カワセミ側溝から (旧続・中岳龍頭望)

好きな言葉は「のこのこ」。好きなラジオ中継「相撲」。ちょっと苦手「煮た南瓜」。影響受けやすいけど、すぐ忘れます。

メスキートの薪とステーキ

2017-07-27 | 

 テレビでアメリカのステーキを食っているのを見た。たぶんテキサスなんだろうけど、車で何時間もかかる辺鄙な場所にもかかわらず、多くの客でにぎわっていた。旨いものの集客は凄まじい。
 肉自体はアンガス牛といわれるもので、特に特別では無いらしい。しかし肉に独特な匂いがついた絶品牛のバーベキューステーキが売りらしい。
 調理には種も仕掛けも無くて、特に重要なのはメスキートと言われる薪を使っているとのこと。メスキートは豆の木らしいが、乾燥した土地に育ち、6メートルほどになるという。この木を薪にするのだが、何年も乾燥させたものを使うことが大切という。火加減は肉にキスする程度。焼け具合を直接手で触って確かめて、デリケートに焼いていくようだ。炭と違って薪だから、火加減が難しいのかもしれない。
 ググってみると、キャンプ用の薪として普通に輸入物が手に入るようだ。キャンプの薪として人気があるようだ。特に調理用ということでは無くて、キャンプファイヤーとして人気があるのかもしれない。やっぱり調理には、炭の方が火力が安定している。アメリカのステーキ屋の薪は、やはり乾燥のさせ方に特徴があったのだろう。
 しかしながら僕は、あんまりレアというのが得意でない。あちらの肉にはうま味が多いというが、赤みが多く分厚いステーキは、やっぱり歯が丈夫でなければいけないような気もする。日本の肉牛が何もかも最高とまでは思わないが、やはりその値段の違いくらいは、旨さに差があるようにも思う。確かに脂が多すぎるので、ドッカリ来てたくさん食べられる訳では無いが。
 しかしまあ、年に一度くらいは、奮発してステーキを食いたいとは思うようだ。そして希望としては少しくらいガッツリ食いたい。そのためにアメリカまで行きたいとまでは思わないけど、メスキートの薪は、なんとなく気になったのだった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 田舎の恐ろしさに女一人で戦... | トップ | ウサギにも自由な職業を! ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。