ころりころころ便り

日々のこと、暮らしのことを綴って。

アネモネ。

2017-02-15 | Weblog

  

アネモネ。

ギリシャ語でアネモス「風」が語源。 英名 ウインドフラワー。 風の花。  

 

 

今日は仕事場で お2人の方とお別れしてきました。

なんだか こんな時はいつも寂しくなってしまう。

「まだ 若いから 夢も希望もいっぱいやね!」って。

そう? この年でそんなふうに言ってもらうなんて・・・。 

なんだか卒業式みたいだ。

ちょっと新鮮な風が吹いたお別れの日でした☆

 

週末の「引っ越し前トライアル」に向けて、ガスや水道、電気の手続きをした。

で、電気のことで問い合わせをしたとき

「電力自由化にともない ご使用電力はどうされますか?」と オペレーターの方に聞かれた。

あ、そうだ!これを機に電力を自分で選んでみよう♪…と思い立った。

ネットで探していたら いろいろでてくる でてくる。面白い。

自然環境を考えたエネルギーで 安定していて 電気代も安くなるものを探して ひとつに決めた。

まだ使ってみないと なんともだけど、シンプルライフのスタートに☆

今あるものを生かして どんなことができるか、チャレンジです。

 

後 整えるのはネット環境だ~(+_+)どうしたもんか。。これが一番苦手だけど 探ってみるかな。

そろそろスマホデビューかな。。

   

昨日はバレンタインでした☆

なんだかあれこれしていたら 知らぬ間にやってきて さっさか去って行った~(*_*)あわわ。

毎日 マッハのスピードで過ぎていく~。。

     

                                  赤いアネモネ。 風車みたい。

赤ってあんまり得意じゃないんだけど (ここ数年とくに、濃いブルーが好き。インディゴとか、とても落ち着く)

・・・でも 苦手な色をあえて挿し色に加えるといいよ。と聞いたので

今年は ちょっとした小物使いで アクセントに赤を取り入れたりして、目下チャレンジ中です☆

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

グリルで焼きフルーツ。

2017-02-10 | Weblog

   

今日もとっても寒い日でした☆

お店に入ってくる お客様はみんな「寒い~!」ってふるえて飛び込んでくる。

こんな日は、心も体もあたたまる フルーツの簡単デザートが食べたいな☆

 

・・・と、昨日早速トライしてみました。(コウケンテツさんの今日の料理レシピより~)↑ グリルで焼きフルーツレシピ。

バナナとリンゴの薄切り、ミックスベリー(冷凍)にレモン汁をぎゅっと回しかけ、

カマンベールをちぎり、(ブルーチーズが一押しらしい!)

7~10分くらいオーブンで(魚焼きグリルでオッケイ)焼いたら、ナッツをちらし 蜂蜜をかけて

ミントと黒胡椒をかけて出来上がり。(今回 ベリーとミント・胡椒をすっかり忘れちゃった!(*_*)

お気に入りのタスマニア、レザーウッドの蜂蜜で。

(このはちみつ 野生のレザーウッドのたくましさをかんじて好き。)

お好みでいろいろスパイスふってもいいのかも♪

 

今日、この話をしていたら フルーツに生クリームとカソナード(グラニュー糖でも)をかけて焼くのも美味しいって★

へ~やってみよう。

 

先日のこと。

めだかを飼っている・・という話をしたら

「めだか? めだかって大きくなったら カエルになる?」

と言われた。

いきなりの衝撃の発言に 耳を疑い

「!?・・・・え?」 って聞き返したら

「めだかって、カエルになる?」って2度聞かれた。。

「・・・いやいやいや、めだかはずっとめだかです。」

って言ったら

「ん?めだかってどんなんだっけ?   ・・・あ、おたまじゃくしと間違えたっ。」

って・・・・。  

どうやらその方は 魚類に興味ないからよくわからなかったって。

 

・・にしても びっくりした~ (+_+)。。

  

ラナンキュラス♪学生時代を思い出す花。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スカビオサとスイートピー♪春の香り。

2017-02-06 | Weblog

  

スカビオサ&スイートピーが美しく咲いています☆            スイートピーは爽やかな春の香り。

 

立春をすぎました。

 

2月にはいった矢先、そろそろ今後の引っ越しの予定を立てないと…と思いながら

ちょっと どこか他人事のようにおもっていました。

 

そしたら いきなり 「動くんだから自覚して!」っていうような出来事がおこり・・・

トライアルへの期日も強制的にきまってしまった☆

 

・・でも仕事のことがなぁ・・とか言ってると

友人からは 「あれこれ考えず 今きてる流れに乗って!」といわれてしまいました。。

ハ、ハイ。

 

随分昔にも友人から一度「往生際が悪い!」と一言、言い放たれたことがあった。

あの時、声をかけてもらった仕事をうけるかどうか悩んでいて 

なかなか結論がだせずに 期日前までどうしよう・・・とやっていたから。 。

ほんと 自分でもあきれるくらい、、往生際悪いし決断力なし!!(>_<)アイタッ!☆

 

頭と心が別々のことをいい 振り子のようにゆらぐ。

「安定」(頭のいう)をとるのか 「先の分らない不安=やってみたいこと」(心のいう)をとるのかで、迷うんだ。

 

でも先のわからない不安の先に 今回は何があるのか・・・何かあるのか・・

もうこ~なったら、流れにのって見に行ってみよう。と思う。

 

やってみたいことがあるんだから 今の状況から一歩でも出ないとね!

