吹いて寒い一日


μPC1676Gを使った広帯域アンプを工作した。
増幅度を欲張って2段増幅にしたが、ちょっと動作が神経質そうな感じだ。
これを超再生受信機の高周波増幅に使うには問題があるかもしれない。
そこで細切れランド切貼り方式で1段アンプを作ってみた。




ICやチップコンデンサの小さな部品を取り付けるには細切れランド切貼り方式は難しかった。
壊したチップコンデンサは5個以上・・・ 
段差のある細切れランドに押さえつけて半田付けしたらすぐ割れてしまった。
ICもピンセットで挟み損ねて跳ね飛ばして無くしてしまった。



悪戦苦闘の末、出来上がった1段増幅アンプ。(下のもの)
完成は翌日(25日)になってしまった。



オシロ(高入力インピーダンス)による波形観測での増幅度確認。 一応、150MHz付近で14.8倍だ。



NWT-150スイーパーで50KHz~300MHzをスイープしてみた。
そのグラフはこんなものでした。



-40dB ATTを挿入してスイープしたグラフを基準にすると、1段アンプのゲインは20dBぐらいだ。
オシロ波形観測結果ともほぼ一致している。

余談ですが、NWT-150の測定結果をグラフ表示するのには「Graph Manager」の機能を使うと便利です。
今までこの機能の使い方が判らず不便をしていましたが、この機能を使うと別々に測定した結果を一つのグラフ上に
表すことができて便利です。

この例では4つのスイープ結果を一つのグラフ上に表示しています。
(凡例とか文字は書き込めません。 文字の書き込みは他の方法で行います。)



さぁ、次はこのアンプを実際に使ってみなくては・・・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« μPC1676Gを使った広帯域ア... | トップ | μPC1676Gを使った広帯域ア... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
良いですね (JANJAN)
2017-01-25 14:13:48
1段も2段も全帯域で平坦な良い特性が出てます。受信試験が楽しみです。
グラフマネージャー (JANJAN)
2017-01-25 17:21:39
此れはスイーパーのソフトですか?
帯域幅が狭いですからね (実習生)
2017-01-25 18:59:40
JANJANJANさん、こんばんは。
初めて工作した2段増幅より、二度目の1段アンプ(切貼ランド方式)の方が
時間がかってしまいました。
コンデンサにヒビが入っているのが判らず、「どうして増幅しないのだろう?」とか
スイーパーや接続ケーブルを疑って時間を食ってしまいました。
チップコンデンサって脆いですね。 すぐ壊れてしまう・・・
スイープ結果は上々ですが、帯域幅がせまいからでしょう。
もっと上の方では暴れているんでしょうね・・・

受信試験は「鉱石ラジオ」でやってみようかな、考えています。

グラフマネージャーはスイーパーのメニューです。
「Sweepmode」の隣にある「Graph-Manager」をクリックします。
これを使うと便利です。
グラフマネージャー (JANJAN)
2017-01-25 19:40:37
知らなかった! 後で試してみます。便利そうです。
チップ部品は扱いが難しいですね。はんだ付けの前に瞬間接着材を一寸だけ使って固定すると上手く出来ますよ。(付けすぎると焦げが目立ちます)
グラフマネージャの使い方 (実習生)
2017-01-26 15:06:29
JANJANJANさん、おはようございます。
グラフの使い方は概略、次のような流れです。

1. スイープモードでグラフを描く。
2. 画面上段の「Graph」 → 「Save Gラph」 を選択して グラフデータを保存する。
3. GraphManager を選択する。
4. 「Load」 → 先刻セーブしたグラフデータをロードする。
5. 「Graph color」で描画色を指定。
6. 「Show Graph」にチェックを入れるとグラフが表示される。

その後、別の方法もやってみました。
こちらの方が便利かと思います。

1・ スイープしてグラフを作成する。
2・ Graph Manager を選択する。
3・ Graph n の「Get」 をクリックする。
   (これでスイープしたデータが読み込まれる。)
4・ (グラフのカラーを指定)
5・ Show Graph にチェックを入れるとグラフが表示される。
6. Save Graph をクリックするとデータが保存される。


私のやった方法はこんな感じです。
もっと便利な方法があるかもしれませんが、私にはわかりません。
英語が達者なJANJANJANさんならもっと良い方法が見つけられると思います。
何かわかったらお教え願います。

コメントを投稿

電子工作」カテゴリの最新記事