何でも実習生の実習日誌

電子工作、模型スチームエンジン工作など、何でも工作が大好きです。
手持ちの工作機械は卓上ボール盤だけ、全て手作りです。

作りより買った方が安い

2017-08-09 18:56:03 | 電子工作


2017/08/09(水曜日) 晴れ


昨年の夏頃からだろうか?
室内での電子工作に励んでいる。
こんな工作は昔から好きであれこれ工作してきた。
作っては壊し、壊しては作るを繰り返してジャンク部品が沢山ある。
このジャンク部品を使って何かを作ろう・・・というのが目的であるが
ジャンク部品ではやっぱり役に立たなくて新しいものを買うことも多い。

今日は工作中のコンバータをケースに収めるための部品が届いた。
いずれ、これもジャンク部品になるんだからいつまでたっても
ジャンク部品は無くならない。

コンバータは実験中は実験用の電源で動作させていたがケースに入れる
からにはそれようの電源があった方が良いだろう。
ウェブサイトで適当な電源を当たっていたら、小型のACアダプタが
目についた。
今までにACアダプタはCDウォークマン、デジカメ、ノートパソコン
などなどに付属してきたものを多数使ってはきたが、自分が工作したものに
電源として使ったことはない。

ADアダプタというと「負荷によって電圧が変化してしまう」という
先入観があってわざわざ購入して使う気にはならなかった。

ところが最近のACアダプタはスイッチング方式で電圧を調整しているもの
があって、これは負荷によって電圧が変わるようなことがない(安定化電源)
になっているんだそうだ。

(オイらは相当、時代遅れだなぁ・・・・)

届いたACアダプタはこんなもの。
とても小さい。
でもこれでも電圧は9V 電流は最大1.3Aまで流せる。
値段は650円だった。




実験用電源と比べてみた。
実験用電源は9V 電流は0.5Aだ。
ジャンクの電源トランスと三端子レギュレータを使って組み立てた。
ケースは新しく買ったもの。(別の工作(広帯域アンプ工作)に使うつもりだった。)
ジャンク品を使ったとしても結構お金がかかっている。

右側にあるのがACアダプタ。 ずいぶん小さくて軽い。 これで1.3Aも流せる。




小型で高性能のものが安く手に入る。
今の時代は「自分で作る」時代ではないんだなぁ・・・(しみじみ・・・)







ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 320MHz→110MHzに変換... | トップ | ダウンコンバータのケース工作 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-08-09 22:59:05
高校生の若造ですが…。
確かに買った方が安いというのはあります。
しかし、自作の方が良い分野もあります。
私が前回作ったアケコン(格闘ゲーム用)は定価が3000円程度の物ですが、HARD OFFのジャンクアケコンとノーブランドのコントローラーとオムロンのスイッチを組み合わせて
1000円程度で作れました。
自分で作ると愛着がわきますし手の大きさに合わせてスイッチの配置ができます。
コメントありがとうございました。 (実習生)
2017-08-10 07:08:23
Unknownさん、コメントありがとうございました。
おっしゃるとおりですよね。
いろいろ工夫しながら自分で工作する、そしてわくわくしながらスイッチを入れる・・・
その作品がうまく動作してくれたときの喜びは何ものにも代えられません。
市販品より安く作れればそれに越したことはありませんが
「お金には代えられない」ものがありますよね。
愛着もわきます。
私も工作では失敗ばかり繰り返していますが、それも楽しみの一つです(笑い)
どうぞこれからも応援をよろしくお願いします。

コメントを投稿

電子工作」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。