9月 18日

2016-09-18 09:16:18 | Weblog
鶏頭を三尺離れもの思ふ          細見綾子


鶏頭のくれなゐ黒をきはめたる       沢木欣一


鶏頭に音なき雨や綾子の忌         栗田やすし


泣く吾子を鶏頭の中に泣かせ置く      福永耕二


鶏頭の影地に倒れ壁に立つ         林徹


鶏頭の赤が最も暗き庭           山田弘子


鶏頭のたたみ尽せし花冠かな        斎藤夏風


鶏頭の十四五本もありぬべし        正岡 子規



* 埼玉にある農林公苑に行く  サルビアの群れ咲きに目が痛くなるほど
  彼岸花にも鶏頭の赤とも違う
  彼岸花も鶏頭もその足元はさみしく、サルビアの足元には
  葉が茂ってその緑との補色対比の効果なのだろう
  一株ではそれほど感じないものなのに
  俳句の構成にも主を際立たせる従の力が大切なのかも知れない


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9月 15日 | トップ | 9月 19日 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お帰りなさい (ばんこ)
2016-09-18 20:58:38
こころさん今晩は

何気なくホームページをクリックしたら
9月18日更新されていました!!!
5月から再開ですね、
お元気でよかった
ホームページ削除しないで良かったー
くしくも綾子先生の鶏頭の句が
細々と (こころ)
2016-09-19 16:00:46
久しぶりに書いてみました
前のように毎日更新とは行きませんが
目の具合と相談しながら書いて参ります

伊吹嶺にはまだリンクして頂いているようで
恥ずかしながら俳句の話など書ければ良いのですが

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事