 

私自身(頭と心)の統合。そして、

想いと行動の統合だ。

 

どうなる!?私。

    

             立春の日の出                    室内水槽 めだかと水草・えび・貝の世界

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月です♪

2017-02-01 | Weblog

今日から2月です。

 

強靭的復活をみせ、入院・手術をいれて10日で退院したお友達と再会しました☆

もうほぼいつもの生活をしてるとか。・・・というか退院翌日、すでに友達とランチしにいったって・・・

す、すごい!(@_@;) 

 

ご本人も「自分のことながら、わたしってすごい。。」・・と言ってました。笑。

 

モーニングに2月1日、2日限定の七草粥を

素敵なお店 「 MONTO TABLE 」さんでいただきました。

こちらのお店は 素材にも気を使われていて 生産者さんにこだわってお料理されています。

 ヤーコンの金平など5種類のおかずプレートもついて。

優しいお粥に七草の香り、しっかりとしたお野菜の味。 洗練された店内で、とても美味しくいただきました。

体も しっかり邪気をはらって 労わることができました(^_^)

旧暦の新年をよいかたちで はじめられた気がします。

 

お粥を食べていて、

「いつ何があるかわからないから やりたいことはやっとこうと思う。」と目の前のお友達が話しだしました。

(そういえば、入院直前にも 「会いたい人に 今、会っときたいから・・・」と連絡をもらったんだった。)

「!!」・・まさに私も そうだ!って数日前にありありと思い、ノートに記していたところだったので 

(いつも届くメールメッセージもその内容を受け取ったところだったし!)

今また友人の口から聞くことになってびっくりしました☆

 

1日1日を 誠実に生きる、、とは、きっとそういうことなんだろうな。と思います。

 

やってみたいこと、したいとこ、伝えたいこと。

でも今は出来ない。・・と、できない理由を見つけては

先延ばしにしているけど ほんとにそれで終わらせていいのかな。

やり方はわからないし、確かに今のわたしでは出来ない要素だらけかもしれないけど

それでも「やる!っ」

やれるかどうかわからないけど、

「やる自分になる!」って心に決めるのかは 自分次第なんだろうな。と思う。

そして やる方法全然わかんなくても 思うのは勝手だ(^.^)

 

去年末、年を越す前に今一番感謝したい人にそれを伝えるんだ!

って決めたら それが出来た。ぎりぎりだったけど(>_<)!

そして「自分の責任で自分を生きる!」って決めたら

使っていいよって家を貸してくれる方が現れたり!!(そんなことあるんだ!)

 

自分らしく生きる「幸せ」 を 自分に許そう。

今年は そうしよう。

 

そんな気持ちで 今日はおともだちと会話して

てくてく よく歩きました。

(…退院間もないのに、歩いて大丈夫!?の心配もよそに隣を闊歩する友人!)

近くの八幡さんへ お礼参り。

今日は寒い1日でした。

 

1日のおわりに・・・「ああ、今日も1日 よく生きた。」って思う毎日でありますように☆☆☆

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

早春☆想いをつたえる。

2017-01-30 | Weblog

       

お友達から早春の便りがとどきました。                       淡くかわいいお花の葉書。

ヒヤシンスのつぼみは 日に日にひらき、 うつくしく咲いています。

 

今日は午後から日の光があたたかく 

めだかたちは とても活発に水の中をおよいでいました。

    

ちょっと 春が来たと勘違いしてるくらい 彼らのうかれた感じが伝わってきました・・・^_^.

まだだよ~。

 

 

     ももちゃん。 

仕事仲間が 去年うさぎさんを老衰で亡くして  最近新たに小さい仔うさぎをむかえたそうです。

その話を 聞くたび なんとも微笑ましく、可愛らしい様子、可愛がっている様子が手にとるように伝わってきて、

私も10年前、 11歳で天へ旅立った 可愛いうさぎのももちゃんのことを思い出します。

 

ももちゃんは 仕事の帰り いつもは通らない裏道を通っていたときに、偶然

新しくオープンした小さなペットショップで 見つけました。

オープン記念でたしか 1980円だったような。。

ヒヨコほどの大きさの仔ウサギが8匹くらい飼育ケースにはいっていて、

おもてからみえるところにおかれていたので 目に入った瞬間 足をとめた。

なかでも さらに一回りちいさくて 片手に乗るくらいのちいさい仔ウサギが

ももちゃんだった。 

抱かせてもらって すぐにこの子だと決めたとき、

お店のおじさん(店主)は 「この子は一回り小さいし 目もしっかりまだあいてないから

すぐ死ぬかもしれない。そうなったら悲しいから 別の仔にしたら?」といわれた。

でも 私の決心は揺らぐことなく 「この子にします。」といって白い箱にいれてもらい 家へ持ち帰った。

帰宅して「はい。」とその箱を母に渡したら

母はたい焼きが入っているとおもったらしく 開けてびっくり!

