koromo_goo_gooですが何か?

日頃のカキコ、食べたぞログ などなど

COMTECレーダー探知機を新たに取り付け。

2016年10月29日 | 車・バイク
2016年10月29日

 クルマのレーダー探知機を新しくした。
以前からつけていたレーダー探知機はデータも古く新しく設置されている取締機に対応しなくなっていたので使っていなかった。先日高山に行ったときに夜の高速で”あっ!”と思うオービスなどがあり、危険を感じて新しくした。
最近のレーダー探知機はデータ更新が無料でパソコンからデータをダウンロードできるため、ソコソコ長く使える。高いレーダー探知機を買ってもいらない機能がついているだけで、基本的にはGPSのオービス設置情報、レーダー探知、取締情報があればよいので手頃なものを買った。今回も前回同様にCOMTEC製でCOMTEC ZERO302Vである。
オートバックスで税込み¥15,010であった。あとからイエローハットの広告で¥12,800くらいで出ていた。やはりイエローハットだ。
これは最近のレーダー探知機の中ではかなり安い方である。高いものは名前から802などと数字が大きい。つかまらないで安全に運転できればよいのだ。
で、クルマに取り付け。前のレーダー探知機の本体、コードを引っ剥がそうとしたが、意外にしっかり取り付けてあって取り外すだけで疲れた。
さて、今回は一緒にオプションのOBDII接続コネクタも買ったので、OBDIIの取り付けでハンドル下をのぞいたらすぐにわかった。さすがメンテナンス性が良いクルマである。しかもハンドル下のカバーが簡単に取り外しができて、如何にも好きに弄ってくださいと言っているようである。
OBDIIを接続することで電源も同じコネクタから取るので、本体とOBDIIを接続、両面テープで貼り付けるだけで終了。あっさり終わった。
早速電源O-N。
チロリロリンで起動。画面指定でOBDIIからのデータがいろいろ見ることができる。メカ好きにはたまらないアイテムである。
早速試運転、交番でもリロリロなるのでイジイジ設定を変更して終了。これで高速も安全に飛ばせる。


あまり目新しさは感じないがOBDIIデータはじっくり見てしまう。これから活躍するのだ。しかし、塗装は剥げっちょろで、1cmくらいの錆がドア下に出てきた。早く修復しなければ。。



CIVIC TYPE RのOBDIIコネクタはここですっと言わんばかりに目立つところに付いてる。



メンテナンスや配線閉じ込めやすいように簡単にハンドル下カバーが外せる。ナイスだ。


ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高山 ハイランドラリーをチ... | トップ | 鈴鹿にスーパーフォーミュラ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

車・バイク」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。