忠岡町会議員 これえだ綾子です

くらし平和を守る忠岡町をごいっしょにつくりましょう

安心できる介護保険制度を

2017-07-14 09:33:55 | 町政&議会報告

7月13日(木)

忠岡町の来年度から3年間の「介護保険事業計画と高齢者福祉計画」の

策定委員会の第1回目が開かれました。

私は、福祉文教常任委員長なので、委員として参加しました(ヤッター)。

 

介護保険制度の国の動向は、介護から「卒業」させて、地域住民で支え合ってもらう

ということのようです。介護度の軽度化を目標設定させて、どれだけ達成できたか

市町村に競わせる財政的インセンティブを導入しようということらしい。ひどいことだ。

 

そのために、自立支援型の「地域ケア会議」を設置し、目標達成できないケアマネージャーさんの

ケアプランに口を挟む(?)ということが行われるのではないか?と質問しました。

忠岡町は、「地域ケア会議はそのようなことにはならない」という答えでした。

国の狙うものにならないよう、引き続き、みていきたいと思います。

 

介護離職をなくすという安倍内閣の言うことが、いかにかけ声だけであるのか、

よくわかりました。忠岡町のとったアンケート結果でも、

「ショートステイを利用したいときに使えるように」「夜間、緊急的にショートステイが使えるように」などの

意見が多く、ここを改善するには、受け入れる介護施設の職員さんの確保がなければできません。

しかし、国の、介護職員の処遇改善はいっこうに進んでいません。

なので、忠岡町独自に制度を検討することを求めておきました。

 

今日は、まだ、アンケート結果の報告でした。介護保険をよくするための住民運動に取り組んでいきたいと

思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私の連絡先 | トップ | 災害時の勉強に行ってきました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

町政&議会報告」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。