目の前のちいさな仔ウサギに 目を白黒させていた。

 

それから ゲージも特別用意しなかったから 家の中で放し飼いにした。

小さいももちゃんは 日々すくすく育っていった。

小さいうちは、電気コードをかじったり いろんなものをかじった。

冬、炬燵にも入ってきて中で寝て あつくなったら 出てきてをくりかえしてた。

パンやバナナ、チョコレート、クッキーが大好きで 甘党のももちゃん。(ほんとはあげちゃダメ。。)

ある日の朝、夜食べかけで炬燵の上においていた ポッキー(チョコレートの)。

目覚めると ももちゃんが炬燵のうえにあがって 一人、 三つ口で美味しそうに音をたてながら

そのポッキーを食べていた。

でも次の瞬間 私と目があって ももちゃんは「しまった!!」って顔してたっけ。。笑。

思い起こしたら たくさんの思い出が蘇る、、

 

ある冬の日、珍しく庭に雪が積もった。10センチ以上。

辺り一面白銀の世界。目にも眩しかった。

いつも庭にでて 一周して家にはいるももちゃん。

産まれて初めて見る雪。 どうかしら?怖がるかな? とおもって窓をあけてやると

その光景をみて しばらくしたのち

躊躇なく雪の庭へ飛び出した。

半分体をうもれるようにしてぴょんぴょん跳ねてまわり、

まっさらの雪面にたくさんの足跡をつけた。

その姿は とても美しかった・・・

今でも新鮮にその光景を思い出す。

 

数年後 ちび猫ののんちゃんが我が家にやってくるのだけれど

気の優しい 穏やかなももちゃんは 

おちびのくせにわんぱくでえらそうで小悪魔の のんちゃんを仕方なく?受け入れてくれた。

夜な夜な、ちびのんに追っかけまわされながら。。

 

のんちゃん、ももちゃんと1年くらして ある事情で庭のある家を後にした。

関西にやってきて 私たちの第2の生活が始まった。

大きくなったのんは ももちゃんの涙のでる目を(ちょっと目がよわかった)よく舐めていた。

ざらざらの舌で舐められるのを 我慢していたもも。

2匹は仲がいいか どうなのか はた目にはよくわからなかったけれど

ちゃんと互いを認めていたのは 確かだった。

 

そんなももちゃんも 年をとり、あるとき ご飯が食べられなくなった。

病院で、点滴を数回うけて 七夕の前日の晩。 天へ旅立った。

そのとき、わたしは不思議な体験をした。

このことを あまり人にはいってこなかったんだけれど(うまく言葉にできないから・・)

でもきっと同じような体験をした人はいるんだとおもう。

 

最後のときを迎えたとき、

わたしは何か今抱きしめなければ。。というおさえがたい衝動にかられて 

目の前に横たわったももちゃんを抱いた。

その瞬間、

わたしとももちゃんをとりかこむ世界が 一瞬にして変わった。

ふわっとすべてが軽くなり 時がとまって なんともいいがたい幸福感に抱かれた。

まわりを天使にとりかこまれているような ひとときだった。

そして次の瞬間 ももちゃんは荒い呼吸にかわり それから間もなく息を引き取った。

 

そのときの不思議な体験を ずっと胸に秘めてきた。

その後、何年もしてから 偶然出会った アニマルコミュニケーターのYさんに、尋ねる期会を得た。

彼女は それは ももちゃんから私への最後のメッセージだよ。と教えてくれた。

 

動物に心が あることはわかっていた。

意志をもち、個性があり、感情があり、豊かな感性をもつことも。

でも これほどまでに大きくてまっすぐで純粋な愛をもっていると あの経験まで

わたしは知らなかった。

 

今 動物、生きものたちのことを 学んでいる。

彼らが私たち人間を、飼い主さんを どれほど想っているのか・・・

それを

私は これからも 知ってゆくんだと思う。

そしてそんな きらきらとした喜びを 伝えてゆきたいとおもう。

 

 

☆おすすめの1冊☆のコーナー

 最近再び よんでます♪

前回も紹介した 「ラブ、安堵、ピース」黒澤一樹氏著 「老子道徳経」の超訳本。

2500年も前に 老子がすでに語っていた言葉です。それには驚き☆

超訳しているから すっとハートに入ってきます。

どこから読んでも、ぱっと開いた言葉にはっとして、こころはほっと安らぐ人生の指南書。

日々、お風呂の湯船につかって読んでいます。 

アウルズ・エージェンシー  オンラインショップ「アルケミスト」から是非☆手元に1冊お取りください(^_-)!

 

では ほんじつは長々失礼しました(^_^)☆

コメント
この記事をはてなブックマークに追加